<ws2007FederationHttpBinding>

<wsFederationHttpBinding>から派生し、フェデレーション セキュリティをサポートする、セキュリティで保護された相互運用可能なバインディングです。

スキーマの階層

<system.serviceModel>
  <bindings>
    <ws2007FederationHttpBinding>

構文

<ws2007FederationHttpBinding>
    <binding 
        bypassProxyOnLocal="Boolean"
        closeTimeout="TimeSpan" 
        hostNameComparisonMode="StrongWildcard/Exact/WeakWildcard"
        maxBufferPoolSize="integer"
        maxReceivedMessageSize="integer"
        messageEncoding="Text/Mtom" 
                name="string"
        openTimeout="TimeSpan" 
        privacyNoticeAt="Uri"
        privacyNoticeVersion="Integer"
        proxyAddress="Uri" 
        receiveTimeout="TimeSpan"
        sendTimeout="TimeSpan"
        textEncoding="UnicodeFffeTextEncoding/Utf16TextEncoding/Utf8TextEncoding"
        transactionFlow="Boolean"
        useDefaultWebProxy="Boolean">
        <security mode="None/Message/TransportWithMessageCredential">
           <message negotiateServiceCredential="Boolean"
                algorithmSuite="Basic128/Basic192/Basic256/Basic128Rsa15/Basic256Rsa15/TripleDes/TripleDesRsa15/Basic128Sha256/Basic192Sha256/TripleDesSha256/Basic128Sha256Rsa15/Basic192Sha256Rsa15/Basic256Sha256Rsa15/TripleDesSha256Rsa15"
                issuedTokenType="string"
                issuedKeyType="SymmetricKey/PublicKey"
           </message>
        </security>
        <reliableSession ordered="Boolean"
           inactivityTimeout="TimeSpan"
           enabled="Boolean" />
       <readerQuotas             maxArrayLength="Integer"            maxBytesPerRead="Integer"            maxDepth="Integer"             maxNameTableCharCount="Integer"                     maxStringContentLength="Integer" />    </binding>
</ws2007FederationHttpBinding>

属性と要素

以降のセクションでは、属性、子要素、および親要素について説明します。

属性

属性 説明

bypassProxyOnLocal

ローカル アドレスでプロキシ サーバーをバイパスするかどうかを示す値。既定値は false です。

closeTimeout

クローズ操作が完了するまでの期間を指定する TimeSpan 値。この値は必ず Zero 以上である必要があります。既定値は 00:01:00 です。

hostnameComparisonMode

URI の解析に使用する HTTP ホスト名比較モードを指定します。この属性は HostnameComparisonMode 型で、URI が一致したときにサービスへのアクセスにホスト名を使用するかどうかを指定します。既定値は StrongWildcard で、一致しているホスト名を無視します。

maxBufferPoolSize

このバインドに使用するバッファー プールの最大サイズ。既定は 524,288 バイト (512 * 1024) です。Windows Communication Foundation (WCF) の多くの部分でバッファーが使用されます。使用するたびに毎回バッファーを作成および破壊すると負荷が高くなります。バッファーのガベージ コレクションも同様です。バッファー プールを使用すると、バッファーをプールから取得して使用し、作業が終わったらプールに戻すことができます。これで、バッファーの作成と破棄のオーバーヘッドを回避できます。

maxReceivedMessageSize

チャネルで受信可能な最大メッセージ サイズ (ヘッダーを含む) が、このバインドを使用してバイト単位で設定されました。この制限を超えるメッセージの送信者が、SOAP エラーを受信します。受信者がメッセージをドロップし、トレース ログにそのイベントのエントリを作成します。既定値は 65536 です。

messageEncoding

メッセージのエンコードに使用されるエンコーダーを定義します。有効な値は次のとおりです。

  • Text: テキスト メッセージのエンコーダーを使用します。

  • Mtom: Message Transmission Organization Mechanism 1.0 (MTOM) エンコーダーを使用します。

既定値は Text です。

この属性は WSMessageEncoding 型です。

name

バインドの構成名。この値は、バインディングの ID として使用されるため、一意にする必要があります。.NET Framework 4 以降では、バインディングおよび動作に名前を付ける必要はありません。既定の構成、および名前のないバインディングと動作の詳細については、「Simplified Configuration」および「Simplified Configuration for WCF Services」を参照してください。

