運用環境の Exchange 2003 クラスタから Exchange 2003 のスタンバイ クラスタにすべての Exchange 仮想サーバーを移動する方法

 

Microsoft® Exchange のスタンバイ クラスタは、次の要件を満たす Microsoft Windows Server™ クラスタです。

  • ハードウェア構成と、Microsoft Windows® のバージョン、Exchange のバージョン、ソフトウェア更新プログラムを含むソフトウェア構成が、運用環境の Exchange クラスタと同一である。
  • Exchange プログラム ファイルをインストール済みで、しかし Exchange 仮想サーバーは未構成である。
  • 運用環境クラスタのすべての Exchange 仮想サーバーがオフラインのときにのみ使用できる。

ここでは、運用環境の Exchange 2003 クラスタから Exchange 2003 のスタンバイ クラスタに、すべての Exchange 仮想サーバーを移動する方法について説明します。この処理は、運用環境のクラスタ全体が失われたときに回復するために使用したり、Exchange 2003 クラスタのサイト復元ソリューションとして使用したりできます。このトピックは、読者が Windows クラスタの概念と、Windows クラスタ環境における Microsoft Exchange Server 2003 の動作に関する知識を持っていることを前提としています。

Windows Server 2003 クラスタは、複数の Exchange 仮想サーバーをホストできます。ある Windows クラスタから別の Windows クラスタに、すべての Exchange 仮想サーバーを移動できます。

運用環境クラスタからスタンバイ クラスタに Exchange 仮想サーバーを転送する際は、運用環境クラスタ内のすべての Exchange 仮想サーバーを移動する必要があります。運用環境クラスタ上では Exchange 仮想サーバーがまったく実行されない状態にする必要があります。

note注 :
この処理は、Windows Server 2003 上で実行している Exchange Server 2003 クラスタに対してのみサポートされます。ここで説明する処理は、Exchange 2000 Server および Exchange Server 5.5 には適用できず、これらではサポートされません。

クラスタ アドミニストレータを使用して Exchange 2000 クラスタ上の Exchange システム アテンダント リソースを削除すると、Exchange 仮想サーバーに関連付けられているすべての Active Directory® ディレクトリ サービス オブジェクトが削除され、Exchange 仮想サーバーが削除されます。

Exchange 2003 クラスタでは、システム アテンダント リソースを削除しても、Exchange 仮想サーバーに関連付けられている Active Directory オブジェクトが削除されたり影響を受けたりすることはありません。Exchange 2003 仮想サーバーを完全に削除するには、Exchange システム アテンダント クラスタ リソースまたは Exchange リソース グループを右クリックし、[Exchange 仮想サーバーの削除] を選択する必要があります。

Exchange 2000 から動作がこのように変更されたため、運用環境の Exchange 2003 クラスタから Exchange 2003 のスタンバイ クラスタに Exchange 仮想サーバーを転送できます。

ここでは、運用環境クラスタからスタンバイ クラスタに Exchange 仮想サーバーを転送する方法についてのみ説明します。既存のユーザー データをスタンバイ クラスタにレプリケートまたは復元する方法については、詳細には説明しません。

Exchange 2003 のスタンバイ クラスタに関する要件

スタンバイ クラスタは既に Active Directory に格納されている情報を再利用するため、Exchange のスタンバイ クラスタを構成するには次の要件を満たす必要があります。

  • スタンバイ クラスタのハードウェア構成は、Windows Server カタログのクラスタ ソリューションのカテゴリに記載されています (このサイトは英語の場合があります)。

  • スタンバイ クラスタのパブリック ネットワーク インターフェイスは、運用環境クラスタと同じ IP サブネット内に存在している必要があります。

    note注 :
    スタンバイ クラスタは異なる IP サブネットに置くこともできます。ただし、IP サブネットを変更する詳しい方法について、後で説明する「Exchange 仮想サーバーの IP アドレスの変更による影響」を確認してください。
  • スタンバイ クラスタは、その他のクラスタからの Exchange 仮想サーバーをホストしないようにする必要があります。

  • オペレーティング システムのバージョンは、Windows Server™ 2003 Enterprise Edition を使用します。

  • スタンバイ クラスタにインストールするオペレーティング システムの Service Pack と修正プログラムは、運用環境クラスタにインストールされているものと同じバージョンにする必要があります。

  • Exchange Server 2003 のバイナリ、Service Pack、および修正プログラムは、あらかじめスタンバイ クラスタのすべてのノードにインストールし、運用環境クラスタにインストールされているバージョンと同じにしておく必要があります。

  • スタンバイ クラスタ ノードの IP アドレスとコンピュータ名は、ネットワーク上の他の IP アドレスやコンピュータ名と重複しないようにする必要があります。

  • スタンバイ クラスタのクラスタ IP アドレス リソースとクラスタ ネットワーク名リソースは、ネットワーク上の他のクラスタのクラスタ IP アドレスやクラスタ ネットワーク名と重複しないようにする必要があります。

