メッセージング プロトコル

Windows Communication Foundation (WCF) チャネル スタックは、エンコーディングとトランスポート チャネルを使用して、内部メッセージ表現をワイヤ形式に変換し、特定のトランスポートを使用して送信します。Web サービスの相互運用性を確保するために、最も一般的に使用されるトランスポートは HTTP です。また、Web サービスが使用する最も一般的なエンコーディングは、XML ベースの SOAP 1.1、SOAP 1.2、および MTOM (Message Transmission Optimization Mechanism) です。

このトピックでは、HttpTransportBindingElement で使用する以下のプロトコルに関する WCF 実装の詳細について説明します。

仕様/ドキュメント リンク

HTTP 1.1

http://www.ietf.org/rfc/rfc2616.txt

SOAP 1.1 HTTP バインディング

http://www.w3.org/TR/2000/NOTE-SOAP-20000508/、セクション 7

SOAP 1.2 HTTP バインディング

http://www.w3.org/TR/soap12-part2/、セクション 7

ここでは、TextMessageEncodingBindingElement および MtomMessageEncodingBindingElement で使用する以下のプロトコルに関する WCF 実装の詳細について説明します。

仕様/ドキュメント リンク

XML

http://www.w3.org/TR/REC-xml

SOAP 1.1

http://www.w3.org/TR/2000/NOTE-SOAP-20000508/

SOAP 1.2 コア

http://www.w3.org/TR/soap12-part1/

WS-Addressing 2004/08

http://www.w3.org/Submission/2004/SUBM-ws-addressing-20040810/

W3C Web Services Addressing 1.0 - コア

http://www.w3.org/TR/2006/REC-ws-addr-core-20060509

W3C Web Services Addressing 1.0 - SOAP バインディング

http://www.w3.org/TR/2006/REC-ws-addr-soap-20060509

W3C Web Services Addressing 1.0 - WSDL バインディング

http://www.w3.org/TR/2006/CR-ws-addr-wsdl-20060529/

W3C Web Services Addressing 1.0 - メタデータ

http://www.w3.org/TR/ws-addr-metadata/

WSDL SOAP1.1 バインディング

http://www.w3.org/TR/wsdl/

WSDL SOAP1.2 バインディング

http://www.w3.org/Submission/wsdl11soap12/

ここでは、MtomMessageEncodingBindingElement で使用する以下のプロトコルに関する WCF 実装の詳細について説明します。

仕様/ドキュメント リンク

XOP

http://www.w3.org/TR/xop10/

MTOM および SOAP 1.2 バインディング

http://www.w3.org/TR/soap12-mtom/

MTOM SOAP 1.1 バインディング

http://www.w3.org/Submission/soap11mtom10/

MTOM WS-Policy アサーション

http://www.w3.org/Submission/2006/SUBM-WS-MTOMPolicy-20061101/

ここでは、次の XML 名前空間と関連付けられたプレフィックスが使用されます。

プレフィックス 名前空間 URI (Uniform Resource Identifier)

s11

http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope

s12

http://www.w3.org/2003/05/soap-envelope

wsa

http://www.w3.org/2004/08/addressing

wsam

http://www.w3.org/2007/05/addressing/metadata

wsap

http://schemas.xmlsoap.org/ws/2004/09/policy/addressing

wsa10

http://www.w3.org/2005/08/addressing

wsaw10

http://www.w3.org/2006/05/addressing/wsdl

xop

http://www.w3.org/2004/08/xop/include

xmime

http://www.w3.org/2004/06/xmlmime

http://www.w3.org/2005/05/xmlmime

cdp

http://schemas.microsoft.com/net/2006/06/duplex

SOAP 1.1 と SOAP 1.2

エンベロープと処理モデル

WCF は、Basic Profile 1.1 (BP11) および Basic Profile 1.0 (SSBP10) に従って、SOAP 1.1 エンベロープの処理を実装しています。SOAP 1.2 エンベロープの処理は、SOAP12-Part1 に従って実装されます。

このセクションでは、BP11 および SOAP12-Part1 に関して、WCF で選択されている一部の実装について説明します。

必須のヘッダー処理

WCF は、SOAP 1.1 仕様と SOAP 1.2 仕様に記載されたルールに従って、mustUnderstand としてマークされたヘッダーを次のように処理します。

WCF チャネル スタックに入ったメッセージは、関連付けられたバインド要素 (テキスト メッセージ エンコーディング、セキュリティ、信頼できるメッセージング、トランザクションなど) によって構成された個々のチャネルで処理されます。各チャネルは、関連付けられた名前空間からヘッダーを認識し、認識済みとしてマークします。メッセージがディスパッチャーに入ると、操作フォーマッタは対応するメッセージ コントラクトと操作コントラクトで想定されたヘッダーを読み取り、認識済みとしてマークします。次に、ディスパッチャーは、mustUnderstand としてマークされているにもかかわらず、認識されていないヘッダーが残っていないかどうかを検証し、例外をスローします。受信者を対象とする mustUnderstand ヘッダーが含まれたメッセージが、受信者のアプリケーション コードで処理されることはありません。

このようなレイヤー化された処理により、SOAP ノードのインフラストラクチャ レイヤーとアプリケーション レイヤーを次のように分離することが可能になります。

  • B1111 : 認識されていないヘッダーは、メッセージが WCF インフラストラクチャ チャネル スタックによって処理された後、アプリケーションによって処理される前に検出されます。

    mustUnderstand ヘッダーの値は、SOAP 1.1 と SOAP 1.2 で異なります。Basic Profile 1.1 では、SOAP 1.1 メッセージの mustUnderstand の値が 0 または 1 である必要があります。SOAP 1.2 では、値として 0、1、false、および true を使用できますが、xs:boolean 値の正規表現 (falsetrue) を出力することをお勧めします。

  • B1112 : WCF は、SOAP 1.1 および SOAP 1.2 の両方のバージョンの SOAP エンベロープで、mustUnderstand の値として 0 と 1 を出力します。WCF は、mustUnderstand ヘッダーの xs:boolean の値空間全体 (0、1、falsetrue) を受け入れます。

SOAP エラー

WCF 固有の SOAP エラー実装を以下に示します。

  • B2121 : WCF は、s11:mustUnderstands11:Client、および s11:Server の各 SOAP 1.1 エラー コードを返します。

  • B2122 : WCF は、s12:MustUnderstands12:Sender、および s12:Receiver の各 SOAP 1.2 エラー コードを返します。

