customErrors の error 要素 (ASP.NET 設定スキーマ)

指定された HTTP ステータス コードのカスタム エラー ページを指定します。

<configuration> 要素
  system.web 要素 (ASP.NET 設定スキーマ)
    customErrors 要素 (ASP.NET 設定スキーマ)
      customErrors の error 要素 (ASP.NET 設定スキーマ)

<error statusCode="statuscode"
       redirect="url"/>

属性と要素

以降のセクションでは、属性、子要素、および親要素について説明します。

属性

属性 説明

statusCode

必須属性

エラー ページへのリダイレクトを指示する HTTP ステータス コードを指定します。

redirect

必須属性

エラー コードに割り当てられているカスタム ページの URL です。

子要素

なし。

親要素

要素 説明

configuration

共通言語ランタイムおよび .NET Framework アプリケーションで使用されるすべての構成ファイルで必要なルート要素を指定します。

system.web

ASP.NET 構成セクションのルート要素を指定します。

customErrors

ASP.NET アプリケーションのカスタム エラー メッセージについての情報が用意されています。アプリケーション ファイル階層の任意のレベルで定義できます。

使用例

ASP.NET アプリケーションで使用するエラー処理ページを指定する構成を次のコード例に示します。

カスタム エラーは、ASP.NET によって処理された要素に対してだけ発行されます。たとえば、存在しない .htm ページを参照すると、Microsoft Internet Information Services (IIS) によって標準の 404 エラーが発行されます。これに対して、存在しない .aspx ページを参照すると、カスタムの 404 エラーが構成してある場合には、ASP.NET によってこのエラーが発行されます。

<configuration>
  <system.web>
    <customErrors defaultRedirect="GenericError.htm"
                  mode="RemoteOnly">
       <error statusCode="500"
              redirect="InternalError.htm"/>
    </customErrors>
  </system.web>
</configuration>

要素情報

構成セクション ハンドラ

System.Web.Configuration.CustomErrorsSection

構成メンバ

System.Web.Configuration.CustomErrorsMode

構成できる場所

Machine.config

ルート レベルの Web.config

アプリケーション レベルの Web.config

仮想ディレクトリ レベルまたは物理ディレクトリ レベルの Web.config

必要条件

Microsoft Internet Information Services (IIS) バージョン 5.0、5.1、または 6.0

.NET Framework Version 1.0、1.1、または 2.0

Visual Studio 2003 または Visual Studio 2005

参照

処理手順

方法 : ASP.NET 構成設定をロックする

関連項目

customErrors 要素 (ASP.NET 設定スキーマ)
system.web 要素 (ASP.NET 設定スキーマ)
configuration 要素 (全般設定スキーマ)
System.Configuration
System.Web.Configuration

概念

ASP.NET 構成の概要
ASP.NET Web サーバー コントロールとブラウザの機能
ASP.NET 構成の保護
ASP.NET の構成のシナリオ

その他の技術情報

ASP.NET 構成ファイル
ASP.NET 構成設定
全般構成設定 (ASP.NET)
ASP.NET 構成 API