Project Server 2010 テスト環境での SharePoint Server 2010 のインストール

 

適用先: Project Server 2010, SharePoint Server 2010

トピックの最終更新日: 2017-01-18

(この記事は、Microsoft Project Server 2010 テスト環境展開シリーズのパート 6 です。この記事の手順では、「Project Server 2010 テスト環境を作成するための Hyper-V クイック スタート」から順にシリーズを読んでいることを前提としています。)

ここでは、Microsoft SharePoint Server 2010 を Litware-Proj 仮想マシンにインストールする方法を説明します。

ビデオ デモ

このビデオでは、SharePoint Server 2010 の設定に必要な手順を説明します。

ビデオのスクリーンショット

ビデオを見る (英語) (http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=196723\&clcid=0x41) (英語)。ビデオ ファイルをダウンロードするには、リンクを右クリックし、[対象をファイルに保存] をクリックしてください。

SharePoint Server をインストールする

SharePoint Server 2010 をインストールする最初の手順は、SharePoint Server 2010 の必須コンポーネントのインストールです。 これらは、自動的にインターネットからダウンロードし、SharePoint Server 2010 セットアップに組み込まれている SharePoint Server 2010 必須コンポーネント インストール ツールによってインストールできます。

重要

Project Server 2010 の展開には、Enterprise Edition の SharePoint Server 2010 が必要です。

Litware-Proj 仮想マシンが必要な更新プログラムをダウンロードできるためには、Litware-Proj 仮想マシンへの第 2 の仮想ネットワーク接続を追加し、これを外部ネットワーク接続に接続する必要があります。

注意

ネットワーク接続を追加するには、仮想マシンをオフにする必要があります。仮想マシンをオフにする際には、Virtual Machine Manager で該当する仮想マシンを右クリックしてから [設定] をクリックします。[設定] ページの [ハードウェアの追加] セクションで、[ネットワーク アダプター] を選択し、これを [外部ネットワーク] に接続します。

注意

仮想マシンからインターネット接続を作成できない場合は、インターネットから必須コンポーネントをダウンロードし、仮想マシンの DVD ドライブに追加可能な ISO ファイルを作成できます。必要な必須コンポーネントの詳細については、「ハードウェア要件およびソフトウェア要件 (SharePoint Server 2010)」を参照してください。

SharePoint Server 2010 とその必須コンポーネントのインストールでは、Litware\FarmAdmin アカウントを使用します。このアカウントは、Litware-Proj 仮想マシンのローカル管理者である必要があります。

ドメイン管理者アカウントが存在する Litware-Proj 仮想マシンにログインし、以下の手順を実行して、Litware\FarmAdmin アカウントをローカル Administrators グループに追加します。

ローカル管理者を追加するには

  1. SharePoint Server 2010 をインストールする仮想マシンにドメイン管理者としてログインします。

  2. [スタート] ボタンをクリックし、[管理ツール]、[コンピューターの管理] の順にクリックします。

  3. [ローカル ユーザーとグループ] を展開し、[グループ] をクリックします。

  4. 右側のウィンドウで、[管理者] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

  5. [追加] をクリックします。

  6. SQL Server 管理アカウントの名前 (Litware\FarmAdmin) を入力し、[OK] をクリックします。

  7. [OK] をクリックします。

  8. 仮想マシンからログオフします。

この記事の残りの手順を実行するには、Litware\FarmAdmin アカウントで Litware-Proj 仮想マシンにログオンします。

SharePoint Server 2010 の必須コンポーネントをインストールするには、以下の手順を実行します。

SharePoint Server 2010 の必須コンポーネントをインストールするには

  1. SharePoint Server 2010 の DVD で、default.hta を実行します。

  2. SharePoint Server 2010 の最初のページで、[ソフトウェア必須コンポーネントのインストール] をクリックします。

  3. ウィザードに従って、すべての必須コンポーネントのインストールを完了させます。

    注意

    ご使用の構成によっては、このプロセスの間にコンピューターを再起動する必要がある場合があります。

  4. ウィザードが終了したら、[完了] をクリックします。

必須コンポーネントのインストールが完了したら、SharePoint Server 2010 本体をインストールできます。以下の手順を実行して、SharePoint Server 2010 を Litware-Proj にインストールします。

SharePoint Server 2010 をインストールするには

  1. SharePoint Server 2010 の DVD で、default.hta を実行します。

  2. SharePoint Server 2010 の最初のページで、[SharePoint Server のインストール] をクリックします。

  3. [プロダクト キーの入力] ページで、プロダクト キーを入力し、[続行] をクリックします。

  4. [マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項をお読みください] ページで、ライセンス条項を読み、[「マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項」に同意します] チェック ボックスをオンにして、ライセンス条項に同意します。

  5. [続行] をクリックします。

  6. [インストールの種類を選択してください] ページで、[サーバー ファーム] をクリックします。

  7. [サーバーの種類] ページで、[完全 - すべてのコンポーネントをインストールします。] オプションを選択します。

  8. [今すぐインストール] をクリックします。

  9. [構成ウィザードの実行] ページで、[SharePoint 製品とテクノロジ構成ウィザードを今すぐ実行する] チェック ボックスをオンのままにして、[閉じる] をクリックします。

  10. [SharePoint 製品へようこそ] ページで [次へ] をクリックします。

  11. 警告のダイアログ ボックスで、[はい] をクリックします。

  12. [サーバー ファームへの接続] ページで、[新しいサーバー ファームの作成] オプションを選択し、[次へ] をクリックします。

  13. [構成データベースの設定] ページで、次の操作を行います。

    1. [データベース サーバー] ボックスに、SharePoint Server 2010 データベース (Litware-SQL) をホストするデータベース サーバーの名前を入力します。

    2. データベース アクセス アカウントのユーザー名とパスワードを入力します (litware\FarmAdmin)。

    3. [次へ] をクリックします。

  14. [ファーム セキュリティ設定の指定] ページで、ファームのパス フレーズを入力して確認し、[次へ] をクリックします。

  15. [SharePoint サーバーの全体管理 Web アプリケーションの構成] ページで、SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトのポート番号を選択し、[次へ] をクリックします。

  16. [SharePoint 製品構成ウィザードの終了] ページで [次へ] をクリックします。

  17. [構成成功] ページで [完了] をクリックします。

SharePoint Server 2010 の構成が完了したら、SharePoint サーバーの全体管理が開きます。Project Server 2010 のインストール前に必要な SharePoint Server 2010 の構成はないので、サーバーの全体管理を閉じることができます。

次の記事「テスト環境における Project Server 2010 のインストールと構成」に進む前に、Litware-Proj 仮想マシンを再起動します。