開発者向けの新機能: Microsoft Dynamics 365

 

公開日: 2017年1月

対象: Dynamics 365 (online)、Dynamics 365 (on-premises)、Dynamics CRM 2016、Dynamics CRM Online

Microsoft Dynamics 365 によって新たな機会が提供され、1 つの開発環境でクラウドベースの展開と設置型の展開に対応できます。 パートナー (独立系ソフトウェア ベンダー、グローバル システム インテグレーター、付加価値再販業者など) は、Dynamics 365 の拡張機能やカスタム ソリューションの作成、パッケージ化、配布を迅速に行うことができます。

このトピックの内容

Dynamics 365 用 2016 年 12 月の更新プログラム (オンラインおよび設置型) の新機能

Microsoft Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 および Microsoft Dynamics CRM 2016 Service Pack 1 の新機能

CRM Online 2016 更新プログラム および CRM 2016 設置型での新機能

Dynamics 365 用 2016 年 12 月の更新プログラム (オンラインおよび設置型) の新機能

このリリースでは、開発者はで次の拡張機能と新機能を活用できます。

  • Connected Field Service の開発者ガイド

  • Dynamics 365 Customer Insights に関するプログラミング リファレンス

  • データ エクスポート サービスの構成と管理設定を管理する

  • Dynamics 365 Web API の拡張機能

  • 日付による活動の並べ替え方法を制御する

  • プログラムでの製品プロパティの作成や管理をサポートします

  • モジュール型のビジネス アプリケーションに対するプログラムによるアクセス権の定義

  • フォーム スクリプトを使用して、ビュー列のツールヒント テキストが付いたアイコンを追加します。

  • オフライン作業中に Dynamics 365 のモバイル クライアントでレコードを作成および管理するクライアント API について説明します

  • 編集可能なグリッドの紹介

  • Dynamics 365 モバイル クライアントでネイティブのデバイス機能を使用するためのクライアント API について説明します

  • 対話型サービス ハブでのクライアント API サポートの強化

  • サーバー間の認証

  • プロセスの強化

  • 新しいメッセージ

  • 新しいエンティティ

  • 新しい特権

Connected Field Service の開発者ガイド

Connected Field Service for Microsoft Dynamics 365 は、Internet of Things (IoT) デバイスを Microsoft Dynamics 365 (オンライン) と統合し、既存のビジネス プロセスに登録、監視、管理を統合を有効にします。 このガイドは、コンポーネントのアーキテクチャ、提供されたインターフェイスとカスタマイズ要素について説明し、カスタマイズされた IoT ソリューションの開発方法について説明します。詳細:Connected Field Service の開発者ガイド

Dynamics 365 Customer Insights に関するプログラミング リファレンス

Customer Insights は Azure ベースの SaaS サービスであり、あらゆる規模の組織が Microsoft Dynamics 365 を含む複数のソースからのデータを集めて、ナレッジおよびインサイトを生成し、顧客に関する全体的な全方位の観点を得ることができます。Customer Insights に関するプログラミング リファレンス では、このサービスによって提供される 2 セット の REST インターフェイスについて説明しています: Azure Resource Manager (ARM) API および ハブ API。 これらのインターフェイスにより、開発者はカスタム アプリケーションを拡張したり、Customer Insights のハブ管理の処理を自動化したりできます。

データ エクスポート サービスの構成と管理設定を管理する

Dynamics 365 データを外部 SQL データベースにレプリケーションする機能により、レポート生成の柔軟性が大幅に向上します。 データ エクスポートは、顧客所有の Microsoft Azure サブスクリプションで Dynamics 365 (オンライン) データをMicrosoft Azure SQL データベース ストアにレプリケーションする機能を追加する Microsoft Dynamics 365 (オンライン) ソリューションを使用できるようにするアドオン サービスです。 サポートされている対象先は、Microsoft Azure SQL データベースと Microsoft Azure 仮想マシン上の Microsoft Azure SQL サーバーです。 データ エクスポートは Dynamics 365 スキーマとデータ全体をインテリジェントに同期処理し、その後、 Microsoft Dynamics 365 (オンライン) システムで変更 (差分変更) が発生すると、継続的に同期処理します。詳細:TechNet: Microsoft Azure SQL データベース で、Microsoft Dynamics 365 (オンライン) データを複製します。

データ エクスポート サービスでは、構成管理と Dynamics 365 (オンライン)内からのサービスの継続的な管理のインターフェイスを提供します。 開発者はコードを記述して、このサービスとやり取りできます。詳細:データ エクスポート サービス

Dynamics 365 Web API の拡張機能

このリリースでは、Dynamics 365 Web API が次をサポートしています:

Outlook 用 Dynamics 365 がオフラインのときに、ローカル データにアクセスします。

Web API を使用するフォーム スクリプトを記述する際に、これらのスクリプトは、ユーザーがオフラインのときに Outlook 用 Dynamics 365 でローカル データを使用して操作できます。 この機能は、組織サービス (SOAP エンドポイント) および組織データ サービス (OData v2) で使用でき、以前の Web API では使用できなかったものです。 コンテキスト。getClientUrl 機能は Outlook 用 Dynamics 365 がオフラインのとき、自動的に要求をローカル バージョンのサービスへリダイレクトします。

作成または更新プログラム上のリターン エンティティ データ

エンティティを作成または更新直後に、エンティティを取得したい場合があります。 このリリースの前に、2 つの操作が使用できるようにします。 エンティティを作成する POST の要求は HTTP 204 (No content) の状態を返し、作成されたエンティティへの URI は OData-EntityId のヘッダー プロパティで返されます。 その後 GET の要求の URI を使用して、作成されたエンティティを取得できます。 これは、既定の基本設定が return=minimal の基本設定に適用されるためです。

更新エンティティに適用される PATCH の要求は、成功したとき HTTP 204 (No content) の状態を返します。

このリリースでは、要求のヘッダーで return=representation の基本設定を指定できます。 完了した POST の要求は HTTP 201 (Created) および選択した主なエンティティ プロパティを返します。 どのプロパティが $select システム クエリ オプションを使用して返されるかを選択できます。

完了した PATCH の要求は、完全なエンティティで HTTP 200 (OK) を返します。

詳細:返されるデータで作成する返されるデータでの更新、および HTTP ヘッダー

名前によって指定された参照メタデータ

このリリースでは、メタデータの項目を参照するための代替キーとして、特定メタデータ プロパティの名前を使用できます。 これは、Web API でのメタデータの照会を容易にします。 これ以前には、キーとして MetadataId を使用してクエリを取得する前に、メタデータの特定アイテムの MetadataId にアクセスするためクエリを実行しておく必要がありました。

詳細:名前または MetadataId でのメタデータの取得

バグ修正

このリリースには数多くのバグ修正が適用されました。詳細:d9bb79a5-2bfa-4ffe-8cb4-60f192359489#bkmk_limitations8_1

日付による活動の並べ替え方法を制御する

activitypointer エンティティに新しい sortdate属性があり、これを使用して活動を日付別にソートする方法を制御できます。 例えば、電子メールのエンティティを modifiedon 属性値よりも senton 属性値でソートする場合は、sortdate 値を電子メールエンティティの senton 値と等しく設定するためのプラグインまたはワークフローを作成します。 それ以外の場合は、sortdate 属性を変更値と等しく設定します。 それから、クエリの orderby 規準でこのsortdate属性を使用します。詳細:00266be0-ee35-4504-b3d6-8ad528b82314#bkmk_sortdate

