App-V 5.0 をお使いになる前に

適用対象: Application Virtualization 5.0, Application Virtualization 5.0 SP1, Application Virtualization 5.0 SP2, Application Virtualization 5.0 SP3

App-V 5.0 を使用すると、管理者は、必要に応じて、リアルタイムでアプリケーションを展開、更新、およびサポートできます。個々のアプリケーションは、ローカルにインストールされている製品から一元管理されたサービスに変換され、必要な場所で使用できます。コンピューターを事前に構成したり、オペレーティング システムの設定を変更したりする必要はありません。

App-V は、次の要素で構成されています。

要素 説明

App-V 管理サーバー

  • App-V インフラストラクチャを一元管理できるようにし、仮想アプリケーションを App-V デスクトップ クライアントとリモート デスクトップ サービス (旧ターミナル サービス) クライアントの両方に提供します。

  • データ ストアには、Microsoft SQL Server® を使用します。1 つの SQL Server データ ストアを 1 台以上の App-V 管理サーバーで共有できます。

  • 要求を認証し、セキュリティ、使用状況測定、監視、およびデータ収集の各機能を提供します。ユーザーおよびアプリケーションの管理には、Active Directory とサポート ツールを使用します。

  • Silverlight® ベースの管理サイトを使用して、任意のコンピューターから App-V インフラストラクチャを構成できます。アプリケーションの追加と削除、ショートカットの操作、アクセス許可のユーザーやグループへの割り当て、接続グループの作成を実行できます。

  • App-V Web 管理コンソールと SQL Server データ ストア間で通信できるようにします。これらのコンポーネントは、必要なシステム アーキテクチャに応じて、すべてを 1 台のサーバー コンピューターにインストールすることもできれば、複数の個別のコンピューターにインストールすることもできます。

App-V 公開サーバー

  • 特定のユーザーに、許可されたアプリケーションと共に App-V クライアントを提供します。

  • ストリーミング用の仮想アプリケーション パッケージをホストします。

App-V デスクトップ クライアント

  • 仮想アプリケーションを取得します。

  • クライアント上のアプリケーションを公開します。

  • Windows エンドポイント上で実行時に仮想環境を自動的に設定し、管理します。

  • レジストリやファイルの変更など、ユーザー固有の仮想アプリケーションの設定を各ユーザーのプロファイルに格納します。

App-V リモート デスクトップ サービス (RDS) クライアント

リモート デスクトップ セッション ホスト サーバーが共有デスクトップ セッションで App-V デスクトップ クライアントの機能を使用できるようにします。

App-V Sequencer

  • 従来のアプリケーションを仮想アプリケーションに変換できるウィザードベースのツールです。

  • アプリケーション "パッケージ" を生成します。パッケージには、以下が含まれています。

    1. シーケンス処理されたアプリケーション (APPV) ファイル

    2. スタンドアロン操作用に構成されたクライアントに展開できる Windows インストーラー ファイル (MSI)

    3. Report.XML、PackageName_DeploymentConfig.XML、PackageName_UserConfig.XML などの各種 XML ファイル。UserConfig ファイルと DeploymentConfig XML ファイルは、パッケージの既定の動作にカスタムの変更を加える場合に使用されます。

これらの要素の詳細については、「APP-V 5.0 の高レベル アーキテクチャ」をご覧ください。

この製品を初めてお使いになる場合は、ドキュメントをよくお読みください。運用環境に展開する前に、展開計画をテスト ネットワーク環境で検証することも推奨します。関連するテクノロジに関するトレーニングを受けることもお勧めします。Microsoft のトレーニングの詳細については、「Microsoft Training Overview (Microsoft トレーニングの概要)」 (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkId=80347) をご覧ください。

注意

この管理者ガイドのダウンロード版はありません。しかし、記事を選択して 1 つにまとめて印刷したり、ファイルにエクスポートしたりするための TechNet ライブラリの特殊モードについては、http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=272491 (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=272491) にある説明を参照することができます。

App-V 5.0 管理者ガイドのこのセクションでは、App-V 5.0 に関する概要を示します。展開計画を開始する前に、製品についての基本的な理解を得ることができます。

App-V 5.0 をお使いになる前に

この製品に関するその他のリソース

APP-V への提案がございますか

こちらから提案を追加するか、提案に投票してください。App V の問題については、「APP-V に関する TechNet フォーラム」を利用してください。

-----
MDOP の詳細については、TechNet ライブラリを参照してください。TechNet Wiki では、トラブルシューティング情報を検索できます。また、Microsoft の FacebookTwitter をフォローすることをお勧めします。
-----