Field 要素 (リスト)

最終更新日: 2015年3月9日

適用対象: SharePoint Foundation 2010

この記事の内容
属性
子要素
親要素
出現回数

SharePoint Web サイトのリスト インフラストラクチャで使用される内部データ型を定義します。フィールドは、ユーザーがリストに追加できる列、つまり情報の属性です。

<Field
  Aggregation = "sum" | "count" | "average" | "min" | "max" | "merge" | "plaintext" | "first" | "last"
  AllowDeletion = "TRUE" | "FALSE"
  AllowHyperlink = "TRUE" | "FALSE"
  AllowMultiVote = "TRUE" | "FALSE"
  AppendOnly = "TRUE" | "FALSE"
  AuthoringInfo = "Text"
  BaseType = "Integer" | "Text"
  CalType = "Integer"
  CanToggleHidden = "TRUE" | "FALSE"
  ClassInfo = "Text"
  ColName = "Text"  ColName2 = "Text"
  Commas = "TRUE" | "FALSE"  Customization = "Text"
  Decimals = "Integer"
  Description = "Text"
  Dir = "Text"  Direction = "Text"
  DisplaceOnUpgrade = "TRUE" | "FALSE"
  DisplayImage = "Text"
  DisplayName = "Text"
  DisplayNameSrcField = "Text"  DisplaySize = "Integer"
  Div = "Number"
  EnableLookup = "TRUE" | "FALSE"  EnforceUniqueValues = "TRUE" | "FALSE"
  ExceptionImage = "Text"
  FieldRef = "Text"
  FillInChoice = "TRUE" | "FALSE"
  Filterable = "TRUE" | "FALSE"
  FilterableNoRecurrence = "TRUE" | "FALSE"
  ForcedDisplay = "Text"  ForcePromoteDemote = "TRUE" | "FALSE"
  Format = "Text"
  FromBaseType = "TRUE" | "FALSE"
  Group = "Text"
  HeaderImage = "Text"
  Height = "Integer"
  Hidden = "TRUE" | "FALSE"
  HTMLEncode = "TRUE" | "FALSE"
  ID = "Text"  Id = "Text"
  IMEMode = "inactive"
  Indexed = "TRUE" | "FALSE"
  IsolateStyles = "TRUE" | "FALSE"  IsRelationship = "TRUE" | "FALSE"
  JoinColName = "Text"
  JoinRowOrdinal = "Integer"
  JoinType = "INNER" | "LEFT OUTER" | "RIGHT OUTER"
  LCID = "Integer"  LinkToItem = "TRUE" | "FALSE"  LinkToItemAllowed = "Text"
  List = "Text"  ListItemMenu = "TRUE" | "FALSE"  ListItemMenuAllowed = "Text
  Max = "Number"
  MaxLength = "Integer"
  Min = "Number" 
  Mult = "TRUE" | "FALSE"
  Name = "Text"
  NegativeFormat = "MinusSign" | "Parens"
  Node = "Text"
  NoEditFormBreak = "TRUE" | "FALSE"
  NumLines = "Integer"
  Percentage = "TRUE" | "FALSE"
  PIAttribute = "Text"
  PITarget = "Text"
  PrependId = "TRUE" | "FALSE"
  Presence = "TRUE" | "FALSE"
  PrimaryKey = "TRUE" | "FALSE"
  PrimaryPIAttribute = "Text"
  PrimaryPITarget = "Text"
  ReadOnly = "TRUE" | "FALSE"
  ReadOnlyEnforced = "TRUE" | "FALSE"  RelationshipDeleteBehavior = "Text"
  RenderXMLUsingPattern = "TRUE" | "FALSE"
  Required = "TRUE" | "FALSE"
  RestrictedMode = "TRUE" | "FALSE"
  ResultType = "Text"
  RichText = "TRUE" | "FALSE"
  RichTextMode = "Text"
  RowOrdinal = "Integer"
  Sealed = "TRUE" | "FALSE"
  SeparateLine = "TRUE" | "FALSE"
  SetAs = "Text"
  ShowAddressBookButton = "TRUE" | "FALSE"  ShowAlways = "TRUE" | "FALSE"
  ShowField = "Text" | "Choice" | "Counter"
  ShowInDisplayForm = "TRUE" | "FALSE"
  ShowInEditForm = "TRUE" | "FALSE"
  ShowInFileDlg = "TRUE" | "FALSE"
  ShowInListSettings = "TRUE" | "FALSE"
  ShowInNewForm = "TRUE" | "FALSE"
  ShowInVersionHistory = "TRUE" | "FALSE"
  ShowInViewForms = "TRUE" | "FALSE"
  Sortable = "TRUE" | "FALSE"
  SourceID = "Text"
  StaticName = "Text"
  StorageTZ = "UTC" | "Abstract"
  StripWS = "TRUE" | "FALSE"
  SuppressNameDisplay = "TRUE" | "FALSE"
  TextOnly = "TRUE" | "FALSE"
  Title = "Text" 
  Type = "Data_Type"
  UniqueId = "Text"
  UnlimitedLengthInDocumentLibrary = "TRUE" | "FALSE"
  URLEncode = "TRUE" | "FALSE"
  URLEncodeAsUrl = "TRUE" | "FALSE"
  UserSelectionMode = "Text"
  UserSelectionScope = "Integer"  Version = "Text"
  Viewable = "TRUE" | "FALSE"  WebId = "Text"
  Width = "Integer"
  WikiLinking = "TRUE" | "FALSE"
  XName = "Text">
</Field>

属性

属性

説明

Aggregation

オプションの Text。XPath 式によって返される値または要素のコレクションに適用する関数を指定するために、XML フォームの集計フィールドで使用されます。Node 属性を使用して、値のコレクションを返す XPath 式を指定する場合は、返された値セットに対するアクションを指定する Aggregation 属性も含めることができます。このアクションには、集計関数またはコレクション内の特定の要素の表示を指定できます。