  • スタンバイ クラスタの物理ディスク リソースは、運用環境クラスタの Exchange で使用しているものと同じドライブ文字で構成する必要があります。

    note注 :
    運用環境クラスタが、1 つの Exchange 仮想サーバーをホストする 2 ノードのアクティブ/パッシブ クラスタである場合のみ、スタンバイ クラスタを単一ノードのクラスタとして構成できます。運用環境クラスタで複数の Exchange 仮想サーバーをホストする場合は、スタンバイ クラスタに少なくとも 1 つはパッシブ ノードが存在し、N+1 ルールに準拠している必要があります。

運用環境クラスタでホストされているすべての Exchange 仮想サーバーを、同時にスタンバイ クラスタに移動する必要があります。マイクロソフトでは、複数の Exchange 仮想サーバーを、1 つのクラスタから複数の独立したスタンバイ クラスタに分散することをサポートしていません。

手順

スタンバイ クラスタをインストールするには、次の操作を行います。

  1. 運用環境クラスタと同じ構成でスタンバイ クラスタをインストールし、前で説明した要件を確実に満たしている必要があります。

  2. スタンバイ クラスタのハードウェアは、必ずしも運用環境クラスタと同じである必要はありませんが、スタンバイ クラスタでも一般的な能力が同じハードウェアを使用して、運用環境クラスタのパフォーマンスと信頼性のレベルを維持することをお勧めします。

  3. スタンバイ クラスタが、Exchange クラスタ リソースをホストするための適切なリソース グループで構成されていることを確認します。

  4. スタンバイ クラスタの Exchange リソース グループに、運用環境クラスタの Exchange で使用されているものと同じドライブ文字で表現される物理ディスク リソースが含まれていることを確認します。これらのドライブは、以前の Exchange データが格納されていないようにする必要があります。

  5. クラスタに Exchange Server 2003 をインストールする方法の詳細については、Exchange Server 2003 デプロイメント ガイドについてのページを参照してください (このサイトは英語の場合があります)。

Exchange 仮想サーバーをスタンバイ クラスタに移動するには、次の操作を行います。

  1. 運用環境クラスタのすべての Exchange 仮想サーバーがオフラインになっていることを確認します。

  2. スタンバイ クラスタの Exchange で使用する物理ディスク リソースに、以前の Exchange データが含まれていないことを確認します。

  3. スタンバイ クラスタで、Exchange IP アドレス リソースを作成してオンラインにします。この Exchange IP アドレス リソースは、運用環境クラスタの Exchange 仮想サーバーに対して構成されているものと同じ IP アドレスを使用して作成する必要があります。詳細については、後で説明する「Exchange 仮想サーバーの IP アドレスの変更による影響」を参照してください。

  4. スタンバイ クラスタで、Exchange ネットワーク名リソースを作成します。この Exchange ネットワーク名リソースは、運用環境クラスタの Exchange ネットワーク名と一致し、[DNS 登録の成功を必要とする] チェック ボックスおよび [Enable Kerberos] チェック ボックスがオンになっている必要があります。

  5. Exchange ネットワーク名リソースをオンラインにします。

  6. 名前で Exchange ネットワーク名を ping できることを確認します。

  7. スタンバイ クラスタで、Exchange システム アテンダント リソースを作成します。

    note注 :
    Exchange 仮想サーバー名が既に Active Directory に存在しているため、パス、管理グループ、およびルーティング グループを指定するオプションは使用できません。
  8. Exchange システム アテンダント リソースを正しく作成できたら、すべての Exchange リソースをオンラインにします。Active Directory のレプリケーションの遅延により、最初の試行ですべてのリソースがオンラインにならない場合があります。その場合は、レプリケーションが発生するまで待ってから、リソースを再度オンラインにします。

    note注 :
    この時点で Exchange データベースが存在していない場合、Exchange Information Store クラスタ リソースは正常に起動しますが、データベースがマウントされていない状態のままになります。データベースが構成された場所に存在する場合は、それらが自動的にマウントされます。
  9. データの復元または回復の戦略を実装し、データベースをオンラインにします。データの復元戦略については、後で説明する「ユーザー データの復元」を参照してください。

スタンバイ クラスタから運用環境クラスタに Exchange 仮想サーバーを戻すには、次の操作を行います。

  1. Exchange ネットワーク名リソースをオフラインにします。この操作によって、Exchange リソースもすべてオフラインになります。

  2. Exchange システム アテンダント クラスタ リソースを削除します。この操作によって、Exchange リソースもすべて削除されますが、Active Directory の Exchange 仮想サーバー オブジェクトは削除されません。

  3. Exchange ネットワーク名リソースを削除します。

  4. Exchange IP アドレス リソースを削除します。

  5. 運用環境クラスタの状態に応じて、次のシナリオを実行します。

    1. 運用環境クラスタを再構築する必要がある場合、この後の「運用環境クラスタを再構築するには、次の操作を行います。」の手順に従います。
    2. 運用環境クラスタがオフラインでも再構築する必要がない場合は、この後の「Exchange 仮想サーバーを運用環境クラスタに戻すには、次の操作を行います。」の手順に従います。

