コマンド プロンプトを使用した Microsoft Dynamics Server 365 のインストール

 

公開日: 2017年1月

対象: Dynamics 365 (on-premises)、Dynamics CRM 2016

Microsoft Dynamics CRM Server 2016、Microsoft Dynamics CRM レポート拡張機能、および Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM は、コマンド プロンプトを使用して、各インストール ディスクまたはファイルのダウンロード場所からインストールできます。 必要なセットアップ情報は、コマンド ライン パラメータとセットアップ プログラムが参照する XML 構成ファイルの両方でセットアップ プログラムに提供されます。

コマンド プロンプトを使用して Microsoft Dynamics CRM をインストールする場合の利点は、インストールを監視する必要がないことです。 有人インストールでは、インストールが正常に実行されるように、決定を行い、情報を入力する必要があります。 コマンド プロンプトを使用した無人インストールでは、インストール情報をコマンド ライン パラメーターと XML 構成ファイルで提供する必要があります。 セットアップ プログラムが完了するまで、その他の操作は必要ありません。 警告およびインストールの進行状況はログ ファイルに記録されるため、後で参照して分析することができます。

ヒント

無効な XML のエラー メッセージをトラブルシューティングするときは、Internet Explorer を使用して XML 構成ファイルを開くと、ファイル内で問題のある場所が示されます。

一般的な手順

コマンド プロンプトからセットアップ プログラムを実行する全般手順を、次に説明します。 詳細な手順については、「このセクションの内容」のトピックを参照してください。 また、前のセクションで説明した Microsoft Dynamics CRM システムの各機能に対する前提条件も適用されます。

コマンド プロンプトでセットアップ プログラムを実行するには、次の手順を実行してください。

  1. カスタマイズされたセットアップ構成ファイルを指定します。 いくつかの例を次のトピックに示します。

  2. ドメイン ユーザー Active Directory ディレクトリ サービス グループおよびローカル コンピューターの管理者グループのメンバーとしてサインインします。 フル サーバーの役割を使用して Microsoft Dynamics CRM Server 2016 をインストールしている場合は、セットアップを実行するユーザーは、Microsoft SQL Server がインストールされているコンピューターのローカル管理者グループのメンバーであり、Microsoft Dynamics CRM Server 2016 がインストールされているドメインで Active Directory グループを作成または変更するためのアクセス許可を組織単位に対して持っている必要があります。 作成済みのグループを使用している場合は、各グループに対する読み取りおよび書き込みのアクセス許可が必要です。

  3. インストール ディスクからインストールする場合は、Microsoft Dynamics CRM Server 2016 または Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM 2016 のインストール ディスクを CD/DVD ドライブに挿入します。[自動実行] 画面が表示されます。[自動実行] 画面を閉じます。

  4. コマンド プロンプト ウィンドウを開きます。

  5. コマンド プロンプトで、CD または DVD ドライブ、あるいは Microsoft Dynamics CRM のインストール ファイルのある場所に移動します。

    • Microsoft Dynamics CRM Server 2016 の SetupServer.exe は、Microsoft Dynamics CRM Server 2016 のインストール ディスクまたはファイル ダウンロード場所の Server フォルダーにあります。

    • Microsoft Dynamics CRM レポート拡張機能の SetupSrsDataConnector.exe は、Microsoft Dynamics CRM Server 2016 のインストール ディスクまたはファイル ダウンロード場所の \SrsDataConnector\SrsDataConnector フォルダーにあります。

    • Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM の Setupclient.exe は、Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM のインストール ディスクまたはファイル ダウンロード場所の Client フォルダーにあります。

  6. 次の構文を使用して Setup コマンドを実行します。

    SetupServer.exe /Q /config c:\CRMSetupconfig.xml

既知の問題

Server Core に Dynamics CRM Server をインストールする際のエラー メッセージ "セットアップは指定された Reporting Service のレポート サーバー http://ServerName/ReportServer の有効化に失敗"

次の条件が成り立つ場合に、このエラー メッセージが表示されることがあります。

  • Server Core を実行中の Windows Server で Microsoft Dynamics CRM Server セットアップ を実行します。

  • セットアップの XML 構成ファイルで指定されている Microsoft SQL Server Reporting Services サーバーが NTLM 認証だけではない認証の種類で構成されている Microsoft SQL Server 2012 Reporting Services を実行しています。

この問題を回避するには、Microsoft Dynamics CRM Server 2016 をインストールしている Windows Server で、RSServer.config ファイルを変更して、唯一の認証の種類が RSWindowsNTLM になるようにすべての認証の種類を削除します。

<AuthenticationTypes>   
   <RSWindowsNTLM/>
</AuthenticationTypes>

詳細:RSReportServer 構成ファイル

RSServer.config ファイルの変更後、Microsoft Dynamics CRM Server セットアップ を再度実行します。

SQL Server Reporting Services のより新しいバージョンを指定する場合には、この問題は発生しません。

このセクションの内容

コマンド プロンプトを使用した Microsoft Dynamics CRM Server のインストール

Microsoft Dynamics CRMサーバー XML 構成ファイル

コマンド プロンプトを使用した Microsoft Dynamics CRM Server の役割のインストール

Microsoft Dynamics 365 レポート拡張機能をコマンド プロンプトを使用してインストールする

関連項目

コマンド プロンプトを使用した Outlook 用 Microsoft Dynamics 365 のインストール
コマンド プロンプトを使用した Microsoft Dynamics CRM Email Router のインストール
設置型 Dynamics CRM のインストール
Microsoft Dynamics 365 のインストール後および構成のガイドライン

© 2017 Microsoft. All rights reserved. 著作権