Exchange 2007 - アップグレードと共存のロードマップ計画

 

適用先: Exchange Server 2010 SP2, Exchange Server 2010 SP3

トピックの最終更新日: 2012-07-23

Microsoft Exchange Server 2010 を既存の Microsoft Exchange Server 2007 組織に展開できます。ここでは、計画立案上の考慮事項の概要と、Exchange 2010 が Exchange 2007 と共存する場合に実行する必要がある構成手順について説明します。

既存の Exchange 組織の計画

Exchange 2010 の計画を続行する前に、現在の Exchange 2007 組織が次のトピックで説明する要件を満たしていることを確認する必要があります。

共存

Exchange 2007 から Exchange 2010 にアップグレードする組織では、Exchange 2007 機能がまだ使用されている部門と、Exchange 2010 へのアップグレードが完了している部門が存在する場合に共存期間が発生します。

重要

最初の Exchange 2010 サーバーをインストールしたときに Exchange 2007 サーバーがそこに存在した場合にのみ、組織内に追加の Exchange 2007 サーバーをインストールできます。

共存に関する次の問題に注意します。

  • 管理インターフェイス   Exchange 2010 で Exchange 2010 サーバーとメールボックスを管理するには、Exchange 管理コンソール (EMC) または Exchange 管理シェルを使用できます。EMC を使用して、Exchange 2007 サーバー上の属性を表示することもできます。詳細については、「Exchange 管理コンソールの相互運用性」を参照してください。

  • サーバーの役割の機能   共存期間中に Exchange 組織のクライアントが利用できる Exchange 2010 サーバーの役割の機能は、ユーザーのメールボックスが格納されている Exchange サーバーのバージョン、および Exchange へのアクセスに使用される電子メール クライアント アプリケーションのバージョンによって異なります。

    サーバー間の通信方法の詳細については、「トランスポート パイプラインについて」を参照してください。

  • ルーティング グループ   多数のルーティング グループがある大規模組織では、共存期間中のメール フローを保持するルーティング トポロジが必要です。Exchange 2010 と Exchange 2007 との共存期間を予定している場合は、各バージョンでルーティング トポロジを決定する方法を理解する必要があります。ルーティングと共存の詳細については、「Exchange 2007 トランスポートからのアップグレード」を参照してください。

Exchange 2007 から Exchange 2010 へのアップグレード処理

ここでは、Exchange 2007 から Exchange 2010 にアップグレードするために従うアップグレード手順の概要についてまとめて説明します。

最初に、インターネットに直接接続されたすべての Active Directory サイトを以下の手順でアップグレードします。

  1. 既存の Exchange 2007 サーバーを Exchange 2007 Service Pack 2 (SP2) にアップグレードします。

  2. Exchange 2010 サーバーを次の順序で展開します。

    1. クライアント アクセス

    2. ハブ トランスポート

    3. ユニファイド メッセージング

    4. メールボックス

  3. Exchange 2010 クライアント アクセス サーバーを構成します。

  4. Exchange 2010 のハブ トランスポート サーバーとユニファイド メッセージング サーバーを構成します。

  5. Exchange 2007 から Exchange 2010 にメールボックスを移動します。

次に、内部のすべての Active Directory サイトを同じ方法でアップグレードします。

次の図は、Exchange 2007 から Exchange 2010 へのアップグレード処理の概要を示しています。

Exchange 2007 から Exchange 2010 へのアップグレード手順の概要

Exchange 2007 から Exchange 2010 へのアップグレード処理

Active Directory サイトのアップグレードの順序

組織を Exchange 2010 にアップグレードしている場合は、インターネットにアクセスできる Active Directory サイト内のサーバーから開始し、次に内部 Active Directory サイトをアップグレードする必要があります。すべてのインターネットにアクセスできるサイトをアップグレードする前に内部 Active Directory サイトをアップグレードすることは、サポートされていません。これは、クライアント アクセス サーバーとクライアント アクセス サーバーとの転送では、新しいクライアント アクセス サーバーの役割バージョン (Exchange 2010) から古いクライアント アクセス サーバーの役割バージョン (Exchange 2007) のみがサポートされており、その逆はサポートされていないためです。

