URL 要素 (ビュー)

最終更新日: 2015年3月9日

適用対象: SharePoint Foundation 2010

この記事の内容
属性
子要素
親要素
出現回数

指定したリストを操作するフォームの URL をレンダリングします。

<URL
  Cmd = "Text"
  NoID = "TRUE" | "FALSE">
</URL>

属性

属性

説明

Cmd

オプションの Text。フォームに対して適切な表示モードを指定します。DisplayMode の値として、Display、DisplayHead、Edit、New、PreviewDisplay、PreviewEdit、PreviewNew のいずれかを指定します。さらに、LookUp と設定することもできます。これは、検索フィールドとして使う外部リストの表示フォームをレンダリングします。

NoID

オプションの Boolean 。TRUE ならば、アイテム ID を URL 中に含めない形になります。

子要素

なし

親要素

多数

出現回数

最小 : 0

最大 : 制約なし

コメント

この要素により置き換えられるリンクはエンコード済みの絶対 URL なので、URLEncodeAsURL 属性を使ってエンコードする必要はありません (「HTML レンダリング要素のグローバル属性」を参照)。

次の例では、お知らせリストに URL 要素を記述して、URL に置き換えられるようにしています。

  • <URL Cmd="EDIT"/> という記述は、"http://Server_Name/Site_Name/Lists/Announcements/EditForm.aspx" をレンダリングします。

  • <URL Cmd="NEW"/> という記述は、"http://Server_Name/Site_Name/Lists/Announcements/NewForm.aspx" をレンダリングします。

  • <URL Cmd="DISPLAY"/> という記述は、"http://Server_Name/Site_Name/Lists/Announcements/DispForm.aspx" をレンダリングします。

関連項目

参照

UrlBaseName 要素 (ビュー)

UrlDirName 要素 (ビュー)