Project Server 2007 のデータベース メンテナンス計画

更新日: 2008年9月

 

トピックの最終更新日: 2008-09-15

ここでは、Microsoft Office Project Server 2007 および Microsoft SharePoint 製品とテクノロジのデータと構成をホストするデータベースのメンテナンスに関する情報とガイドラインを示します。Office Project Server 2007 を使用する際に推奨されるデータベース メンテナンス作業について、例を示して説明します。

ここでは、SQL Server 2005 の詳細な例を示します。SQL Server 2000 で同じデータベース メンテナンス作業を実行する方法についての外部参照も含まれます。同様の機能は、SQL Server 2008 でも利用できます。

データベース メンテナンス作業を実施する前、または Office Project Server 2007 や SharePoint 製品とテクノロジのデータベースを変更する前に、次の MSDN サポート記事を読んでください。

Office Project Server 2007 および SharePoint 製品とテクノロジのデータベースを円滑に運用するには、適切に定義されたデータベース メンテナンス計画とプロセスが不可欠です。このドキュメントでは、重要な概念、Office Project Server 2007 データベースに対してサポートされているデータベース メンテナンス作業、およびベスト プラクティスについて説明します。

Office Project Server 2007 データベースに推奨されるデータベース メンテナンス作業の概要は次のとおりです。

  • データベースの整合性のチェック

  • インデックスの再編成または再構築による最適化

  • サーバーに対する FILL FACTOR の設定

  • データベースのサイズを監視してデータベースを拡大するか縮小するかを判断する

データベースのメンテナンス計画をできるだけ簡単にするには、既定の SQL Server メンテナンス プランを使用することをお勧めします。詳細については、SQL Server Books Online の「メンテナンス プラン ウィザード」(http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=128441\&clcid=0x41) を参照してください。

Office Project Server 2007 の展開のデータベース メンテナンス計画を作成する際は、このセクションの次の記事を参照してください。