サーバーの役割のアップグレードの順序

アップグレードしている最初の Active Directory サイト内で、インストールする最初の Exchange 2010 サーバーの役割は、クライアント アクセス サーバーの役割です。一度に 1 つの Active Directory サイトを Exchange 2010 にアップグレードすることをお勧めします。これは、Active Directory サイトのサイズに応じて、単一のクライアント アクセス サーバー コンピューターまたは Exchange 2010 クライアント アクセス サーバー コンピューターの負荷分散アレイである可能性があります。

Exchange 2010 サーバーの役割をインストールする場合は、次の順序をお勧めします。

  1. クライアント アクセス サーバーの役割

  2. ハブ トランスポート サーバーの役割

  3. メールボックス サーバーの役割

  4. ユニファイド メッセージング (UM) サーバーの役割

  5. エッジ トランスポート サーバーの役割

注意

Exchange 2010 にアップグレードする場合は、既存の Exchange サーバー上でインプレース サーバー アップグレードを実行することはできません。

サーバーの役割のアップグレードの詳細については、以下のトピックを参照してください。

Exchange 2007 と Exchange 2003 の混在モードでの共存

混在モード環境をアップグレードする準備ができたら、Active Directory の各サイトを個別にアップグレードします。Active Directory サイトに Exchange 2007 または Exchange 2003 のみが存在する場合、その Active Directory サイトではそのバージョンからのアップグレード手順に従います。たとえば、Active Directory サイト A に Exchange 2007 がある場合、Exchange 2007 のアップグレード手順に従います。Active Directory サイト B に Exchange 2003 がインストールされている場合は、Exchange 2003 のアップグレード手順に従います。Exchange 2003 および Exchange 2007 のバージョンのアップグレードの詳細については、「Exchange 2010 へのアップグレードについて」を参照してください。

Active Directory のサイトに Exchange 2003 と Exchange 2007 の両方がインストールされている場合、Exchange 2003 からと Exchange 2007 からの両方のアップグレードの指示に従い、両方で必要となるアップグレード手順を実行する必要があります。このシナリオでの Exchange 2010 へのアップグレードの詳細については、以下のトピックを参照してください。

管理上の相違点

Exchange 管理コンソール (EMC) は、Exchange Server 2010 と Exchange Server 2007 の両方で利用できます。次に、Exchange 2010または Exchange 2007 で EMC を使用して実行できるタスクと操作の一覧を示します。

  • 新しいメールボックスや新しいオフライン アドレス帳 (OAB) などのオブジェクトを作成する操作は、対象のオブジェクトと同じバージョンの EMC でのみ実行できます。たとえば、Exchange 2007 メールボックス サーバー上にメールボックスを作成するには、Exchange 2007 で EMC を使用して実行する必要があります。次の事項が適用されます。

    • Exchange 2007 メールボックス データベースは、Exchange 2010 の EMC からは管理できませんが、これらのデータベースを表示できます。

    • Exchange 2010 の EMC は、Exchange 2007 ユニファイド メッセージング メールボックスを有効または無効にすることはできません。

    • Exchange 2010 の EMC で Exchange 2007 モバイル デバイスを管理することはできません。

  • オブジェクトを表示する必要がある操作は、次のいくつかの例外を除き、任意のバージョンの EMC から任意のバージョンの Exchange オブジェクトに対して実行できます。

    • Exchange 2010 および Exchange 2007 のトランスポート ルール オブジェクトは、対応するバージョンの EMC からのみ表示できます。

    • Exchange 2010 サーバーと Exchange 2007 サーバーは、対応するバージョンの EMC からのみ表示できます。

    • Exchange 2010 の EMC 内のキュー ビューアー ツールは、Exchange 2007 サーバーに接続してキューまたはメッセージを表示することはできません。

      注意

      Exchange 2007 オブジェクト (ストレージ グループなど) が Exchange 2010 に存在していない場合、Exchange 2010 で認識されないため、相互運用性は予期または提供されません。

  • Exchange 2010 と Exchange 2007 間でメッセージ追跡構成タスクを実行することはできません。Exchange 2007 サーバー内では Exchange 2007 メッセージ追跡ツールを、Exchange 2010 サーバー内では Exchange 2010 メッセージ追跡ツールを使用する必要があります。

