/DYNAMICBASE

ASLR (Address Space Layout Randomization) 機能を使用して、読み込み時に実行可能イメージをランダムに再ベースできるかどうかを指定します。

/DYNAMICBASE[:NO]

解説

既定では、リンカーは /DYNAMICBASE オプションを設定します。

このオプションは、実行可能イメージのヘッダーを変更して、読み込み時に、ローダーがランダムにイメージを再ベースできるかどうかを示します。

ASLR は、Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7、Windows 8、および Windows Server 2012 でサポートされています。

参照

関連項目

EDITBIN オプション

その他の技術情報

Windows の ISV ソフトウェアのセキュリティ防御