HTTP バインディング

SOAP 1.1 HTTP バインディング

次に説明するように、WCF は、Basic Profile 1.1 仕様のセクション 3.4 に従って、SOAP1.1 HTTP バインディングを実装しています。

  • B2211 : WCF サービスは、HTTP POST 要求のリダイレクトを実装していません。

  • B2212 : WCF クライアントは、セクション 3.4.8 に従って HTTP Cookies をサポートします。

SOAP 1.2 HTTP バインディング

次に説明するように、WCF は、SOAP 1.2-part 2 (SOAP12Part2) 仕様に従って、SOAP 1.2 HTTP バインディングを実装しています。

SOAP 1.2 では、application/soap+xml メディア タイプの省略可能なアクション パラメーターが導入されました。このパラメーターは、WS-Addressing を使用していない場合に、SOAP メッセージの本文を解析する必要なく、メッセージ ディスパッチを最適化する際に役立ちます。

  • R2221 : application/soap+xml のアクション パラメーターが SOAP 1.2 要求に含まれている場合、対応する WSDL バインディング内の wsoap12:operation 要素の soapAction 属性と一致する必要があります。

  • R2222 : WS-Addressing 2004/08 または WS-Addressing 1.0 を使用しているときに、application/soap+xml のアクション パラメーターが SOAP 1.2 メッセージに含まれている場合、wsa:Action と一致する必要があります。

WS-Addressing が無効になっているときに、受信要求にアクション パラメーターが含まれていない場合、メッセージの Action は指定されていないものと見なされます。

WS-Addressing

WCF は、WS-Addressing の次の 3 つのバージョンを実装しています。

  • WS-Addressing 2004/08

  • W3C Web Services Addressing 1.0 コア (ADDR10-CORE) - SOAP バインディング (ADDR10-SOAP)

  • WS-Addressing 1.0 - メタデータ

エンドポイント参照

WCF で実装されている WS-Addressing のすべてのバージョンでは、エンドポイント参照を使用してエンドポイントを記述します。

エンドポイント参照と WS-Addressing のバージョン

WCF は、特に EndpointReference 要素と W3C.WsAddressing.EndpointReferenceType クラスで WS-Addressing を使用する多数のインフラストラクチャ プロトコルを実装しています (WS-ReliableMessaging、WS-SecureConversation、WS-Trust など)。WCF では、いずれかのバージョンの WS-Addressing を他のインフラストラクチャ プロトコルと共に使用できます。WCF エンドポイントは、エンドポイントごとに WS-Addressing の 1 つのバージョンをサポートします。

R3111 では、WCF エンドポイントと交換されるメッセージで使用する EndpointReference 要素または型の名前空間は、そのエンドポイントで実装されている WS-Addressing のバージョンに適合する必要があります。

たとえば、WCF エンドポイントが WS-ReliableMessaging を実装している場合、CreateSequenceResponse 内でこのようなエンドポイントによって返される AcksTo ヘッダーでは、そのエンドポイントの EncodingBinding 要素で指定された WS-Addressing のバージョンを使用します。

エンドポイント参照とメタデータ

多くのシナリオでは、指定されたエンドポイントのメタデータまたはメタデータへの参照を伝達する必要があります。

B3121 : WCF では、WS-MetadataExchange (MEX) 仕様のセクション 6 に記載された機構を使用して、エンドポイント参照のメタデータを値または参照で含めます。

WCF サービスが http://sts.fabrikam123.com のトークン発行者によって発行された SAML (Security Assertions Markup Language) トークンを使用して、認証を行う必要があるシナリオについて考えてみます。WCF エンドポイントでは、トークン発行者を指し示す sp:Issuer アサーションが入れ子になった sp:IssuedToken アサーションを使用して、この認証要件が記述されます。sp:Issuer アサーションにアクセスするクライアント アプリケーションは、トークン発行者のエンドポイントとの通信方法を知る必要があります。クライアントは、トークン発行者に関するメタデータを知る必要があります。WCF は、MEX で定義されたエンドポイント参照のメタデータ拡張を使用して、トークン発行者のメタデータへの参照を提供します。

<sp:IssuedToken>
  <sp:Issuer>
    <wsa10:Address>
      http://sts.fabrikam123.com
    </wsa10:Address>
    <wsa10:Metadata>
      <mex:Metadata>
        <mex:MetadataSection>
          <mex:MetadataReference>
            <wsa10:Address>
              http://sts.fabrikam123.com/mex
            </wsa10:Address>
          </mex:MetadataReference>
        </mex:MetadataSection>
      </mex:Metadata>
    </wsa10:Metadata>
  </sp:Issuer>
</sp:IssuedToken>

メッセージのアドレス指定ヘッダー

メッセージ ヘッダー

WS-Addressing の両方のバージョンで、WCF は仕様で規定された wsa:Towsa:ReplyTowsa:Actionwsa:MessageID、および wsa:RelatesTo の各メッセージ ヘッダーを使用します。

B3211 : WS-Addressing のすべてのバージョンで、WCF は、wsa:FaultTo および wsa:From の各 WS-Addressing メッセージ ヘッダーを受け入れますが、これらのヘッダーを独自に生成することはありません。

WCF アプリケーションとやり取りするアプリケーションは、これらのメッセージ ヘッダーを追加できます。追加されたヘッダーは、WCF によって適切に処理されます。

参照パラメーターと参照プロパティ

WCF は、それぞれの仕様に従って、エンドポイントの参照パラメーターと

参照プロパティの処理を実装しています。

B3221 : WS-Addressing 2004/08 を使用するように構成されている場合、WCF エンドポイントは、参照プロパティと参照パラメーターの処理を区別しません。

メッセージ交換パターン

Web サービス操作呼び出しに関連するメッセージ シーケンスは、"メッセージ交換パターン" と呼ばれます。WCF では、一方向、要求/応答、および双方向の各メッセージ交換パターンをサポートしています。このセクションでは、使用するメッセージ交換パターンによって異なるメッセージ処理に関する WS-Addressing の要件について説明します。

このセクション全体を通して、リクエスターが最初のメッセージを送信し、レスポンダーが最初のメッセージを受信します。

一方向のメッセージ

WCF エンドポイントが一方向パターンに従うために、指定の Action を含むメッセージをサポートするように構成されている場合、WCF エンドポイントは、次の動作と要件に従います。他に特に指定がなければ、WCF でサポートされている WS-Addressing の両方のバージョンに対して動作とルールが適用されます。

