レポート (Visual Studio レポート デザイナ) にグラフを追加します。

グラフは、レポート内のデータのグラフィカル表現です。データはグラフとして表示する視覚に訴えるし、ユーザーの比較、パターン、および、データの傾向参照するが容易します。たとえば、複数のテーブルまたはマトリックス レポートのデータの列を分析する代わり、表示できますを一目で売上が減少または、過去 3 四半期の上を増やすか過去 3 年間 1 年の日付の売上を比較する方法。さまざまなグラフの種類から選択し、グラフのスタイルごとに異なる色、記号、および 3 次元 (3-D) 効果を含めるを変更できます。

Note注意: 未解決のインポート要求があるため、処理チェックは延期されました。

Microsoft ライセンス Dundas ソフトウェアからのレポートで使用されるグラフ コントロール。Dundas Software から使用できるグラフの機能については、企業 Web サイト www.dundas.com にします。

追加、削除、および、グラフを移動する方法

グラフを処理するにはグラフィカル デザイン モードで、クライアントのレポート定義 (.rdlc) ファイルを開きます。グラフを追加には、レポートのレイアウト、ツールボックスからグラフ レポート アイテムをドラッグします。グラフがレポートに、グラフ プロパティを設定して、グラフの種類と他の属性を選択できます。サイズを影付きの境界線をポイントを新しい場所にドラッグしてグラフを配置し、ことができます。ドロップ ゾーン、または使用するフィールドをドラッグしてデータを追加できる、編集グラフ Value] ダイアログ ボックス-[値] タブ (Visual Studio のレポート デザイナ)定義またはインスタンス データのグラフを変更するダイアログ ボックスのタブです。グラフを削除するには、図の影付き境界線を右クリックして、[削除] をクリックします。また、Del キーを押します。

グラフの外観を変更します。

プロットとグラフの領域、x と y-axes、およびグラフの凡例の体裁変更できます。グラフに 3 次元の効果を適用することができますも。グラデーションのプロット エリアの塗りつぶしは、3-D 効果を適用すると表示されません。グラフの凡例で 10 pt より大きいフォント サイズを使用する場合一部凡例ラベルが切り捨てられます。フォントのサイズを大きく表示だけあります。

グラフを変更するプロパティの設定、グラフのプロパティ] ダイアログ ボックスで [全般] タブ (Visual Studio のレポート デザイナ)タブ付きダイアログ ボックス。グラフの書式設定の方法についてを参照してください。方法: スタイルをグラフ要素 (Visual Studio レポート デザイナ).

グラフのデータ

レポート定義 (.rdlc) ファイルでグラフのデータは 3 つの軸に編成: 値、カテゴリ、およびシリーズ。グラフに通常がある 2 つの軸を分類して、データの測定に使用: (X) 軸と数値 (y) 軸には、カテゴリ。y 軸を中心は、垂直軸では通常し、[値] タブからのデータを含んでいます。x 軸は通常、水平軸にあり、分類項目] タブの分類項目を含む。ポイントされたグラフに系列のデータ系列軸からです。系列軸 (z) 軸と呼びます。円グラフおよびドーナツ グラフの軸がありません。軸領域を表示するには、グラフを初めてクリックします。

Basic Chart data region

クリックすると、グラフに、表示次の 3 つのドロップ ゾーンされる、領域ごとに 1 つです。ドラッグしてできますにこれらのフィールド一覧からフィールドをドロップ ゾーン。

グラフのレイアウトにデータを追加するには、フィールド、グラフのドロップ ゾーン、データ ソース] ウィンドウからドラッグします。を理解する別の領域はこれらの対話方法は、マトリックスのレイアウトにグラフのレイアウトを比較すると便利があります。値の一連のフィールドは同等のマトリックスのレイアウトを静的な行または列の。カテゴリ グループのフィールドは、マトリックスのレイアウトでの動的な列のグループと同じです。系列グループのフィールドは、同等のマトリックスのレイアウトを動的に全行数です。

値のグループはそれぞれのカテゴリ グループのグラフ要素のサイズを調べる使用されます。たとえば、値フィールドには、縦棒グラフ内の列の高さまたは円グラフで、スライスのサイズを決定します。

