Office 2010 のボリューム ライセンス認証のトラブルシュート

 

適用先: Office 2010

トピックの最終更新日: 2016-11-29

Microsoft Office 2010 のライセンス認証を行うときに発生する可能性がある問題のトラブルシューティングについて学習します。この記事を読む前に、「Office 2010 のボリューム ライセンス認証の概要」、「Office 2010 のボリューム ライセンス認証を計画する」、「Office 2010 のボリューム ライセンス認証を展開する」、および「Office 2010 でクライアント コンピューターを構成するためのツール」を参照してください。

重要

この情報は、Office 2010 のボリュームライセンス版に適用されます。この情報は、サブスクリプションによってライセンスを供与される Office Professional Plus for Office 365 には適用されません。

この記事の内容

  • ライセンス認証のエラー コード

  • 一般的なライセンス認証の問題

    • ライセンス認証を求める通知が表示される

    • Backstage ビューでライセンス情報が更新されない

    • KMS クライアント キー

  • MAK ライセンス認証の問題

    • Windows XP で MAK ライセンス認証に失敗する

    • 認証されたプロキシ経由でネットワークに接続された Office 2010 クライアントのライセンス認証が行われない

  • KMS ライセンス認証の問題

    • Office 2010 KMS クライアントのライセンス認証が行われない

    • KMS ホストがライセンス認証されていない

    • KMS ホストでのクライアント ライセンス認証要求数がクライアント コンピューターのライセンス認証が行われるほど十分に多くない

    • KMS ホストに到達できない

ライセンス認証のエラー コード

エラー コードは、ライセンス認証の問題を解決するのに役立ちます。ライセンス認証の通知が含まれるダイアログ ボックスが表示された場合、ダイアログ ボックスの左下部分にエラー コードが表示されることがあります。クライアント コンピューター上で ospp.vbs /act を実行してライセンス認証を試みることによっても、エラー コードを確認できます。ライセンス認証が失敗すると、エラー コードが返されます。ospp.vbs /ddescr を使用して、該当するエラー コードを指定すると、それに対応するエラー メッセージが表示されます。ospp.vbs スクリプトの詳細については、「Office 2010 でクライアント コンピューターを構成するためのツール」を参照してください。

一般的なライセンス認証の問題

一般的なライセンス認証の問題とその解決方法を以下に示します。

ライセンス認証を求める通知が表示される

通常、ライセンス認証の通知ダイアログ ボックスが表示されるのは、Office 2010 のコピーがまだライセンス認証されていない場合です。ダイアログ ボックスの左下部分に表示されるエラー コードが、ライセンス認証の問題を解決するのに役立ちます。通知ダイアログ ボックスが表示されるのは、インストールしてから 25 日が経過したときです。それまでダイアログ ボックスは表示されません。Office 2010 のインストール後に 30 日間ライセンス認証を行わないと、通知ダイアログ ボックスに赤いタイトル バーが表示されるようになります。

Office 2010 をインストールするときに、マルチ ライセンス認証キー (MAK) を使用するか、イントラネット上の KMS ホストに接続したキー管理システム (KMS) を使用して、ライセンス認証を行う必要があります。

MAK キーをインストールする場合は、Office 2010 のライセンス認証をオンラインで行う必要があります。

Office 2010 クライアント ソフトウェアには、KMS クライアント キーが組み込まれています。Office 2010 KMS クライアントは、イントラネット上の Office 2010 KMS ホストを自動的に検出し、少なくとも 5 台の Office 2010 KMS クライアントが既に KMS ホストにライセンス認証を要求していると、自動的にライセンス認証済みになります。

Backstage ビューでライセンス情報が更新されない

ライセンス情報を表示するには、[ファイル] メニューの [ヘルプ] をクリックします。ライセンス情報を更新するには、Office 2010 アプリケーションを再起動する必要があります。たとえば、Microsoft Word 2010 を開いて [ファイル] メニューの [ヘルプ] をクリックした場合、製品のライセンス認証が必要であると表示されることがあります。ospp.vbs /act またはボリューム ライセンス認証管理ツール (VAMT) 2.0 (https://www.microsoft.com/downloads/ja-jp/details.aspx?familyid=ec7156d2-2864-49ee-bfcb-777b898ad582) を使用してライセンス認証を行う場合は、Office 2010 がライセンス有効状態になっていても、Word 2010 を再起動して、製品がライセンス認証されていることを確認する必要があります。ospp.vbs スクリプトの詳細については、「Office 2010 でクライアント コンピューターを構成するためのツール」を参照してください。