以下のいずれかの値を使用できます。

  • sum   値を追加します。

  • count   値の個数をカウントします。

  • average   値の平均を見つけます。

  • min   最小値を見つけます。

  • max   最大値を見つけます。

  • merge   値を結合します。

  • plaintext   ノードのテキストの内容を書式なしテキストに変換します。

  • first   コレクション内の最初の要素にプロパティの昇格および降格を適用します。

  • last   コレクション内の最後の要素にプロパティの昇格および降格を適用します。

Node、PIAttribute、PITarget、PrimaryPIAttribute、および PrimaryPITarget 属性を使用して、XML ドキュメントでプロパティを昇格および降格する方法の詳細については、「コンテンツ タイプを使用して XML ドキュメントのプロパティを指定する」を参照してください。

AllowDeletion

オプションの Boolean。フィールドを削除できる場合は TRUE。

AllowHyperlink

オプションの Boolean。フィールド内でハイパーリンクを使用できる場合は TRUE。

AllowMultiVote

オプションの Boolean。アンケートで複数の回答を許可する場合は TRUE。

AppendOnly

オプションの Boolean。リストでバージョン管理が有効になっているときに、Note フィールドの既存のテキストにテキストを追加できるだけである場合は TRUE。

AuthoringInfo

オプションの Text。フィールドとその目的を識別するためにフィールド編集ページに表示される説明の文字列。たとえば、LinkTitle フィールドには "(アイテムへのリンク)" という作成情報が表示されます。この属性は、通常、同じ名前で目的の異なるフィールドが存在する場合に使用されます。

BaseType

オプション。BaseType 属性を Integer に設定すると値は整数として保存され、Text (既定) に設定すると値はテキストとして保存されます。基本データ型が整数型の選択フィールドは作成できません。

CalType

オプションの Integer。カレンダーの種類を指定します。指定できる値は次のとおりです。

  • 16   サカ暦

  • 15   旧暦 (中国語)

  • 14   旧暦 (韓国語および日本語)

  • 12   グレゴリオ暦 (フランス語音訳)

  • 11   グレゴリオ暦 (英語音訳)

  • 10   グレゴリオ暦 (アラビア語)

  • 9   グレゴリオ暦 (中東フランス語)

  • 8   ヘブライ (太陰暦)

  • 7   タイ暦

  • 6   イスラム暦 (アラビア語太陰暦)

  • 5   檀君暦

  • 4   台湾暦

  • 3   和暦。

  • 1   グレゴリオ暦

  • 0   種類を指定しない

CanToggleHidden

オプションの Boolean。フィールドをユーザー インターフェイスで非表示にすることができる場合は TRUE。

ClassInfo

オプションの Text。標準のテーブル ビューのフィールドで使用するカスケード スタイル シート (CSS) クラスを指定します。設定した場合、標準の ms-vb2 クラスの代わりに指定したクラスが使用されます。

ColName

オプションの Text。フィールドとこのフィールドの物理ストレージ名のマッピングを定義する内部属性。この属性は基になるデータベース内の有効な名前である必要があり、データベース テーブルで使用されている名前と同じである必要があります。指定しなかった場合、サーバーは、既存の列名と競合せず、Microsoft SQL Server で許容される文字のみを含む列名を生成します。

ColName2

オプションの Text。

Commas

オプションの Boolean。カンマが千の位の区切りとして使用される場合は TRUE。

Customization

オプションの Text。

Decimals

オプションの Integer。表示する小数点以下の桁数を指定します。表示される値は表示桁数に切り上げられます。たとえば、小数点以下 1 桁に切り上げる場合、1.05 は 1.1 と表示されます。

Description

オプションの Text。フィールドの説明が指定されている場合に、リストの編集フォームに表示される説明を提供します。既定では、Microsoft SharePoint Foundation のフィールドには説明はありません。

Dir

オプションの Text。双方向読み取り順序をサポートするフィードについてテキストの方向を指定します。LTR (左から右)、RTL (右から左)、none のどちらかの値を使用できます。

Direction

オプションの Text。

DisplaceOnUpgrade

オプションの Boolean。フィールドのフィールド定義が既に存在する場合、そのフィールド定義で指定されている値でフィールドのプロパティを強制的に更新するには、TRUE に設定します。

DisplayImage

オプションの Text。列に表示されるアイコンの名前を指定します。

DisplayName

オプションの Text。フィールドの表示名。テキストのサイズや空白文字の使用に制限はありません。表示名はユーザーが編集でき、フィールドを作成した後でも変更できます。この名前は、フィールドをテーブル ビューで表示したときには列の見出しとして使用され、フィールドをフォームで表示したときにはフォーム ラベルとして使用されます。<FieldName/> タグは、表示名が指定されている場合は表示名を返します。指定されていない場合、既定では Name 属性を返します。

DisplayNameSrcField

オプションの Text。一般的に、別のフィールドと同じ名前である必要がある計算フィールドで使用されます。ソース フィールドが変更され、表示名がユーザーによって変更された場合、このフィールドの表示名も変更されます。この文字列は、他のフィールドの名前を参照します。

DisplaySize

オプションの Integer。

Div

オプションの Number。数値を表示する前に除算で使用される倍率。表示数値は N * Mult / Div です (Decimals で指定された桁数に切り上げられます)。