  • R3311 : リクエスターは、wsa:Towsa:Action、およびエンドポイント参照によって指定されたすべての参照パラメーターのヘッダーを含める必要があります。WS-Addressing 2004/08 を使用し、エンドポイント参照によって参照プロパティが指定されている場合、対応するヘッダーもメッセージに追加する必要があります。

  • B3312 : リクエスターは、MessageIDReplyTo、および FaultTo の各ヘッダーを含めることができます。受信側のインフラストラクチャはこれらのヘッダーを無視し、ヘッダーはアプリケーションに渡されます。

  • R3313 : HTTP を使用し、HTTP 応答レッグで送信するメッセージがない場合、レスポンダーは空の本文と HTTP 202 ステータス コードを含む HTTP 応答を送信する必要があります。

    HTTP トランスポートを使用しており、操作コントラクトで一方向のメッセージが宣言されている場合でも、HTTP 応答を使用してインフラストラクチャ メッセージを送信できます。たとえば、信頼できるメッセージングでは、HTTP 応答で SequenceAcknowledgement メッセージを送信できます。

  • B3314 : WCF レスポンダーは、一方向メッセージへの応答でエラー メッセージを送信しません。

要求/応答

WCF エンドポイントが要求/応答パターンに従うために、指定の Action を含むメッセージに対応するように構成されている場合、WCF エンドポイントは、以下の動作と要件に従います。他に特に指定がなければ、WCF でサポートされている WS-Addressing の両方のバージョンに対して動作とルールが適用されます。

  • R3321 : リクエスターは、wsa:Towsa:Actionwsa:MessageID、およびエンドポイント参照によって指定されたすべての参照パラメーターまたは参照プロパティ (または両方) のヘッダーを要求に含める必要があります。

  • R3322 : WS-Addressing 2004/08 を使用する場合、ReplyTo も要求に含める必要があります。

  • R3323 : WS-Addressing 1.0 を使用し、ReplyTo が要求に含まれていない場合、[address] プロパティが "http://www.w3.org/2005/08/addressing/anonymous" である既定のエンドポイント参照が使用されます。

  • R3324 : リクエスターは、wsa:Towsa:Action、および wsa:RelatesTo の各ヘッダーを応答メッセージに含め、ReplyTo エンドポイント参照によって指定されたすべての参照パラメーターまたは参照プロパティ (または両方) のヘッダーを要求に含める必要があります。

Web Services Addressing エラー

R3411 : WCF は、WS-Addressing 2004/08 で定義された以下のエラーを生成します。

コード 原因

wsa:DestinationUnreachable

このチャネル用に確立された応答アドレスとは異なる ReplyTo を使用してメッセージが到着しました。To ヘッダーに指定されたアドレスをリッスンしているエンドポイントはありません。

wsa:ActionNotSupported

Action ヘッダーに指定されたアクションは、エンドポイントに関連付けられたインフラストラクチャ チャネルまたはディスパッチャーによって認識されません。

R3412 : WCF は、WS-Addressing 1.0 で定義された以下のエラーを生成します。

コード 原因

wsa10:InvalidAddressingHeader

wsa:Towsa:ReplyTowsa:From 、または wsa:MessageID が重複しています。同じ RelationshipType を使用する wsa:RelatesTo が重複しています。

wsa10:MessageAddressingHeaderRequired

必須の Addressing ヘッダーがありません。

wsa10:DestinationUnreachable

このチャネル用に確立された応答アドレスとは異なる ReplyTo を使用してメッセージが到着しました。To ヘッダーに指定されたアドレスをリッスンしているエンドポイントはありません。

wsa10:ActionNotSupported

Action ヘッダーに指定されたアクションは、エンドポイントに関連付けられたインフラストラクチャ チャネルまたはディスパッチャーによって認識されません。

wsa10:EndpointUnavailable

RM チャネルは、CreateSequence メッセージのアドレス指定ヘッダーの検査に基づいて、エンドポイントでシーケンスが処理されないことを示すために、このエラーを返しました。

上記の 2 つの表に示すコードは、SOAP 1.1 の FaultCode、および SOAP 1.2 の SubCode (Code=Sender) に対応付けられています。

WSDL 1.1 バインディングと WS-Policy アサーション

WS-Addressing の使用の提示

WCF は、ポリシー アサーションを使用して、エンドポイントが WS-Addressing の特定のバージョンをサポートすることを示します。

次のポリシー アサーションには、エンドポイント ポリシー サブジェクト [WS-PA] が含まれており、そのエンドポイントで送受信されるメッセージでは WS-Addressing 2004/08 を使用する必要があることを示しています。

<wsap:UsingAddressing />

このポリシー アサーションは、WS-Addressing 2004/08 仕様を補うものです。

次のポリシー アサーションは、送受信されるメッセージでは WS-Addressing 1.0 を使用する必要があることを示しています。

<wsam:Addressing/> 

次のポリシー アサーションには、エンドポイント ポリシー サブジェクト [WS-PA] が含まれており、そのエンドポイントで送受信されるメッセージでは WS-Addressing 2004/08 を使用する必要があることを示しています。

<wsaw10:UsingAddressing />

wsaw10:UsingAddressing 要素は、WS-Addressing-WSDL から借用したものです。この要素は、この仕様のセクション 3.1.2 に従って、WS-Policy のコンテキストで使用されます。

Addressing を使用しても、WSDL 1.1、SOAP 1.1、および SOAP 1.2 HTTP バインディングのセマンティクスが変更されるわけではありません。たとえば、Addressing と WSDL SOAP 1.x HTTP バインディングを使用するエンドポイントに送信する要求に対して応答が求められている場合、この応答は HTTP 応答を使用して送信する必要があります。

HTTP 応答を使用して送信された応答の場合、WS-AM アサーションは次のようになります。

<wsam:AnonymousResponses/>

完全なポリシー アサーションは次のようになる場合があります。

<wsam:Addressing>
    <wsp:Policy>
        <wsam:AnonymousResponses /> 
    </wsp:Policy>
</wsam:Addressing>

ただし、リクエスターとレスポンダー間で 2 つの独立した逆方向の HTTP 接続を確立することによってメリットのあるメッセージ交換パターンがあります。たとえば、レスポンダーによって送信される要求されていない一方向のメッセージなどです。

