オフライン アドレス帳ファイルを手動で展開する

 

適用先: Office 2010

トピックの最終更新日: 2016-11-29

この記事では、Web ベースの配布を使用して、リモート クライアント コンピューターにオフライン アドレス帳 (OAB) ファイルを手動で展開する方法について説明します。リモート クライアント コンピューターは Microsoft Outlook 2010 を Exchange キャッシュ モードで実行し、Microsoft Exchange Server を実行しているコンピューターに接続されます。

この記事の内容

  • 概要

  • 作業を始める前に

  • オフライン アドレス帳ファイルを手動で展開する

概要

Outlook を Exchange Server と共に使用している場合に、ユーザーがオフラインで作業するときや、Exchange キャッシュ モードを使用するように構成されているときは、Outlook は OAB を使用して、グローバル アドレス一覧 (GAL) のディレクトリ情報へのオフライン アクセスを提供します。ユーザーが Outlook を Exchange キャッシュ モードで初めて起動するときに、ユーザーの Exchange メールボックスがローカル オフライン フォルダー (.ost) ファイルに対して同期されます。Exchange Server のオフライン アドレス一覧は、通常、ユーザーのコンピューター上の OAB ファイルのコレクションに対して同期されます。

この同期が原因で、Exchange Server、組織のネットワーク トポロジ、またはその両方にパフォーマンスの問題が生じる可能性があります。問題の重大さは、ユーザーのメールボックスのサイズ、組織の GAL のサイズ、Outlook 2013 を Exchange キャッシュ モードで使用しているユーザーの数、およびネットワーク帯域幅によって異なります。Exchange Server との初期同期中、リモート ユーザーは Outlook 2013 とサーバーとの初期同期中に応答の遅延を体感することがあります。

低帯域幅の環境や、接続の信頼性が低い環境では、OAB を手動で展開することで、リモートの Outlook 2013 ユーザーに対する初期同期の長さや、Exchange Server でのパフォーマンスの問題の数が最小限になる可能性があります。

OAB を手動で展開するには、まず既存の OAB ファイルを削除し、Exchange Server を実行しているコンピューターからその OAB 用の OAB ファイルを再同期して、テスト コンピューター上で OAB を生成する必要があります。次に、OAB を展開するために、テスト コンピューターの [オフライン アドレス帳] フォルダー内のサブフォルダーをリモート コンピューターにコピーします。最後に、テスト コンピューターの OAB レジストリ サブキーをエクスポートし、リモート コンピューターにインポートします。

注意

組織によっては、異なる Exchange メールボックス サーバーから生成された複数の OAB が存在する場合があります。各 OAB にはグローバル一意識別子 (GUID) が割り当てられます。リモート コンピューターに展開する OAB を生成するときは、目的のオフライン アドレス一覧が OAB に含まれていることを確認してください。エクスプローラーで、[オフライン アドレス帳] フォルダーに移動します。このフォルダーには、GUID の名前が付いた 1 つ以上の OAB フォルダーがあります。OAB が複数ある場合は、展開する OAB の GUID を書き留めて、必ずその OAB のレジストリ サブキーをリモート コンピューターにインポートする必要があります。OAB のレジストリ サブキーは、その OAB の GUID の下に格納されています。

OAB フォルダーには、完全な詳細情報を含む OAB の 6 つのファイル、または詳細情報を含まない OAB の 5 つのファイルがあります。ファイル名で、その OAB が Unicode 形式か ANSI 形式かがわかります (Unicode 形式のファイルは "U" で始まります)。次の表に、格納されているファイル名の一覧を示します。

Unicode ANSI 備考

Uanrdex.oab

Anrdex.oab

Ubrowse.oab

Browse.oab

Udetails.oab

Details.oab

このファイルは詳細情報を含まない OAB にはありません。

Urdndex.oab

Rdndex.oab

Updndex.oab

Pdndex.oab

Utmplts.oab

Tmplts.oab

既定では、Outlook 2013 は Unicode の OAB ファイルをダウンロードします。

OAB の詳細については、「Exchange 2010 のヘルプ: オフライン アドレス帳について」(http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=199584\&clcid=0x41) を参照してください。

作業を始める前に

展開する OAB ファイルの生成に使用するテスト コンピューターを見つけます。次に、Exchange 環境で複数の OAB が生成されている場合は、リモート コンピューターに展開する OAB を決定します。

オフライン アドレス帳ファイルを手動で展開する

OAB ファイルを生成し、リモート クライアント コンピューターに手動で展開するには、次の手順に従います。

オフライン アドレス帳ファイルを生成するには

  1. テスト コンピューター上にある *.oab ファイルを削除します。既定では、*.oab ファイルは次の Outlook フォルダー内のサブフォルダーにあります。

    Windows 7 または Windows Vista: \Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Microsoft\Outlook\Offline Address Books

    Windows XP: \Documents and Settings\<ユーザー名>\Local Settings\Application Data\Microsoft\Outlook\Offline Address Books

  2. Exchange キャッシュ モードを使用する新しい Outlook プロファイルをテスト コンピューターに作成します。Exchange キャッシュ モードの詳細については、「Outlook 2010 で Exchange キャッシュ モードを構成する」を参照してください。

  3. この新しいプロファイルを使用して Outlook 2013 を起動します。

  4. リボンの [送受信] をクリックし、[送受信グループ] をクリックして、[アドレス帳のダウンロード] をクリックします。

  5. エクスプローラーで、次のフォルダーを見つけます。

    Windows 7 または Windows Vista: \Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Microsoft\Outlook\Offline Address Books

    Windows XP: \Documents and Settings\<ユーザー名>\Local Settings\Application Data\Microsoft\Outlook\Offline Address Books

  6. リモート ユーザーへの送付に CD-ROM を使用する場合は、このフォルダーとサブフォルダー内にあるすべての OAB ファイルのサイズを調べます。すべての OAB ファイルが CD-ROM に収まるようにしてください。

  7. このディレクトリ内のサブフォルダーとファイルを配布メディアにコピーします。

オフライン アドレス帳ファイルを展開するには

  1. リモート クライアント コンピューターで、「オフライン アドレス帳ファイルを生成するには」セクションで生成した *.oab ファイルが含まれるディレクトリを次のフォルダーにコピーします。

    Windows 7 または Windows Vista: \Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Microsoft\Outlook\Offline Address Books

    Windows XP: \Documents and Settings\<ユーザー名>\Local Settings\ Application Data\Microsoft\Outlook\Offline Address Books\

    注意

    レジストリ サブキーをエクスポートおよびインポートする方法については、マイクロソフト サポート技術情報の記事 310516「310516: 登録エントリ (.reg) ファイルを使用してレジストリ サブキーおよび値を追加、変更、または削除する方法」(http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=200827&clcid=0x411) の手順に従ってください。

  2. OAB ファイルの生成に使用したテスト コンピューターで、次のパスから適切な OAB GUID レジストリ サブキーをエクスポートします。

    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Exchange\Exchange Provider\OABs

  3. クライアント コンピューターで、レジストリ サブキーをインポートします。

  4. リモート クライアント コンピューターで Outlook 2013 を起動します。