運用環境クラスタを再構築するには、次の操作を行います。

  1. 同じハードウェア上または新しいハードウェア上に運用環境クラスタを再構築します。

  2. クラスタにストレージ ハードウェアを復元または再接続し、同じ物理ディスク リソース、ドライブ文字、およびパスがクラスタに表示されることを確認します。

  3. すべてのノードに Exchange Server 2003 と、Service Packおよび修正プログラムをインストールします。

  4. この後の「Exchange 仮想サーバーを運用環境クラスタに戻すには、次の操作を行います。」の手順に従って、処理を完了します。

Exchange 仮想サーバーを運用環境クラスタに戻すには、次の操作を行います。

  1. 運用環境クラスタの Exchange IP アドレス リソースのみをオンラインにします。

  2. Exchange ネットワーク名リソースのプロパティを開き、[Enable Kerberos] チェック ボックスをオフにして [適用] をクリックすることにより、Exchange コンピュータ アカウントをリセットします。

  3. 次に、[Enable Kerberos] チェック ボックスをオンにして [OK] をクリックします。この操作によって、Exchange 仮想サーバー名で使用されている Active Directory コンピュータ アカウントがリセットされます。

  4. Exchange リソースをオンラインにします。

note注 :
手順 2 と手順 3 は、Exchange ネットワーク名リソースをオフラインにして、アクティブなクラスタ ノード上で次の cluster.exe コマンドを使用しても実行できます。
cluster res <Exchange Network Name> /priv RequireKerberos=0
cluster res <Exchange Network Name> /priv RequireKerberos=1

Exchange 仮想サーバーの IP アドレスの変更による影響

運用環境クラスタと同じ IP サブネットにスタンバイ クラスタを置くことを強くお勧めしますが、状況によっては、スタンバイ クラスタを別の IP サブネットにインストールする必要がある場合があります。

Exchange 仮想サーバーの IP アドレスが変わると、Active Directory、WINS、および DNS のレプリケーションの遅延とクライアント側の名前キャッシュの更新による待ち時間のため、サーバーがオンラインに戻るのが遅れ、クライアント接続に一時的な問題が発生する場合があります。

IP アドレスを変更した後、いくつかの場所に元の Exchange 仮想サーバーの IP アドレスが残る場合があります。この状況では、サーバー クラスタによって元の値が読み取られます。したがって、クラスタ リソースが IsAlive チェックに失敗し、オンラインに留まることができません。詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の文書番号 315691「[XADM] Exchange 2000 アクティブおよび非アクティブ クラスタのログにイベント ID 114 警告メッセージが出力される」(http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=3052&kbid=315691) を参照してください。

ユーザー データの復元

ここでは、運用環境の Exchange 2003 クラスタから Exchange 2003 のスタンバイ クラスタに、Exchange 仮想サーバーの論理構成を転送する方法について説明します。既存のメールボックスのデータとフォルダを転送する方法については説明しません。Exchange データベースをレプリケートまたは復元するための戦略は複数あります。ここではこれらの戦略の概要を紹介しますが、推奨事項と手順についての詳細な説明は行いません。

最も基本的な回復戦略では、データベースのバックアップをスタンバイ クラスタに復元し、そのクラスタをオンラインにします。ユーザーがスタンバイ サーバーにログオンする前にすべてのデータを復元する方法は、管理者の観点からは比較的単純な戦略です。サーバーがオンラインになると、移動する前と同じ状態になるか、または少なくとも回復するすべてのデータが既に回復済みの状態になります。

この戦略の難点は、特に地理的にきわめて遠い場所までデータを転送する必要がある場合は、大量のデータを復元するのに長い時間がかかる可能性があることです。ただし、ボリューム シャドウ コピー サービス (VSS) バックアップやストレージ ベースのレプリケーションなどの新しい技術を使用すると、復元にかかる時間を短縮できます。

ダイヤル トーン回復は管理がやや複雑な戦略ですが、"復元優先" の戦略に比べいくつかの長所もあります。ダイヤル トーン回復は、以前存在していたデータの回復作業を並行して実行しながら、迅速に電子メールの送受信サービスを復元する戦略です。

ダイヤル トーン回復では、以前のデータの復元はすぐには行いません。代わりに、スタンバイ クラスタの新しい Exchange データベースをオンラインにします。ユーザーは、以前のメールボックスの内容は現在利用できなくても、Exchange にログオンして新しいメールを送受信できます。

Exchange には、2 つのメールボックス データベースの内容を結合する機能があります。以前存在していたデータベースを復元して回復した後、ダイヤル トーン データベースの新しいデータを運用環境のデータベースに結合し、障害の前後のデータが格納された単一のメールボックスをユーザーに提供できます。結合操作は、Exchange をオンラインにしたまま実行できます。

詳細情報

クラスタに Exchange Server 2003 をインストールする方法の詳細については、Exchange Server 2003 デプロイメント ガイドについてのページを参照してください (このサイトは英語の場合があります)。

ダイヤル トーン回復戦略とメールボックスの結合の詳細については、Exchange Server 2003 の回復用ストレージ グループの使用についてのページを参照してください (このサイトは英語の場合があります)。