WCF には、基になる 2 つのトランスポート チャネルで、一方のチャネルを入力メッセージに使用し、もう一方を出力メッセージに使用する複合二重チャネルを形成できる機能が用意されています。HTTP トランスポートの場合、複合二重によって 2 つの逆方向の HTTP 接続が実現します。一方の接続はリクエスターがレスポンダーにメッセージを送信するために使用し、もう一方はレスポンダーがリクエスターにメッセージを返すために使用します。

個別の HTTP 要求を使用して送信された応答の場合、WS-AM アサーションは次のようになります。

<wsam:NonAnonymousResponses/>

完全なポリシー アサーションは次のようになる場合があります。

<wsam:Addressing>
    <wsp:Policy>
      <wsam:NonAnonymousResponses /> 
   </wsp:Policy>
  </wsam:Addressing>

WSDL 1.1 SOAP 1.x HTTP バインディングを使用するエンドポイントで、エンドポイント ポリシー サブジェクト [WS-PA] を含む次のアサーションを使用する場合、リクエスターからレスポンダーおよびレスポンダーからリクエスターへのメッセージ フローにそれぞれ別の逆方向の HTTP 接続を使用する必要があります。

<cdp:CompositeDuplex/>

上記のステートメントにより、要求メッセージの wsa:ReplyTo ヘッダーに関する以下の要件が発生します。

  • R3514 : エンドポイントが WSDL 1.1 SOAP 1.x HTTP バインディングを使用しており、wsap10:UsingAddressing アサーションまたは wsap:UsingAddressing アサーションを含み、cdp:CompositeDuplex が関連付けられたポリシー代替手段を持つ場合、エンドポイントに送信する要求メッセージには、[address] プロパティが "http://www.w3.org/2005/08/addressing/anonymous" ではない ReplyTo ヘッダーが必要です。

  • R3515 : エンドポイントに送信する要求メッセージには、[address] プロパティが "http://www.w3.org/2005/08/addressing/anonymous" である ReplyTo ヘッダーが必要です。エンドポイントが WSDL 1.1 SOAP 1.x HTTP バインディングを使用しており、wsap10:UsingAddressing アサーションを含み、cdp:CompositeDuplex アサーションが関連付けられていないポリシー代替手段を持つ場合、ReplyTo ヘッダーはまったく必要ありません。

  • R3516 : エンドポイントが WSDL 1.1 SOAP 1.x HTTP バインディングを使用しており、wsap:UsingAddressing アサーションを含み、cdp:CompositeDuplex アサーションが関連付けられていないポリシー代替手段を持つ場合、エンドポイントに送信する要求メッセージには、[address] プロパティが "http://www.w3.org/2005/08/addressing/anonymous" である ReplyTo ヘッダーが必要です。

WS-Addressing の WSDL 仕様では、wsa:ReplyTo ヘッダーの要件を示す 3 つのテキスト値 (required、optional、および prohibited) を持つ <wsaw:Anonymous/> 要素を導入することにより、同様のプロトコル バインディングを記述することを試みています (セクション 3.2)。残念ながら、このような要素の定義では、要素をアサーションとして使用する代替手段の共通部分をサポートするために、ドメイン固有の拡張を必要とするため、特に WS-Policy のコンテキストではアサーションとして使用することはできません。また、このような要素の定義は、ネットワーク上のエンドポイントの動作に相反する ReplyTo ヘッダーの値を示すため、HTTP トランスポートに固有のものになります。

アクション定義

WS-Addressing 2004/08 では、wsdl:portType/wsdl:operation/[wsdl:input | wsdl:output | wsdl:fault] 要素の wsa:Action 属性が定義されています。WS-Addressing 1.0 WSDL バインディング (WS-ADDR10-WSDL) では、同様の属性として wsaw10:Action が定義されています。

この 2 つの属性の唯一の違いは、既定の Action パターンのセマンティクスです。これは、WS-ADDR のセクション 3.3.2 および WS-ADDR10-WSDL のセクション 4.4.4 にそれぞれ記載されています。

同じ portType (WCF の用語ではコントラクト) を共有し、異なるバージョンの WS-Addressing を使用する 2 つのエンドポイントを持つことは一見合理的に思われます。しかし、Action は portType によって定義され、portType を実装するエンドポイント間で変更できないことを考えると、両方の既定のアクション パターンをサポートすることは不可能になります。

この問題を解決するために、WCF では Action 属性の単一のバージョンをサポートしています。

B3521 : WCF は、WS-ADDR10-WSDL に定義された wsdl:portType/wsdl:operation/[wsdl:input | wsdl:output | wsdl:fault] 要素の wsaw10:Action 属性を使用して、エンドポイントが使用する WS-Addressing のバージョンに関係なく、対応するメッセージの Action URI を決定します。

WSDL ポート内でのエンドポイント参照の使用

WS-ADDR10-WSDL のセクション 4.1 では、wsdl:port 要素を拡張して、WS-Addressing の観点でエンドポイントを記述する <wsa10:EndpointReference /> 子要素を含めています。WCF では、WS-Addressing 2004/08 のこのユーティリティを拡張し、<wsa:EndpointReference />wsdl:port の子要素として使用できるようにしています。

  • R3531 : エンドポイントが <wsaw10:UsingAddressing/> ポリシー アサーションに関連付けられたポリシー代替手段を持つ場合、対応する wsdl:port 要素に <wsa10:EndpointReference /> 子要素を含めることができます。

  • R3532 : wsdl:port<wsa10:EndpointReference /> 子要素が含まれている場合、wsa10:EndpointReference/wsa10:Address 子要素の値は、wsdl:port/wsdl:location 兄弟要素の @address 属性の値に一致する必要があります。

  • R3533 : エンドポイントが <wsap:UsingAddressing/> ポリシー アサーションに関連付けられたポリシー代替手段を持つ場合、対応する wsdl:port 要素に <wsa:EndpointReference /> 子要素を含めることができます。

  • R3534 : wsdl:port<wsa:EndpointReference /> 子要素が含まれている場合、wsa:EndpointReference/wsa:Address 子要素の値は、wsdl:port/wsdl:location 兄弟要素の @address 属性の値に一致する必要があります。

WS-Security によるコンポジション

WS-ADDR および WS-ADDR10 のセキュリティに関する考慮事項のセクションに従って、メッセージ本文と共にすべてのアドレス指定メッセージ ヘッダーに署名し、これらをバインドすることをお勧めします。