プログラムでの製品プロパティの作成や管理をサポートします

Dynamics 365においてプログラムで製品プロパティを作成および管理でき、それにより製品カタログを Dynamics 365 で完全に自動化でき、サードパーティ ソフトウェアと統合できます。 以前には、製品プロパティではなく、製品ファミリ、製品またはバンドルをプログラムで作成および管理できました。

詳細:0f6c4255-094e-455e-bf7b-b832b981f58b#Properties

モジュール型のビジネス アプリケーションに対するプログラムによるアクセス権の定義

新しいモジュラー ビジネス アプリケーションは、作業の領域によって Dynamics 365 で限定された機能のセットを表示するかをユーザーが選択できる分離機能の概念に基づいています。 開発者は、アプリケーションのアクセス許可を定義するために、Dynamics 365 のセキュリティ ロールを使用して、モジュール型のアプリケーションをプログラムで取得、関連付け、または関連付けの解除ができます。

詳細:Dynamics 365 のモジュール型ビジネス アプリに対するアクセス許可の定義

フォーム スクリプトを使用して、ビュー列のツールヒント テキストが付いたアイコンを追加します。

Dynamics 365 でフォーム スクリプトを使用して、ビューの列の値に基づくツールヒント テキストの付いたアイコンを追加します。 ローカライズされたツールヒント テキストを指定することもできます。詳細:a6b5d363-4186-4bc8-a7eb-62f308fa9ef9#BKMK_CustomIcons

オフライン作業中に Dynamics 365 のモバイル クライアントでレコードを作成および管理するクライアント API について説明します

Xrm.Mobile.offline の名前空間で新しいクライアント API を使用して、オフライン モードでの作業中に 電話用 Dynamics 365 および タブレット PC 用 Dynamics 365 でレコードを作成、取得、更新、および削除します。 この新しいクライアント API は、オフライン モードのときおよび Mobile Offline 同期ができるエンティティに対してのみ有効です。

詳細:Xrm.Mobile.offline (クライアント側の参照)

編集可能なグリッドの紹介

新しい編集可能グリッドの機能では、レコードやビューを切り替えることなくメイン グリッドやサブグリッドでインライン編集機能を提供します。 編集可能グリッドは、Web クライアント、電話用 Dynamics 365 および タブレット PC 用 Dynamics 365でサポートされています。

編集可能グリッドでは、クライアント側のイベントと、ビジネス ニーズに応じてカスタム クライアント拡張の作成に使用できるメソッドがサポートされています。

詳細:Dynamics 365 での編集可能グリッドの使用 および 編集可能なグリッドのオブジェクトとメソッド (クライアント側の参照)

Dynamics 365 モバイル クライアントでネイティブのデバイス機能を使用するためのクライアント API について説明します

電話用 Dynamics 365 および タブレット PC 用 Dynamics 365 で新しいクライアント API を使用して、モバイル ビジネス ユーザーが営業、フィールド サービス、およびそのほかの領域での利便性を向上するのを助けます:

  • Xrm.Utility.getCurrentPosition: デバイスの geolocation 機能を使用して、現在の場所を返します。

  • Xrm.Utility.getBarcodeValue: デバイス カメラを使用してスキャンした製品コードなどのバーコード情報を返します。

詳細:72a66f93-92df-42b9-a8fd-b6125c7fe83b#BKMK_DeviceCapabilities

対話型サービス ハブでのクライアント API サポートの強化

対話型サービス ハブが、次のクライアント API をサポートするようになりました:

  • d88d5f21-6385-443b-91f2-0ec0c16b1324#BKMK_TabTabStateChangeEvent

  • getQueryStringParameters コンテキスト オブジェクトのメソッド (Xrm.Page.context)

  • Dynamics 365 コントロールのための51828fe3-f6ff-4f97-80ed-b06b3a354955#BKMK_getValue、51828fe3-f6ff-4f97-80ed-b06b3a354955#BKMK_addOnKeyPress、51828fe3-f6ff-4f97-80ed-b06b3a354955#BKMK_removeOnKeyPress、および 51828fe3-f6ff-4f97-80ed-b06b3a354955#BKMK_fireOnKeyPress メソッド

  • Xrm.Utility 名前空間の 72a66f93-92df-42b9-a8fd-b6125c7fe83b#BKMK_OpenWebResource メソッド

詳細:対話型サービス ハブのスクリプトの記述とデバッグ

サーバー間の認証

サーバー間 (S2S) の認証を使用して、Microsoft Dynamics 365 (オンラインおよび設置型) と Web アプリケーションおよびサービスと安全かつシームレスに通信します。 S2S 認証は Microsoft AppSource に登録されたアプリがサブスクライバーの Dynamics 365 のデータにアクセスする一般的な方法です。 単一テナント型とマルチテナント型のアプリケーションでこの機能を使用できます。

S2S 認証は、Dynamics 365 テナントに接続する時に、有料の Dynamics 365 ユーザー ライセンスを使用する必要がないことを意味します。 S2S 認証と共に使用する特殊アプリケーション ユーザー アカウントのライセンス料金はありません。 S2S 認証を使用することによって、ライセンスを付与されていない Dynamics 365 特殊ユーザー アカウントが作成され、Azure Active Directory (Azure AD) に登録されているアプリケーションの情報が含まれます。 ユーザーの資格情報ではなく、Dynamics 365 ユーザー レコードに保存されている Azure AD オブジェクト ID の値で識別されるアプリケーション ユーザーに基づいてアプリケーションは認証されます。Dynamics 365 アプリケーション ユーザーは、アプリケーションが実行できるデータおよび操作の種類を制御するセキュリティ ロールに関連付けられます。詳細:サーバー間 (S2S) の認証を使用して Web アプリケーションを作成する

プロセスの強化

Dynamics 365 でのプロセスの強化は以下のとおりです:

プロセスから SDK メッセージおよびアクションの実行

SDK メッセージの選択およびワークフロー、プロセス ダイアログ、その他のアクションからのユーザー定義アクションを実行できるようになります。詳細:b2c14b32-e7da-4f9b-b7b1-659596c456ca#BKMK_Actions

Web API を使用してビジネス プロセス インスタンスにアクセスする

業務プロセス フロー インスタンスは Dynamics 365 Web API を通じて完全に公開され、開発者およびシステム インテグレーターが外部カスタム アプリケーションからプログラムでプロセスの操作ができるようにします。 Web API は、エンティティ レコードに新しいプロセスを適用できるようにし、プロセスの状態を Active から Finished または Aborted に切り替え、さらにプロセス フローのステージを切り替えます。詳細:業務プロセス フローのモデル化

複数のビジネス プロセスを単一のエンティティ レコードと関連付けます

複数のビジネス プロセスを単一のエンティティ レコードと関連付けることができます。 拡張された SetProcess アクションまたはメッセージを使用してプロセス間を切り替えることができます。 各プロセスの状態および進行状況を失わずにビジネス プロセス間を切り替えます。 ビジネス プロセスは、ユーザーがプロセスにアクセスするのを制限する手段としてセキュリティ ロールをサポートします。詳細:業務プロセス フローのモデル化

ビジネス プロセスで使用するクライアント API の拡張

setActiveProcess メソッドは更新され、さらにいくつかの新しいクライアント API が Xrm.Page.data.process 名前空間内で追加され、同時ビジネス フローに対する新しい機能やプロセスをActiveFinished または Abandonedとしてマークする機能を処理できるようにします。

詳細:Xrm.Page.data.process (クライアント側の参照)

