チュートリアル: コマンド ラインでのネイティブ C++ プログラムのコンパイル

Visual C++ に含まれる C++ コンパイラを使用して、基本的なコンソール アプリから Windows ストア アプリケーションおよび .NET コンポーネントまで、あらゆるものを作成できます。

このチュートリアルでは、テキスト エディターを使用して基本的な Visual C++ コンソール プログラムを作成し、それをコマンド ラインでコンパイルします。

注意

Visual Studio 統合開発環境 (IDE) を使用して Visual C++ プログラムをコンパイルすることもできます。詳細については、「チュートリアル: プロジェクトとソリューションの使用 (C++)」を参照してください。

このチュートリアルでは、表示されている Visual C++ プログラムを入力する代わりに独自の Visual C++ プログラムを使用するか、別のヘルプ記事の Visual C++ コード サンプルを使用できます。

必須コンポーネント

このチュートリアルを完了するには、C++ 言語の基本を理解している必要があります。

Visual C++ ソース ファイルを作成してコマンド ラインでコンパイルするには

  1. [開発者コマンド プロンプト] ウィンドウを開きます。 ([スタート] ウィンドウで、[アプリ] を開きます。 使用しているバージョンの Visual Studio の [Visual Studio ツール] フォルダーを開き、[開発者コマンド プロンプト] ショートカットを選択します)。コマンド プロンプト ウィンドウを開いてコマンド ライン ツールを使用する方法の詳細については、「コマンド ライン ビルドのパスと環境変数の設定」を参照してください。

    コンピューターのオペレーティング システムと構成によっては、このチュートリアルのコードを正常にコンパイルするために管理者の資格情報が必要な場合があります。 管理者としてコマンド プロンプト ウィンドウを実行するには、[開発者コマンド プロンプト] のショートカット メニューを開いて [管理者として実行] を選択します。

  2. コマンド プロンプトで、「notepad basic.cpp」と入力します。

    ファイルを作成するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[はい] を選択します。

  3. メモ帳で、次の行を入力します。

    #include <iostream>
    
    int main()
    {
        std::cout << "This is a native C++ program." << std::endl;
        return 0;
    }
    
  4. [ファイル] メニューの [保存] をクリックします。

    Visual C++ ソース ファイルが作成されました。

  5. コマンド プロンプトで、「cl /EHsc basic.cpp」と入力します。 /EHsc は、コンパイラに対して C++ 例外処理を有効化するよう指示するコマンド ライン オプションです。 詳細については、「/EH (例外処理モデル)」を参照してください。

    cl.exe コンパイラによって、コンパイルされたコードを含む .obj ファイルが生成され、リンカーが実行されて basic.exe という名前の実行可能プログラムが作成されます。 (この名前は、コンパイラによって表示される出力情報の行に表示されます)。

  6. basic.exe プログラムを実行するには、コマンド プロンプトで「basic」と入力します。

    プログラムは、次のテキストを表示して終了します。

This is a native C++ program.

参照

処理手順

Visual C++ ガイド ツアー

関連項目

コンパイラ オプション

その他の技術情報

C++ 言語リファレンス

Building C/C++ Programs