メッセージの整合性を保護するために WS-Security を使用する場合は、メッセージの本文と共に、WS-Addressing メッセージ ヘッダーと、参照パラメーターまたは参照プロパティ (または両方) によって生成されたヘッダーに署名する必要があります。

一方向のメッセージ

このシナリオでは、送信者は一方向のメッセージを受信者に送信します。SOAP 1.2、HTTP 1.1、および W3C WS-Addressing 1.0 を使用します。

要求メッセージの構造 : メッセージ ヘッダーには、wsa10:To 要素と wsa10:Action 要素が含まれます。メッセージ本文には、アプリケーション名前空間の特定の <app:Ping> 要素が含まれます。

HTTP ヘッダー : POST の送信先は、wsa10:To 要素の URI に一致します。

Content-Type ヘッダーには、SOAP 1.2 で必要とされる値 application/soap+xml が含まれます。また、charset パラメーターと action パラメーターも含まれます。Content-Type ヘッダーの action パラメーターは、wsa10:Action メッセージ ヘッダーの値に一致します。

POST http://fabrikam123.com/Service HTTP/1.1
Content-Type: application/soap+xml; charset=utf-8;  
              action="http://fabrikam123.com/Service/OneWay"
Host: 131.107.72.15
Content-Length: 1501
Expect: 100-continue
Proxy-Connection: Keep-Alive
<s12:Envelope>
  <s12:Header>
    <wsa10:To s12:mustUnderstand="1">
        http://fabrikam123.com/Service
    </wsa10:To>
    <wsa10:Action s12:mustUnderstand="1">
        http://fabrikam123.com/Service/OneWay 
    </wsa10:Action>
  </s12:Header>
  <s12:Body>
    <Ping xmlns="http://fabrikam123.com/Service/">
      <Text>Hello World</Text>
    </Ping>
  </s12:Body>
</s12:Envelope>

受信側は、空の HTTP 応答と 202 ステータスで応答します。HTTP 応答の一例を次に示します。

HTTP/1.1 202 Accepted
Date: Fri, 15 Jul 2005 08:56:07 GMT
Server: Microsoft-IIS/6.0
MicrosoftOfficeWebServer: 5.0_Pub
X-Powered-By: ASP.NET
X-AspNet-Version: 2.0.50215
Cache-Control: private
Content-Length: 0

SOAP Message Transmission Optimization Mechanism

ここでは、WCF における HTTP SOAP MTOM 実装の詳細について説明します。MTOM テクノロジは、従来の Text/XML エンコーディングや WCF バイナリ エンコーディングと同じクラスの SOAP メッセージ エンコーディング機構です。MTOM には、次のような機能があります。

  • XOP によって記述された XML エンコーディングおよびパッケージング機構。XOP は、Base64 で個別のバイナリ部分にエンコードされたバイナリ データを含む XML 情報項目を最適化します。

  • XML Infoset と XOP パッケージの各バイナリ部分を個別の MIME パートにシリアル化する、XOP パッケージの MIME カプセル化。

  • SOAP 1.x エンベロープに適用される MIME XOP エンコーディング。

  • HTTP トランスポート バインディング。

WCF では、HTTP 以外のトランスポートで MTOM を使用できます。しかし、ここでは HTTP に焦点を合わせます。

MTOM 形式では、MTOM 自体、XOP、および MIME に適用されるさまざまな仕様を利用します。この仕様セットのモジュール性により、形式と処理のセマンティクスの要件を正確に再構築することが若干難しくなります。このセクションでは、MTOM HTTP バインディングの形式と処理の要件について説明します。

MTOM メッセージ エンコーディング

MTOM メッセージの生成

XOP のセクション 3.1 には、Base64 値を抽象的に定義された XOP パッケージに格納する要素情報項目を使用して、XML をエンコーディングするプロセスが記載されています。

次の一連の手順は、MTOM 固有のエンコーディング プロセスを示しています。

  1. エンコードする SOAP エンベロープに、[namespace name] が "http://www.w3.org/2004/08/xop/include" で、[local name]Include である要素情報項目が含まれていないことを確認します。

  2. 空の MIME パッケージを作成します。

  3. 元の XML Infoset 内で、最適化する要素情報項目を特定します。項目を最適化する場合、要素情報項目の [children] を構成する文字は、xs:base64Binary の正規形式であることが必要です (XSD-2 セクション 3.2.16 の base64Binary を参照)。また、空白以外のコンテンツの前、インライン、または後に、空白文字を含めることはできません。

  4. 元の SOAP エンベロープのコピーである XOP SOAP エンベロープを作成します。ただし、このコピーには、前の手順で特定した各要素情報項目の子が含まれます。これらの子は、以下の手順に従って構築された xop:Include 要素情報項目に置き換えられています。

    1. 置換対象の文字を Base64 でエンコードされたデータとして処理することにより、バイナリ データに変換します。

    2. R3133 および R3134 の各要件を満たす Content-ID ヘッダーの一意の値を生成します。

    3. バイナリ値を使用して、Content-Transfer-Encoding MIME ヘッダーを生成します。

    4. 最適化する要素情報項目 (新しく挿入する xop:Include 要素情報項目の [parent]) に、xmime:contentType 属性情報項目が含まれている場合、xmime:contentType 属性の値を使用して Content-Type MIME ヘッダーを生成します。

    5. Base64 として処理された置換対象文字からデコードされたバイナリ データ、Content-ID ヘッダー (手順 4b. で生成)、Content- Transfer-Encoding ヘッダー (手順 4c. で生成)、および Content-Type ヘッダー (手順 4d. で生成した場合) で構成されたコンテンツを含む、新しいバイナリ MIME パートを生成します。

    6. 値 cid: uri を持つ xop:Include 要素に href 属性を追加します。uri は、手順 4b. で生成した Content-ID ヘッダーの値から派生したものです。囲んでいる "<" と ">" を削除し、残りの文字列を URL エスケープし、プレフィックス cid: を追加します。RFC1738 と RFC2396 に従って、次の最小限の文字セットをエスケープする必要があります。その他の文字もエスケープすることができます。

      Hexadecimal 00-1F , 7F, 20, "<" | ">" | "#" | "%" | <">
      "{" | "}" | "|" | "\" | "^" | "[" | "]" | "`" | "~" | "^"
      