EnableLookup

オプションの Boolean。フィールドで参照値を有効にする場合は TRUE。

EnforceUniqueValues

オプションの Boolean。

ExceptionImage

オプションの Text。例外に使用するイメージ ファイルの名前を指定するために、Recurrence フィールド型で使用されます。

FieldRef

オプションの Text。参照フィールドなど、このフィールドが参照する別のフィールドの名前を指定します。

FillInChoice

オプションの Boolean。フィールドでユーザーが列の値を入力することが許可されている場合は TRUE。

Filterable

オプションの Boolean。フィールドをフィルタ処理できる場合は TRUE。

FilterableNoRecurrence

オプションの Boolean。定期的なイベントを展開しないビューでフィールドに対してフィルタを作成できる場合は TRUE。Filterable が TRUE である場合は、FilterableNoRecurrence の設定に関係なく、すべてのビューでフィールドをフィルタ処理することができます。

ForcedDisplay

オプションの Text。実際のフィールド値の代わりに表示するテキストを指定します。この属性は、アンケートでユーザー名が表示されることを防止するために使用されます。

ForcePromoteDemote

オプションの Boolean。

Format

オプションの Text。数値について使用する表示形式を指定します。

日付/時刻フィールドの場合は、以下の値を指定できます。

  • DateOnly   日付部分のみを表示し、日付部分のみの編集を許可します。編集した値はすべて時刻部分が午前 12 時に設定されます。

  • DateTime   日付と時刻の両方を表示および編集します (既定値)。

  • ISO8601   ISO8601 時刻形式の日付と時刻を、協定世界時 (UTC) の形式 YYYY-MM-DDTHH:MM:SSZ に変換して表示します。この形式は 2007 Microsoft Office system のドキュメント プロパティで使用され、SharePoint Foundation の New フォームおよび Edit フォームとサーバーとの間の標準交換形式としても使用されます。

  • ISO8601Basic   省略した形の 8601 日付/時刻形式 YYYYMMDDTHHMMSSZ を使用します。これは、vCard/iCal で使用される形式です。

選択肢フィールドの場合、この属性は、ドロップダウン選択項目を通じて編集オプションを提供する Dropdown (既定値)、またはラジオ ボタンのグループを通じてオプションを提供する RadioButtons に設定できます。

URL フィールドの場合、この属性は、URL を通常の <A> タグとして表示する Hyperlink (既定値)、または URL を <IMG SRC="URL" ALT="Description"> として表示する Image に設定できます。

FromBaseType

オプションの Boolean。この属性は使用されなくなりました。代わりに Sealed 属性を使用してください。

Group

オプションの Text。フィールドが属する列グループを指定します。

HeaderImage

オプションの Text。フィールドのヘッダーとして使用する画像ファイルの名前を指定します。

Height

オプションの Integer。ユーザー情報リストのユーザー用に表示されるイメージの高さをピクセル単位で指定します。

Hidden

オプションの Boolean。TRUE の場合、フィールドはユーザー インターフェイスにまったく表示されません。ReadOnly を TRUE に設定した場合は、フィールドは新規作成フォームや編集フォームに表示されませんが、ビューには含めることができます。

HTMLEncode

オプションの Boolean。埋め込まれた文字がブラウザでテキストとして表示されるように変換する場合は TRUE。HTML タグと混同される可能性がある文字はエンティティに変換されます。

ID

オプションの Text。中かっこ ({}) で囲まれたフィールドの GUID を指定します。

Id

オプションの Text。

IMEMode

オプションの Text。フィールドに対して使用する入力システム (IME) のモード バイアスを指定します。IME を使用すると、ある文章入力システムで使用する文字数が特定のキーボードでエンコードできる文字数よりも多い場合に、言語に応じてキーストロークを変換することができます。

以下のいずれかの値を使用できます。

  • auto   未使用。この IME モードを指定するには、IMEMode プロパティの値を空の文字列 ("") に設定します。

  • active   すべての文字は IME を通じて入力されますが、ユーザーは IME を非アクティブにすることができます。

  • inactive   文字は IME を使用せずに入力されますが、ユーザーは IME をアクティブにすることができます。

Indexed

オプションの Boolean。ビューのフィルタで使用するために、列にインデックスを付ける場合は TRUE。

IsolateStyles

オプションの Boolean。RichText 属性が TRUE であり、RichTextMode 属性が FullHtml である Text フィールドの場合、この属性は、フィールドが含まれているページのレンダリングの妨げとならないように、サーバーがフィールドの HTML を書き換えることを指定します。

IsRelationship

オプションの Boolean。値の検索先であるリストからフィールドが探索可能の場合は TRUE。

JoinColName

オプションの Text。この属性は、参照フィールドについてのみ定義されます。ColName によく似ていますが、この属性は、ローカル リストと外部リストとの SQL JOIN で使用される列の名前を示す点が異なります。通常、この値をカスタマイズしないでください。現在は、特定の組み込みおよび基本データ型フィールドのフィールド スキーマで、UrlID 列に結合される URLs (DocMd) テーブルへの参照を示すためにのみ使用されます。

JoinRowOrdinal

オプションの Integer。コードから直接使用することは想定されていません。

JoinType

オプションの Text。フィールドに対して使用される JOIN の種類を指定します。INNER、LEFTOUTER、RIGHTOUTER のいずれかの値を使用できます。

LCID

オプションの Integer。LCID 属性を使用して、通貨形式を使用する国/地域を指定します。たとえば、米国の場合は 1033 です。

ユーロ記号の形式には 2 つの特殊なケースがあります。LCID = -1 (0xFFFFFFF) である場合、ユーロ記号は数値のプレフィックスとして追加されます。LCID = -2 (0xFFFFFFE) である場合、ユーロ記号は数値のサフィックスとして追加されます。小数点以下の桁数は 2 ですが、これはフィールドの Decimals 属性によって無効にされます。ユーロ通貨記号は UCS-2 では 0x20AC です。

