Range プロパティ (Excel)

プロパティ

名前

説明

AddIndent

セル内の文字列の配置で縦または横位置を均等に割り付けるときに、文字列を自動的にインデントするかどうかを示すバリアント型 (Variant) の値を取得、または設定します。

Address

コード記述時の言語で参照範囲を表す文字列型 (String) の値を返します。

AddressLocal

指定された範囲でのユーザーの言語の範囲参照を返します。値の取得のみ可能です。文字列型 (String) の値を使用します。

AllowEdit

保護されたワークシートで指定された範囲が編集可能かどうかを表すブール型 (Boolean) の値を返します。

Application

オブジェクトを返すプロパティです。対象となるオブジェクトが指定されない場合は、Excel アプリケーション (Application オブジェクト) を返します。対象となるオブジェクトが指定された場合は、指定されたオブジェクトを作成した Application オブジェクトを返します。OLE オートメーションを使っていて、オブジェクトのアプリケーションにアクセスするときなどに、このプロパティを使います。値の取得のみ可能です。

Areas

複数の選択範囲のすべてのセル範囲を表す Areas コレクションを返します。値の取得のみ可能です。

Borders

スタイルまたはセル範囲 (条件付き書式の一部として定義された範囲を含む) の罫線を表す Borders コレクションを取得します。

Cells

指定した範囲のセルを表す Range オブジェクトを返します。

Characters

オブジェクト テキスト内の文字範囲を表す Characters オブジェクトを返します。Characters オブジェクトを使用して、テキスト文字列内の文字の書式を設定できます。

Column

指定されたセル範囲の最初の領域で、最初の列の番号を数値で返します。値の取得のみ可能です。長整数型 (Long) の値を使用します。

Columns

指定されたセル範囲の列を表す Range オブジェクトを返します。

ColumnWidth

指定された対象セル範囲内のすべての列の幅を設定します。値の取得および設定が可能です。バリアント型 (Variant) の値を使用します。

Comment

セル範囲の左上端に関連付けられているコメントを表す Comment オブジェクトを返します。

Count

コレクションに含まれるオブジェクトの数を表す長整数型 (Long) の値を返します。

CountLarge

コレクション内のオブジェクトの数を表す値を返します。値の取得のみ可能です。バリアント型 (Variant) の値を使用します。

Creator

指定されたオブジェクトを作成したアプリケーションを 32 ビットの整数値で返します。値の取得のみ可能です。長整数型 (Long) の値を使用します。

CurrentArray

オブジェクトを返すプロパティです。指定されたセルが配列の一部のとき、配列全体を表すセル範囲 (Range オブジェクト) を返します。値の取得のみ可能です。

CurrentRegion

アクティブ セル領域 (Range オブジェクト) を返します。アクティブ セル領域とは、空白行と空白列で囲まれたセル範囲です。値の取得のみ可能です。

Dependents

オブジェクトを返すプロパティです。対象となるセルを直接、または間接に参照している参照先 (すべてのレベル) のセル範囲 (Range オブジェクト) を返します。参照先のセル範囲が複数あるときは、複数選択範囲 (Range オブジェクトの集合) を返します。値の取得のみ可能です。Range オブジェクトを使用します。

DirectDependents

対象となるセルを直接参照している参照先 (1 レベルのみ) のすべてのセル範囲 (Range オブジェクト) を返します。参照先のセル範囲が複数あるときは、複数選択範囲 (Range オブジェクトの集合) を返します。値の取得のみ可能です。Range オブジェクトを使用します。

DirectPrecedents

Range オブジェクトを返すプロパティです。対象となるセルが直接参照している参照元 (1 レベルのみ) のすべてのセル範囲 (Range オブジェクト) を返します。複数のセル範囲の参照元があるときは、複数選択範囲 (Range オブジェクトの集合) を返します。値の取得のみ可能です。

DisplayFormat

指定した範囲の表示設定を表す DisplayFormat オブジェクトを返します。値の取得のみ可能です。

End

ソース範囲が含まれる領域の終端のセルを示す Range オブジェクトを返します。End + 方向キー (↑、↓、←、→のいずれか) に相当します。値の取得のみ可能です。Range オブジェクトを使用します。

EntireColumn

オブジェクトを返すプロパティです。指定されたセル範囲を含む 1 列または複数の列全体 (Range オブジェクト) を返します。値の取得のみ可能です。

EntireRow

オブジェクトを返すプロパティです。指定されたセル範囲を含む 1 行または複数の行全体 (Range オブジェクト) を返します。値の取得のみ可能です。

エラー

エラー チェックの各オプションの状態を取得することができます。

Font

指定されたオブジェクトに設定されているフォントを表す Font オブジェクトを返します。

FormatConditions

指定した範囲のすべての条件付き書式を表す FormatConditions コレクションを返します。値の取得のみ可能です。

Formula

オブジェクトの数式を、A1 参照形式で、マクロ言語で表すバリアント型 (Variant) の値を取得または設定します。

FormulaArray

対象セル範囲の配列数式を取得または設定します。1 つの数式または Visual Basic の配列を取得します (または設定できます)。指定したセル範囲に配列数式が含まれていないときは Null 値を返します。値の取得および設定が可能です。バリアント型 (Variant) の値を使用します。