KMS クライアント キー

Office 2010 のすべてのボリューム製品には、あらかじめ KMS クライアント キーがインストールされています。製品の MAK キーを入力した後でライセンス認証方式を KMS に戻す場合は、後述の表の該当する KMS クライアント キーを使用してください。推奨されるキー入力方法は、VAMT 2.0 (https://www.microsoft.com/downloads/ja-jp/details.aspx?familyid=ec7156d2-2864-49ee-bfcb-777b898ad582) を使用することです。ospp.vbs /inpkey を使用してキーを入力することもできます。ospp.vbs スクリプトの詳細については、「Office 2010 でクライアント コンピューターを構成するためのツール」を参照してください。

Office 2010 スイートの場合は、スイートのすべての製品に必要なキーは 1 つだけです。たとえば、Microsoft Office Professional Plus 2010 を使用する場合、スイート全体に対して入力する必要があるのは Office Professional Plus 2010 キーだけです。

Microsoft Visio 2010 を展開しようとする場合、入力するキーによって、使用できる機能が決まります。詳細については、「Office 2010 のボリューム ライセンス認証を展開する」の「Visio 2010 を展開する」を参照してください。

次の表に、Office 2010 スイートおよびスタンドアロン製品の KMS クライアント キーを示します。

スイート

Office Professional Plus 2010

VYBBJ-TRJPB-QFQRF-QFT4D-H3GVB

Office Standard 2010

V7QKV-4XVVR-XYV4D-F7DFM-8R6BM

Office Home and Business 2010

D6QFG-VBYP2-XQHM7-J97RH-VVRCK

スタンドアロン製品

Access 2010

V7Y44-9T38C-R2VJK-666HK-T7DDX

Excel 2013

H62QG-HXVKF-PP4HP-66KMR-CW9BM

SharePoint Workspace 2013

QYYW6-QP4CB-MBV6G-HYMCJ-4T3J4

InfoPath 2013

K96W8-67RPQ-62T9Y-J8FQJ-BT37T

OneNote 2013

Q4Y4M-RHWJM-PY37F-MTKWH-D3XHX

Outlook 2013

7YDC2-CWM8M-RRTJC-8MDVC-X3DWQ

PowerPoint 2013

RC8FX-88JRY-3PF7C-X8P67-P4VTT

Project Professional 2010

YGX6F-PGV49-PGW3J-9BTGG-VHKC6

Project Standard 2010

4HP3K-88W3F-W2K3D-6677X-F9PGB

Publisher 2010

BFK7F-9MYHM-V68C7-DRQ66-83YTP

Word 2010

HVHB3-C6FV7-KQX9W-YQG79-CRY7T

Visio

Visio Premium 2010

D9DWC-HPYVV-JGF4P-BTWQB-WX8BJ

Visio Professional 2010

7MCW8-VRQVK-G677T-PDJCM-Q8TCP

Visio Standard 2010

767HD-QGMWX-8QTDB-9G3R2-KHFGJ

MAK ライセンス認証の問題

ここでは、MAK ライセンス認証の問題と、その解決方法について説明します。

Windows XP で MAK ライセンス認証に失敗する

関連エラー コード: 0x8007001

CD エミュレーション ソフトウェアなど、デーモン ツールがインストールされている場合は、レジストリ キーが原因でハードウェア ID を取得できなくなっています。回避策は次のとおりです。

  1. [スタート] メニューの [ファイル名を指定して実行] をクリックし、「regedit」と入力します。

  2. レジストリ エディターで、HKLM\SYSTEM\CURRENTCONTROLSET\CONTROL\CLASS\{4D36E967-E325-11CE-BFC1-08002BE10318} というレジストリ キーを見つけます。

