Code Advisor for Visual Basic 6.0 - 日本語版

最終更新日 : 2003 年 6 月 9 日

このアプリケーションは、Visual Basic 6.0 のコードを分析して、改善を提案する Visual Basic 6.0 のアドインです。

概要

現在 Visual Basic 6.0 でプログラムを開発しており、Visual Basic .NET への移行を検討されている方にとって Code Advisor for Visual Basic 6.0 はとても役に立ちます。

Code Advisor for Visual Basic 6.0 は、あらかじめ決められたコーディング規約を確実にするためにソース コードをレビューする Visual Basic 6.0 のアドインです。 マイクロソフトが提唱する堅牢でメンテナンス性が高いコーディング規約に基いています。

システム要件

  • サポートされているオペレーティング システム: Windows 2000, Windows 98, Windows ME, Windows NT, Windows XP


重要:Code Advisor for Visual Basic 6.0 をインストールする前に上記オペレーティングシステムにあらかじめ Visual Basic 6.0 と Internet Explorer 6.0 がインストールされている必要があります。 Code Advisor for Visual Basic 6.0 は、Internet Explorer 6.0 と共に配布される VBScript と MSXML コンポーネントを使用します。 その際、Internet Explorer 6.0 がデフォルト ブラウザである必要はありません。


注意事項

  1. [ダウンロード] リンクをクリックしてダウンロードを開始するか、他の言語を選択する場合はドロップダウン リストから他の言語を選択して [Go] をクリックします。
  2. 次のどちらかを実行してください。
    • [開く] または [このプログラムを上記の場所から実行する] をクリックして、インストールを直ちに開始します。
    • [保存] または [このプログラムをディスクに保存する] をクリックして、ダウンロードを現在のコンピュータに保存し、後でインストールできるようにします。

追加情報

既知の問題: 英語以外のオペレーティング システムの場合、インストール先のパスに Unicode 文字が含まれているとセットアップが失敗する

詳細: インストール パスに Unicode 文字が含まれているとセットアップは失敗します。 この問題を回避するにはセットアップ プログラムのデフォルト フォルダを指定するか、または Unicode 文字を含まないパスを指定する必要があります。

既知の問題: アンインストール時に不要となるレジストリ キーを削除しない

詳細: Code Advisor for Visual Basic 6.0 をアンインストールする際に、FixIt フィルタの設定を保持するレジストリ キーを削除しません。Code Advisor for Visual Basic 6.0 を後で再インストールした場合、以前に使用していた設定が復元されます。デフォルトの設定に戻す場合は、再インストールの前にレジストリ エディタ (Regedit.exe) を使用して以下のレジストリキーを削除してください。

HKEY_USERS\{….}\Software\VB and VBA Program Settings\Code Advisor for Visual Basic 6\1\
HKEY_USERS\{….}\Software\VB and VBA Program Settings\Code Advisor for Visual Basic 6\2\
HKEY_USERS\{….}\Software\VB and VBA Program Settings\Code Advisor for Visual Basic 6\3\
HKEY_USERS\{….}\Software\VB and VBA Program Settings\Code Advisor for Visual Basic 6\State\

{….} は各ユーザーの識別 ID です。


Top of Pageページのトップへ