FormulaHidden

ワークシートが保護されているときに、数式を非表示にするかどうかを示すバリアント型 (Variant) の値を取得または設定します。

FormulaLocal

指定されたオブジェクトの数式を A1 参照形式で、コード実行時の言語で取得または設定します。値の取得および設定が可能です。バリアント型 (Variant) の値を使用します。

FormulaR1C1

指定されたオブジェクトの数式を R1C1 参照形式で、コード記述時の言語で取得または設定します。値の取得および設定が可能です。バリアント型 (Variant) の値を使用します。

FormulaR1C1Local

指定されたオブジェクトの数式を R1C1 参照形式で、コード実行時の言語で取得または設定します。値の取得および設定が可能です。バリアント型 (Variant) の値を使用します。

HasArray

True の場合、対象のセルが配列数式の一部です。値の取得のみ可能です。バリアント型 (Variant) の値を使用します。

HasFormula

True の場合、対象セル範囲内のすべてのセルに数式が入力されています。False の場合、対象セル範囲のどのセルにも数式が入力されていません。それ以外のときは、Null 値を返します。値の取得のみ可能です。バリアント型 (Variant) の値を使用します。

Height

セル範囲の高さをポイント単位で表すバリアント型 (Variant) の値を取得または設定します。

Hidden

行または列が非表示かどうかを表すバリアント型 (Variant) の値を取得または設定します。

HorizontalAlignment

指定されたオブジェクトの横位置の配置を表すバリアント型 (Variant) の値を取得または設定します。

Hyperlinks

セル範囲のハイパーリンクを表す Hyperlinks コレクションを返します。

ID

ページを Web ページとして保存する場合に使用される、指定されたセルの識別用ラベルを表す文字列型 (String) の値を取得、または設定します。

IndentLevel

セルまたはセル範囲に設定されているインデントのレベルを表すバリアント型 (Variant) の値を取得、または設定します。インデントのレベルの範囲は、0 ~ 15 の整数です。

Interior

指定されたオブジェクトの塗りつぶし属性を表す Interior オブジェクトを返します。

Item

指定したセル範囲のオフセット値で指定される範囲を表す Range オブジェクトを返します。

Left

列 A の左端から、セル範囲の左端までの距離をポイント単位で表すバリアント型 (Variant) の値を返します。

ListHeaderRows

指定したセル範囲内の見出し行の数を返します。値の取得のみ可能です。長整数型 (Long) の値を使用します。

ListObject

Range オブジェクトに対応する ListObject オブジェクトを返します。値の取得のみ可能です。ListObject オブジェクト型の値を使用します。

LocationInTable

指定されたセル範囲の左上端のセルが、ピボットテーブル (PivotTable オブジェクト) レポートのどの部分に当たるかを表す定数を返します。XlLocationInTable クラスの定数を使用できます。値の取得のみ可能です。長整数型 (Long) の値を使用します。

Locked

オブジェクトのロック状態を表すバリアント型 (Variant) の値を取得または設定します。

MDX

指定された Range オブジェクトの MDX 名を返します。値の取得のみ可能で、文字列型 (String) の値を使用します。

MergeArea

指定されたセルがある結合セル範囲を表す Range オブジェクトを返します。指定されたセルが結合セル範囲にない場合、このプロパティは指定されたセルを返します。値の取得のみ可能です。バリアント型 (Variant) の値を使用します。

MergeCells

True の場合、セル範囲に結合セルが含まれます。値の取得および設定が可能です。バリアント型 (Variant) の値を使用します。

Name

オブジェクトの名前を表すバリアント型 (Variant) の値を取得または設定します。

Next

次のセルを表す Range オブジェクトを返します。

NumberFormat

オブジェクトの表示形式を表すバリアント型 (Variant) の値を取得または設定します。

NumberFormatLocal

指定されたオブジェクトの表示形式をコード実行時の言語の文字列で表すバリアント型 (Variant) の値を取得または設定します。

Offset

指定された範囲からのオフセットの範囲を表す Range オブジェクトを返します。

Orientation

文字の向きを表すバリアント型 (Variant) の値を取得または設定します。

OutlineLevel

指定した行または列の現在のアウトライン レベルを取得または設定します。値の取得および設定が可能です。バリアント型 (Variant) の値を使用します。

PageBreak

改ページの位置を設定します。使用できる定数は、XlPageBreak クラスの xlPageBreakAutomaticxlPageBreakManualxlPageBreakNone のいずれかです。値の取得および設定が可能です。長整数型 (Long) の値を使用します。

