データベースを復元する (Project Server 2010)

 

適用先: Project Server 2010

トピックの最終更新日: 2016-11-30

次の Project Server および Microsoft SharePoint 2010 データベースを復元できます。

重要

ファームの完全復旧は、SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトからのみ実行できます。

  • コンテンツ データベース

  • 下書きデータベース

  • 発行済みデータベース

  • アーカイブ データベース

  • レポート データベース

  • サービス アプリケーション用データベース

  • サーバーの全体管理コンテンツ データベース

  • 構成データベース

    注意

    構成データベースとサーバーの全体管理コンテンツ データベースには、コンピューターに固有の情報が格納されます。したがって、すべてのソフトウェア更新プログラム、サーバー名、サーバー数などが完全に同じになるように構成した環境でのみ復元できます。つまり、構成データベースをバックアップした後でトポロジやサーバーの役割を変更すると、構成データベースを復元できません。

Microsoft SQL Server を使用してデータベースを復元する手順の詳細については、「SQL Server でのデータベースのバックアップおよび復元」(http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=102629\&clcid=0x41) を参照してください。

Project Server 2010 データベースを復元する

注意

Microsoft Project 2010 を保護する場合、回復ファームの構成をお勧めします。回復ファームとは、サイトおよびアイテムの復旧のため、データの復元専用に使用されるセカンダリ ファームです。回復ファームは、実稼働用のファームとして使用することを目的としていません。回復ファームにはプライマリ ファームと同じハードウェアは必要ないため、単一サーバー インストールまたは仮想ファームの使用をお勧めします。

IT 環境でサービス アプリケーションに関連付けられているデータベースをデータベース管理者 (DBA) が復元する必要がある場合は、バックアップおよび復旧の操作について DBA と調整する必要があります。データベースの復元に使用するアカウントは、SQL Server の dbcreator 固定サーバー ロールのメンバーである必要があります。

組み込みツールを使用してデータベースを復元する

Microsoft SharePoint 2010 に組み込まれたツールを使用してデータベースを復元するには、この手順を使用します。

重要

次の手順を完了するには、Farm Administrators SharePoint グループのメンバーシップが最低限必要です。

サーバーの全体管理を使用してデータベースを復元するには

  1. SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトの [バックアップと復元] セクションで、[バックアップからの復元] をクリックします。

  2. [復元するバックアップの選択] ページの [バックアップ ディレクトリの場所] セクションで、バックアップ フォルダーの汎用名前付け規則 (UNC) パスを入力します。

  3. [復元するバックアップの選択] ページで、復元するバックアップ ファイルを選択して、[次へ] をクリックします。

  4. [復元するコンポーネントの選択] ページで、復元するデータベースを選択し、[次へ] をクリックします。

  5. [復元オプションの選択] ページで、以下を行います。

    1. [復元するコンポーネント] セクションで、選択したデータベースが表示されていることを確認します。

    2. [復元オプション] セクションで、[同じ構成] を選択します。

      現在のファームが上書きされることを通知するメッセージが表示されます。[OK] をクリックします。

    3. [新しい名前] セクションで、各コンポーネントの新しい名前と URL を入力するか、または既定値をそのまま使用します。

  6. [復元の開始] をクリックします。