  5. 手順 4. の XOP SOAP エンベロープを含むルート MIME パートを作成します。

  6. HTTP Content-Type ヘッダーなどの HTTP ヘッダーを書き込みます。

  7. MIME パッケージを書き込みます。

MTOM メッセージの処理

MTOM メッセージの処理は、前述の「MTOM メッセージの生成」で説明したプロセスと正反対のプロセスになります。

  1. ルート MIME パートに Content-Type application/xop+xml が含まれていることを確認します。

  2. パッケージのルート MIME パートを XML ドキュメントとして解析して、SOAP エンベロープを作成します。文字エンコーディングは、ルート MIME パートの Content-Type の charset パラメーターによって決まります。

  3. 作成した SOAP エンベロープ内の各要素情報項目について、以下の処理を行います。これらの要素情報項目には、[children] プロパティの唯一のメンバーとして、xop:Include 要素情報項目が含まれています。

    1. プレフィックス cid: を削除し、xop:Include 要素の **@href** 属性の値に含まれるすべての URI エスケープ シーケンスのエスケープを解除します (RFC 2396)。エスケープ解除した文字列を "<" と ">" で囲みます。

    2. Content-ID ヘッダーの値が手順 3a. で取得した文字列に一致する MIME パートを検索します。

    3. 各項目の children プロパティに出現する xop:Include 要素情報項目を、手順 3b. で特定した MIME パートのエンティティ本体の正規 Base64 エンコーディング (XSD-2 セクション 3.2.16 の base64Binary を参照) を表す文字情報項目に置き換えます (xop:Include 要素情報項目をパッケージ パーツから再構築したデータに効率的に置き換えます)。

HTTP Content-Type ヘッダー

ここでは、WCF で使用する、SOAP 1.x MTOM でエンコードされたメッセージの HTTP Content-Type ヘッダーの形式について説明します。これらの形式は、MTOM 仕様に記載された要件と、MTOM および RFC 2387 に基づいています。

  • R4131 : HTTP Content-Type ヘッダーには、multipart/related (大文字と小文字は区別されません) とそのパラメーターの値が必要です。パラメーター名では、大文字と小文字は区別されません。パラメーターの順序は重要ではありません。

  • MIME メッセージの Content-Type ヘッダーのすべての Backus-Naur Form (BNF) については、RFC 2045 のセクション 5.1 に記載されています。

  • R4132 : HTTP Content-Type ヘッダーには、二重引用符で囲まれた値 application/xop+xml が指定された型パラメーターが必要です。

二重引用符を使用する際の要件は、RFC 2387 に明示されているわけではありませんが、ほとんどの場合、multipart/related メディア タイプのすべてのパラメーターに、"@" や "/" などの予約された文字が含まれているため、二重引用符が必要であることが確認されています。

  • R4133 : HTTP Content-Type ヘッダーには、start パラメーターを含める必要があります。このパラメーターには、SOAP 1.x エンベロープを含む MIME パートの Content-ID ヘッダーの値を二重引用符で囲んで指定します。start パラメーターを省略する場合は、最初の MIME パートに SOAP 1.x エンベロープを含める必要があります。

  • R4134 : SOAP 1.1 MTOM でエンコードされたメッセージの HTTP Content-Type ヘッダーには、start-info パラメーターを含める必要があります。このパラメーターには、値 text/xml を二重引用符で囲んで指定します。

  • R4135 : SOAP 1.2 MTOM でエンコードされたメッセージの HTTP Content-Type ヘッダーには、start-info パラメーターを含める必要があります。このパラメーターには、値 application/soap+xml を二重引用符で囲んで指定します。

  • R4136 : SOAP 1.x MTOM でエンコードされたメッセージの HTTP Content-Type ヘッダーには、boundary パラメーターを含める必要があります。このパラメーターには、RFC 2046 のセクション 5.1.1 で定義された MIME 境界の BNF に一致する (二重引用符で囲まれた) 値を指定します。

    boundary := 0*69<bchars> bcharsnospace 
    bchars := bcharsnospace / " " 
    bcharsnospace :=    DIGIT / ALPHA / "'" / "(" / ")" / "+" 
                        / "_" / "," / "-" / "." / "/" / ":" / "=" / "?"
    

    次に例を示します。

    Content-Type: multipart/related; type="application/xop+xml";start=" <part0@tempuri.org>";boundary="uuid:0ca0e16e-feb1-426c-97d8-c4508ada5e82+id=1";start-info="text/xml" 
    

    Content-Type: Multipart/Related; type="application/xop+xml";start-info="text/xml";boundary="uuid:0ca0e16e-feb1-426c-97d8-c4508ada5e82+id=1"
    
    

    Content-Type: Multipart/Related; type=application/xop+xml;start=" <part0@tempuri.org>";start-info="text/xml";boundary="uuid:0ca0e16e-feb1-426c-97d8-c4508ada5e82+id=1" 
    

Infoset MIME パート

SOAP 1.x エンベロープは、XOP MIME パッケージのルート部分としてカプセル化され、多くの場合、infoset パートと呼ばれます。

  • R4141 : SOAP 1.x エンベロープは、XOP MIME パッケージのルート部分としてカプセル化する必要があります。これは infoset パートと呼ばれ、HTTP Content-Type から参照されます。

  • R4142 : SOAP Infoset パートには、Content-IDContent-Transfer-Encoding、および Content-Type の各 MIME ヘッダーを含める必要があります。

Content-ID ヘッダーの形式は、RFC 2045 で次のように定義されています。

"Content-ID" ":" msg-id

ここで、msg-id は、RFC 2822 で次のように定義されています (RFC 2045 で参照されている RFC 822 は、RFC 2822 に置き換えられています)。

msg-id    =       [CFWS] "<" id-left "@" id-right ">" [CFWS]

msg-id は、"<" と ">" で囲まれた有効な電子メール アドレスです。[CFWS] プレフィックスとサフィックスは、コメントを伝達するために RFC 2822 で追加されたものですが、相互運用性を維持する場合は、使用しないことをお勧めします。

R4143 : Infoset MIME パートの Content-ID ヘッダーの値は、RFC 2822 の msg-id の定義内容から [CFWS] プレフィックスとサフィックスの部分を省略した形式に従う必要があります。

多くの MIME 実装では、"<" と ">" で囲まれた値が電子メール アドレスであるという要件を緩和し、電子メール アドレス以外に、"<" と ">" で囲まれた absoluteURI を使用しています。WCF のこのバージョンでは、次の形式の Content-ID MIME ヘッダーの値を使用します。

