AddOLEObject メソッド

Microsoft Word Visual Basic リファレンス

AddOLEObject メソッド

InlineShapes オブジェクトの AddOLEObject メソッド

OLE オブジェクトを作成します。新しい OLE オブジェクトを表す InlineShape オブジェクトを返します。

expression.AddOLEObject(ClassType, FileName, LinkToFile, DisplayAsIcon, IconFileName, IconIndex, IconLabel, Range)

*expression *  必ず指定します。InlineShapes オブジェクトを表すオブジェクト式を指定します。

ClassType 省略可能です。バリアント型 (Variant) の値を指定します。指定された OLE オブジェクトをアクティブにするときに使用するアプリケーションの名前を指定します。

FileName 省略可能です。バリアント型 (Variant) の値を指定します。オブジェクトを作成するときに元になるファイルを指定します。この引数を省略すると、現在のフォルダが使用されます。引数 ClassType または FileName を指定する必要があります。両方を指定することはできません。

LinkToFile 省略可能です。バリアント型 (Variant) の値を指定します。OLE オブジェクトを作成するときに元になったファイルに OLE オブジェクトをリンクする場合、True を指定します。ファイルの独立したコピーとして OLE オブジェクトを扱う場合は、False を指定します。引数 ClassType の値を指定した場合、引数 LinkToFile の値は False である必要があります。既定値は False です。

DisplayAsIcon 省略可能です。バリアント型 (Variant) の値を指定します。OLE オブジェクトをアイコンで表示するには、True を指定します。既定値は False です。

IconFileName 省略可能です。バリアント型 (Variant) の値を指定します。表示するアイコンを含むファイルを指定します。

IconIndex 省略可能です。バリアント型 (Variant) の値を指定します。引数 IconFileName のファイルでのアイコンのインデックス番号を指定します。指定したファイルでのアイコンの順序は、[アイコンで表示] チェック ボックスがオンになっている場合に [アイコンの変更] ダイアログ ボックス ([挿入] - [オブジェクト]) に表示されるアイコンの順序と対応します。ファイルの最初のアイコンのインデックス番号は 0 (ゼロ) です。指定されたインデックス番号のアイコンが引数 IconFileName のファイルにない場合、インデックス番号 1 (ファイルの 2 番目のアイコン) が使用されます。既定値は 0 (ゼロ) です。

IconLabel 省略可能です。バリアント型 (Variant) の値を指定します。アイコンの下に表示するラベル (図表番号) を指定します。

Range 省略可能です。バリアント型 (Variant) の値を指定します。OLE オブジェクトを文字列内に配置する範囲を指定します。範囲を解除しない場合、OLE オブジェクトはその範囲と置き換えられます。この引数を省略すると、オブジェクトは自動的に配置されます。

Shapes オブジェクトの AddOLEObject メソッド

OLE オブジェクトを作成します。新しい OLE オブジェクトを表す Shape オブジェクトを返します。

expression.AddOLEObject(ClassType, FileName, LinkToFile, DisplayAsIcon, IconFileName, IconIndex, IconLabel, Left, Top, Width, Height, Anchor)

*expression *  必ず指定します。Shapes オブジェクトを表すオブジェクト式を指定します。

ClassType 省略可能です。バリアント型 (Variant) の値を指定します。指定された OLE オブジェクトをアクティブにするときに使用するアプリケーションの名前を指定します。

FileName 省略可能です。バリアント型 (Variant) の値を指定します。オブジェクトを作成するときに元になるファイルを指定します。この引数を省略すると、現在のフォルダが使用されます。引数 ClassType または FileName を指定する必要があります。両方を指定することはできません。

LinkToFile 省略可能です。バリアント型 (Variant) の値を指定します。OLE オブジェクトを作成するときに元になったファイルに OLE オブジェクトをリンクする場合、True を指定します。ファイルの独立したコピーとして OLE オブジェクトを扱う場合は、False を指定します。引数 ClassType の値を指定した場合、引数 LinkToFile の値は False である必要があります。既定値は False です。

DisplayAsIcon 省略可能です。バリアント型 (Variant) の値を指定します。OLE オブジェクトをアイコンで表示するには、True を指定します。既定値は False です。

IconFileName 省略可能です。バリアント型 (Variant) の値を指定します。表示するアイコンを含むファイルを指定します。

IconIndex 省略可能です。バリアント型 (Variant) の値を指定します。引数 IconFileName のファイルでのアイコンのインデックス番号を指定します。指定したファイルでのアイコンの順序は、[アイコンで表示] チェック ボックスが選択されている場合に [アイコンの変更] ダイアログ ボックス ([挿入] - [オブジェクト]) に表示されるアイコンの順序と対応します。ファイルの最初のアイコンのインデックス番号は 0 (ゼロ) です。指定されたインデックス番号のアイコンが引数 IconFileName のファイルにない場合、インデックス番号 1 (ファイルの 2 番目のアイコン) が使用されます。既定値は 0 (ゼロ) です。

IconLabel 省略可能です。バリアント型 (Variant) の値を指定します。アイコンの下に表示するラベル (図表番号) を指定します。

Left 省略可能です。バリアント型 (Variant) の値を指定します。アンカーを基準として新しいオブジェクトの左端の位置をポイント単位で指定します。

Top 省略可能です。バリアント型 (Variant) の値を指定します。アンカーを基準として新しいオブジェクトの上端の位置をポイント単位で指定します。

Width 省略可能です。バリアント型 (Variant) の値を指定します。OLE オブジェクトの幅をポイント単位で指定します。

Height 省略可能です。バリアント型 (Variant) の値を指定します。OLE オブジェクトの高さをポイント単位で指定します。

Anchor 省略可能です。バリアント型 (Variant) の値を指定します。OLE オブジェクトをバインドする範囲を指定します。引数 Anchor を指定すると、アンカー記号はアンカーが配置された範囲の最初の段落の先頭に配置されます。引数 Anchor を指定しない場合、アンカーは自動的に配置され、OLE オブジェクトはページの上端と左端を基準に配置されます。

使用例

Shapes オブジェクトの場合

次の使用例は、作業中の文書に新しく位置を固定しないビットマップを追加します。ビットマップは別のファイルにリンクされます。

ActiveDocument.Shapes.AddOLEObject _
    FileName:="c:\my documents\MyDrawing.bmp", _
    LinkToFile:=True
				

InlineShapes オブジェクトの場合

次の使用例は、作業中の文書に新しい Excel ワークシートを追加します。ワークシートは 2 番目の段落と置き換えられます。

ActiveDocument.InlineShapes.AddOLEObject _
    ClassType:="Excel.Sheet", DisplayAsIcon:=False, _
    Range:=ActiveDocument.Paragraphs(2).Range