アクションによる通知を追加するクライアント API の拡張

以前は、setNotification クライアント API を使用して Dynamics 365 でのコントロールに対するエラーの種類の通知のみを設定できました。 現在は、新しい [addNotification] メソッドを使用してコントロールに対する 2 種類の通知を追加できます: [エラー] または [推奨]。

詳細:51828fe3-f6ff-4f97-80ed-b06b3a354955#BKMK_notification

新しいメッセージ

次の表に、このリリースに含まれる新しいメッセージを示します。

名前

参照リンク

説明

RetrieveActivePath

RetrieveActivePath Function
RetrieveActivePathRequest Class

業務プロセス フロー インスタンスのアクティブ パスで現在のステージのコレクションを取得します。

RetrieveExchangeAppointments

RetrieveExchangeAppointments Function
RetrieveExchangeAppointmentsRequest Class

Exchange Web サービスから特定の日付範囲で現在のユーザーの予定を取得します。

RetrieveProcessInstances

RetrieveProcessInstances Function
RetrieveProcessInstancesRequest Class

すべての業務プロセスの定義でエンティティ レコードのすべての業務プロセス フロー インスタンスを取得します。

SetFeatureStatus

SetFeatureStatus Action
SetFeatureStatusRequest Class

内部のみで使用

UpdateFeatureConfig

UpdateFeatureConfig Action
UpdateFeatureConfigRequest Class

内部のみで使用

新しいエンティティ

次の表に、このリリースに含まれる新しいエンティティを示します。

スキーマ名

表示名

説明

詳細

ActionCard

アクション カード

アクション カードを表示するアクション カード エンティティです。

actioncard EntityType

ActionCardUserState

ActionCardUserState

actioncarduserstate EntityType

AppModuleRoles

アプリ モジュールのロール

特定の Dynamics 365 UI コンテキストを提供するには。 内部のみで使用します。

appmoduleroles EntityType

ExpiredProcess

期限切れのプロセス

期限切れのプロセスの業務プロセス フロー

expiredprocess EntityType

InteractionForEmail

電子メールの対話

interactionforemail EntityType

LeadToOpportunitySalesProcess

潜在顧客から営業案件への営業プロセス

潜在顧客から営業案件への営業プロセスの業務プロセス フロー

leadtoopportunitysalesprocess EntityType

NewProcess

新しいプロセス

新しいプロセスの業務プロセス フロー

newprocess EntityType

OpportunitySalesProcess

営業案件の営業プロセス

営業案件の営業プロセスの業務プロセス フロー

opportunitysalesprocess EntityType

PhoneToCaseProcess

サポート案件への電話のプロセス

サポート案件への電話プロセスの業務プロセス フロー

phonetocaseprocess EntityType

TranslationProcess

翻訳プロセス

翻訳プロセスの業務プロセス フロー

translationprocess EntityType

新しい特権

このリリースでは、次の特権が新規または変更済みです。 この SDK でのセキュリティ ロール エディターに特権名をマップする方法の全体図については、マッピングに対して特権を与えるセキュリティ ロール UIを参照してください

特権名

セキュリティ ロール UI に表示される名前

詳細

prv*ActionCard

アクション カード

actioncard EntityType

prv*ExpiredProcess

期限切れのプロセス

expiredprocess EntityType

prv*LeadToOpportunitySalesProcess

潜在顧客から営業案件への営業プロセス

leadtoopportunitysalesprocess EntityType

prv*NewProcess

新しいプロセス

newprocess EntityType

prv*OpportunitySalesProcess

営業案件の営業プロセス

opportunitysalesprocess EntityType

prv*PhoneToCaseProcess

サポート案件への電話のプロセス

phonetocaseprocess EntityType

prv*TranslationProcess

翻訳プロセス

translationprocess EntityType

prv*ActionCardUserSettings

アクション カードのユーザー設定

prv*AppModule

アプリケーション

prv*BookableResourceBookingExchangeSyncIdMapping

BookableResourceBooking と Exchange ID のマッピング

prvReadInteractionForEmail

電子メールの対話

interactionforemail EntityType

prvLearningPath

ラーニング パスの作成

*この特権は、作成、読み取り、書き込み、削除、追加、追加先、割り当て、共有のいずれかです。

Microsoft Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 および Microsoft Dynamics CRM 2016 Service Pack 1 の新機能

このリリースでは、開発者はで次の拡張機能と新機能を活用できます。

  • 任意のエンティティのユーザー定義属性の作成

  • CRM Web API の拡張機能

  • 対話型サービス ハブでのクライアント API サポートの強化

  • CRM モバイル クライアントと対話型サービス ハブでのサポート情報の検索コントロールのクライアント API のサポート

  • CRM SiteMap を使用した対話型サービス ハブの簡単な起動

  • 追加のエンティティへの SLA の適用

  • CRM のエンティティ レコードの分類

  • CRM のエンティティ レコードのフィードバックと評価の提供

  • 機能強化された Package Deployer でパッケージ展開方法をコントロール

  • XRM ツールの機能強化

  • 対話型ダッシュボードのストリーム項目の簡略化された FormXML

  • 向上したフォーム レンダリング エクスペリエンスと新しいクライアント API サポートのために更新されたエンティティ

  • CRM-Azure アプリケーションへの SAS 認証サポートの追加

  • Microsoft Azure でホストされたリスナー アプリケーションへの複数のフォーマットでの CRM データの送信

  • CRM と外部イベント ハブ パブリッシャーとの統合

  • 新しいフォーム表示エンジンの簡易表示コントロールおよび Timer コントロールのクライアント API サポート

  • 新しいエンティティ

  • 新しい特権

廃止された機能の一覧については、「Microsoft Dynamics 365 の将来のリリースにおける重要な変更点」を参照してください。

任意のエンティティのユーザー定義属性の作成

このリリースでは、システム エンティティおよびユーザー定義エンティティで顧客検索属性を定義できます。 顧客検索属性は、取引先担当者または取引先企業レコードのいずれかに設定できます。

CRM には必ず顧客検索属性があり、それは ContractIncidentLeadQuoteOpportunity、および SalesOrder エンティティで使用されます。 これらは、新しいものが作成できるようになったことを除き、常に持っているように維持され機能します。

これらの属性は、アプリケーションのカスタマイズ ツールを使用したり、または CreateCustomerRelationshipsRequest メッセージをプログラムで使用して作成することができます。詳細:5fc61379-4811-4b3c-9bac-2227ce5662e2#BKMK_createcustlookup

CRM Web API の拡張機能

このリリースでは、CRM Web API が次をサポートしています:

単一値のナビゲーション プロパティに基づくレコードのフィルター処理

単一値のナビゲーション プロパティ値に基づいてエンティティ セットまたはエンティティ インスタンスのレコードをフィルター処理します。 レコードをフィルター処理するために、単一値のナビゲーション プロパティによって参照されるエンティティの主属性の値のみを使用できます。詳細:単一値のナビゲーション プロパティに基づくレコードのフィルター処理

注意

これは部分的に、Web API の以前のバージョンでの以下の制限に対処しています: d9bb79a5-2bfa-4ffe-8cb4-60f192359489#bkmk_246253

ナビゲーション プロパティを拡張することによるエンティティ セットに対する関連レコードの取得

単一値またはコレクション値ナビゲーション プロパティを拡張して、CRMのエンティティ セットの関連レコードを取得します。 たとえば、取引先企業の取引先担当者を取得したり、または取引先企業のタスクを取得します。詳細:ナビゲーション プロパティの拡張による関連エンティティの取得

