XAMLPad

XamlPad (xamlpad.exe) は、Extensible Application Markup Language (XAML) の基本的なビジュアル エディタです。

このトピックには次のセクションが含まれています。

  • XAMLPad の機能
  • XamlPad を使用した XAML コンテンツのテスト
  • XamlPad を使用したビジュアル ツリーの表示
  • 関連トピック

XAMLPad の機能

XamlPad は Windows SDK のツールの 1 つであり、次の機能を提供します。

  • XAML コンテンツをリアルタイムに編集および表示できます。

  • XAML マークアップをファイル XamlPad_save.xaml に自動的に保存します。

  • 自動解析および更新モードで、XAML 構文の検証およびコンテンツの再表示を行います。

  • コピー、貼り付け、キャンセルなどの基本的なテキスト編集コマンドを使用できます。また、単純な文字列の検索もサポートします。無効な XAML は赤色で表示されます。

  • XAML エラーはメイン ウィンドウの左下のステータス バーに報告されます。

  • XAML コンテンツのビジュアル ツリーへの拡張により、コンテンツのプロパティ値を表示できるようになります。

  • ファイル名をコマンド ライン引数として渡すことによって、既存の XAML ファイルを XamlPad に読み込むことができます (メニューに [File] - [Open] はありません)。

メモメモ :

場合によっては、無効なマークアップを保存すると、そのマークアップのためにマークアップが XamlPad に読み込まれないことがあります。その場合、XamlPad は、それ以降に実行しようとすると読み込みに失敗する可能性があります。この問題を修正するには、プレーンなテキスト エディタを使用して XamlPad_save.xaml ファイルを開き、無効なマークアップを修正してファイルを保存します。次回の実行時には、XamlPad は通常どおりに機能するようになります。

XamlPad を使用した XAML コンテンツのテスト

XamlPad を使用すると、コンテンツの結果が直ちに表示されるため、XAML コンテンツの作成を簡単に試すことができます。たとえば、XamlPad は、OpenType フォントなどの WPF 機能をテストする場合に役立ちます。


XamlPad を使用した OpenType フォントのテスト

XamlPad displaying OpenType features

自動解析モードでは、XAML を入力すると直ちに構文エラーを確認できます。自動解析が有効になっていない場合は、[Refresh] ボタンをクリックするまでエラーは表示されません。自動解析モードを有効および無効にするには、XamlPad の上部にある [Auto Parse] ボタンをクリックします。

エラーが検出されると、XAML コンテンツ全体が赤色で表示され、XamlPad の下部のステータス情報に具体的な構文エラーが表示されます。表示されたエラーの右のハイパーリンクを使用すると、エラーが含まれている XAML コンテンツの領域にすばやくジャンプすることができます。次のサンプルでは、Label 定義が終了かっこ (>) で正しく終了していません。


構文エラーを示す XamlPad

Error in XamlPad

XamlPad を使用したビジュアル ツリーの表示

XAMLPad を使用してビジュアル ツリー階層を分析すると、コントロール テンプレート拡張のしくみがわかります。この知識は、ユーザー インターフェイス設計のパフォーマンスのコストとトレードオフを理解するうえで役に立ちます。XAML コンテンツに対応するビジュアル ツリーを表示するには、メニュー バーの [Show Visual Tree] ボタンをクリックします。次のスクリーンショットは、XamlPad の [Visual Tree Explorer] パネルのビジュアル ツリー ノードに展開された XAML コンテンツを示しています。


XamlPad の Visual Tree Explorer パネル

Visual Tree Explorer panel in XamlPad

ノードをクリックして階層を展開します。XamlPad の [Visual Tree Explorer] パネルでは、LabelTextBox、および Button の各コントロールが別々のビジュアル オブジェクト階層を表示していることに注意してください。これは、WPF コントロールにそのコントロールのビジュアル ツリーを含む ControlTemplate があるためです。コントロールを明示的に参照すると、コントロールのビジュアル階層が暗黙的に参照されます。ビジュアル オブジェクトとビジュアル ツリーの詳細については、「Windows Presentation Foundation のグラフィックス レンダリングの概要」を参照してください。

ビジュアル オブジェクトのプロパティの表示

[Visual Tree Explorer] の項目のプロパティ設定を表示するには、その項目を選択します。[Visual Tree Explorer] パネルの下の [Property Tree Explorer] パネルに、選択したビジュアル オブジェクトの現在のプロパティ設定が表示されます。この場合、Label コントロールの 2 つの派生クラス ContentControl および Control が展開されています。FrameworkElement などの他の派生クラスを引き続き展開して、さらにプロパティを表示することもできます。


XamlPad の Property Tree Explorer パネル

Property Tree Explorer

基になるビジュアル ツリーでアプリケーションがどのように表されるかを理解しておくと役立ちます。たとえば、WPF ビジュアル プロファイラは、ビジュアル ツリーのコンテキストでパフォーマンスの問題を表示します。このスクリーンショットでは、ビジュアル プロファイラの [CPU Usage] セクションに、レンダリングやレイアウトなど、WPF サービスのビジュアル オブジェクトの使用率の詳細が示されています。


ビジュアル プロファイラ表示出力

Visual Profiler display output

WPF パフォーマンス ツールの詳細については、「WPF のパフォーマンス プロファイリング ツール」を参照してください。

参照

その他の技術情報

XAML の概要
方法 : XAML で特殊文字を使用する