グラフ レポートをデザインするときは値のグループに少なくとも 1 つのフィールドを追加するで済みます。値のグループは、グラフで静的です。値グループに 1 つしかフィールドを追加して、系列グループにフィールドを追加しなかったを 1 つのグラフ要素のみが表示されます。値のグループに複数のフィールドを追加するグラフの要素が値ごとに表示されます。値のグループに複数のフィールドがある場合、グラフの凡例それぞれの値の名前を表示します。

通常は、データはグラフのカテゴリでグループ化されます。カテゴリまたは系列に基づいて、データをグループ化するが場合、は、値の式、グラフ内の集計式を使用する必要があります。カテゴリ グループの 1 つしかフィールドがあるため、データをグループ化できませんが場合に、集計フィールド [値] を使用する必要はありません。

費目

カテゴリ グループのデータを使用します。カテゴリはグラフ要素のラベルを提供します。たとえば、縦棒グラフは項目軸ラベル、グラフ、列の各セットの 1 の x 軸に配置されます。

カテゴリをネストすることができます。複数のカテゴリを定義する場合それぞれのカテゴリが別のカテゴリ内ネストします。たとえば、縦棒グラフを表示製品モデルによって、最初のカテゴリ グループは、モデルになります、2 つ目のカテゴリ グループの製品になります。縦棒グラフには、製品のグループが、x 軸上のモデルで表示されます。

系列グループ

系列グループは、レポートのデータに、他のディメンションを追加する使用されます。たとえば、縦棒グラフで製品することによって売上を表示する、各製品の年で売上を表示するには、シリーズ グループにフィールドを追加することができます。系列グループ; にフィールドを追加する必要はありません。 グラフをデザインする場合に省略可能です。

系列グループを使用するグループの名前が、グラフの凡例に表示されます。系列グループは動的です。

グラフの種類を選択します。

次のグラフの種類から選択できます: 列、バー、行、円グラフ、散布図、バブル、領域、ドーナツ グラフ、および在庫 次の表の種類ごとについて説明し、複数の情報が含まれているトピックへのリンク。

トピック 説明

列のグラフの種類 (Visual Studio レポート デザイナ)

縦棒グラフについて説明します。縦棒グラフはデータの垂直方向の列の設定とを表示します。ハイブリッド列と行のグラフの情報があります。

バーのグラフの種類 (Visual Studio レポート デザイナ)

横棒グラフについて説明します。棒グラフが表示水平のバーの設定とデータが表示されます。

線グラフの種類 (Visual Studio レポート デザイナ)

折れ線グラフについて説明します。折れ線グラフはデータ ポイントを線でつないだのセットとして表示します。

円グラフの種類 (Visual Studio レポート デザイナ)

全体のパーセンテージとして円グラフの円グラフ表示データを説明します。

散布グラフの種類 (Visual Studio レポート デザイナ)

XY (散布) チャートについて説明します。散布グラフではデータ領域内のポイントのセットとして表示します。

バブル グラフの種類 (Visual Studio レポート デザイナ)

バブル チャートについて説明します。バブル チャートの記号の位置とサイズをデータに基づく、グラフに表示します。

領域グラフの種類 (Visual Studio レポート デザイナ)

面グラフについて説明します。面グラフはデータは行の下に、入力領域に直線をつないだのセットとして表示します。

ドーナツ グラフの種類 (Visual Studio レポート デザイナ)

ドーナツ グラフについて説明します。ドーナツ グラフではデータ全体のパーセンテージとして表示します。

株価グラフの種類 (Visual Studio レポート デザイナ)

株価チャートについて説明します。株価チャート データ行のセットとしての高い、マーカー付き低、閉じるを表示値を開きます。

項目を参照してください。

タスク

方法: スタイルをグラフ要素 (Visual Studio レポート デザイナ)
方法: Position ラベル、円グラフ (Visual Studio レポート デザイナ)

概念

レポートのレイアウト (Visual Studio レポート デザイナ) を定義します。
クライアント レポート定義 (.rdlc) ファイルを作成します。