対話型サービス ハブでのクライアント API サポートの強化

対話型サービス ハブがさらに、次のクライアント API をサポートするようになりました:

  • サブグリッド用のすべてのクライアント API。詳細:グリッド (読み取り専用) のオブジェクトとメソッド (クライアント側の参照)

  • Xrm.Page.data.entity 名前空間の fbaf2e7a-db2f-448f-bd24-6b3ca1ccb28e#BKMK_getId メソッド

  • コントロールのための51828fe3-f6ff-4f97-80ed-b06b3a354955#BKMK_addCustomFilter、51828fe3-f6ff-4f97-80ed-b06b3a354955#BKMK_addCustomView、51828fe3-f6ff-4f97-80ed-b06b3a354955#BKMK_setFocus、および 51828fe3-f6ff-4f97-80ed-b06b3a354955#BKMK_setShowTime メソッド

  • Xrm.Page.ui 名前空間の 0375b206-d2bf-4034-a41d-fb476ecb4438#BKMK_close、0375b206-d2bf-4034-a41d-fb476ecb4438#BKMK_getCurrentControl、および 0375b206-d2bf-4034-a41d-fb476ecb4438#BKMK_Notification メソッド

  • タブ (ページのセクションのグループ) の 205390b9-3eda-4a2b-87cb-2a8f83f953da#BKMK_DisplayState、205390b9-3eda-4a2b-87cb-2a8f83f953da#BKMK_getLabel、および 205390b9-3eda-4a2b-87cb-2a8f83f953da#BKMK_tabsetFocus メソッド

  • すべてのナビゲーション アイテム メソッド: 詳細:Xrm.Page.ui.navigation アイテム (クライアント側の参照)

  • Xrm.Utility 名前空間の 72a66f93-92df-42b9-a8fd-b6125c7fe83b#BKMK_OpenEntityForm および 72a66f93-92df-42b9-a8fd-b6125c7fe83b#BKMK_openQuickCreate

  • IFRAME コントロールについては 51828fe3-f6ff-4f97-80ed-b06b3a354955#BKMK_getUrl および 51828fe3-f6ff-4f97-80ed-b06b3a354955#BKMK_getObject、Web リソースおよび IFRAME コントロールについては 51828fe3-f6ff-4f97-80ed-b06b3a354955#BKMK_getSrc および 51828fe3-f6ff-4f97-80ed-b06b3a354955#BKMK_setSrc

  • サポート情報の検索コントロールのための前のバージョンからの既存のすべてのクライアント API およびこのリリースの新しいクライアント API。 以前、対話型サービス ハブは、getSearchQuery および setSearchQuery メソッドのみをサポートしていました。詳細:サポート情報の検索コントロール (クライアント側の参照)

詳細:対話型サービス ハブのスクリプトの記述とデバッグ

CRM モバイル クライアントと対話型サービス ハブでのサポート情報の検索コントロールのクライアント API のサポート

このリリースでは、サポート情報の検索コントロールのためのすべての既存および次の新しいクライアント API が、CRM Web クライアント: 9033c622-cbaf-4ba1-b900-eebe17229508#BKMK_PostSearch イベント、9033c622-cbaf-4ba1-b900-eebe17229508#BKMK_addOnPostSearch、9033c622-cbaf-4ba1-b900-eebe17229508#BKMK_removeOnPostSearch、9033c622-cbaf-4ba1-b900-eebe17229508#BKMK_getTotalResultCount、および 9033c622-cbaf-4ba1-b900-eebe17229508#BKMK_openSearchResult と共に、CRMモバイル クライアント (携帯電話やタブレット) および対話型サービス ハブでサポートされています。

CRM SiteMap を使用した対話型サービス ハブの簡単な起動

このリリースでは、CRM SiteMap が更新され、対話型サービス ハブを起動するためのナビゲーション リンクが含まれています。CRM で [設定] > [アプリケーション] > [対話型サービス ハブ] を選択することで対話型サービス ハブを起動できるようになりました。詳細:Default SiteMap XML

追加のエンティティへの SLA の適用

サービス レベル アグリーメント (SLA) を CRMのユーザー定義エンティティと特定のシステム エンティティに適用できるようになりました。 このリリースの前は、インシデント (サポート案件) エンティティのみに SLA を適用できました。詳細:エンティティへの SLA の適用

CRM のエンティティ レコードの分類

新しい Category エンティティを使用して、カテゴリの階層構造を作成して管理し、次に 1 つまたは複数のカテゴリにエンティティ レコードを関連付けます。 エンティティ レコードの分類によって論理的にグループ化することにより、それらの整理と検索がより容易に行えるようになります。詳細:カテゴリ エンティティを使用した Dynamics 365 レコードの分類

CRM のエンティティ レコードのフィードバックと評価の提供

新しい Feedback エンティティを使用して、CRM のエンティティ レコードのフィードバックと評価を作成して管理します。Feedback エンティティは、サポート記事に対するユーザーのフィードバックと評価を取得するために主に使用され、効率性を判断しますが、同様に他のシステムおよびユーザー定義エンティティに対するフィードバックも取得できるようにすることができます。CreateEntity および UpdateEntity メッセージと共に新しい HasFeedback プロパティを使用すると、システムおよびユーザー定義エンティティに対するフィードバックを有効にすることができます。詳細:フィードバック エンティティを使用した Dynamics 365 レコードのフィードバックと評価の管理

機能強化された Package Deployer でパッケージ展開方法をコントロール

Microsoft Dynamics CRM Package Deployerを使用すると、1 つの"パッケージ"に、1 つ以上のソリューション ファイル、構成データ ファイル、およびカスタム コードを束ねて、パッケージをCRMインスタンスを展開できます (オンラインまたは設置型)。 開発者はパッケージの展開方法をコントロールすると同時に、更新された CRM PackageVisual Studio プロジェクト テンプレートを使用してパッケージを作成することができるようになりました。 このプロジェクト テンプレートによって次が可能です:

  • カスタマイズを維持するか、または上書きするかどうかを指定すると同時に、ターゲットCRMインスタンスで既存のソリューションを更新します。

  • ソリューションがインポートされた後に、プラグインとワークフローを自動的にアクティブ化するかどうかを指定します。

  • ユーザー情報と共に、各種言語の構成移行ツールからエクスポートされたデータ ファイルをインポートします。

  • インポートされる言語のロケール識別子 (LCID) を指定することにより、構成データのインポートの言語を上書きします。

  • ソリューションの展開中にデータのインポートをスキップするかどうかを指定します。 データには CRM サンプル データ、フラット ファイル、および構成移行ツールからエクスポートされたデータ ファイルが含まれます。

  • データのインポート中にいくつかのセキュリティ チェックをスキップするかどうかを指定して、時間を短縮し、インポートのパフォーマンスを改善します。

  • 実行時に Package Deployer に渡すことのできる設定を指定します。 例えば、実行時パラメーターを追加して、インポートされるデータ ファイルの LCID を指定します。

更新されたImportConfig.xmlファイルを使用したり、またはVisual Studioプロジェクト テンプレートに上書き可能な新しいメソッドおよびプロパティを使用してこれらの設定を指定できます。

既存の CRM Package プロジェクトは、NuGet を使用した Package Deployer アセンブリをバージョン 8.1 以降に更新することによって設定される新しい機能を利用して更新できます。

詳細:Dynamics 365 Package Deployer 用のパッケージを作成する

XRM ツールの機能強化

Xrm.Tooling.Connector は改善され、次の機能強化を提供します:

