Microsoft Dynamics CRM 2015 へのより簡単な接続

 

公開日: 2016年11月

対象: Dynamics CRM 2015

Microsoft Dynamics CRM 2015 および Microsoft Dynamics CRM Online 2015 更新プログラム の Developer Extensions は、接続文字列という概念を使用して Microsoft Dynamics 365 サーバーに接続します。 これは、Microsoft SQL Server で使用される接続文字列の概念と似ています。 接続文字列は、ADO.NET フレームワークに含まれており、最大限のセキュリティを得るために構成セクションを暗号化する機能も含めて、構成ファイルでのネイティブ サポートも提供されています。 これにより、Microsoft Dynamics 365 接続を展開時に構成し、アプリケーションにハード コーディングしない堅牢なモデルの使用が促進されます。 そのため、Developer Extensions for Microsoft Dynamics 365 のすべての API は、CrmConnection オブジェクトと一緒に機能します。このオブジェクトは、このトピックで説明するように、接続文字列を使用してサーバーに接続する CrmOrganizationServiceContext クラスによって内部的に使用されます。

以下の例のように、この接続文字列をプロジェクトの app.config または web.config ファイルに入力します。

<connectionStrings>
  <add name="Crm" connectionString="Url=http://crm.contoso.com/xrmContoso;"/>
</connectionStrings>
System_CAPS_security セキュリティ メモ

app.config ファイルまたは web.config ファイルにアカウント パスワードなどの機密情報を追加する場合は、適切なセキュリティ対策を講じてその情報を保護してください。

このトピックの内容

接続文字列の作成

接続文字列パラメーター

接続文字列の例

接続文字列の作成

接続文字列は、CrmConnection オブジェクトをインスタンス化するために使用されます。このオブジェクトを使用して、OrganizationService オブジェクトまたは CrmOrganizationServiceContext オブジェクトをインスタンス化できます。

//Use the Microsoft Dynamics CRM Online connection string from the app.config file named "CRMOnline".
var connection = new CrmConnection("CRMOnline");
var service = new OrganizationService(connection);
var context = new CrmOrganizationServiceContext(connection);

CrmConnection は、app.config ファイルと別に作成することもできます。次のようにインラインで作成できます。

var connection = CrmConnection.Parse("Url=http://crm.contoso.com/xrmContoso; Domain=CONTOSO; Username=jsmith; Password=passcode;");

接続文字列パラメーター

接続文字列の基本形式は OLEDB 接続文字列と同じです。 これは、セミコロンで区切られた一連の名前/値のペアです。 次の表は、任意の受注で入力できる、サポートされるパラメーターを一覧表示しています。

パラメーター名

内容

Server, Url, or Service Uri

Microsoft Dynamics 365 サーバーの URL を指定します。 URL には http または https を指定でき、ポートがポート 80 の http またはポート 443 の https である場合は、ポートはオプショナルです。 典型的なサーバー URL の形式は、http:// crm-server: port/organization-name または Microsoft Dynamics CRM Onlinehttps:// organization-name.crm.dynamics.com です。 組織名は必須です。

Domain

ユーザーの資格情報を検証するドメインを指定します。

Username or User ID

資格情報に関連付けられたユーザーの ID 名を指定します。

Password

資格情報に関連付けられたユーザー名のパスワードを指定します。

Device ID or Device User Name

ユーザー定義の Microsoft アカウント デバイス ID を指定します。 空でない任意の文字列を指定できます。 このデバイス ID は、最初に認証が実行されるときにデバイス パスワードと一緒に登録されます。 デバイス ID とパスワードが以前に登録された値と一致しない場合、認証は失敗します。 デバイス ID は CRM Onlineのみ適用されます。

Device Password

ユーザー定義の Microsoft アカウント デバイス パスワードを指定します。 6 文字以上で指定する必要があります。 このパスワードは、最初に認証が実行されるときにデバイス ID と一緒に登録されます。 デバイス ID とパスワードが以前に登録された値と一致しない場合、認証は失敗します。 デバイス パスワードは CRM Onlineのみ適用されます。

Timeout

Timeout クラスの OrganizationServiceProxy プロパティに渡されます。

Home Realm Uri

HomeRealmUri クラスの OrganizationServiceProxy プロパティに渡されます。

Proxy Types Enabled

既定値は True で、このパラメーターにより、OrganizationService はベースの Entity タイプではなくプロキシ タイプを返すことができます。

Proxy Types Assembly

Microsoft.Xrm.Client.CodeGeneration 拡張機能を指定した、CrmSvcUtil.exe ツールを使用して生成した、Microsoft Dynamics 365 からのプロキシ タイプを含むアセンブリを指定します。

Caller ID

CallerId クラスの OrganizationServiceProxy プロパティに渡されます。

Service Configuration Instance Mode

Static、PerName、PerRequest、または PerInstance に設定できます。PerName は既定値です。IServiceConfiguration<TService>OrganizationService に対して作成される回数を最適化し、接続文字列ごとに 1 つだけ作成されるようにします。 その他のプロジェクト オプションの詳細については、「instanceMode 属性を指定する」を参照してください。

User Token Expiry Window

新しいユーザー トークンを取得するときのオフセットとして使用される TimeSpan を指定します (形式は hh:mm:ss)。 たとえば、このパラメーターを「00:10:00」に設定すると、新しいユーザー トークンは実際にトークンの期限が切れる 10 分前に取得されます。

接続文字列の例

次の例は、統合設置型認証を使用する接続文字列を示します。

Url=http://crm.contoso.com/xrmContoso;

次の例は、Active Directory 認証を使用する接続文字列を示します。

Url=http://crm.contoso.com/xrmContoso; Domain=CONTOSO; Username=jsmith; Password=passcode

次の例は、Microsoft アカウント を使用して Microsoft Dynamics CRM Online に接続するための接続文字列を示します。

Url=https://contoso.crm.dynamics.com; Username=jsmith@live-int.com; Password=passcode; DeviceID=contoso-ba9f6b7b2e6d; DevicePassword=passcode

次の例は、Microsoft Online Services を使用して Microsoft Dynamics CRM Online に接続するための接続文字列を示します。

Url=https://contoso.crm.dynamics.com; Username=jsmith@contoso.onmicrosoft.com; Password=passcode; 

関連項目

サンプル: Microsoft Dynamics CRM を使用した単純化接続のクイック スタート
Microsoft Dynamics CRM 2015 の Developer Extensions
コード生成ツール拡張機能を使用したコードの生成 (Dynamics CRM 2015)
Dynamics CRM 2015 のポータルのチュートリアル

© 2017 Microsoft. All rights reserved. 著作権