Office 2010 の MAK プロキシ ライセンス認証を計画する

 

適用先: Office 2010

トピックの最終更新日: 2016-11-29

ボリューム ライセンス版の Microsoft Office 2010 の展開に対してライセンス認証を行う必要があります。これには、Microsoft Office Professional Plus 2010、Microsoft Project 2010、および Microsoft Visio 2010 が含まれます。ライセンス認証によって、マルウェア、ウイルス、その他のセキュリティ リスクが含まれる偽造ソフトウェアが展開される可能性を低減できます。

重要

この情報は、Office 2010 のボリュームライセンス版に適用されます。この情報は、サブスクリプションによってライセンスを供与される Office Professional Plus for Office 365 には適用されません。

この記事の内容

  • MAK プロキシ ライセンス認証の概要

  • Office 2010 の環境と構成を計画および評価する

  • プロダクト キーを入手する

  • MAK プロキシ ライセンス認証の手順

  • VAMT の管理手順

MAK プロキシ ライセンス認証の概要

マルチ ライセンス認証キー (MAK) ライセンス認証は、マイクロソフトとの間で直接行われます (これに対し、キー管理サービス [KMS] では、ライセンス認証がローカル ホスト サーバー経由で行われます)。6 ~ 49 台のコンピューターがある組織で Office 2010 のライセンス認証を行う必要がある場合は、MAK プロキシ サーバーに接続できるすべてのコンピューターについて、ボリューム ライセンス認証管理ツール (VAMT) (http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=183042\&clcid=0x41) で管理された MAK プロキシ ライセンス認証を使用することをお勧めします。社内ネットワークやインターネットに接続されていないコンピューターについては、電話による MAK 個別ライセンス認証を使用することをお勧めします。

次に示すのは、MAK プロキシ ライセンス認証を使用できるネットワークの例です。

例: インターネットに接続されたデスクトップ コンピューターと、接続されていないポータブル コンピューターがある中規模の組織

Contoso, Ltd. のオフィスは 1 か所で、そこに 15 台のデスクトップ コンピューターと 10 台のポータブル コンピューターがあります。デスクトップ コンピューターはインターネットに接続されており、ポータブル コンピューターはどのネットワークにも接続されていません。ソリューションでは、VAMT (http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=183042\&clcid=0x41) を使用して、インターネットを介したデスクトップ コンピューターの MAK プロキシ ライセンス認証を管理します。同時に、電話によってポータブル コンピューターのライセンス認証を個別に行います。

アーキテクチャ – 中規模の組織 Contoso の例

インターネット経由の MAK プロキシ ライセンス認証

Office 2010 の環境と構成を計画および評価する

使用する Office 2010 展開が MAK ライセンス認証に適しているかどうかを確認するには、以下の各記事を参照してください。

プロダクト キーを入手する

Office 2010 のプロダクト キーを入手するには、ボリューム ライセンス サービス センター (VLSC) (http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=184280\&clcid=0x41) の Web サイトに登録します。発行される MAK ライセンス認証の数は、使用許諾契約書に応じて決まります。

MAK プロキシ ライセンス認証の手順

VAMT によって MAK プロキシを使用して Office 2010 のライセンス認証を行うには、次の手順を実行します。

  1. VAMT の [Product Keys] で、MAK キーを [Product Key] フィールドに入力し、[Verify] をクリックします。

  2. MAK キーをインストールするコンピューターを右クリックし、[Install Product Key] を選択します。次に、[MAK key] を選択し、[OK] をクリックします。

  3. Office 2010 のライセンス認証を行うには、コンピューター名を右クリックし、[Activate] を選択します。次に、[Proxy Activate] を選択します。

重要

選択したコンピューターの管理者権限が必要です。

注意

部門またはグループ内のコンピューターのうち、社内ネットワークに接続していないコンピューターが 6 ~ 49 台の場合は、この記事の MAK ライセンス認証の手順に従うことをお勧めします。
部門またはグループ内のコンピューターのうち、社内ネットワークに接続していないコンピューターが 5 台以下の場合は、各コンピューターに MAK 個別ライセンス認証を使用することをお勧めします。詳細については、「Office 2010 の MAK 個別ライセンス認証を計画する」を参照してください。
コンピューターの数を 50 台以上に増やす場合は、KMS ホスト サーバーに接続できるすべてのコンピューターについて、ライセンス認証方法に KMS ライセンス認証を使用することをお勧めします。詳細については、「Office 2010 の KMS ライセンス認証を計画する」を参照してください。それ以外のコンピューターでは、前に説明した方法で MAK によるライセンス認証を行うことができます。

VAMT の管理手順

VAMT 2.0 ツール (http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=183042\&clcid=0x41) をダウンロードして MAK プロキシ サーバーにインストールします。ダウンロード ページに記載された手順に従って操作を行います。VAMT の使用方法の詳細については、VAMT 2.0 のメニュー バーの [Help] をクリックしてください。