LinkToItem

オプションの Boolean。

LinkToItemAllowed

オプションの Text。

List

オプションの Text。リストの内部名を指定します。

ListItemMenu

オプションの Boolean。

ListItemMenuAllowed

オプションの Text。

Max

オプションの Number。フィールドで許容される最大値を指定します。

MaxLength

オプションの Integer。フィールド値で許可されている、最大文字数を指定します。この値はクライアント側で検証され、編集フォームはこの値に合わせて調整されます。ユーザーが MaxLength で設定された文字数を超えて入力しようとすると、エラー メッセージが表示されます。

Min

オプションの Number。フィールドで許容される最小値を指定します。

Mult

オプションの Boolean。数値を表示する前に乗算で使用される倍率。

Name

必須の Text。フィールドの名前。これはフィールドの内部名であり、フィールド定義が有効である間は変更されないことが保証されています。リスト内の一連のフィールドで一意である必要があります。この名前は、ユーザー定義のフィールド名に基づいて自動的に生成されます。

NegativeFormat

オプションの Text。負の値を示す方法を指定します。以下のいずれかの値に設定できます。

  • MinusSign   負符号をプレフィックスとして使用します。

  • Parens   かっこで囲みます。

Node

オプションの Text。XML フォームで使用された場合、この属性は処理命令 (PI) リンクを除くすべてのフィールドで必須であり、昇格されるノードの XPath 式を指定します。

NoEditFormBreak

オプションの Boolean。アイテム作成フォームやアイテム編集フォームのフィールド間に改行が追加されないようにする場合は TRUE。リッチ テキスト フィールドなどの一部のフィールド型では既定で間隔が追加され、この属性によって余分な間隔を制御できます。

NumLines

オプションの Integer。編集中に TEXTAREA ブロックに行数を表示することを推奨します。これはクライアント UI のヒントであり、編集できるテキストの行数に制限は適用されません。

Percentage

オプションの Boolean。値をパーセント値として表示する場合、つまり数値を 100 倍してパーセント記号 (%) を追加して表示する場合は TRUE。

PIAttribute

オプションの Text。PITarget 属性で指定されたドキュメント処理命令で列の値として使用する属性を指定します。XML ドキュメントでのプロパティの昇格および降格のために使用されます。PIAttribute 属性を指定する場合、PITarget 属性も指定する必要があります。

NodeNodePIAttributePIAttributePITargetPITargetPrimary PIAttributePrimary PIAttributePrimaryPITargetPrimaryPITargetコンテンツ タイプを使用して XML ドキュメントのプロパティを指定するコンテンツ タイプを使用して XML ドキュメントのプロパティを指定する

PITarget

オプションの Text。列の値をこのコンテンツ タイプのドキュメントに格納するドキュメント処理命令を指定します。XML ドキュメントでのプロパティの昇格および降格のために使用されます。PIAttribute 属性を指定する場合、PITarget 属性も指定する必要があります。

NodeNodePIAttributePIAttributePITargetPITargetPrimary PIAttributePrimary PIAttributePrimaryPITargetPrimaryPITargetコンテンツ タイプを使用して XML ドキュメントのプロパティを指定するコンテンツ タイプを使用して XML ドキュメントのプロパティを指定する

PrependId

オプションの Boolean。[案件管理] リストで使用されます。関連する案件アイテムのコレクション ID をアイテムの編集フォームと新規作成フォームに表示する場合は TRUE。

Presence

オプションの Boolean。フィールドのユーザー情報が存在する場合は TRUE。

PrimaryKey

オプションの Boolean。フィールドがリストと別のリストとのリレーションシップの主キーである場合は TRUE。

PrimaryPIAttribute

オプションの Text。XML ドキュメントでのプロパティの昇格および降格のために使用されます。PrimaryPITarget 属性で指定されたドキュメント処理命令で列の値として使用する代替属性を指定します。PrimaryPIAttribute 属性を指定する場合、PrimaryPITarget 属性も指定する必要があります。これらの属性を指定した場合、SharePoint Foundation では、PITarget 属性と PIAttribute 属性で指定された値より前にこれらの値が使用されます。

NodeNodePIAttributePIAttributePITargetPITargetPrimary PIAttributePrimary PIAttributePrimaryPITargetPrimaryPITargetコンテンツ タイプを使用して XML ドキュメントのプロパティを指定するコンテンツ タイプを使用して XML ドキュメントのプロパティを指定する

PrimaryPITarget

オプションの Text。列の値をこのコンテンツ タイプのドキュメントに格納する代替のドキュメント処理命令を指定します。PrimaryPIAttribute 属性を指定する場合、PrimaryPITarget 属性も指定する必要があります。これらの属性を指定した場合、SharePoint Foundation では、PITarget 属性と PIAttribute 属性で指定された値より前にこれらの値が使用されます。

NodeNodePIAttributePIAttributePITargetPITargetPrimary PIAttributePrimary PIAttributePrimaryPITargetPrimaryPITargetコンテンツ タイプを使用して XML ドキュメントのプロパティを指定するコンテンツ タイプを使用して XML ドキュメントのプロパティを指定する

ReadOnly

オプションの Boolean。TRUE の場合は、フィールドは新規作成フォームや編集フォームに表示されませんが、ビューには含めることができます。さらに、ReadOnly を TRUE に設定すると、フィールドはサイト列とコンテンツ タイプを管理する [サイトの設定] ページで非表示になります。Hidden 属性を TRUE に設定すると、フィールドは UI で完全に非表示になります。この属性を含めない場合、SharePoint Foundation は、この属性が False に設定されている場合と同様に列を処理します。

ReadOnlyEnforced

オプションの Boolean。ユーザーはフィールドの値を一切変更できず、システムだけが値を変更できることを指定する場合は TRUE。

RelationshipDeleteBehavior

オプションの Text。フィールドの削除動作を指定します。Cascade、Restrict、None のいずれかの値を使用できます。

RenderXMLUsingPattern

オプションの Boolean。表示形式を指定するために計算フィールドで使用されます。TRUE の場合、値は、計算フィールドの基になる最初の非計算フィールドの参照の列値ではなく、計算フィールドの表示パターンに基づいてレンダリングされます。たとえば、画像ライブラリで、画像サイズ列が幅 x 高さで表される場合、この属性が TRUE に設定されていない場合は、最初のフィールド参照である幅だけが表示されます。TRUE に設定されている場合は、幅 x 高さの形式で表示されます。