  • 組織の URL がCRM Online 管理センターを使用してカスタマイズされた CRM Online 組織の接続文字列を使用する場合、コネクタが組織のインスタンスを正しく識別して、正常に接続するようになりました。

  • Dynamics 365への OAuth 接続を使用すると、接続のためにサポートするapp.config ファイルで定義されるタイムアウト設定が正常に受け入れられるようになりました。

  • カスタム OAuth ベースの接続を作成し、それを Xrm.Tooling.Connectorに渡す場合、接続のためにサポートする app.config ファイルで定義されるタイムアウト設定が正常に受け入れられるようになりました。

  • Xrm.Tooling.Connector.CrmServiceClient クラスは、IOrganizationService インターフェイスに直接変換できるようになりました。 このことは、すべての認証の種類で機能するので、既存のコードで XRM ツールのスレッド、診断、およびログ記録機能を利用できます。

詳細:XRM ツールを使用して Windows のクライアント アプリケーションを作成する

対話型ダッシュボードのストリーム項目の簡略化された FormXML

以前は、対話型ダッシュボードのすべてのストリーム項目 (キュー、エンティティビュー、および保存済みクエリ) は、セミコロンで区切られた単一の<Streams>タグの下にあり、項目名はセミコロンで区切られた単一の<StreamNames>タグの下にありました。

ストリームの FormXML 構造が更新され、各ストリーム項目が個別のタグの下に置かれたので、カスタマイザーと開発者は、FormXML の個別のストリーム コンポーネントを容易に読み出して識別できます。詳細:Form XML reference

向上したフォーム レンダリング エクスペリエンスと新しいクライアント API サポートのために更新されたエンティティ

次のエンティティは、CRMでの向上したフォーム レンダリング エクスペリエンスを使用し、エクスペリエンスがCRMに導入されて以来導入されたクライアント API をサポートするようになりました:

  • 請求書の製品 (InvoiceDetail)

  • 受注製品 (SalesOrderDetail)

  • 見積もり製品 (QuoteDetail)

向上したフォーム レンダリング インフラストラクチャを使用するエンティティの全一覧については、" 41462684-3e5d-4858-8be4-1a7c4fcdeff6#BKMK_UpdatedEntties"を参照してください。

CRM-Azure アプリケーションへの SAS 認証サポートの追加

Microsoft Azure サービス バスを通してCRMからデータを取得するAzure クラウドでホストされている既存のアプリケーションがありますか。 新しい Shared Access Signature (SAS) 認証がCRM-Azure 認証で推奨されている方法になっており、向上した認証パフォーマンスをもたらします。 アクセス制御サービス (ACS) を使用する既存アプリケーションを SAS に更新することを検討してください。 この変更がどのようにアプリケーションに影響するかを習得して、現在では SAS サポートを含むプラグイン登録ツールの新しいバージョンを使用する、変更された登録および構成プロセスに従います。

詳細:Microsoft Dynamics 365 との Azure 統合チュートリアル: サービス エンドポイントを ACS から SAS 承認に更新、および チュートリアル: Dynamics 365 との統合のための Microsoft Azure (SAS) の構成

Microsoft Azure でホストされたリスナー アプリケーションへの複数のフォーマットでの CRM データの送信

このリリースで導入されているものは、non.NET プログラミング言語やプラットフォームの向上したクロスプラットフォームの相互運用性のサポートで、Microsoft Azure サービス バス メッセージ本文を既定のバイナリ形式ではなく、JSON または XML としてフォーマットする新しい機能です。 それらのフォーマットでサービス バス メッセージ本文の構成、送信、および受信を実行する方法を習得します。

詳細:Microsoft Azure ソリューション用リスナー アプリケーションの記述

CRM と外部イベント ハブ パブリッシャーとの統合

Microsoft Azureイベント ハブの利用に関心がありますか。CRM イベント データをイベント ハブにプッシュする方法を知りたいと思っていますか。 このリリースの新機能は、CRMをイベント ハブに簡単に接続する機能です。 新しいプラグイン登録ツールを使用してこの接続を構成する方法を習得して、次に、CRMイベント データを読み取って処理できる Azureホステッド イベント ハブのリスナー アプリケーションを記述する方法を習得します。

詳細:Azure イベント ハブ ソリューションの Dynamics 365 イベント データとの連携

新しいフォーム表示エンジンの簡易表示コントロールおよび Timer コントロールのクライアント API サポート

CRMの新しいフォーム表示エンジンの簡易表示コントロール (「ターボ フォーム」とも呼ばれる) へのアクセスをサポートする新しいクライアント API について説明します。詳細:Xrm.Page.ui quickForms (クライアント側の参照)

次のメソッドが、新しいフォーム表示エンジンでの Timer コントロールでサポートされます: getControlTypegetNamegetParentgetLabelsetLabelgetVisiblesetVisiblerefresh。詳細:Xrm.Page.ui コントロール (クライアント側の参照)

新しいエンティティ

次の表に、このリリースに含まれる新しいエンティティを示します。

スキーマ名

表示名です

内容

詳細情報

BookableResource

予約可能リソースです

能力があり、その能力を作業に割り当てることができるリソースを示します。

bookableresource EntityType

BookableResourceBooking

予約可能リソースの予約

リソース予約の明細行の詳細を表します。

bookableresourcebooking EntityType

BookableResourceBookingHeader

予約可能リソースの予約ヘッダー

関連付けられているリソース予約の概要を表す予約エンティティです。

bookableresourcebookingheader EntityType

BookableResourceCategory

予約可能リソース カテゴリ

能力があるリソースをロールなどのカテゴリに分類します。

bookableresourcecategory EntityType

BookableResourceCategoryAssn

予約可能リソース カテゴリ関連

リソースの分類をモデル化する関連エンティティを示します。

bookableresourcecategoryassn EntityType

BookableResourceCharacteristic

予約可能リソースの特性

リソースとリソースの特性を関連付け、その特性についてのリソースの技能レベルを指定します。

bookableresourcecharacteristic EntityType

BookableResourceGroup

予約可能リソース グループ

リソースと、リソースが属しているリソース グループを関連付けます。

bookableresourcegroup EntityType

BookingStatus

予約状態です

予約状態オプションにマップされた複数のサブ状態の作成を許可します。

bookingstatus EntityType

Category

カテゴリ

ポータルや検索で顧客に見つけてもらいやすいようにレコードを分類するためのエンティティです。

カテゴリ エンティティを使用した Dynamics 365 レコードの分類

Characteristic

特性

リソースのスキル、学歴、認定資格を示します。

characteristic EntityType

Feedback

フィードバック

サポート情報記事のフィードバックや評価のコンテナーです。

フィードバック エンティティを使用した Dynamics 365 レコードのフィードバックと評価の管理

KnowledgeArticlesCategories

サポート情報記事カテゴリ

Knowledge ArticleおよびCategory レコード間の関連付けが含まれます。

カテゴリ エンティティを使用した Dynamics 365 レコードの分類

RatingModel

評価モデル

スキルやその他の関連エンティティを評価するためのモデルを表します。

ratingmodel EntityType

RatingValue

評価値

ユーザーにわかりやすい評価値を提供する評価モデルに関連付けられた一意の値を示します。

ratingvalue EntityType

RecommendedDocument

ドキュメント推奨事項

推奨ドキュメントです。

recommendeddocument EntityType

新しい特権

このリリースでは、次の特権が新規または変更済みです。 この SDK でのセキュリティ ロール エディターに特権名をマップする方法の全体図については、マッピングに対して特権を与えるセキュリティ ロール UIを参照してください