Content-ID: <http://tempuri.org/0> 

R4144 : MTOM プロセッサは、次の厳密でない msg-id に一致する Content-ID ヘッダーの値を受け入れる必要があります。

msg-id-relaxed =     [CFWS] "<" (absoluteURI | mail-address) ">" [CFWS]
mail-address   =     id-left "@" id-right

MIME (RFC 2045) では、MIME パートのコンテンツのエンコーディングを伝達する Content-Transfer-Encoding ヘッダーを使用できます。Content-Transfer-Encoding に定義されている既定値は 7 ビットですが、これはほとんどの SOAP メッセージに適していません。そのため、Content-Transfer-Encoding ヘッダーの相互運用性を高めるために、以下を行う必要があります。

  • R4145 : SOAP Infoset パートに、Content-Transfer-Encoding ヘッダーを含める必要があります。

  • R4146 : SOAP エンベロープの文字エンコーディングが UTF-8 の場合、Content-Transfer-Encoding ヘッダーの値は 8 ビットであることが必要です。

  • R4147 : SOAP エンベロープの文字エンコーディングが UTF-16 の場合、Content-Transfer-Encoding ヘッダーの値はバイナリであることが必要です。

  • 以下の要件は、XOP のセクション 5 に基づいています。

  • R4148 : SOAP1.1 Infoset パートに、application/xop+xml メディア タイプ、および type="text/xml" パラメーターと charset パラメーターを指定した Content-Type ヘッダーを含める必要があります。

    Content-Type: application/xop+xml;
                  charset=utf-8;type="text/xml"
    
  • R4149 : SOAP 1.2 Infoset パートに、application/xop+xml メディア タイプ、および type="application/soap+xml" パラメーターと charset パラメーターを指定した Content-Type ヘッダーを含める必要があります。

    Content-Type: application/xop+xml;
                  charset=utf-8;type="application/soap+xml"
    

    XOP では、application/xop+xmlcharset パラメーターは省略可能と定義されていますが、text/xml メディア タイプの charset パラメーターについては、BP 1.1 の要件と同様の相互運用性が必要とされます。

  • R41410 : type パラメーターと charset パラメーターは、SOAP 1.x Infoset パートの Content-Type ヘッダーに含まれている必要があります。

WCF エンドポイントによる MTOM のサポート

MTOM の目的は、SOAP メッセージをエンコードして、Base64 でエンコードされたデータを最適化することです。制約は次のとおりです。

  • R4151 : Base64 でエンコードされたデータを含むすべての要素情報項目を最適化できます。

  • B4152 : WCF では、Base64 でエンコードされたデータを含み、長さが 1024 バイトを上回る要素情報項目を最適化します。

MTOM を使用するように構成された WCF エンドポイントは、常に MTOM でエンコードされたメッセージを送信します。必要な条件を満たすパートがない場合でも、メッセージは MTOM でエンコードされます (SOAP エンベロープを含む単一の MIME パートを持つ MIME パッケージとしてシリアル化されます)。

MTOM の WS-Policy アサーション

WCF では、次のポリシー アサーションを使用して、エンドポイントによる MTOM の使用方法を示します。

<wsoma:OptimizedMimeSerialization ... />
  • R4211 : 上記のポリシー アサーションには、エンドポイント ポリシー サブジェクトが含まれており、MTOM を使用して、エンドポイントで送受信されるすべてのメッセージを最適化する必要があることを示しています。

  • B4212 : MTOM による最適化を使用するように構成されている場合、WCF エンドポイントは、対応する wsdl:binding に関連付けられたポリシーに MTOM ポリシー アサーションを追加します。

WS-Security によるコンポジション

MTOM は、text/xml および WCF バイナリ XML と同様のエンコーディング機構です。MTOM は、WS-Security とその他の WS-* プロトコルによる自然なコンポジションを提供します。WS-Security を使用してセキュリティ保護されたメッセージは、MTOM を使用して最適化できます。

MTOM を使用してエンコードされた WCF SOAP 1.1 メッセージ

POST http://131.107.72.15/Mtom/svc/service.svc/Soap11MtomUTF8 HTTP/1.1
SOAPAction: "http://xmlsoap.org/echoBinaryAsString"
Content-Type: multipart/related;type="application/xop+xml";
              start="<http://tempuri.org/0>";start-info="text/xml";
       boundary="uuid:0ca0e16e-feb1-426c-97d8-c4508ada5e82+id=1"
Host: 131.107.72.15
Content-Length: 1501
--uuid:0ca0e16e-feb1-426c-97d8-c4508ada5e82+id=1
Content-ID: <http://tempuri.org/0>
Content-Transfer-Encoding: 8bit
Content-Type: application/xop+xml;charset=utf-8;type="text/xml"
<s:Envelope xmlns:s="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/">
  <s:Body>
    <EchoBinaryAsString xmlns="http://xmlsoap.org/Ping">
      <array>
        <xop:Include 
         href="cid:http%3A%2F%2Ftempuri.org%2F1%2F632618206521093670" 
         xmlns:xop="http://www.w3.org/2004/08/xop/include"/>
      </array>
    </EchoBinaryAsString>
  </s:Body>
</s:Envelope>
--uuid:0ca0e16e-feb1-426c-97d8-c4508ada5e82+id=1
Content-ID: <http://tempuri.org/1/632618206521093670>
Content-Transfer-Encoding: binary
Content-Type: application/octet-stream
…Binary Content..
--uuid:0ca0e16e-feb1-426c-97d8-c4508ada5e82+id=1

MTOM を使用してエンコードされた WCF Secure SOAP 1.2 メッセージ

この例では、WS-Security を使用して保護されたメッセージを MTOM と SOAP 1.2 を使用してエンコードします。エンコーディングの対象として特定されたバイナリ部分は、BinarySecurityToken、暗号化された署名に対応する EncryptedDataCipherValue、および暗号化された本文の内容です。EncryptedKeyCipherValue は、長さが 1024 バイト未満であるため、WCF による最適化の対象として特定されませんでした。