クライアント アクセス サーバーの共存

クライアント アクセス サーバーの役割は、Exchange 2007 クライアント アクセス サーバーと共存できます。最初の Active Directory サイトをアップグレードする前に、組織内のすべての Exchange 2007 クライアント アクセス サーバーで Exchange 2007 Service Pack 2 (SP2) をインストールする必要があります。

最初の Exchange 2010 クライアント アクセス サーバーまたはクライアント アクセス サーバー アレイが組織にインストールされた後、Exchange 2007 クライアント アクセス サーバー上の自動検出サービスが、Exchange 2010 メールボックス サーバー上にメールボックスを持つユーザーを適切な Exchange 2010 クライアント アクセス エンドポイントにリダイレクトします。

組織内に Exchange 2010 をインストールすると、2 番目のドメイン ネーム システム (DNS) ホスト名を作成する必要があります。組織に最初の Exchange 2010 クライアント アクセス サーバーをインストールする場合は、ホスト名の作成も必要です。現在のホスト名が http://contoso.com の場合、http://legacy.contoso.com を作成することをお勧めします。最初の Exchange 2010 クライアント アクセス サーバーまたはクライアント アクセス サーバー アレイをインストールし、適切な Microsoft Outlook Web Access、Microsoft Exchange ActiveSync、POP3、IMAP4、Exchange Web サービス、および自動検出サービスの設定をコピーしたら、http://legacy.contoso.com を Exchange 2007 クライアント アクセス サーバーをポイントするように構成し、http://contoso.com を Exchange 2010 クライアント アクセス サーバーまたはクライアント アクセス サーバー アレイをポイントするように構成します。両方のホスト名に対する適切な SSL (Secure Sockets Layer) 証明書が必要です。複数のホスト名をサポートできるサブジェクトの別名をお勧めします。詳細については、「Exchange 2007 クライアント アクセスからのアップグレード」を参照してください。

Exchange ActiveSync の共存

Exchange ActiveSync との共存には、古い DNS ホスト名を構成します。Exchange 2007 メールボックス サーバー上にメールボックスを持つユーザーが、Exchange 2010 から Exchange 2007 に転送されます。

注意

ユーザーのメールボックスを Exchange 2007 から Exchange 2010 に移動する場合、一部のユーザーは、メールボックスの完全同期を実行するよう求められます。これは多くの携帯電話の要件であり、メールボックスが移動された後のユーザー電話の最初の同期中にのみ発生します。

ユーザーのメールボックスが Exchange 2007 上にある場合、ユーザーは共存中に Exchange 2007 バージョンの Exchange ActiveSync を使用します。ユーザーは、メールボックスが Exchange 2010 に移動されると、Exchange ActiveSync の Exchange 2010 機能を利用できるようになります。Exchange ActiveSync との共存の詳細については、「Exchange 2007 クライアント アクセスからのアップグレード」を参照してください。

Outlook Web App の共存

Exchange 2007 メールボックス サーバー上にメールボックスを持つユーザーが同じ Active Directory サイト内の Exchange 2010 クライアント アクセス サーバーに接続する場合、ユーザーはそのサイト内の Exchange 2007 クライアント アクセス サーバーにリダイレクトされます。Exchange 2007 メールボックス サーバー上にメールボックスを持つユーザーが別の Active Directory サイト内の Exchange 2010 クライアント アクセス サーバーに接続する場合は、宛先 Active Directory サイトにインターネットにアクセスできるクライアント アクセス サーバーがないと、ユーザーは宛先 Active Directory サイト内の Exchange 2007 クライアント アクセス サーバーに転送されます。Exchange 2007 の場合と同様に、ユーザーが、メールボックスが存在するサイトと別の Active Directory サイト内の Exchange 2010 クライアント アクセス サーバーにアクセスする場合、ユーザーのメールボックスが含まれる Active Directory サイトにインターネットにアクセスできるクライアント アクセス サーバーがないと、ユーザーは宛先 Active Directory サイト内のクライアント アクセス サーバーにリダイレクトされます。ユーザーのメールボックスが Exchange 2007 上にある場合、ユーザーは共存中に Exchange 2007 バージョンの Microsoft Office Outlook Web App を使用します。ユーザーは、メールボックスが Exchange 2010 に移動されると、Outlook Web App の Exchange 2010 機能を利用できるようになります。