特権名

セキュリティ ロール UI に表示される名前

詳細情報

prv*BookableResource

予約可能リソースです

bookableresource EntityType

prv*BookableResourceBooking

予約可能リソースの予約

bookableresourcebooking EntityType

prv*BookableResourceBookingHeader

予約可能リソースの予約ヘッダー

bookableresourcebookingheader EntityType

prv*BookableResourceCategory

予約可能リソース カテゴリ

bookableresourcecategory EntityType

prv*BookableResourceCategoryAssn

予約可能リソース カテゴリ関連

bookableresourcecategoryassn EntityType

prv*BookableResourceCharacteristic

予約可能リソースの特性

bookableresourcecharacteristic EntityType

prv*BookableResourceGroup

予約可能リソース グループ

bookableresourcegroup EntityType

prv*BookingStatus

予約状態です

bookingstatus EntityType

prv*Category

カテゴリ

カテゴリ エンティティを使用した Dynamics 365 レコードの分類

prv*Characteristic

特性

characteristic EntityType

prvConfigureDocumentRecommendation

prvReadRecommendedDocument

ドキュメント推奨事項

recommendeddocument EntityType

prv*Feedback

フィードバック

フィードバック エンティティを使用した Dynamics 365 レコードのフィードバックと評価の管理

prv*RatingModel

評価モデル

ratingmodel EntityType

prv*RatingValue

評価値

ratingvalue EntityType

prv*SavedOrganizationInsightsConfiguration

保存された組織のインサイト構成

TechNet: 組織インサイト ダッシュボードを使用したインスタンスに関する指標の表示

prv*SyncError

同期エラー

syncerror EntityType

prvUseOfficeApps

Outlook 用 Dynamics 365 の使用

TechNet: Outlook 用 CRM アプリの追加と有効化

*この特権は、作成、読み取り、書き込み、削除、追加、追加先、割り当て、共有のいずれかです。

CRM Online 2016 更新プログラム および CRM 2016 設置型での新機能

このリリースでは、開発者はで次の拡張機能と新機能を活用できます。

  • CRM Online 機能が設置型の組織で使用可能

  • Web API の導入

  • 組織データ サービス (OData v2 REST エンドポイント) は廃止予定です

  • CORS サポートの追加

  • キープレス イベントとオートコンプリート機能をサポートするためのフォーム スクリプト

  • CRM for phones and tablets拡張機能

  • ナレッジ マネージメントの編集および検索の機能向上

  • ソリューションの強化

  • サービス レベル アグリーメントの強化

  • ドキュメント テンプレートのアップロードおよび管理

  • XRM ツールキット コントロールは OAuth 認証および接続文字列をサポートします

  • CRM 2016の新しいエンティティ

  • CRM 2016の新しいメッセージ

  • CRM 2016の新しい特権

CRM Online 機能が設置型の組織で使用可能

Microsoft Dynamics CRM Online 2015 更新プログラム 1 に追加された新機能は設置型の組織で使用できるようになりました。 1 つの例外は、CRM Online でのみ使用可能な Parature との統合です。 そのリリースに含まれている新機能の概要については、「Microsoft Dynamics CRM Online 2015 更新プログラム 1 の新機能」を参照してください。

Web API の導入

  • 新しい API を導入する理由。

  • Web API を使用した認証

  • CRMWeb API 検索サービス

新しい API を導入する理由。

Web API を使用すると、多様なプラットフォーム、デバイス、およびプログラミング言語において簡単にアプリケーションを作成することができます。 Web API では既存の組織サービスを使用するパリティが用意されています (SOAP エンドポイント)。 組織サービスを使用してできることは何でも、少しの違いはありますが、Web API を使用して実行できます。Microsoft Dynamics 365 SDK アセンブリをダウンロードする必要はありません。HTTP 要求と [組織の URI]/api/data/v8.0/ にある Web API を要求を使用して、すべての操作を実行できます。 Web API は、データ アクセスのオープン スタンダードである OData version 4.0 を実装します。OData、バージョン 4.0 をサポートするサードパーティーのライブラリ一覧については、http://www.odata.org/libraries/を参照してください。

Web API は統合と最新のアプリケーションに使用します。 プラグインのコンテキストで実行されるコードの場合、組織サービスを使用するために、引き続き SDK アセンブリで定義されたクラスを使用します。詳細:Microsoft Dynamics 365 Web API の使用

Web API を使用した認証

認証を管理するため、認証のコードなしで JavaScript および HTML Web リソースを使用し、CRM Web アプリケーション内から Web API を使用できます。それは、組織 (SOAP) または組織データ サービス (Odata v2 REST) エンドポイントと共に使用できるのと同様です。

自分のアプリケーションから Web API を使用して CRM Online または インターネットに接続する展開 (IFD) Web サービスにアクセスするとき、まず組織用に自分のアプリを Active Directory に登録する必要があります。 次に、Azure の Active Directory 認証ライブラリ (ADAL) を使用して、CRM Web サービス ID プロバイダーで OAuth 2.0 認証を管理します。 自分のアプリケーションから設置型 CRM 展開にアクセスするには、単に自分の Windows ネットワークの資格情報を使用して Web サービスに認証します。

詳細:チュートリアル: Active Directory に Dynamics 365 アプリを登録する

CRMWeb API 検索サービス

SOAP エンドポイントの探索サービスとのパリティを維持するため、Web API に探索サービスを追加しました。 このサービスにより、サインオンしたユーザーが属する組織を、実行中に判断できます。 組織サービス URL、CRM リリース バージョンなどの、組織に関する詳細情報を取得できます。 Web API 探索サービスの 1 つの新機能は、OData フィルター パラメーターを使用して、戻された組織の一覧をフィルター処理する機能です。 探索サービスがすべての CRM 展開の種類でサポートされています。詳細:Web API を使用して組織の URL を検出します

組織データ サービス (OData v2 REST エンドポイント) は廃止予定です

新しい Web API は、Microsoft Dynamics CRM 2011 で導入された組織データ サービスよりも優れた機能を提供します。 組織データ サービスはこのリリースで非推奨になるため、このバージョンの新しいコードでは、組織データ サービスではなく Web API を使用することをお勧めします。 組織データ サービスは、REST エンドポイントまたは OData エンドポイントとも呼ばれ、下位互換性をサポートするために当面はアプリケーション内に残されます。 この廃止予定のエンドポイントの使用の詳細については、Microsoft Dynamics CRM 2015 SDK: Web リソースで OData エンドポイントを使用するを参照してください。

CORS サポートの追加

CRM Web API は OAuth トークン認証を使用して呼び出されるときの、クライアント側クロス オリジン Web リソース要求をサポートします。 これはクロス オリジン リソース共有 (CORS) の互換実装を使用して実現されます。 この Web API 機能は、クロスサイト スクリプティングのセキュリティ上の問題を回避するために強制されるブラウザーの制限に、安全に対処します。詳細:OAuth を使用するクロス オリジン リソース共有を使用して Microsoft Dynamics 365 の単一ページのアプリケーションへ接続する