POST http://131.107.72.15/Mtom/service.svc/Soap12MtomSecureSignEncrypt HTTP/1.1
Content-Type: multipart/related; type="application/xop+xml";
              start="<http://tempuri.org/0>";
            boundary="uuid:0ca0e16e-feb1-426c-97d8-c4508ada5e82+id=3";
              start-info="application/soap+xml"; 
              action="http://xmlsoap.org/echoBinaryAsString"
Host: 131.107.72.15
Content-Length: 1941
--uuid:0ca0e16e-feb1-426c-97d8-c4508ada5e82+id=3
Content-ID: <http://tempuri.org/0>
Content-Transfer-Encoding: 8bit
Content-Type: application/xop+xml;charset=utf-8;type="application/soap+xml"
<s:Envelope xmlns:s="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/" xmlns:u="http://docs.oasis-open.org/wss/2004/01/oasis-200401-wss-wssecurity-utility-1.0.xsd">
  <s:Header>
    <o:Security s:mustUnderstand="1" xmlns:o="http://docs.oasis-open.org/wss/2004/01/oasis-200401-wss-wssecurity-secext-1.0.xsd">
      <u:Timestamp u:Id="uuid-4d4ee765-5717-4d53-9ac9-99bddc07df6c-5">
        <u:Created>2005-09-09T06:57:32.488Z</u:Created>
        <u:Expires>2005-09-09T07:02:32.488Z</u:Expires>
      </u:Timestamp>
      <o:BinarySecurityToken u:Id="uuid-4d4ee765-5717-4d53-9ac9-99bddc07df6c-2" ValueType="http://docs.oasis-open.org/wss/2004/01/oasis-200401-wss-x509-token-profile-1.0#X509v3" EncodingType="http://docs.oasis-open.org/wss/2004/01/oasis-200401-wss-soap-message-security-1.0#Base64Binary">
        <xop:Include href="cid:http%3A%2F%2Ftempuri.org%2F1%2F632618206525089430" xmlns:xop="http://www.w3.org/2004/08/xop/include"/>
      </o:BinarySecurityToken>
      <e:EncryptedKey Id="_1" xmlns:e="http://www.w3.org/2001/04/xmlenc#">
        <e:EncryptionMethod Algorithm="http://www.w3.org/2001/04/xmlenc#rsa-oaep-mgf1p"/>
        <KeyInfo xmlns="http://www.w3.org/2000/09/xmldsig#">
          <o:SecurityTokenReference>
            <o:KeyIdentifier ValueType="http://docs.oasis-open.org/wss/2004/01/oasis-200401-wss-x509-token-profile-1.0#X509SubjectKeyIdentifier">Xeg55vRyK3ZhAEhEf+YT0z986L0=</o:KeyIdentifier>
          </o:SecurityTokenReference>
        </KeyInfo>
        <e:CipherData>          <e:CipherValue>oQfpxwT8/SAGyZQzKE2b4yO6dXuQj7pwJ+5CGL3Rf7C06bQ5ttMoQ9GLJcQYkXTzin+WwHEgs5bj5ml9HKTW9QAU5JJ6lksdymmQvWP5ZtGPBVchO4sofEGoCKmBiZL/DYS/cnbzgnc/3a6NYnc10y2fWGaGLiqa00zijAw7o0Y=</e:CipherValue>
        </e:CipherData>
      </e:EncryptedKey>
      <c:DerivedKeyToken u:Id="_2" xmlns:c="http://schemas.xmlsoap.org/ws/2005/02/sc">
        <o:SecurityTokenReference>
          <o:Reference URI="#_1"/>
        </o:SecurityTokenReference>
        <c:Nonce>OrEPRX7fISIS4sXYWPMv3g==</c:Nonce>
      </c:DerivedKeyToken>
      <e:ReferenceList xmlns:e="http://www.w3.org/2001/04/xmlenc#">
        <e:DataReference URI="#_3"/>
        <e:DataReference URI="#_4"/>
      </e:ReferenceList>
      <e:EncryptedData Id="_4" Type="http://www.w3.org/2001/04/xmlenc#Element" xmlns:e="http://www.w3.org/2001/04/xmlenc#">
        <e:EncryptionMethod Algorithm="http://www.w3.org/2001/04/xmlenc#aes256-cbc"/>
        <KeyInfo xmlns="http://www.w3.org/2000/09/xmldsig#">
          <o:SecurityTokenReference>
            <o:Reference URI="#_2"/>
          </o:SecurityTokenReference>
        </KeyInfo>
        <e:CipherData>
          <e:CipherValue>
            <xop:Include href="cid:http%3A%2F%2Ftempuri.org%2F2%2F632618206525089430" xmlns:xop="http://www.w3.org/2004/08/xop/include"/>
          </e:CipherValue>
        </e:CipherData>
      </e:EncryptedData>
    </o:Security>
  </s:Header>
  <s:Body u:Id="_0">
    <e:EncryptedData Id="_3" Type="http://www.w3.org/2001/04/xmlenc#Content" xmlns:e="http://www.w3.org/2001/04/xmlenc#">
      <e:EncryptionMethod Algorithm="http://www.w3.org/2001/04/xmlenc#aes256-cbc"/>
      <KeyInfo xmlns="http://www.w3.org/2000/09/xmldsig#">
        <o:SecurityTokenReference xmlns:o="http://docs.oasis-open.org/wss/2004/01/oasis-200401-wss-wssecurity-secext-1.0.xsd">
          <o:Reference URI="#_2"/>
        </o:SecurityTokenReference>
      </KeyInfo>
      <e:CipherData>
        <e:CipherValue>
          <xop:Include href="cid:http%3A%2F%2Ftempuri.org%2F3%2F632618206525089430" xmlns:xop="http://www.w3.org/2004/08/xop/include"/>
        </e:CipherValue>
      </e:CipherData>
    </e:EncryptedData>
  </s:Body>
</s:Envelope>
--uuid:0ca0e16e-feb1-426c-97d8-c4508ada5e82+id=3
Content-ID: <http://tempuri.org/1/632618206525089430>
Content-Transfer-Encoding: binary
Content-Type: application/octet-stream
...Binary content of BinarySecurityToken - X509 Certificate...
--uuid:0ca0e16e-feb1-426c-97d8-c4508ada5e82+id=3
Content-ID: <http://tempuri.org/2/632618206525089430>
Content-Transfer-Encoding: binary
Content-Type: application/octet-stream
...Binary serialization of the encrypted primary signature...
--uuid:0ca0e16e-feb1-426c-97d8-c4508ada5e82+id=3
Content-ID: <http://tempuri.org/3/632618206525089430>
Content-Transfer-Encoding: binary
Content-Type: application/octet-stream
...Binary serialization of the encrypted Body...
--uuid:0ca0e16e-feb1-426c-97d8-c4508ada5e82+id=3--