Web サービス検出ツール (Disco.exe)

このトピックの対象は、レガシ テクノロジに特定されています。XML Web サービスと XML Web サービス クライアントは以下を使用して作成してください。 Windows Communication Foundation.

Web サービス検出ツールは、Web サーバー上にある XML Web サービスの URL を探索し、各 XML Web サービスに関連するドキュメントをローカル ディスク上に保存します。

disco [options] URL

解説

次の表では、Web サービス検出ツール (disco) で使用できる引数とオプションについて説明します。

引数 説明

URL

サービスの探索、および探索ドキュメント (.wsdl、.xsd、.disco、.discomap の各ファイル) の発行の対象となる URL。

オプション 説明

/d[omain]:domain

認証を必要とするプロキシ サーバーに接続するときに使うドメイン名を指定します。

/nosave

探索されたドキュメントまたは結果 (.wsdl、.xsd、.disco、.discomap の各ファイル) をディスクに保存しません。既定では、これらのドキュメントを保存します。

/nologo

Microsoft 著作権情報を表示しません。

/o[ut]:directoryName

探索されたドキュメントを保存する出力ディレクトリを指定します。既定値は、現在のディレクトリです。

/p[assword]:password

認証情報を要求するプロキシ サーバーに接続するときに使用するパスワードを指定します。

/proxy:URL

HTTP 要求のために使用するプロキシ サーバーの URL を指定します。既定では、システム プロキシ設定を使用します。

/proxydomain:domain

または

/pd:domain

認証を必要とするプロキシ サーバーに接続するときに使用するドメインを指定します。

/proxypassword:password

または

/pp:password

認証情報を要求するプロキシ サーバーに接続するときに使用するパスワードを指定します。

/proxyusername:username

または

/pu:username

認証情報を要求するプロキシ サーバーに接続するときに使用するユーザー名を指定します。

/u[sername]:username

認証情報を要求するプロキシ サーバーに接続するときに使用するユーザー名を指定します。

/?

このツールのコマンド構文とオプションを表示します。

XML Web サービス探索とは、XML Web サービスの説明を探索し、その内容を問い合わせる処理のことです。探索を実行すると、潜在的な XML Web サービス クライアントは、XML Web サービスの有無および XML Web サービスとの対話方法についての情報を取得できます。通常、XML Web サービスによって発行される .discomap ファイルは、XML Web サービスを説明する他のリソースへのリンクが記載されている XML ドキュメントです。探索をサポートするのに XML Web サービスを実装する Web サイトは必須ではありません。XML Web サービスは、プライベートな用途のために作成される場合もあります。

このツールで生成された .wsdl、.xsd、.disco、.discomap の各ファイルを Web サービス記述言語ツール (Wsdl.exe) への入力として使用して、XML Web サービス クライアントを作成できます。

指定先 URL で探索ドキュメントを検索し、探索されたドキュメントを現在のディレクトリに保存するコマンドを次に示します。指定した URL で探索可能なリソースが見つからない場合は、エラー メッセージが表示されます。

disco http://www.proseware.com/prosewareWebservice.disco

指定先 URL で探索ドキュメントを検索し、探索されたドキュメントを指定した出力ディレクトリに保存するコマンドを次に示します。

disco /out:myDir http://www.proseware.com

参照

リファレンス

Web サービス記述言語ツール (Wsdl.exe)

概念

Web サービス探索
XML Web サービスの概要

その他のリソース

.NET Framework Tools
SDK Command Prompt