キープレス イベントとオートコンプリート機能をサポートするためのフォーム スクリプト

ユーザーが数値コントロールまたはテキスト コントロールでキーを押すとき、新しい 51828fe3-f6ff-4f97-80ed-b06b3a354955#BKMK_getValue メソッドを使用してコントロールの値を取得します。 この値を使用すると、新しい51828fe3-f6ff-4f97-80ed-b06b3a354955#BKMK_KeyPressを使用してキープレス イベントの関数ハンドラーを構成することによって、ユーザーがフィールドに入力するときのデータ検証などの対話型エクスペリエンスを構成できます。 さらに、新しい51828fe3-f6ff-4f97-80ed-b06b3a354955#BKMK_AutoCompletionを使用して、フォームのテキスト コントロールのオートコンプリート機能を構成できます。 これらの新しいメソッドは、CRM モバイル クライアント (電話やタブレット PC) ではサポートされていません。41462684-3e5d-4858-8be4-1a7c4fcdeff6#BKMK_UpdatedEntties でのみ使用可能です。

詳細:Xrm.Page.ui コントロール (クライアント側の参照)

CRM for phones and tablets拡張機能

  • Web リソースと IFRAME

  • 新しいカスタム コントロールをサポートするためのフォーム スクリプト

  • URL を使用して CRM モバイル クライアントでレコードをオープンする

Web リソースと IFRAME

タブレット PC 用 Dynamics 365 で使用するための Web リソースおよび IFRAME を作成する機能は、iOS、Android、およびWindows 10の、すべての タブレット PC 用 Dynamics 365 フォームで完全にサポートされるようになりました。詳細:タブレット PC クライアント用 Dynamics 365 で使用する Web リソースと IFrame の内容を作成する

新しいカスタム コントロールをサポートするためのフォーム スクリプト

新しいカスタム コントロールを使用して、CRM モバイル クライアント (電話やタブレット) のユーザーのための、視覚的に新しくリッチなエクスペリエンスを構成します。詳細:TechNet: フォーム エディターの使用

新しいカスタム コントロールは、CRM コントロールと同じクライアント API をサポートしますが、例外として、51828fe3-f6ff-4f97-80ed-b06b3a354955#BKMK_AutoCompletion、51828fe3-f6ff-4f97-80ed-b06b3a354955#BKMK_getValue、51828fe3-f6ff-4f97-80ed-b06b3a354955#BKMK_KeyPress、および51828fe3-f6ff-4f97-80ed-b06b3a354955#BKMK_lookupControlMethodsを除きます。CRM コントロールでサポートされているクライアント API の完全な一覧については、「Xrm.Page.ui コントロール (クライアント側の参照)」を参照してください。

URL を使用して CRM モバイル クライアントでレコードをオープンする

CRM 2016 の新しいアプリケーション ハンドラー プロトコルを使用すると、CRM モバイル クライアント (電話やタブレット PC) のレコードを、URL を使用して直接開くことができます。 また、エンティティ レコードを作成するために空のフォームを開くことができます。 この機能を使用するには、CRM モバイル クライアントをモバイル デバイスにインストールする必要があります。詳細:URL を使用して Dynamics 365 モバイル クライアントでフォーム、ビュー、およびダッシュ ボードを開く

ナレッジ マネージメントの編集および検索の機能向上

CRM Service モジュールは、このリリースで強力なナレッジ マネージメント機能が追加され、強化されました。 リッチ テキストに加え、新しい KnowledgeArticle エンティティは画像、ビデオなどのマルチメディア データをサポートします。 記事にはライフサイクルがあり、そこではワークフローが公開されます。

トピックと製品用サポート情報レコードのために完全テキスト検索を使用、およびFullTextSearchKnowledgeArticleRequestメッセージを使用して、質問の回答を発見します。 このメッセージには、記事の内容のキーワード ベースの検索インデックスに対する整然としたアクセスが用意されています。 このメッセージを使用してその検索内容にアクセスし、顧客とパートナーに対して検索結果を提供します。

ナレッジ マネージメント機能をサポートするには、Publish Knowledge Articles および Approve Knowledge Articles という名前の新しい特権が追加されました。 顧客サービス担当者のロールと顧客サービス マネージャーのロールにはこれらの特権があり、新しいナレッジ マネージャーのロールが追加されました。

CRM Web クライアントでは、クライアント側フォームのプログラミング API は、9033c622-cbaf-4ba1-b900-eebe17229508#BKMK_getSelectedResult の関数呼び出しから返されるオブジェクト内の追加プロパティが含まれるように更新されました。Microsoft Dynamics CRM 2015 リリースのサポート情報検索コントロールでサポートされていた、他のすべてのクライアント API およびイベントは、引き続きサポートされます。

新しい対話型サービス ハブ クライアントの場合、9033c622-cbaf-4ba1-b900-eebe17229508#BKMK_getSearchQuery および 9033c622-cbaf-4ba1-b900-eebe17229508#BKMK_setSearchQuery メソッドのみが、サポート情報検索コントロールでサポートされます。

サポート情報検索コントロールでサポートされるクライアント側 API の詳細については、サポート情報の検索コントロール (クライアント側の参照)を参照してください。 ナレッジ マネージメントの詳細については、ナレッジ マネージメント エンティティを参照してください。

ソリューションの強化

以前は、エンティティがソリューションに追加されてそのソリューションがエクスポートされたとき、そのエンティティおよびすべての資産はソリューションにエクスポートされていました。 これには属性、フォーム、ビュー、関連付け、ビジュアル化、およびエンティティと共にパッケージ化される他のすべてのエンティティが含まれていました。 開発者が実際にオブジェクトを出荷する必要があるかどうかに関係なく、すべてのオブジェクトがエクスポートされました。 このプロセスは、依存関係を持ち越す可能性、または展開先の意図しないオブジェクトを変更する可能性がありました。

開発者や他のアプリケーション カスタマイザーは、エンティティ全体とその資産すべてを公開することと比較して、エンティティのサブコンポーネントを含むソリューション パッチを作成および公開することができるようになりました。 元のソリューションおよび複数のリリース済み修正プログラムは、元のソリューションの更新バージョンに後日ロールアップされる場合があり、これにより元のソリューションは置換されます。

詳細:ソリューションの更新プログラムを簡易化する修正プログラムの作成

サービス レベル アグリーメントの強化

CRM のサービス レベル アグリーメント (SLA) は現在のリリースで強化されました。

  • SLA をインシデント (サポート案件) に手動で適用する: サポート案件レコードを更新し、そのサポート案件レコードのために Incident.SLAId 属性内のアクティブな SLA を指定することにより、手動で SLA をサポート案件に適用できるようになりました。

  • SLA をプログラムによりアクティブ化または非アクティブ化する: UpdateRequest メッセージを使用して、SLA レコードをアクティブ化または非アクティブ化することができるようになりました。 サポート案件に適用する SLA レコードのために、SLA レコードを作成後にライセンス認証を行う必要があります。 メンテナンス活動中や、サポート案件のインポート中に SLA をサポート案件に適用しない場合、通常は SLA を非アクティブ化します。

    注意

    また、UpdateRequest メッセージを使用して、自動レコード作成と更新ルール (ConvertRule) およびルーティング ルール セット (RoutingRule) を、アクティブ科よび非アクティブ化することができます。 これは以前のバージョンではできませんでした。

    SLAConvertRule、および RoutingRule のエンティティは内部のみで使用します。Update メッセージ以外の、他の SDK メッセージはこのエンティティでサポートされません。詳細:サービス エンティティ (契約、インシデント、サポート情報記事、キュー、カレンダー、権利、slakpiinstance)

