Lync Server 2013 での Exchange ユニファイド メッセージング統合の計画

最終更新日: 2012-10-13

Lync Server 2013 は、音声メッセージとメールメッセージを1つのメッセージングインフラストラクチャに統合するための Exchange ユニファイドメッセージング (UM) との統合をサポートしています。 Microsoft Exchange Server 2007 Service Pack 1 (SP1) および Microsoft Exchange Server 2010 では、Exchange ユニファイドメッセージング (UM) は、インストールして構成できる Exchange Server の役割の1つです。

Microsoft Exchange Server 2013 では、exchange UM は Exchange メールボックスサーバー上のサービスとして実行されます。 Lync Server 2013 エンタープライズ Voip 展開の場合、ユニファイドメッセージングでは、音声メッセージとメールメッセージが電話 (Outlook Voice Access) またはコンピューターから利用できる単一のストアに統合されます。 ユニファイドメッセージングと Lync Server 2013 は、エンタープライズ Voip のユーザーに対して、通話応答、Outlook Voice Access、自動応答サービスを提供するために共同作業を行います。

Microsoft Exchange Server 2013 のアーキテクチャの変更について詳しくは、「Microsoft Exchange Server 2013 のドキュメント」の「ボイスアーキテクチャの変更」をご覧ください https://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkId=266730

オンプレミスの Exchange UM 展開でこれらの機能をサポートするには、次のいずれかを実行している必要があります。

  • Microsoft Exchange Server 2007 Service Pack 1 (SP1) または最新の service pack

  • Microsoft Exchange Server 2010 または最新の service pack

  • Microsoft Exchange Server 2013