Office 2010 でクライアント コンピューターを構成するためのツール

 

適用先: Office 2010

トピックの最終更新日: 2016-11-29

Office ソフトウェア保護プラットフォーム スクリプトとボリューム ライセンス認証管理ツール (VAMT) を使用すると、ボリューム ライセンス版の Microsoft Office 2010 の構成とテストを行うことができます。この記事を読む前に、「Office 2010 のボリューム ライセンス認証の概要」、「Office 2010 のボリューム ライセンス認証を計画する」、および「Office 2010 のボリューム ライセンス認証を展開する」を読むことをお勧めします。

重要

この情報は、Office 2010 のボリュームライセンス版に適用されます。この情報は、サブスクリプションによってライセンスを供与される Office Professional Plus for Office 365 には適用されません。

この記事の内容

  • ospp.vbs スクリプト

  • VAMT 2.0

ospp.vbs スクリプト

Office ソフトウェア保護プラットフォーム スクリプト (ospp.vbs スクリプト) を使用すると、ボリューム版の Office 2010 クライアント製品を構成できます。管理者権限を使用してコマンド プロンプトを開き、このスクリプトが入っているフォルダーに移動する必要があります。このスクリプトは %installdir%\Program Files\Microsoft Office\Office14 フォルダーにあります。64 ビットのオペレーティング システムで 32 ビットの Office 2010 を実行する場合、このスクリプトは %installdir%\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office14 フォルダーにあります。

ospp.vbs を実行するには、cscript.exe スクリプト エンジンが必要です。ヘルプ ファイルを参照するには、次のコマンドを入力してから Enter キーを押します。

cscript ospp.vbs /?

一般的な構文は次のとおりです。

cscript ospp.vbs [オプション:値] [コンピューター名] [ユーザー] [パスワード]

オプション   製品のライセンス認証、プロダクト キーのインストールとアンインストール、ライセンス情報のインストールと表示、キー管理サービス (KMS) ホスト名とポートの設定、および KMS ホストの削除に使用するオプションと値を指定します。これらのオプションと値については、このセクションの表を参照してください。

コンピューター名   リモート コンピューターの名前。コンピューター名を指定しなかった場合は、ローカル コンピューターが使用されます。

ユーザー   リモート コンピューター上で必要な権限を持つアカウント。

パスワード   アカウントのパスワード。ユーザー アカウントとパスワードを指定しなかった場合は、現在の資格情報が使用されます。

ospp.vbs のオプションと値の一覧を以下の表に示します。

グローバル オプション 説明

/act

インストールされている Office 2010 プロダクト キーをライセンス認証します。

/inpkey:value

ユーザーが指定したプロダクト キーを使用してプロダクト キーをインストールします (既存のキーを置き換えます)。値パラメーターは必須です。

/unpkey:value

インストールされているプロダクト キーをアンインストールします。アンインストールするプロダクト キーの末尾 5 桁を値パラメーターで指定します (この情報は /dstatus オプションで表示されます)。値パラメーターは必須です。

/inslic:value

.xrm-ms ライセンスに対するユーザー指定のパスを使用してライセンスをインストールします。値パラメーターは必須です。

/dstatus

インストールされているプロダクト キーのライセンス情報を表示します。

/dstatusall

インストールされているすべてのライセンスのライセンス情報を表示します。

/dinstid

オフライン ライセンス認証用のインストール ID を表示します。

/actcid:value

ユーザーが指定した確認 ID を使用して製品をライセンス認証します。値パラメーターは必須です。

/puserops

標準ユーザーによるインターネットまたは電話によるライセンス認証を含めて、管理者権限のライセンス操作を許可します。これにより、HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\OfficeSoftwareProtectionPlatform\UserOperations =dword:00000001 が設定されます。

/duserops

標準ユーザーによるインターネットまたは電話によるライセンス認証を含めて、管理者権限のライセンス操作を拒否します。これにより、HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\OfficeSoftwareProtectionPlatform\UserOperations =dword:00000000 が設定されます。

/ddescr:value

ユーザーが指定したエラー コードの説明を表示します。値パラメーターが適用されます。

KMS クライアント オプション 説明

/dhistorykms

KMS クライアント ライセンス認証履歴を表示します。

/dcmid

KMS クライアント マシン ID (CMID) を表示します。

/sethst:value

ユーザーが指定したホスト名を使用して KMS ホスト名を設定します。値パラメーターが適用されます。これにより、HKLM\Software\Microsoft\OfficeSoftwareProtectionPlatform\KeyManagementServiceName (REG_SZ) が設定されます。

/setprt:value

ユーザーが指定したポート番号を使用して KMS ポートを設定します。値パラメーターが適用されます。これにより、HKLM\Software\Microsoft\OfficeSoftwareProtectionPlatform\KeyManagementServicePort (REG_SZ) が設定されます。

