キューブ アニメーションのデモ

このサンプル アプリケーションでは、Viewport3D のコンテンツをアニメーション化する方法を示します。ImageBrushEmissiveMaterial として使用し、人の目をひきつける外観を生成します。

Windows Presentation Foundation (WPF) と Microsoft .NET Framework のアプリケーション開発ベスト プラクティスの包括的な説明については、適宜、次のトピックを参照してください。

ユーザー補助 - ユーザー補助のベスト プラクティス

セキュリティ - Windows Presentation Foundation のセキュリティ

ローカリゼーション - WPF のグローバリゼーションおよびローカリゼーションの概要

Download sample

サンプルのビルド

  • Windows ソフトウェア開発キット (SDK) をインストールして、そのビルド環境のコマンド ウィンドウを開きます。[スタート] メニューの [すべてのプログラム]、[Microsoft Windows SDK] の順にポイントし、[CMD シェル] をクリックします。

  • サンプルをハード ディスク ドライブにダウンロードします。通常は、ソフトウェア開発キット (SDK) のドキュメントからダウンロードします。

  • ビルド環境のコマンド ウィンドウからサンプルをビルドするには、サンプルのソース ディレクトリに移動します。コマンド プロンプトで MSBUILD と入力します。

  • Microsoft Visual Studio 2005 でサンプルをビルドするには、サンプル ソリューションかプロジェクト ファイルを読み込んで、Ctrl キーと Shift キーを押しながら B キーを押します。

サンプルの実行

  • コンパイルしたサンプルをビルド環境のコマンド ウィンドウから実行するには、サンプルのソース コード フォルダの下にある Bin\Debug または Bin\Release フォルダで .exe ファイルを実行します。

  • コンパイルしたサンプルを Visual Studio 2005 でデバッグしながら実行するには、F5 キーを押します。

解説

このサンプルは、XAML ブラウザ アプリケーション (XBAP) としてコンパイルされます。XBAP プロジェクトの詳細については、「Windows Presentation Foundation ブラウザによってホストされるアプリケーションの概要」を参照してください。

参照

関連項目

Viewport3D
EmissiveMaterial

その他の技術情報

Viewport3D でヒット テストを実行する