Parent

指定されたオブジェクトの親オブジェクトを返します。値の取得のみ可能です。

Phonetic

オブジェクトを返すプロパティです。セルの指定されたふりがなテキストの文字列についての情報を表す Phonetic オブジェクトを返します。

Phonetics

指定された範囲にある Phonetics コレクションを返します。値の取得のみ可能です。

PivotCell

ピボットテーブル レポート内のセルを表す PivotCell オブジェクトを返します。

PivotField

指定されたセル範囲の左上隅のセルが含まれるピボットテーブル フィールドを表す PivotField オブジェクトを返します。

PivotItem

指定された範囲の左上隅が含まれるピボットテーブルのアイテムを表す PivotItem オブジェクトを返します。

PivotTable

指定されたセル範囲の左上端のセルが含まれるピボットテーブル レポートを表す PivotTable オブジェクトを返します。

Precedents

セルが直接または間接に参照している参照元 (すべてのレベル) のセル範囲 (Range オブジェクト) を返します。参照元のセル範囲が複数あるときは、複数選択範囲 (Range オブジェクトの集合) を返します。値の取得のみ可能です。

PrefixCharacter

セルの接頭辞を返します。値の取得のみ可能です。バリアント型 (Variant) の値を使用します。

Previous

次のセルを表す Range オブジェクトを返します。

QueryTable

指定された Range オブジェクトを含むクエリ テーブルを表す QueryTable オブジェクトを返します。

Range

セルまたはセル範囲を表す Range オブジェクトを返します。

ReadingOrder

指定されたオブジェクトの読む順序を設定します。使用できる定数は、xlRTL (右から左)、xlLTR (左から右)、xlContext のいずれかです。値の取得および設定が可能です。長整数型 (Long) の値を使用します。

Resize

指定された範囲のサイズを変更します。サイズが変更されたセル範囲 (Range オブジェクト) を返します。

Row

対象セル範囲の最初の領域の先頭行の番号を返します。値の取得のみ可能です。長整数型 (Long) の値を使用します。

RowHeight

指定した範囲内の先頭の行の高さをポイント単位で取得または設定します。値の取得および設定が可能です。バリアント型 (Variant) の値を使用します。

Rows

指定されたセル範囲の行を表す Range オブジェクトを返します。値の取得のみ可能です。Range オブジェクトを使用します。

ServerActions

Range オブジェクトに対して SharePoint Server 上で実行できるアクションを指定します。

ShowDetail

True の場合、指定されたセル範囲のアウトラインを展開 (詳細行または詳細列を表示) します。指定するセル範囲は、1 つのアウトライン内の単一の集計列または集計行である必要があります。値の取得および設定が可能です。バリアント型 (Variant) の値を使用します。PivotItem オブジェクト (またはピボットテーブル レポート内の Range オブジェクト) の場合、対象アイテムの詳細を表示するには、このプロパティに True を設定します。

ShrinkToFit

使用可能な列幅に収まるように自動的に文字列を縮小するかどうかを表すバリアント型 (Variant) の値を取得または設定します。

SoundNote

このプロパティは、使用しないでください。サウンド メモは Excel から削除されました。

SparklineGroups

指定した範囲から、スパークラインの既存のグループを表す SparklineGroups オブジェクトを返します。値の取得のみ可能です。

Style

指定されたセル範囲のスタイルを表すバリアント型 (Variant) の値を取得または設定します。Style オブジェクトを使用します。

Summary

True の場合、対象セル範囲がアウトラインの集約行または集約列です。1 行または 1 列のセル範囲だけを対象とします。値の取得のみ可能です。バリアント型 (Variant) の値を使用します。

Text

指定されたオブジェクトに対し、文字列を取得または設定します。値の取得のみ可能です。文字列型 (String) の値を使用します。

Top

行 1 の上端から、セル範囲の上端までの距離をポイント単位で表すバリアント型 (Variant) の値を返します。

UseStandardHeight

True の場合、Range オブジェクトの行の高さはそのシートの標準の高さと同じです。セル範囲に含まれているすべての行の高さが同じでないとき、Null 値を返します。値の取得および設定が可能です。バリアント型 (Variant) の値を使用します。

UseStandardWidth

True の場合、Range オブジェクトの列の幅はそのシートの標準の幅と同じです。セル範囲に含まれているすべての列の幅が同じでないとき、Null 値を返します。値の取得および設定が可能です。バリアント型 (Variant) の値を使用します。

Validation

オブジェクトを返すプロパティです。指定された範囲での入力規則を表す Validation オブジェクトを返します。値の取得のみ可能です。

Value

指定されたセル範囲の値を表すバリアント型 (Variant) の値を取得または設定します。値の取得および設定が可能です。

Value2

セルの値を取得または設定します。値の取得および設定が可能です。バリアント型 (Variant) の値を使用します。

VerticalAlignment

指定されたオブジェクトの縦位置の配置を表すバリアント型 (Variant) の値を取得または設定します。

Width

セル範囲の幅をさまざまな単位で表すバリアント型 (Variant) の値を返します。

Worksheet

オブジェクトを返すプロパティです。対象セル範囲を含むワークシート (Worksheet オブジェクト) を返します。値の取得のみ可能です。

WrapText

オブジェクト内のテキストを折り返すかどうかを指定するバリアント型 (Variant) の値を取得または設定します。

XPath

指定した Range オブジェクトに対応付けられている要素の XPath を表す XPath オブジェクトを返します。指定した範囲の状況によって、操作が成功するかどうかにかかわらず、空のオブジェクトが返されます。値の取得のみ可能です。