Office 2010 の MAK 個別ライセンス認証を計画する

 

適用先: Office 2010

トピックの最終更新日: 2016-11-29

ボリューム ライセンス版の Microsoft Office 2010 の展開に対してライセンス認証を行う必要があります。これには、Microsoft Office Professional Plus 2010、Microsoft Project 2010、および Microsoft Visio 2010 が含まれます。ライセンス認証によって、マルウェア、ウイルス、その他のセキュリティ リスクが含まれる偽造ソフトウェアが展開される可能性を低減できます。

重要

この情報は、Office 2010 のボリュームライセンス版に適用されます。この情報は、サブスクリプションによってライセンスを供与される Office Professional Plus for Office 365 には適用されません。

この記事の内容

  • MAK 個別ライセンス認証の概要

  • Office 2010 の環境と構成を計画および評価する

  • プロダクト キーを入手する

  • MAK 個別ライセンス認証の手順

  • VAMT の管理手順

MAK 個別ライセンス認証の概要

マルチ ライセンス認証キー (MAK) ライセンス認証はマイクロソフトとの間で直接行われます (それに対し、キー管理サービス (KMS) ライセンス認証はローカルのホスト サーバー経由で行われます)。Office 2010 のライセンス認証を必要とするコンピューターが 5 台以下の組織には、MAK を使用して各コンピューターを個別にライセンス認証することをお勧めします。ボリューム ライセンス認証管理ツール (VAMT) (http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=183042\&clcid=0x41) を使用して、ライセンス認証されたすべてのコンピューターを管理することもできます。

以下の例は MAK 個別ライセンス認証を使用できるネットワークの例です。

例: 隔離されたポータブル コンピューターを保有しているリモートの営業所

Fabrikam 社は世界各地に営業所をいくつも持っています。各営業所には、あらゆるネットワークやインターネットから隔離された 5 台以下のポータブル コンピューターがあります。この場合のソリューションは、マイクロソフトに電話してポータブル コンピューターに対して個別に MAK ライセンス認証を行うことです。

アーキテクチャ – Fabrikam: 営業所の例

インターネットなしの場合の MAK 個別ライセンス認証

例: インターネットに接続するデスクトップ コンピューターと隔離されたポータブル コンピューターを保有している小規模な組織

Contoso 社には、インターネットに接続している 3 台のデスクトップ コンピューターと、インターネットから隔離された 2 台のポータブル コンピューターがあります。それ以外に利用できるネットワークはありません。この場合のソリューションは、VAMT (http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=183042\&clcid=0x41) を使用してデスクトップ コンピューターの MAK ライセンス認証を管理し、マイクロソフトに電話してポータブル コンピューターの MAK ライセンス認証を行うことです。

アーキテクチャ – Contoso: 小規模な組織の例

インターネット経由の MAK 個別ライセンス認証

Office 2010 の環境と構成を計画および評価する

使用する Office 2010 展開が MAK ライセンス認証に適しているかどうかを確認するには、以下の各記事を参照してください。

プロダクト キーを入手する

Office 2010 のプロダクト キーを入手するには、ボリューム ライセンス サービス センター (VLSC) (http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=184280\&clcid=0x41) の Web サイトに登録します。発行される MAK ライセンス認証の数は、使用許諾契約書に応じて決まります。

MAK 個別ライセンス認証の手順

Office 2010 の全体的な構成プロセスの一環として、MAK ライセンス認証に関して各コンピューターを構成します。詳細については、「Office 2010 のボリューム ライセンス認証を展開する」の「Office 2010 クライアントを準備および構成する」を参照してください。Office カスタマイズ ツール (OCT)、Config.xml ファイル、または Microsoft Office Backstage ビューを使用し、該当する手順に従って Office 2010 を構成します。

VAMT の管理手順

VAMT 2.0 ツール (http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=183042\&clcid=0x41) をダウンロードしてインストールします。ダウンロード ページの手順に従ってください。VAMT の使用方法の詳細については、VAMT 2.0 のメニュー バーの [Help] をクリックしてください。

コンピューターの数を 50 台未満の範囲内で増やす場合は、MAK プロキシ サーバーに接続できるすべてのコンピューターに対して MAK プロキシ ライセンス認証を使用することをお勧めします。詳細については、「Office 2010 の MAK プロキシ ライセンス認証を計画する」を参照してください。

コンピューターの数を 50 台以上に増やす場合は、KMS ホスト サーバーに接続できないすべてのコンピューターに対して KMS ライセンス認証をライセンス認証方法として使用することをお勧めします。詳細については、「Office 2010 の KMS ライセンス認証を計画する」を参照してください。それ以外のコンピューターは、既に説明した方法によって MAK でライセンス認証できます。