Required

オプションの Boolean。TRUE の場合、フィールドに空の値を割り当てることはできません。フォームのポスト時に空でないフィールド値を指定しなかった場合、標準の必須フィールド用テキストか、または <ErrorText> タグで明示的に指定されたメッセージのいずれかがエラー フォームに表示されます。この検証はクライアントによってのみ処理されます。データベースは常に、すべてのユーザー定義フィールドについて NULL を受け付けます。

RestrictedMode

オプションの Boolean。Note フィールドで拡張リッチ テキスト形式 (画像、表、ハイパーリンクなど) を使用できないようにし、書式設定されたテキストをこのフィールドに貼り付けることもできないようにする場合は TRUE。

ResultType

オプションの Text。フィールドから返される値のデータ型を指定します。

RichText

オプションの Boolean。フィールドがリッチ テキスト書式を表示する場合は TRUE。

RowOrdinal

オプションの Integer。フィールドにデータベースの場所を指定します。

Sealed

オプションの Boolean。Schema.xml ファイルで、リストのフィールドについてこの属性を TRUE に設定すると、Change Column ページでフィールドが移動できないフィールドとしてマークされます。

SeparateLine

オプションの Boolean。個別の行でのフィールドのレンダリング (たとえば、Notes または Comment) をサポートするために内部で使用されます。この属性は、一般的に使用することを目的としていません。

SetAs

コードから直接使用することは想定されていません。

ShowAddressBookButton

コードから直接使用することは想定されていません。

ShowAlways

オプションの Boolean。

ShowField

オプション。ShowField 属性は、表示するフィールド名に設定できます。既定では、外部リストに含まれるレコードの Title フィールドのハイパーリンク テキストが表示されます。ただし、ShowField 属性を使用してこの動作を無効にし、外部リストの別のフィールドを表示できます。ShowField 属性のターゲットとして使用できるデータ型は、Text、Choice、および Counter です。Lookup フィールドの場合、このパラメータをフィールドの内部名に設定する必要があります。表示名に設定すると、エラーは発生しませんがフィールドが破損します。

ShowInDisplayForm

オプションの Boolean。フォームにアイテムを表示するためのフィールドを表示する場合は TRUE。

ShowInEditForm

オプションの Boolean。フォームにアイテムを編集するためのフィールドを表示する場合は TRUE。

ShowInFileDlg

オプションの Boolean。この属性は、ドキュメント ライブラリ スキーマ内のフィールドについてのみ有効です。FALSE の場合、クライアント アプリケーションから保存するときに表示されるフォームを保存するためのプロパティ ダイアログ ボックスに、このフィールドは表示されません。たとえば、Title フィールドは、ドキュメント ライブラリに保存されるドキュメント内で直接設定されるので、この属性があります。

ShowInListSettings

オプションの Boolean。リストの設定をカスタマイズするためのページに列を表示する場合は TRUE。

ShowInNewForm

オプションの Boolean。FALSE の場合、表示モードが New に設定されているときは、フィールドが Fields 列挙に表示されません。この設定のフィールドは、リストの既定の [新しいアイテム] ページに表示されません。この属性は、特に、ドキュメントをドキュメント ライブラリにアップロードするためのページでフィールドを非表示にするために使用されます。

ShowInVersionHistory

オプションの Boolean。リスト アイテムのバージョンを表示するためのページに列を表示する場合は TRUE。

ShowInViewForms

オプションの Boolean。リスト データの表示に使用されるページにフィールドを表示することを指定する場合は TRUE。

Sortable

オプションの Boolean。フィールドの値を並べ替えることができる場合は TRUE。

SourceID

オプションの Text。フィールドを定義する名前空間 (http://schemas.microsoft.com/sharepoint/v3 など)、またはカスタム フィールドが作成されたリストの GUID を格納します。

StaticName

オプションの Text。フィールドの内部名を格納します。

StorageTZ

日時の値を格納する方法を指定します。StorageTZ が UTC に設定されている場合、日時の値は協定世界時 (UTC) として処理されます。日時の値が "抽象的な" 時刻を参照することを示すには、StorageTZ 属性を省略します。抽象的な時刻とは、日時の値がユーザーが入力したとおりにデータベースに格納され、ローカル タイム ゾーンが変換または格納されないことを意味します。

StripWS

オプションの Boolean。フィールド値の先頭または末尾から空白が削除される場合は TRUE。

SuppressNameDisplay

オプションの Boolean。User フィールドにユーザーの名前を表示する場合は TRUE。

TextOnly

オプションの Boolean。TRUE の場合、フィールドには Text 値のみを格納できます。

Title

オプションの Text。ユーザー インターフェイスに表示されるフィールドのタイトルを格納します。

Type

必須の Text。フィールドのデータ型 (Field 要素が ProjectedFields の子ではない場合)。

注意

Microsoft SharePoint Foundation 2010 のテクノロジ プレビュー リリースでは、ProjectedFields の子である場合、Type 属性は異なる意味を持ち、1 つの値 ("Lookup") のみを持ちます。Type のこの使用法の詳細については、「ProjectedFields 要素 (ビュー)」を参照してください。

SharePoint Foundation には、既定で以下のデータ型が含まれます。

  • AllDayEvent   終日イベントを指定します。bit SQL データ型に相当します。

  • Attachments   添付ファイルの URL を格納します。bit SQL データ型に相当します。

  • Boolean   TRUE/FALSE 値を格納するために使用されます (データベースには 0 または 1 として格納されます)。このフィールドは、並べ替えおよびグループ化を行うことができます。bit SQL データ型に相当し、SPFieldBoolean クラスによって表されます。

