Access ウィザード

Microsoft Office 2000/Visual Basic プログラマーズ ガイド   

Access ウィザードは Access ユーザー インターフェイスに統合可能なアドインです。[テーブルの新規作成]、[クエリの新規作成]、[フォームの新規作成]、および [レポートの新規作成] ダイアログ ボックスに表示されるテーブル、クエリ、フォーム、またはレポート ウィザードを作成できます。たとえば、複雑なクエリの作成に便利なウィザードをデザインすることが可能です。

また、フォームまたはレポートに新しいコントロールを作成する際に起動するコントロール ウィザードを作成することもできます。ユーザーは、ツールボックスに含まれる [コントロール ウィザード] の状態を切り替えて、コントロール ウィザードを無効にすることもできます。

ウィザード データベースに USysRegInfo テーブルを追加し、アドイン マネージャを使用してウィザードをインストールできます。ただし、ウィザードを登録するために作成するレジストリのサブキーは、アドインを登録するために作成するサブキーとは異なります。このようなサブキーの作成については、Office 2000 Developer CD-ROM の OPG\Appendixes フォルダに含まれる USysReg.doc を参照してください。また、Access アドインの作成については、この章の「Microsoft Access アドイン」を参照してください。