  3. UpperFilters を見つけます。種類は REG_MULTI_SZ です。

  4. [UpperFilters] をダブルクリックし、[値のデータ] で、一覧の先頭に PartMgr を追加します。[OK] をクリックします。

  5. コンピューターを再起動します。

  6. Office 2010 アプリケーションを起動し、画面に表示される手順に従ってライセンス認証を行います。

    重要

    VAMT または Office Software Protection Platform スクリプト (ospp.vbs) を使用してライセンス認証を行う場合は、OSPP サービスが開始されるように、Office 2010 アプリケーションを事前に起動しておく必要があります。

この問題の解決方法については、Microsoft サポート技術情報の記事「916180: Xbox 360 コンソールを Media Center Extender としてセットアップしようとすると、セットアップ プログラムが起動しない」(http://support.microsoft.com/kb/916180/ja-jp) を参照してください。

注意

サポート技術情報の記事 KB916180 で説明している解決策は、Office やライセンス認証に特有の方法ではありませんが、Windows XP に関係しており、この問題に適用できます。

認証されたプロキシ経由でネットワークに接続された Office 2010 クライアントのライセンス認証が行われない

MAK 個別ライセンス認証を行うには、インターネット接続が必要です。Office 2010 クライアントが、認証されたプロキシ経由でインターネットに接続されている場合は、クライアントのライセンス認証を電話で行う必要があります。この問題の解決方法の詳細については、Microsoft サポート技術情報の記事「921471: インターネット経由で Windows Vista または Windows Server 2008 のライセンス認証を行うと認証に失敗する」(https://support.microsoft.com/kb/921471/ja-jp) を参照してください。

KMS ライセンス認証の問題

このセクションでは、KMS ライセンス認証の問題と、その解決方法について説明します。

Office 2010 KMS クライアントでライセンス認証が行われない

Office 2010 キー管理サービス (KMS) クライアントがライセンス認証されない理由はいくつか考えられます。ここでは、それらの問題と解決方法について説明します。

KMS ホストがライセンス認証されていない

関連エラー コード: 0xC004F041

事前に KMS ホストのライセンス認証を行わないと、KMS クライアントのライセンス認証はできません。詳細については、「Office 2010 のボリューム ライセンス認証を展開する」の「KMS ホストを準備および構成する」を参照してください。Microsoft Office 2010 KMS ホスト ライセンス パック (https://www.microsoft.com/downloads/ja-jp/details.aspx?FamilyID=97b7b710-6831-4ce5-9ff5-fdc21fe8d965) からダウンロードできる KeyManagementServiceHost.exe を実行する必要があります。次に、Office 2010 KMS ホスト キーを入力し、KMS ホストのライセンス認証を行います。

注意

KMS ホストでファイアウォールを有効にすると、既定の TCP 通信ポート番号は 1688 になります。

slmgr.vbs を使用する場合は、コマンド内で KMS ホストのライセンス認証を行い、次の Office 2010 ライセンス認証 ID を指定する必要があります。

cscript slmgr.vbs /ato bfe7a195-4f8f-4f0b-a622-cf13c7d16864

KMS ホストでのクライアント ライセンス認証要求数がクライアント コンピューターのライセンス認証が行われるほど十分に多くない

関連エラー コード: 0xC004F038

ネットワーク上の KMS クライアントのライセンス認証が行われるためには、そのネットワークの少なくとも 5 台の Office 2010 KMS クライアントからのライセンス認証要求を、Office 2010 KMS ホストが受け取る必要があります。KMS ホストが 5 つ以上の要求を受け取るまでは、KMS クライアントはライセンス認証されません。Office 2010 を 5 台以上のコンピューターに展開する場合は、それらコンピューターからの初期ライセンス認証要求によってライセンス認証要求数が形成されます。ライセンス認証が失敗した場合、それらのコンピューターは 2 時間後にライセンス認証を試みます。その時点までに、KMS ホストが十分な数の要求を受け取っていれば、ライセンス認証が成功します。KMS クライアント上でライセンス認証を手動で実行するには、ospp.vbs /act を実行します。ospp.vbs スクリプトの詳細については、「Office 2010 でクライアント コンピューターを構成するためのツール」を参照してください。