  • Calculated   他の列に基づいて値が計算されるフィールドを指定します。sql_variant SQL データ型に相当し、SPFieldCalculated クラスによって表されます。

  • Choice   フィールドにデータを入力するときに使用できる定義済みの値セットをユーザーが指定できるようにします。Choice 型と Lookup 型は、並べ替えおよびグループ化で最も重要なフィールドの型です。選択肢フィールドでは、BaseType 属性と Format 属性を使用できます。このフィールドは、並べ替えおよびグループ化を行うことができます。選択オプションの値を指定すると、その値がフィールドの送信される選択値として使用されます。値を指定しない場合は、その選択肢が選択肢のテキスト値として送信されます。いずれの場合も、選択肢のテキスト値が UI に表示されます (ドロップダウン リストやラジオ ボタンのテキスト)。編集用の UI に選択肢が表示される順序は、常に、CHOICES 要素内でアイテムを指定した順序です。チェック ボックスを実装し、ユーザーが複数の値を選択できるようにする Choice フィールドを指定するには、MultiChoice 型を使用します。nvarchar SQL データ型に相当し、SPFieldChoice クラスによって表されます。

  • Computed   内容が別のフィールドに依存するフィールドを指定します。たとえば、LinkTitleNoMenu フィールドは、Title フィールドの値をハイパーリンクで囲むことを意味します。SPFieldComputed クラスによって表されます。

  • ContentTypeId   コンテンツ タイプの ID を格納します。コンテンツ タイプの ID の形式については、「コンテンツ タイプ ID」を参照してください。varbinary SQL データ型に相当します。

  • Counter   通常、内部 ID フィールドにのみ使用されます。この整数値は、現在のリスト内のすべてのアイテムで一意になるように自動的に設定されます。Counter 型は常に読み取り専用であり、フォーム ポストを通じて設定することはできません。このフィールドは並べ替えはできますが、グループ化することはできません。int SQL データ型に相当します。

  • CrossProjectLink   SharePoint リスト内のイベントを会議ワークスペース サイトに接続するために使用されます。アイテムの新規作成フォームと編集フォームで使用されるチェック ボックスのフィールド型を参照して、アイテムの会議ワークスペース サイトを作成します。bit SQL データ型に相当し、SPFieldCrossProjectLink クラスによって表されます。

  • Currency   通貨の値を入力できるようにします。各通貨フィールドは、特定のロケールの通貨に関連付けられます。他のすべての面では、Number フィールド型と同様に処理されます。特定のロケールの通貨を指定するには、LCID 属性を使用します。通貨型では、Decimals、Max、Min の各属性を使用できます。このフィールドは、並べ替えおよびグループ化を行うことができます。float SQL データ型に相当し、SPFieldCurrency クラスによって表されます。

  • DateTime   完全修飾された日付または時刻を格納できるようにします。日付の形式を指定するには Format 属性を使用し、日付と時刻の値を格納する方法を指定するには StorageTZ 属性を使用します。このフィールドは、並べ替えおよびグループ化を行うことができます。表示モードでは、日付の形式の順序は地域の設定から継承されます ("M/D/Y" または "D/M/Y")。編集モード (または Default 要素の値の新規モード) では、日付と時刻はユニバーサル形式 M/D/Y hh:mm am/pm でレンダリングされます。datetime SQL データ型に相当し、SPFieldDateTime クラスによって表されます。

  • File   ファイルを格納します。uniqueidentifier SQL データ型に相当します。

  • GridChoice   アンケートの段階評価を格納します。ntext SQL データ型に相当し、SPFieldRatingScale クラスによって表されます。

  • Guid   グローバル一意識別子 (GUID) を使用できます。uniqueidentifier SQL データ型に相当します。

  • Integer   正または負の整数値を使用できます。Commas 属性と NegativeFormat 属性を使用して、整数の表示形式を指定します。int SQL データ型に相当します。

  • Lookup   Choice フィールドとほぼ同様に動作しますが、選択できるオプションを、ハードコーディングされた値の選択肢ではなく、別のリストから取得する点が異なります。Lookup フィールドでは、List 属性と ShowField 属性を使用できます。このフィールドは、並べ替えおよびグループ化を行うことができます。並べ替えとグループ化では、リストに格納されている外部キーではなく、DisplayField 値 (既定では Title) を使用します。int SQL データ型に相当し、SPFieldLookup クラスによって表されます。

  • LookupMulti   複数の値を指定できる Lookup フィールド。親データ型は Lookup です。

  • ModStat   コンテンツの承認の状態を格納します。指定できる値は、Approved (既定値)、Rejected、および Pending です (データベースには、それぞれ 0、1、2 として格納されます)。int SQL データ型に相当します。

  • MultiChoice   チェック ボックスを実装し、ユーザーが複数の値を選択できるようにする Choice フィールドを指定します。ntext SQL データ型に相当し、SPFieldMultiChoice クラスによって表されます。

  • MultiColumn   複数の値を格納しているフィールドを列挙する Note フィールド。複数列のフィールド型の例については、「[方法] ユーザー設定フィールド型の定義を作成する」を参照してください。複数列フィールドについては、「ユーザー設定の複数列フィールド クラス」を参照してください。親データ型は Note です。

  • Note   ユーザーが複数行のテキストを入力できるようにします。このフィールドは、並べ替えもグループ化もできません。すべてのテキストは、HTML マークアップを含まない標準の ASCII 文字として定義されます。HTML マークアップや URL のように見えるものはすべて、標準テキストに見えるように引用符で囲まれます (たとえば、Server.HTMLEncode)。この形式を編集するためのコントロールは、単純な TEXTAREA ブロックです。表示する行数を指定するには、NumLines 属性を使用します。ntext SQL データ型に相当し、SPFieldMultiLineText クラスによって表されます。

