データベースの追加と構成

データベース管理者は、Visual SourceSafe のインストールの終了後、サーバーとデータベースをチームに合わせて構成する必要があります。最初の手順は、「方法 : データベースを追加する」の指示に従って、環境に 1 つ以上のデータベースを追加することです。

データベースの設定が終了したら、データベースのユーザーが必要とするアクセスの種類に応じてサーバーを構成する必要があります。たとえば、Visual Studio 用 SourceSafe インターネット プラグインを使用したアクセスを行う場合、サーバー マシン上でインターネット サービスが実行されている必要があります。

データベース ユーザーにとって必要なサービスの用意が整ったら、次にデータベースをセキュリティで保護し、ユーザーのアクセスを制限します。これにより、データベースが認証されていない使用から保護され、データの整合性はより確かになります。「データベースのセキュリティ保護」にある関連手順を参照してください。

この機会に Visual SourceSafe のパフォーマンスを最適化することもできます。関連手続きについては、「Visual SourceSafe の保守と最適化」を参照してください。

このセクションの内容

参照

処理手順

方法 : データベースを追加する

概念

データベースのセキュリティ保護

その他の技術情報

Visual SourceSafe の保守と最適化