proxy 要素 (ネットワーク設定)

プロキシ サーバーを定義します。

<configuration> 要素
  system.Net Element (ネットワーク設定)
    defaultProxy 要素 (ネットワーク設定)
      proxy 要素 (ネットワーク設定)

<proxy 
  autoDetect="true|false|unspecified"  
  bypassonlocal="true|false|unspecified" 
    proxyaddress="uriString"
  scriptLocation="uriString" 
  usesystemdefault="true|false|unspecified " 
/>

属性と要素

以降のセクションでは、属性、子要素、および親要素について説明します。

属性

属性 説明

autoDetect

プロキシを自動的に検出するかどうかを指定します。既定値は、unspecified です。

bypassonlocal

ローカル リソースの場合に、プロキシがバイパスされるかどうかを指定します。ローカル リソースには、ローカル サーバー (http://localhost、http://loopback、または http://127.0.0.1) やピリオドのない URI (http://webserver) が含まれます。既定値は、unspecified です。

proxyaddress

使用するプロキシ URI を指定します。

scriptLocation

構成スクリプトの場所を指定します。

usesystemdefault

Internet Explorer のプロキシ設定を使用するかどうかを指定します。true に設定されている場合、後続の属性は Internet Explorer のプロキシ設定をオーバーライドします。既定値は、unspecified です。

子要素

なし。

親要素

要素 説明

defaultProxy

ハイパーテキスト転送プロトコル (HTTP: Hypertext Transfer Protocol) プロキシ サーバーを構成します。

テキスト値

解説

proxy 要素は、アプリケーションのプロキシ サーバーを定義します。この要素が構成ファイルで見つからない場合、.NET Framework では、Internet Explorer のプロキシ設定が使用されます。

proxyaddress 属性の値は、整形式 URI (Uniform Resource Indicator) で指定する必要があります。

scriptLocation 属性は、プロキシ構成スクリプトの自動検出を意味します。Internet Explorer で、[自動構成スクリプトを使用する] チェック ボックスがオンの場合、WebProxy クラスでは、構成スクリプト (通常は Wpad.dat ファイル) の検出が試みられます。

Version 2.0 に移行中の .NET Framework Version 1.1 アプリケーションの場合は、usesystemdefault 属性を使用してください。

構成ファイル

この要素は、アプリケーション構成ファイルまたはマシン構成ファイル (Machine.config) で使用できます。

使用例

Internet Explorer プロキシの既定値を使用し、プロキシ アドレスを指定し、ローカル アクセスのプロキシをバイパスするコード例を次に示します。

<configuration>
  <system.net>
    <defaultProxy>
      <proxy
        usesystemdefault="true"
        proxyaddress="http://192.168.1.10:3128"
        bypassonlocal="true"
      />
    </defaultProxy>
  </system.net>
</configuration>

参照

関連項目

ネットワーク設定スキーマ
WebProxy