  • Number   浮動小数点数を入力できるようにします。このフィールドは、並べ替えおよびグループ化を行うことができます。入力された数値は、現在のロケールでの小数点と千の位の区切り文字の設定に従って解析されます。負の数値を示すには、数値をかっこで囲むか、負符号を使用します。数値の表示形式を指定するために Number 属性と組み合わせて使用できる属性には、Decimals、Div、Max、Min、Mult、および Percentage があります。

    float SQL データ型に相当し、SPFieldNumber クラスで表されます。

  • PageSeparator   アンケート リストに改ページを挿入します。SPFieldPageSeparator クラスによって表されます。

  • Recurrence   イベント リスト内のアイテムの繰り返しパターンを編集および定義するために使用されます。bit SQL データ型に相当します。

  • Text   編集ボックスに入力された 1 行のテキスト。このフィールドは、並べ替えおよびグループ化を行うことができます。許容される最大文字数を設定するには、MaxLength 属性を使用します。nvarchar SQL データ型に相当し、SPFieldText クラスによって表されます。

  • ThreadIndex   会話スレッド内のメッセージの相対位置を示す ID を格納します。varbinary SQL データ型に相当します。

  • Threading   Threading フィールド型は、スレッド形式のディスカッションのようなビューを作成および表示するために使用されます。任意のリストにスレッド列を含めることができますが、スレッド列の使用時に特殊な UI が生成されます。フォーム内の標準の編集可能フィールドとしても、ビュー内の通常の列としても表示されません。スレッド フィールドで並べ替えを実行すると、親子関係にあるすべてのレコードを先行順でたどった結果が返されます。これは、特定のレコードのすべての親レコードの作成日と ID 番号を連結したものを保存することによって実現されます。varchar SQL データ型に相当します。

  • URL   自由形式のハイパーリンクを作成するために使用されます。URL フィールドは、<A HREF="URL">説明</A> と表示されます。説明を指定しない場合は、<A HREF="URL">URL</A> と表示されます。URL テキスト自体は、サーバー上の SharePoint データベースにすべての URL を格納する、URL (DocMd) テーブルに格納されます。これは、リンク先が移動したときにリンクを修正することによって、サーバー上でローカルであるすべての URL を更新できるようにするためです。URL フィールドを含むレコードが削除された場合、対応する参照先レコードも URL テーブルから削除されます。このフィールドは、並べ替えおよびグループ化を行うことができます (並べ替えは、URL の内容ではなく、テキストの説明に従って定義されます。説明が指定されていない場合は、空白の場合と同様に並べ替えが行われます)。Type が URL の場合、LinkType 属性を使用してリンクの型を指定できます。nvarchar SQL データ型に相当し、SPFieldUrl クラスによって表されます。

  • User   UserInfo データベース テーブルを参照する Lookup フィールド。int SQL データ型に相当し、SPFieldUser クラスによって表されます。

  • UserMulti   複数の値を指定できる User フィールド。親データ型は、LookupMulti です。

  • WorkflowEventType   SPWorkflowHistoryEventType 列挙体によって表されるワークフロー イベント型を指定します。親データ型は Integer です。

  • WorkflowStatus   SPWorkflowStatus 列挙体によって表されるワークフロー ステータスを指定します。nvarchar SQL データ型に相当します。

UniqueId

オプションの Text。コードから直接使用することは想定されていません。

UnlimitedLengthInDocumentLibrary

オプションの Boolean。ドキュメント ライブラリ内でフィールド長を無制限にする場合は TRUE。

URLEncode

オプションの Boolean。スペースなどの特殊文字を引用符付きの UTF-8 形式に変換するには、TRUE に設定します。たとえば、文字 ë は %c3%ab と表現されます。

URLEncodeAsURL

オプションの Boolean。URLEncode と似ていますが、TRUE を指定すると、エンコードされる文字列は URL のパス コンポーネントとして扱われ、スラッシュ ("/") はエンコードされません。

UserSelectionMode

オプションの Text。アイテム フォームのユーザー フィールドで、各ユーザーの名前だけを選択できるようにするか、各ユーザーとグループの両方の名前を選択できるようにするかを指定します。指定できる値は次のとおりです。

0 - 各ユーザーの名前だけを選択できます。

1 - 各ユーザーとグループの両方の名前を選択できます。

UserSelectionScope

オプションの Integer。アイテム フォームのユーザー フィールドでユーザー名を選択する際の範囲を指定します。値が 0 の場合、SharePoint グループに対する制限はありません。値が 0 以上の場合、ユーザーの選択は、指定した値と同じ ID を持つ SharePoint グループのメンバに制限されます。

Version

オプションの Text。

Viewable

オプションの Boolean。既定のビューにフィールドを追加することを指定する場合は TRUE。既定値は TRUE です。

WebId

オプションの Text。

Width

オプションの Integer。ユーザー情報リストのユーザー用に表示されるイメージの幅をピクセル単位で指定します。

WikiLinking

オプションの Boolean。二重角かっこ ([[…]]) で囲まれた形式で表示される Wiki リンクを、<a> タグを使用する HTML リンクに変換することを指定する場合は TRUE。

XName

オプションの Text。追加、削除、または変更されたフィールドを識別するために XML フォーム内部で使用されます。この属性は、一般的に使用することを目的としていません。

子要素

CHOICESCustomizationDefaultDefaultFormulaDisplayBidiPatternDisplayPatternFieldRefsFormulaFormulaDisplayNamesMAPPINGSValidation

親要素

FieldsProjectedFields

出現回数

最小 : 0

最大: 親が Fields の場合は制約なし。親が ProjectedFields の場合は、クエリする主リストで許可されているフィールドの最大数と、リスト内の既に存在するフィールド数の違いです。