/remhst

KMS ホスト名を削除します (ポートは既定値に設定)。

OSPPSVC オプション 説明

/osppsvcrestart

Office ソフトウェア保護プラットフォーム サービスを再起動します。

/osppsvcauto

Office ソフトウェア保護プラットフォーム サービスのスタートアップの種類を自動に設定します。XP コンピューターでは、Office が実行されていない場合にも KMS 再ライセンス認証が試行されるように、これを推奨します。

ospp.vbs を使用するシナリオ

以下のシナリオでは、ospp.vbs を管理者特権でのコマンド プロンプトで実行するものと想定しています。

注意

ここで行う変更は Office 2010 クライアント製品にのみ影響します。Windows クライアントの構成は、slmgr.vbs スクリプトを使用して別に行う必要があります。slmgr.vbs の使用方法の詳細については、「Office 2010 のボリューム ライセンス認証を展開する」を参照してください。

リモート コンピューター上でプロダクト キーを MAK キーに変更するには

  1. リモート コンピューターの名前が contoso1 なら、次のコマンドを使用してプロダクト キーを入力します。ここでは、リモート コンピューター上に管理者の資格情報を持っているものと仮定しています。現在使用しているログオン名とパスワードがリモート コンピューター上の資格情報と異なる場合は、コマンド ラインでログオン名とパスワードを入力してから Enter キーを押してください。

    cscript ospp.vbs /inpkey:xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx contoso1

  2. リモート コンピューターをライセンス認証するには、次のコマンドを入力してから Enter キーを押します。

    cscript ospp.vbs /act contoso1

KMS ライセンス認証のエラーを診断するには

  1. そのコンピューターに KMS クライアント キーがインストールされている場合は、ライセンスの状態を確認します。これを行うには、次のコマンドを入力してから Enter キーを押します。

    cscript ospp.vbs /dstatusall

  2. KMS ライセンス認証履歴を確認するには、次のコマンドを入力してから Enter キーを押します。

    cscript ospp.vbs /dhistorykms

  3. ライセンス認証を実行するには、次のコマンドを入力してから Enter キーを押します。

    cscript ospp.vbs /act

  4. エラー メッセージからエラー コード 0xC004F042 を確認します。ユーザーに表示される通知ダイアログ ボックスにエラー コードが含まれている場合は、そのコードを使用してエラー メッセージを調べることもできます。これを行うには、次のコマンドを入力してから Enter キーを押します。

    cscript ospp.vbs /ddescr:0xC004F042

テスト KMS ホスト名を設定してから自動探索に設定するには

  1. kmstest.contoso.com という名前の KMS ホストをテストし、それを KMS クライアント内で指定する場合は、次のコマンドを入力してから Enter キーを押します。

    cscript ospp.vbs /sethst:kmstest.contoso.com

    注意

    KMS ホストの既定のポートを変更する場合は、ospp.vbs で /setprt パラメーターを指定する必要があります。

  2. ライセンス認証を実行するには、次のコマンドを入力してから Enter キーを押します。

    cscript ospp.vbs /act

  3. KMS ライセンス認証履歴を調べて、ホストへの接続が成功したかどうかを確認するには、次のコマンドを入力してから Enter キーを押します。

    cscript ospp.vbs /dhistorykms

  4. 次に、この KMS クライアントで運用 KMS ホストの自動探索にドメイン ネーム システム (DNS) が使われるようにする必要があります。KMS ホスト名を削除するには、次のコマンドを入力してから Enter キーを押します。

    cscript ospp.vbs /remhst

一般に、Office の KMS ホストが適切にセットアップされ構成されている場合は、Office の KMS クライアントを構成する必要はありません。KMS クライアントでは、ドメイン ネーム システム (DNS) を使用して自動的に KMS ホストが検索され、ライセンス認証が試行されます。KMS サービスでは、KMS ホストの場所の格納と通信に DNS のサービス (SRV) リソース レコード (RR) が使用されます。

既定では、KMS クライアントが KMS ホストを検出して接続するために必要な情報が、KMS ホストから DNS 動的更新プロトコルを使用して自動的に発行されます。既定では、KMS クライアントは DNS サーバーに KMS サービス情報を照会します。

ネットワーク構成とセキュリティ要件によっては、KMS ホストと KMS クライアントを手動で構成することもあります。たとえば、ネットワーク環境で SRV レコードを使用していない場合は、特定の KMS ホストを使用するように KMS クライアントを手動で構成できます。KMS クライアントの構成方法の詳細については、前の「ospp.vbs スクリプト」および「Office 2010 のボリューム ライセンス認証を展開する」の「Office 2010 クライアントを準備および構成する」を参照してください。KMS ホストの構成方法の詳細については、「Office 2010 のボリューム ライセンス認証を展開する」の「KMS ホストを準備および構成する」を参照してください。

VAMT 2.0

ボリューム ライセンス認証管理ツール (VAMT) 2.0 では、グラフィカル ユーザー インターフェイスを使用してボリューム ライセンス認証を管理できます。詳細については、「Volume Activation Management Tool (VAMT) 2.0」(http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=183042\&clcid=0x41) および VAMT 2.0 のヘルプ ファイルを参照してください。