Lync Server 2013 でのブランチ サイトの展開

最終更新日: 2012-09-21

ブランチサイトユーザーは、ブランチサイトが関連付けられているセントラルサイトのサーバーから、Lync Server 2013 のほとんどの機能を利用できます。 各ブランチサイトは、1つのセントラルサイトと関連付けられます。 公衆交換電話網 (PSTN) との間で通話を発信するには、ブランチサイトに次のいずれかを含めることができます。

  • PSTN ゲートウェイと、おそらく Meditation Server

  • SIP トランク

  • 構内交換 (PBX) を使用する既存の音声インフラストラクチャ

  • Survivable Branch アプライアンス

  • Survivable ブランチサーバー

Survivable Branch Appliance または Survivable ブランチサーバーを使用しているブランチサイトでは、このようなソリューションを使用することなく、広域ネットワークまたはセントラルサイトの障害が発生した場合よりも高い弾力性があります。 たとえば、Survivable Branch Appliance または Survivable Branch Server が展開されているサイトでは、ブランチサイトをセントラルサイトに接続しているネットワークがダウンしている場合でも、ユーザーは PSTN 通話の発信と受信を行うことができます。 ブランチサイトの回復性を実現するもう1つの方法として、PSTN ゲートウェイまたは SIP トランクを使用して、ブランチサイトでのフルスケールの Lync Server 展開を利用することができます。

前提条件などの計画に関する考慮事項を含む、組織に適したブランチサイトの展開の詳細については、「 Lync server 2013 での PSTN 接続の計画 」および「計画ドキュメントの lync server 2013 でのブランチサイトのボイスの回復性の計画 」を参照してください。