コメント

SharePoint Foundation の既定のフィールド型に基づいて、リスト定義のユーザー設定フィールド定義を作成するには、Schema.xml ファイル内の Field (List - Definition) 要素を使用します。既定のフィールド型に基づいて、Web サイトおよびサイト コレクション内のリスト間で再利用できるプラグ可能なフィーチャーとしてユーザー設定フィールド定義を作成するには、Field (Field) 要素を使用してカスタムsite columnを作成します。特別なデータ入力規則とフィールド レンダリングを適用したカスタム クラスを実装するcustom field typeを作成するには、Field (Field Types) 要素を使用します。

フィールドは、ビュー定義から参照することも、要素をレンダリングする計算フィールドの式から参照することもできます。ビューでの表示用に書式設定されたフィールド値を返す場合は、Field 要素 (ビュー) を使用し、フィールドの生データ値を返す場合は、Column Element 要素 (ビュー) を使用します。フィールドを参照するための構文は、次のとおりです。

<Field Name="FieldName"/>

既定では、フィールドは、前のテーブルで指定されているフィールド定義の既定の属性を使用してレンダリングされます。すべてのフィールド属性は、CAML の FieldRef 属性のマークアップで無効にすることができます。この属性は、フィールド自体に指定されている定義を無効にします。フィールドの Type 属性は変更できません。

<Property Select="DisplayName"/> を使用して、ユーザー定義のフィールドの表示名を表示できます。

Fields 要素の列挙内では、Name 属性を省略できます。一部のフィールド参照では、<Column/> を使用して、フィールドに格納されている生データにアクセスできます。

フォームのフィールドや作成用 UI の特定の機能のフィールドのプロパティの中には、<Property Select="Description"/> or <Property Select="Type"/> のように、Property 要素を通じてレンダリングできるものがあります。これらの要素は、単にフィールド属性または子要素 (Property) の値を名前で取得します。

前に示した型に加えて、Field 要素と共に以下の定義済みフィールドが使用されます。

名前

説明

Created

アイテムが作成された時刻 (UTC) を示す DateTime 値を格納するフィールド。

CreatedBy

UserInfo テーブルを参照し、アイテムを作成したユーザーを示す Lookup 値を格納するフィールド。

Edit

アイテムを編集するためのフォームへのハイパーリンクを格納する計算フィールド (追加のスキーマなし)。このフィールドは、アイテムを編集するためのページと、アイテムを識別するための ID フィールドを参照します。

ID

各リスト内の各アイテムに関連付けられた Counter フィールド型。この ID は、編集時に URL や POST フォーム内のリスト アイテムを一意に識別します。Cmd=Save コマンドで ID 属性の値として New を指定すると、現在のアイテムを編集するのではなく、アイテムが作成されます。

Modified

アイテムが最後に変更された時刻 (UTC) を示す DateTime 値を格納するフィールド。Modified の値は、一種の Version フィールドとしても使用されます。アイテムの最終変更日は、既存のアイテムを編集するときに常にポストされます。この日付が現在の変更日と一致しない場合、サーバーは編集に失敗し、ユーザーにエラーを返します。このとき、サーバー上の現在の日付へのリンクが新しいウィンドウに表示されるので、ポストされた値を古いフォームから新しいフォームにコピーできます。

ModifiedBy

UserInfo テーブルを参照し、アイテムを最後に変更したユーザーを示す Lookup 値を格納するフィールド。

Title

各アイテムの汎用の表示名。リストによって表示名が異なっている場合でも、内部フィールド名は Title で同じです。このタイトルは、リストへの Lookup フィールドで表示される既定のテキストです。

LinkTitle

アイテムへのハイパーリンクを表示する計算フィールドで、タイトルのテキストを格納し、アイテムへの URL (および新しいアイコン参照) を生成します。このフィールド用の追加のストレージはありません。ID フィールドと Title フィールドに基づいて UI をレンダリングします。

注意

Fields 列挙で返されるフィールドは、表示モードの影響を受けます。Hidden 属性を使用してマークされているフィールドは返されません。ReadOnly 属性を使用してマークされているフィールドは、フォームがレンダリングされている場合 (Fields が ListForm 要素内から呼び出される場合) は返されません。ShowInNewForm 属性を使用してマークされているフィールドは、NEW または PREVIEWNEW 表示モードでは返されません。ShowInFileDlg 属性を使用してマークされているフィールドは、NewForm ダイアログ フォームをレンダリングするときには返されません。

次の例では、Field 要素を使用して、Area リストという名前のリストのオプションを指定します。

<Field Type="Choice" BaseType="Text" Name="Area">
  <CHOICES>
    <CHOICE>Views</CHOICE>
    <CHOICE>Site Design</CHOICE>
    <CHOICE>Layouts</CHOICE>
    <CHOICE>Schema Design</CHOICE>
    <CHOICE>Fields</CHOICE>
    <CHOICE>Forms</CHOICE>
    <CHOICE>Projects</CHOICE>
    <CHOICE>Inter-Team Issues</CHOICE>
    <CHOICE>Schedule</CHOICE>
    <CHOICE>Spec</CHOICE>
    <CHOICE>Headcount</CHOICE>
    <CHOICE>Misc</CHOICE>
  </CHOICES>
</Field>

関連項目

参照

Column Element 要素 (ビュー)

Column2 要素 (ビュー)

Field 要素 (フィールド)

Field 要素 (フィールド型)

Field 要素 (フィールド型のプロパティ スキーマ)

Field 要素 (DeploymentManifest - DeploymentFieldTemplate)

Field 要素 (DeploymentManifest - FieldDataCollection)

Field 要素 (DeploymentManifest - SPFieldCollection)

Field 要素 (ビュー)

Field 要素 (サイト)