Mapping 要素

最終更新日: 2015年3月9日

適用対象: SharePoint Foundation 2010

この記事の内容
属性
子要素
親要素
出現回数

クライアント コンピュータに 2007 Microsoft Office system がインストールされていないときに、要求の処理を直接 URL に要求するために、HtmlTransInfo.xml ファイル (\Program Files\Common Files\Microsoft Shared\web server extensions\12TEMPLATE\XML) 内で使用します。

<Mapping
  AcceptHeader = "Text"
  Extension = "Text"
  HandlerUrl = "Text"
  ProgId = "Text">
</Mapping>

属性

属性

説明

AcceptHeader

オプションの Text。ドキュメント ライブラリ内のファイルを開くために使用するアプリケーションを指定します。HTML 表示が有効な場合、Microsoft SharePoint Foundation では、この属性の値と、要求の Accept-Header HTTP ヘッダーを比較して、指定されたアプリケーションから本来の形式でドキュメントを開くか、ドキュメントを HTML に変換します。詳細については、「Microsoft.HtmlTrans 名前空間を使用したプログラミング」を参照してください。

Extension

オプションの Text。ドキュメントの種類に対応するファイル名拡張子を指定します。

HandlerUrl

オプションの Text。クライアント コンピュータに Microsoft Office system がインストールされていなときに、要求を処理するためにサーバーで使用されるコンバータ プログラムの URL を指定します。

ProgId

オプションの Text。この種類のドキュメントを開くために使用される ActiveX コントロールの名前を指定します。

子要素

なし

親要素

HtmlTrInfo

出現回数

最小 : 0

最大 : 制約なし