Windows® 7 標準クライアント イメージの作成手順:

1. はじめに

多数のクライアントに Windows 7 を効率的に展開する場合は、組織内の標準クライアント環境を構築し、そのイメージを作成します。マイクロソフトでは、Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の展開用のツール群として、Windows 自動インストール キット (Windows AIK) を提供しています。Windows AIK は、Windows 7 および、Windows Server 2008 R2 を展開する情報技術担当者向けに設計されています。

Windows AIK を使用すると、標準クライアント イメージの作成、カスタマイズされたイメージ ファイルのメンテナンス、自動展開のための応答ファイルの作成などの作業が行えます。このドキュメントでは、組織の環境に応じた標準クライアント環境を構築し、そのクライアントをイメージ化する基本的な手順について紹介します。この手順を終了すると、組織内の標準クライアント イメージを作成し、カスタム イメージとして展開する準備ができます。作成した標準クライアント イメージは、Windows 展開サービス (WDS) や System Center Configuration Manager (SCCM) を使用して、クライアント コンピューターに展開することが可能です。

2. Windows 展開テクノロジー

このドキュメントで紹介される手順を実行し、Windows 7 のカスタム標準イメージを作成するには、以下のコンポーネントが必要です。

  • Windows 7 の製品 DVD
    Windows 7 のインストール用 DVD を準備します。このドキュメントでは、ボリューム ライセンス版の Windows 7 Enterprise を使用した手順を紹介します。
  • Windows 自動インストール キット (Windows AIK) の DVD
    Windows 7 および Windows Server 2008 R2 に対応した Windows AIK の DVD イメージである .iso ファイルは、以下のマイクロソフトのダウンロード センターから入手できます。
    http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=696dd665-9f76-4177-a811-39c26d3b3b34&DisplayLang=ja
  • テクニシャン コンピューター
    テクニシャン コンピューターは、Windows AIK をインストールする任意のコンピューターです。テクニシャン コンピューターでは、Windows Server 2003、Windows Vista、Windows 7、または Windows Server 2008 R2 が動作している必要があります。
    テクニシャン コンピューターには、ネットワーク アダプター、正常に機能しているネットワーク環境、DVD-ROM ドライブ、および CD-R/RW 対応のドライブ (または両方をサポートするコンビネーション ドライブ) が必要です。
  • 参照コンピューター
    参照コンピューターは Windows の製品 DVD を使用して Windows 7 をインストールするコンピューターです。Windows 7 のインストール後、アプリケーションをインストールしたり、システム環境をカスタマイズしたりして、組織内標準環境として構成します。インストールが完了したら、ネットワーク共有上でインストールのイメージをキャプチャーおよび保存します。
    参照コンピューターには、ネットワーク アダプターと正常に機能しているネットワーク環境が必要です。
  • ネットワーク接続
  • CD-ROM/DVD 書き込み用ソフトウェア
  • 書き込み可能な空の CD-R/RW、DVD-R などのディスク
  • 展開用クライアント コンピューター

ページのトップへ