Lync Server 2013 の外部ユーザー アクセスの計画

最終更新日: 2013-01-19

ほとんどの組織の通信には、内部ネットワーク内にないサービスやユーザーが関係しています。 これらのサービスとユーザーには、一時的または完全にオフサイトになっている従業員、顧客またはパートナーの組織の従業員、パブリックインスタントメッセージング (IM) サービスを使用しているユーザー、会議やプレゼンテーションに招待する可能性のある顧客、パートナー、匿名ユーザーが含まれます。 このドキュメントでは、これらのユーザーを、" 外部ユーザー" と総称して示します。

Microsoft Lync Server 2013 では、組織内のユーザーは IM とプレゼンスを使って外部ユーザーと通信できます。また、オフサイトの従業員や他の種類の外部ユーザーとの音声/ビデオ (A/V) 会議や web 会議に参加することができます。 また、モバイルデバイスやエンタープライズ Voip からの外部アクセスをサポートすることもできます。 組織のメンバーではない外部ユーザーは、Lync Server 2013 会議に参加して、匿名の出席者を許可することができます。

組織のファイアウォール間の通信をサポートするには、境界ネットワーク (DMZ、非武装地帯、スクリーンサブネットとも呼ばれます) に Lync Server 2013 エッジサーバーを展開します。 エッジサーバーは、ファイアウォール外のユーザーが内部の Lync Server 2013 展開に接続する方法を制御します。 また、ファイアウォール内で発生する外部ユーザーとの通信も制御します。

必要に応じて、1つ以上の場所に1つ以上のエッジサーバーを展開することができます。 このセクションでは、Lync Server 2013 での外部ユーザーアクセスのシナリオについて説明し、エッジとリバースプロキシトポロジを計画する方法について説明します。

注意

エンタープライズボイスと外部ユーザーのアクセスをサポートするにはエッジサーバーが必要ですが、このセクションでは IM、プレゼンス、A/V 会議、フェデレーション、web 会議、Lync Mobile のサポートについて重点的に説明します。 エンタープライズ Voip のサポートの詳細については、計画ドキュメントの「 Lync Server 2013 でのエンタープライズ voip の計画 」を参照してください。