Outlook Web App をアップグレードするとき、確認する必要がある別の認証シナリオがあります。

  • Exchange 2007 クライアント アクセス サーバーでのフォーム ベース認証の終了   このシナリオでは、Exchange 2010 クライアント アクセス サーバーはユーザーを従来のクライアント アクセス サーバーにリダイレクトします。2 番目のサインオンは必要ありません。

  • Exchange 2007 クライアント アクセス サーバーの前のサードパーティ製の認証ソリューション このシナリオでは、Microsoft ISA (Internet Security and Acceleration) Server またはその他の認証ソリューションが Exchange サーバーの前に必要です。この状況では、ユーザーは認証ソリューションで認証することだけが求められます。認証ソリューションが、任意の必須 Exchange 2010 または Exchange 2007 サーバーに資格情報を渡します。

  • Exchange 2007 クライアント アクセス サーバーでのフォーム ベース以外の認証の終了 Outlook Web App はユーザーを従来の Exchange 2007 クライアント アクセス サーバーにリダイレクトします。ユーザーが再認証する必要があるかどうかは、使用する認証機構に応じて異なります。たとえば、統合 Windows 認証が使用されている場合は、ユーザーはシングル サインオンを使用します。基本認証が使用されている場合は、ユーザーは 2 回認証する必要があります。

Outlook Web App に対して実行する必要があるアップグレードおよび共存手順は、選択した認証シナリオに応じて異なります。Outlook Web App との共存の詳細については、「Exchange 2007 クライアント アクセスからのアップグレード」を参照してください。

ハブ トランスポート サーバーの共存

Exchange 組織のすべてのメール フローは、ハブ トランスポート サーバーの役割が処理します。トランスポート ルール、ジャーナリング ポリシー、およびメッセージの配信もハブ トランスポート サーバーの役割が処理します。このサーバーは Active Directory フォレストで展開され、Exchange 2010 メールボックスがメッセージの送受信を行うために必要です。インターネットに送信されるメッセージは、ハブ トランスポート サーバーによって、エッジ トランスポート サーバーまたはサード パーティのスマート ホストに中継されます。

Exchange 2010 クライアント アクセス サーバーを正常に展開した後は、Exchange 2010 ハブ トランスポート サーバーを既存の Exchange 組織に追加できます。Exchange 2010 ハブ トランスポート サーバーを Exchange 2007 環境に導入した後でも、Exchange 2007 ハブ トランスポート サーバーを保持する必要があります。Exchange 2010 メールボックス サーバーは Exchange 2010 ハブ トランスポート サーバーとのみ通信でき、Exchange 2007 メールボックス サーバーは Exchange 2007 ハブ トランスポート サーバーとのみ通信できます。メッセージが Exchange 2010 メールボックス サーバー上のメールボックスから Exchange 2007 メールボックス サーバー上のメールボックスに送信されるとき、メッセージは最初、サイト内の一番近い Exchange 2010 ハブ トランスポート サーバーに送信されます。このサーバーは、次にメッセージを同じサイト内の Exchange 2007 ハブ トランスポート サーバーに中継し、最終的にメッセージが Exchange 2007 メールボックス サーバーに配信されます。

Exchange 2010 ハブ トランスポート サーバーの Exchange 2007 組織への導入の詳細については、「Exchange 2007 トランスポートからのアップグレード」を参照してください。

メールボックス サーバーの共存

Exchange 2010 メールボックス サーバーの役割は、Exchange 2007 メールボックス サーバーと共存できます。メールボックスを Exchange 2007 から Exchange 2010 に移動する場合、メールボックスが電子メール アドレス ポリシーに含まれていると、そのメールボックスの電子メール アドレスが電子メール アドレス ポリシーの構成に基づいて自動的に更新されます。メールボックスに電子メール アドレス ポリシーによって強制される電子メール アドレスとは異なるプライマリ SMTP アドレスがある場合、その SMTP アドレスはセカンダリ SMTP アドレスになり、電子メール アドレス ポリシーによって生成された電子メール アドレスはプライマリ SMTP アドレスになります。メールボックスの移動方法については、「移動要求の管理」を参照してください。