openTimeout

実行中の操作が完了するまでの時間間隔を指定する TimeSpan 値です。この値は必ず Zero 以上である必要があります。既定値は 00:01:00 です。

privactyNoticeAt

プライバシーに関する声明の場所を示す URI。

privactyNoticeVersion

現在のプライバシーに関する声明のバージョン。

proxyAddress

HTTP プロキシのアドレスを指定する URI。useDefaultWebProxytrue の場合、この設定を null にする必要があります。既定値は null です。

receiveTimeout

受信操作が完了するまでの時間間隔を指定する TimeSpan 値です。この値は必ず Zero 以上である必要があります。既定値は 00:10:00 です。

sendTimeout

送信操作が完了するまでの時間間隔を指定する TimeSpan 値です。この値は必ず Zero 以上である必要があります。既定値は 00:01:00 です。

textEncoding

バインディングでメッセージの発行に使用される文字セット エンコーディングを設定します。有効な値は次のとおりです。

  • BigEndianUnicode: Unicode ビッグ エンディアン エンコーディング。

  • Unicode: 16 ビット エンコーディング。

  • UTF8: 8 ビット エンコーディング。

既定値は UTF8 です。この属性は Encoding 型です。

transactionFlow

バインディングが WS-Transactions のフローをサポートするかどうかを指定する値。既定値は false です。

useDefaultWebProxy

システムの自動設定 HTTP プロキシを使用するかどうかを示す値。この属性が true の場合、プロキシ アドレスを null (つまり、設定しない) にする必要があります。既定値は true です。

子要素

要素 説明

<wsFederationHttpBinding> の <security>

メッセージのセキュリティ設定を定義します。この要素は WSFederationHttpSecurityElement 型です。

<readerQuotas>

このバインドを使用して設定されるエンドポイントにより処理可能な、SOAP メッセージの複雑さに対する制約を定義します。この要素は XmlDictionaryReaderQuotasElement 型です。

reliableSession

チャネルのエンドポイント間に信頼できるセッションを確立するかどうかを指定します。

親要素

要素 説明

<bindings>

この要素には、標準バインディングおよびカスタム バインディングのコレクションが保持されます。

解説

フェデレーションは、複数の企業または信頼するドメインで認証と承認用の ID を共有する機能です。フェデレーションは、WS-Trust プロトコルを使用して、ID 形式を、ある信頼するドメインから別の信頼するドメインにマップします。フェデレーション HTTP バインドは、SOAP セキュリティと混合モード セキュリティをサポートしますが、トランスポート セキュリティの単独使用はサポートしません。このバインディングで構成されたサービスは、HTTP トランスポートを使用する必要があります。詳細については、次のトピックを参照してください。 <wsFederationHttpBinding>.

<configuration>
<system.ServiceModel>
<bindings>
<ws2007FederationHttpBinding>
    <binding 
        bypassProxyOnLocal="false"
        transactionFlow="false"
        hostNameComparisonMode="WeakWildcard"
        maxReceivedMessageSize="1000"
        messageEncoding="Mtom" 
        proxyAddress="http://www.contoso.com" 
        textEncoding="Utf16TextEncoding"
        useDefaultWebProxy="false">
        <reliableSession ordered="false"
            inactivityTimeout="00:02:00" enabled="true" />
        <security mode="None">
           <message negotiateServiceCredential="false"
                algorithmSuite="Aes128"
                issuedTokenType="http://docs.oasis-open.org/wss/oasis-wss-saml-token-profile-1.1#SAMLV1.1" 
                issuedKeyType="PublicKey">
               <issuer address="http://localhost/Sts" />
           </message>
        </security>
    </binding>
</ws2007FederationBinding>
</bindings>
</system.ServiceModel>
</configuration>

参照

リファレンス

<wsFederationHttpBinding>
WS2007FederationHttpBinding
WS2007FederationHttpBindingElement

概念

<binding>

その他のリソース

Windows Communication Foundation Bindings
Configuring System-Provided Bindings
Using Bindings to Configure Services and Clients