ドキュメント テンプレートのアップロードおよび管理

Microsoft Excel または Word のドキュメント テンプレートを作成して、標準化された CRM データ表現を作成することができるようになりました。 チーム メンバーはこれらのテンプレートを使用して、分析またはレポートのために、最新の CRM データを使用して Excel または Word ドキュメントを生成することができます。 ドキュメント テンプレートをプログラムでアップロードして管理するために、SDK を使用します。

詳細:Dynamics 365 でのドキュメント テンプレートのアップロードおよび管理

XRM ツールキット コントロールは OAuth 認証および接続文字列をサポートします

Microsoft.Xrm.Tooling.Connector は、ツール用 CRM および Unified Service Desk 操作すべての主要なインターフェイスです。 また、CRM と接続する Windows アプリケーションを作成する開発者に対し、Microsoft Dynamics 365 SDK の一部として提供されます。 開発者は、CRM Web サービスで OAuth 2 プロトコルを認証で使用できるようにするため、この更新された API を使用することができます。OAuth を追加すると、セキュリティの向上および CRM へのアクセスのために、複数要素認証を有効にすることができます。

XRM ツールは接続文字列もサポートするようになりました。これにより、CrmServiceClient クラスで SQL のような接続文字列を使用することができます。

詳細:XRM ツールを使用して Windows のクライアント アプリケーションを作成する

CRM 2016の新しいエンティティ

次の表に、このリリースに含まれる新しいエンティティを示します。

スキーマ名

表示名

内容

詳細情報

KnowledgeArticle

サポート情報記事

内部と外部で使用する組織のサポート情報である記事を説明します。

Dynamics 365 でのサポート情報記事に関する作業

KnowledgeArticleIncident

サポート情報記事インシデント

サポート情報記事とインシデントの間の関連付けを含みます。

Dynamics 365 でのサポート情報記事に関する作業

KnowledgeArticleViews

サポート情報記事の表示数

1 日あたりの記事閲覧回数を追跡新す。

Dynamics 365 でのサポート情報記事に関する作業

LanguageLocale

言語

サポート技術情報の記事を翻訳するためのサポートされている言語に関する情報を含みます。

Dynamics 365 でのサポート情報記事に関する作業

CRM 2016の新しいメッセージ

次の表に、このリリースに含まれる新しいメッセージを示します。

Request Class

Web API の操作

内容

詳細

CloneAsPatchRequest

CloneAsPatch Action

マネージドまたはアンマネージド ソリューションからソリューションの修正プログラムを作成します。

ソリューションの更新プログラムを簡易化する修正プログラムの作成

CloneAsSolutionRequest

CloneAsSolution Action

元のソリューションとその修正プログラムのすべてを含むアンマネージド ソリューションの新しいコピーを作成します。

ソリューションの更新プログラムを簡易化する修正プログラムの作成

CreateKnowledgeArticleTranslationRequest

CreateKnowledgeArticleTranslation Action

サポート情報記事レコードの翻訳を作成します。

7d0f1da8-1d6b-4795-a4c1-b0ed898e59f0#Translation

CreateKnowledgeArticleVersionRequest

CreateKnowledgeArticleVersion Action

サポート情報記事レコードのメジャー バージョンまたはマイナー バージョンを作成します。

7d0f1da8-1d6b-4795-a4c1-b0ed898e59f0#Version

DeleteAndPromoteRequest

DeleteAndPromote Action

マネージド ソリューションとすべての修正プログラムを置き換えます。

ソリューションの更新プログラムを簡易化する修正プログラムの作成

FullTextSearchKnowledgeArticleRequest

なし

指定した検索文字列を使用して CRM のサポート情報記事の全文検索を実行します。

7d0f1da8-1d6b-4795-a4c1-b0ed898e59f0#Search

IncrementKnowledgeArticleViewCountRequest

なし

1 日のサポート情報記事レコードの表示回数をインクリメントします。

7d0f1da8-1d6b-4795-a4c1-b0ed898e59f0#IncrementViewCount

SetProcessRequest

SetProcess Action

指定されたターゲット エンティティに関連付けるプロセスを設定します。

UpdateSolutionComponentRequest

UpdateSolutionComponent Action

アンマネージド ソリューションのコンポーネントを更新します。

ソリューションを使用した拡張機能のパッケージ化および配布

CRM 2016の新しい特権

このリリースでは、次の特権が新規または変更済みです。 この SDK でのセキュリティ ロール エディターに特権名をマップする方法の全体図については、マッピングに対して特権を与えるセキュリティ ロール UIを参照してください。

特権名

セキュリティ ロール UI に表示される名前

詳細

prv*AzureServiceConnection

Azure サービスの接続

内部のみで使用

prv*DataPerformance

データ パフォーマンス ダッシュボード

TechNet: 対話型エクスペリエンス ダッシュボードの構成

prv*LanguageLocale

言語

LanguageLocale (言語) エンティティのメッセージおよびメソッド

prv*MobileOfflineProfile

Mobile Offline プロファイル

内部のみで使用

prv*RecommendationModel

製品推奨モデル

内部のみで使用

prv*SimilarityRule

類似ルール

内部のみで使用

prvConfigureSharePoint

SharePoint 統合ウィザードの実行

サーバー ベースの SharePoint 統合に対するユーザー定義要求のマッピングの定義

prv*KnowledgeArticle

サポート情報記事

Dynamics 365 でのサポート情報記事に関する作業

prv*KnowledgeArticleViews

サポート情報記事の表示数

Dynamics 365 でのサポート情報記事に関する作業

prvApproveKnowledgeArticle

サポート情報記事の承認

Dynamics 365 でのサポート情報記事に関する作業

prvPublishKnowledgeArticle

サポート情報記事の公開

Dynamics 365 でのサポート情報記事に関する作業

prv*DocumentTemplate

ドキュメント テンプレート

DocumentTemplate エンティティのメッセージおよびメソッド

prv*PersonalDocumentTemplate

個人ドキュメント テンプレート

PersonalDocumentTemplate エンティティのメッセージおよびメソッド

prvDocumentGeneration

ドキュメントの生成

Dynamics 365 でのドキュメント テンプレートのアップロードおよび管理

prv*KnowledgeSearchModel

サポート情報検索モデル

7d0f1da8-1d6b-4795-a4c1-b0ed898e59f0#Search

prv*TopicModel

トピック モデル

内部のみで使用

prv*CustomControl

カスタム コントロール

TechNet: 電話およびタブレット PC 用 CRM の追加のコントロール

prv*CustomControlDefaultConfig

カスタム コントロールの既定の構成

TechNet: 電話およびタブレット PC 用 CRM の追加のコントロール

prv*CustomControlResource

カスタム コントロール リソース

TechNet: 電話およびタブレット PC 用 CRM の追加のコントロール

*この特権は、作成、読み取り、書き込み、削除、追加、追加先、割り当て、共有のいずれかです。

関連項目

Microsoft Dynamics 365 (オンライン) および Dynamics 365 (設置型) 用ソフトウェア開発キット
リリース履歴
対応の方法...
Microsoft Dynamics 365 に接続
Microsoft Dynamics 365 のセキュリティ モデル
Microsoft Dynamics 365 を拡張する
Microsoft Dynamics 365 でのビジネス データのモデル化
Microsoft Dynamics 365 でデータを管理する
Microsoft Dynamics 365 展開の管理
Microsoft Dynamics 365 のサンプル コード ディレクトリ
Microsoft Dynamics 365 プログラミング リファレンス
Microsoft Dynamics 365 のSDK 拡張機能

Microsoft Dynamics 365

© 2017 Microsoft. All rights reserved. 著作権