Exchange 2010 と Exchange 2007 パブリック フォルダー データベースの間でパブリック フォルダー データをレプリケートできます。Exchange 2010 と Exchange 2007 パブリック フォルダーの共存の詳細については、「パブリック フォルダーについて」を参照してください。

エッジ トランスポート サーバーの共存

エッジ トランスポート サーバーの役割は、Exchange 組織に強化されたウイルス対策およびスパム対策機能を提供するように設計されています。また、エッジ トランスポート サーバーは、組織間のトランスポートでメッセージにポリシーを適用します。このサーバーの役割は、境界ネットワーク内の Active Directory フォレスト外に展開されます。エッジ トランスポート サーバーは、既存の Exchange 2007 組織用のスマート ホストおよび SMTP 中継サーバーとして展開できます。

内部の Exchange サーバーをアップグレードしたり、組織上の変更を行わなくても、既存の Exchange 組織にエッジ トランスポート サーバーを追加できます。エッジ トランスポート サーバーのインストールの際に Active Directory の準備手順を実行する必要がありません。エッジ トランスポート サーバーは、メッセージがネットワークに入るときにウイルス対策およびスパム対策機能を提供します。

Exchange 2010 エッジ トランスポート サーバーを展開して Exchange 2010 をまだ展開していない Exchange 組織をサポートする場合、使用できる機能は制限されます。このシナリオでは、エッジ サブスクリプションを作成できません。このため、受信者の参照機能やセーフリスト集約機能を使用できません。エッジ トランスポート サーバーと共存の詳細については、「Exchange 2007 トランスポートからのアップグレード」を参照してください。

ユニファイド メッセージング サーバーの共存

最初に Exchange 2010 ユニファイド メッセージング サーバーをインストールし、それを既存の Exchange 2007 組織に追加する場合は、最初に Exchange 2007 ユニファイド メッセージング サーバーが含まれている既存の UM ダイヤル プランに Exchange 2010 ユニファイド メッセージング サーバーを追加する必要があります。次に各 IP ゲートウェイまたは IP Private Branch eXchange (PBX) を、すべての着信呼び出しを Exchange 2007 ユニファイド メッセージング サーバーではなく、UM ダイヤル プラン内の Exchange 2010 ユニファイド メッセージング サーバーに送信するよう構成します。着信呼び出しが Exchange 2010 ユニファイド メッセージング サーバーによって受信され、ユニファイド メッセージングが有効なユーザーのメールボックスが Exchange 2010 メールボックス サーバーに置かれていると、Exchange 2010 ユニファイド メッセージング サーバーが着信呼び出しを処理します。ユーザーのメールボックスが Exchange 2007 メールボックス サーバーに置かれていると、着信呼び出しは同じ UM ダイヤル プラン内の Exchange 2007 ユニファイド メッセージング サーバーにリダイレクトされ、着信呼び出しが処理されます。

ユニファイド メッセージングが有効なユーザーのすべてのメールボックスを Exchange 2010 メールボックス サーバーに移行した後に、Exchange 2007 ユニファイド メッセージング サーバーを UM ダイヤル プランから削除します。詳細については、「Exchange 2007 SP3 から Exchange 2010 RTM ユニファイド メッセージングへのアップグレード」を参照してください。

サポートされるトポロジ

Exchange 2010 は、以下のトポロジをサポートしています。

  • 複数の Active Directory サイトを持つ単一フォレスト

  • 複数の Active Directory サイトを持つ、複数のフォレスト (リソース フォレスト モデル)

  • 単一 Active Directory サイト

詳細については、以下のトピックを参照してください。

Exchange 2010 では、次のトポロジはサポートされていません。

  • Exchange 2000 Server 以前のバージョンとの共存

  • Exchange 2003 SP2 より前のバージョンとの共存

  • 以前のバージョンの Exchange の、新しく作成した Exchange 2010 組織へのインストール

 © 2010 Microsoft Corporation.All rights reserved.