Project Server 2010 テスト環境を作成するための Hyper-V クイック スタート

 

適用先: Project Server 2010

トピックの最終更新日: 2016-11-30

(この記事は、Microsoft Project Server 2010 テスト環境展開シリーズのパート 1 です。各パートの手順は、その前のパートの手順に基づくため、このシリーズの記事は、この記事から順に読む必要があります。)

Hyper-V は、マイクロソフトの仮想化ソリューションです。ほとんどのバージョンの Windows Server 2008 および Windows Server 2008 R2 に組み込まれており、複数のサーバーを購入する必要なしにフルスケールの Microsoft Project Server 2010 テスト環境を展開するための理想的なプラットフォームを提供します。

ここでは、Hyper-V を有効にして仮想マシンを作成するために従う必要がある手順を説明します。既に Hyper-V について十分に理解している場合は、次の記事「Project Server 2010 テスト環境用ドメイン コントローラーのセットアップ」に進むことができます。

ビデオ デモ

このビデオでは、Windows Server 2008 上で Hyper-V を有効にするための手順を説明します。

ビデオのスクリーンショット

ビデオを見る (英語) (http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=196700\&clcid=0x41) (英語)。ビデオ ファイルをダウンロードするには、リンクを右クリックし、[対象をターゲットに保存] をクリックしてください。

Hyper-V を有効にする

最初の手順は、Hyper-V を有効にすることです。Hyper-V は、Windows Server 2008 のサーバー ロールです。これを有効にするには、管理者としてコンピューターにログオンし、以下の手順を実行します。

Hyper-V を有効にするには

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[管理ツール]、[サーバー マネージャー] の順にクリックします。

  2. 左側のウィンドウで、[ロール] をクリックします。

  3. 右側のウィンドウで、[ロールの追加] をクリックします。

  4. [作業を始める前に] ページが表示された場合は、[次へ] をクリックします。

  5. [サーバー ロールの選択] ページで、[Hyper-V] チェック ボックスをオンにし、[次へ] をクリックします。

  6. [Hyper-V] ページで、[次へ] をクリックします。

  7. [仮想ネットワークの作成] ページで、ネットワーク アダプターのチェック ボックスをオフのままにして [次へ] をクリックします。

  8. [インストール オプションの確認] ページで [インストール] をクリックします。

  9. [インストールの結果] ページで、[閉じる] をクリックします。

  10. サーバーを再起動します。

仮想ネットワークを構成する

Hyper-V が有効になったら、仮想マシンが相互に通信できるように Hyper-V 内で仮想ネットワークを作成する必要があります。次の 2 つの仮想ネットワークが必要です。

  • 仮想マシンどうしが通信できるための内部仮想ネットワーク

  • 仮想マシンが企業ネットワークやインターネットと通信できるための外部仮想ネットワーク (特に Microsoft SharePoint Server 2010 のインストール時に必須コンポーネントをダウンロードするために必要)

内部ネットワークを構成するには、以下の手順を実行します。

内部仮想ネットワークを構成するには

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[管理ツール]、[Hyper-V マネージャー] の順にクリックします。

  2. 左側のウィンドウで、ローカル コンピューターのノードをクリックします。

  3. 右側のウィンドウで、[仮想ネットワーク マネージャー] をクリックします。

  4. [内部] をクリックし、[追加] をクリックします。

  5. [名前] ボックスに「Internal Network」と入力します。

  6. [内部のみ] オプションが選択されていることを確認し、[OK] をクリックします。

内部ネットワークの作成が完了したら、以下の手順を使用して外部ネットワークを作成します。

外部仮想ネットワークを構成するには

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[管理ツール]、[Hyper-V マネージャー] の順にクリックします。

  2. 左側のウィンドウで、ローカル コンピューターのノードをクリックします。

  3. 右側のウィンドウで、[仮想ネットワーク マネージャー] をクリックします。

  4. [外部] をクリックし、[追加] をクリックします。

  5. [名前] ボックスに「External Network」と入力します。

  6. [外部] オプションを選択し、ドロップダウン リストからネットワーク アダプターを選択します。

  7. [管理オペレーティング システムにこのネットワーク アダプターの共有を許可する] チェック ボックスをオンにします。

  8. [OK] をクリックします。

  9. [ネットワークの変更を適用] ダイアログ ボックスで、[はい] をクリックします。

仮想マシンを作成する

ネットワークの構成が完了したら、Hyper-V への仮想マシンの追加を開始できます。この一連の記事のすべての手順を完了するには、次の仮想マシンが必要です。

  • Litware-DC - ドメイン コントローラー

  • Litware-SQL - SQL Server 2008

  • Litware-Proj - SharePoint Server 2010 および Project Server 2010

作成する仮想マシンのそれぞれについて、以下の手順を実行します。

仮想マシンを作成するには

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[管理ツール]、[Hyper-V マネージャー] の順にクリックします。

  2. 左側のウィンドウで、ローカル コンピューターのノードをクリックします。

  3. 右側のウィンドウで、[新規作成] をクリックし、[仮想マシン] をクリックします。

  4. [作業を始める前に] ページで、[次へ] をクリックします。

  5. [名前] ボックスに仮想マシンで使用する名前を入力し、[次へ] をクリックします。

  6. [メモリの割り当て] ページで、作成する仮想マシンに適切なメモリの値を入力します。

  7. [ネットワークの構成] ページで、ドロップダウン リストから [外部ネットワーク] を選択し、[次へ] をクリックします。

  8. [仮想ハード ディスクの接続] ページで、既定値をそのまま使用して [次へ] をクリックします。

  9. [インストール オプション] ページで、[後でオペレーティング システムをインストールする] オプションが選択されたままの状態で [次へ] をクリックします。

  10. [完了] をクリックします。

オペレーティング システムの読み込み

空のハード ディスクを持つ仮想マシンの作成が完了したら、次の手順はオペレーティング システムのインストールです。Project Server 2010 は、Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2 を必要とします。作成するサーバー仮想マシンごとに Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2 を使用することをお勧めします。以下の手順を実行して、オペレーティング システムを仮想マシンにインストールします。

オペレーティング システムを仮想マシンに読み込むには

  1. Hyper-V マネージャーで、オペレーティング システムを読み込む仮想マシンを右クリックし、[設定] をクリックします。

  2. 左側のウィンドウで、[DVD ドライブ] をクリックします。

  3. 右側のウィンドウで、[イメージ ファイル] オプションを選択します。

  4. [参照] をクリックし、オペレーティング システムを含む ISO ファイルの場所を見つけます。

  5. [OK] をクリックします。

  6. Hyper-V マネージャーで、オペレーティング システムを読み込む仮想マシンをダブルクリックします。

  7. [仮想マシン接続] ウィンドウで、ツール バーの開始アイコンをクリックします。

  8. オペレーティング システムをインストールします。

必要な仮想マシンをすべて作成してそれぞれにオペレーティング システムをインストールしたら、次の手順はドメイン コントローラーのセットアップです。次の記事「Project Server 2010 テスト環境用ドメイン コントローラーのセットアップ」に進んでください。