KMS ホストが現在受信している要求の数を確認するには、コマンド プロンプトで (管理者権限を使用) 次のコマンドを実行します。

cscript slmgr.vbs /dlv bfe7a195-4f8f-4f0b-a622-cf13c7d16864

現在の要求数の表示が 5 以上になるまでは、KMS クライアントのライセンス認証は行われません。コマンドの出力は次のような形式で表示されます。

Name: Microsoft Office 2010, KMSHost edition
Description: Microsoft Office 2010 KMS, VOLUME_KMS channel
Activation ID: bfe7a195-4f8f-4f0b-a622-cf13c7d16864
Application ID: 59a52881-a989-479d-af46-f275c6370663
Extended PID: 55041-00096-199-000004-03-1033-7600.0000-3632009
Installation ID: 008585014214769124199722184000850026888810090785321136
Processor Certificate URL: http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=88342&clcid=0x411: http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=88343&clcid=0x411: http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=88345&clcid=0x411: http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=88344&clcid=0x411: RP3HH
License Status: Licensed
Remaining Windows rearm count: 1
Trusted time: 12/29/2009 1:45:54 PM

Key Management Service is enabled on this computer
    Current count: 0
    Listening on Port: 1688
    DNS publishing enabled
    KMS priority: Normal

Key Management Service cumulative requests received from clients
    Total requests received: 0
    Failed requests received: 0
    Requests with License Status Unlicensed: 0
    Requests with License Status Licensed: 0
    Requests with License Status Initial grace period: 0
    Requests with License Status License expired or Hardware out of tolerance: 0

    Requests with License Status Non-genuine grace period: 0
    Requests with License Status Notification: 0

KMS クライアントによるライセンス認証要求の送信方法は、KMS クライアントが実行されているオペレーティング システムによって決まります。

  • Windows Vista、Windows 7、Windows Server 2008、または Windows Server 2008 R2 で実行されている Office 2010 KMS クライアントの場合   Office 2010 をインストールした後、Office Software Protection Platform (OSPP) サービスは、Office 2010 が実行されているかどうかにかかわらず、ライセンス認証が行われるまで、2 時間ごとにライセンス認証要求を KMS ホストに自動的に送信します。5 台の KMS クライアントが企業ネットワークに接続し、KMS ホストに対するライセンス認証の要求に成功すると、KMS クライアントのライセンス認証が行われます。それより後に企業ネットワークに接続したクライアントもライセンス認証されます。企業ネットワークに接続されていない KMS クライアント (たとえば、自宅にあるもの) は、ネットワークに接続した時点でライセンス認証済みになります。

  • Windows XP または Windows Server 2003 で実行されている Office 2010 KMS クライアントの場合   ライセンス認証要求は、コンピューターが企業ネットワークに接続されて、Office 2010 アプリケーションが起動されると送信されます。Office 2010 アプリケーションを起動すると OSPP サービスが開始し、コンピューターを再起動するまで動作し続けます。OSPP サービスが動作していても、ライセンス認証要求は、30 日の猶予期間の間、2 時間ごとに自動的に送信されます。KMS クライアントが企業ネットワークに接続されていても、Office 2010 アプリケーションが起動されなければ、ライセンス認証要求は KMS ホストに送信されません。現在の要求数を増やすために KMS ホストにライセンス認証要求を手動で送信するには、2 つの方法があります。各 KMS クライアントで、企業ネットワークに接続した状態で次のどちらかを実行します。

KMS ホストに到達できない

関連エラー コード: 0xC004F041

KMS クライアントで KMS ホストの自動検出を使用する場合は、「Volume Activation Deployment Guide (英語)」(https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dd772269.aspx) (英語) を参照し、DNS の構成が適切かどうかを確認します。KMS ホストがネットワークに接続されていることと、KMS クライアントから KMS ホストに到達できることを確認します。

テストのために、KMS クライアントで KMS ホストのコンピューター名を指定して ospp.vbs /sethst を実行します。次に ospp.vbs /act を実行し、ライセンス認証要求を KMS ホストに直接送信してみます。これが成功した場合は、KMS ホストの自動検出に問題がある可能性があります。テストが終わったら、ospp.vbs /remhst を実行して KMS ホスト名を削除することを忘れないでください。