UrlBaseName 要素 (ビュー)

最終更新日: 2015年3月9日

適用対象: SharePoint Foundation 2010

この記事の内容
属性
子要素
親要素
出現回数

特定の URL の基本名をレンダリングします。

<UrlBaseName
  HTMLEncode = "TRUE" | "FALSE">
</UrlBaseName>

属性

属性

説明

HTMLEncode

オプションの Boolean。埋め込まれた文字がブラウザでテキストとして表示されるように変換するには、TRUE に設定します。つまり、HTML タグと混同する可能性がある文字はエンティティに変換されます。

子要素

FieldLookupColumn

親要素

多数

出現回数

最小 : 0

最大 : 制約なし

コメント

この要素は、ドキュメント ライブラリ ビューで特に便利です。

CAML (Collaborative Application Markup Language) では大文字と小文字が区別されます。UrlBaseName では小文字の "rl" が使用されることに注意してください。

次の例は、UrlBaseName 要素を使用して画像ライブラリ内のサムネイル イメージの絶対 URL を構築します。

<DisplayPattern>
   <HttpHost />
   <UrlDirName>
      <HTML>/</HTML>
      <LookupColumn URLEncodeAsURL="TRUE" Name="FileRef" />
   </UrlDirName>
   <HTML>/_t/</HTML>
   <UrlBaseName>
      <Field Name="EncodedAbsUrl" />
   </UrlBaseName>
   <HTML>_</HTML>
   <GetFileExtension>
      <Field Name="EncodedAbsUrl" />
   </GetFileExtension>
   <HTML>.jpg</HTML>
</DisplayPattern>

画像ファイルに .jpg 拡張子が付いていて、サブサイトの画像ライブラリに格納されている場合、この例では次の形式の URL が作成されます。

http://Server\_Name/Subsite\_Name/Library\_Name/\_t/File\_Base\_Name/\_

関連項目

参照

URL

UrlDirName