Office 2010 の KMS ライセンス認証を計画する

 

適用先: Office 2010

トピックの最終更新日: 2016-11-29

ボリューム ライセンス版の Microsoft Office 2010 の展開に対してライセンス認証を行う必要があります。これには、Microsoft Office Professional Plus 2010、Microsoft Project 2010、および Microsoft Visio 2010 が含まれます。ライセンス認証によって、マルウェア、ウイルス、その他のセキュリティ リスクが含まれる偽造ソフトウェアが展開される可能性を低減できます。

重要

この情報は、Office 2010 のボリュームライセンス版に適用されます。この情報は、サブスクリプションによってライセンスを供与される Office Professional Plus for Office 365 には適用されません。

この記事の内容

  • KMS ライセンス認証の概要

  • Office 2010 の環境と構成を計画および評価する

  • プロダクト キーを入手する

  • KMS ライセンス認証の手順

  • VAMT の管理手順

KMS ライセンス認証の概要

組織内に Office 2010 のライセンス認証を必要とするコンピューターが 50 台以上ある場合は、キー管理サービス (KMS) を使用することをお勧めします。KMS は、マイクロソフトが提供した KMS ホスト キーが格納されている KMS ホスト サーバーから、それらのコンピューター (KMS クライアント) をライセンス認証します。この方法はマイクロソフトを通じて行う直接のライセンス認証に代わるもので、ローカル管理者によるライセンス認証プロセスの制御を可能にします。管理者はボリューム ライセンス認証管理ツール (VAMT) (http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=183042\&clcid=0x41) を使用することにより、ネットワーク上のコンピューターを簡単に監視できます。

次の例は KMS ライセンス認証を使用できるネットワークの例です。

例: 社内ネットワークに接続するデスクトップ コンピューターとポータブル コンピューターを保有している中規模から大規模な組織

Contoso 社には、社内ネットワークに常時接続している 175 台のデスクトップ コンピューターと、社内ネットワークに定期的に接続する 50 台のポータブル コンピューターがあります。この場合のソリューションは、デスクトップ コンピューターとポータブル コンピューターの両方に KMS ライセンス認証を使用することと、ポータブル コンピューターが初回のライセンス認証のために間違いなく接続されるようにすると共に、その後、再ライセンス認証のために少なくとも 180 日ごとに間違いなく接続されるようにすることです。

アーキテクチャ – Contoso: 中規模から大規模な組織の例

ファイアウォールを通過する KMS ライセンス認証

Office 2010 の環境と構成を計画および評価する

以下の記事は、Office 2010 の展開を、マルチ ライセンス認証キー (MAK) ライセンス認証に合うように適切に計画するのに役立ちます。

注意

KMS クライアントがライセンス認証されるためには、少なくとも 5 台のコンピューターから KMS ホストにライセンス認証要求が出される必要があります。また、再ライセンス認証のために、すべての KMS クライアントが少なくとも 180 日ごとに KMS ホストに接続する必要があります。

プロダクト キーを入手する

Office 2010 用の KMS ホストのプロダクト キーを入手するには、ボリューム ライセンス サービス センター (VLSC) (http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=184280\&clcid=0x41) Web サイトで登録を行います。KMS クライアントについては、プロダクト キーはプレインストールされています。

KMS をホスト コンピューターにインストールする

KMS ホスト サービスは Windows 7 と Windows Server 2008 R2 の一部として含まれます。そのため、この 2 つのオペレーティング システムは、追加のソフトウェアをインストールしなくても、KMS ホストとして構成できます。Windows Server 2003 で Office 2010 KMS ホストを構成するには、「Office 2010 のボリューム ライセンス認証を展開する」の「Windows Server 2003 で Office KMS ホストをライセンス認証するには」を参照してください。

KMS ライセンス認証の手順

VAMT の管理手順

VAMT 2.0 ツール (http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=183042\&clcid=0x41) をダウンロードしてインストールします。ダウンロード ページの手順に従ってください。VAMT の使用方法の詳細については、VAMT 2.0 のメニュー バーの [Help] をクリックしてください。

部門またはグループ内のコンピューターのうち、社内ネットワークに接続していないコンピューターが 5 台以下の場合は、各コンピューターに MAK 個別ライセンス認証を使用することをお勧めします。詳細については、「Office 2010 の MAK 個別ライセンス認証を計画する」を参照してください。

コンピューターの数を 50 台未満の範囲内で増やす場合は、MAK プロキシ サーバーに接続できるすべてのコンピューターに対して、VAMT による MAK プロキシ ライセンス認証を使用することをお勧めします。詳細については、「Office 2010 の MAK プロキシ ライセンス認証を計画する」を参照してください。

注意

KMS ライセンス認証を必要とするシナリオの例については、「シナリオ: コア ネットワーク - Office 2010 の KMS ライセンス認証」を参照してください。KMS ライセンス認証と MAK ライセンス認証の併用を必要とするシナリオの例については、「シナリオ: セキュリティで保護されたネットワーク - Office 2010 の KMS または MAK ライセンス認証」、「シナリオ: 切断されたコンピューター - Office 2010 のライセンス認証」、および「シナリオ: テスト ラボまたは開発ラボ - Office 2010 のライセンス認証」を参照してください。