Microsoft Office Servers のインフラストラクチャ更新をインストールする (Search Server 2008)

更新日: 2008年8月

適用対象: Microsoft Search Server 2008

 

トピックの最終更新日: 2008-09-18

Microsoft Search Server 2008 または Microsoft Search Server 2008 Express を実行するサーバーに Microsoft Office サーバー製品インフラストラクチャ更新プログラムをインストールするときは、品質およびパフォーマンスを拡張できます。更新の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事「Microsoft Office サーバー製品インフラストラクチャ更新プログラムについて : 2008 年 7 月 15 日」(http://support.microsoft.com/kb/951297/ja?amp;clcid=0x411) を参照してください。

ここでは、更新するコンピュータに Microsoft Search Server 2008 または Microsoft Search Server 2008 Express がインストールされているものとします。また、Microsoft Office サーバー製品インフラストラクチャ更新プログラムをインストールする前に、サーバー ファームのすべてのサーバーにWindows SharePoint Services 3.0 インフラストラクチャ更新プログラムをインストールすることもお勧めします。

重要

Search Server 2008 または Search Server 2008 Express の x86 インストールをアップグレードする場合は、x86 コンポーネントのみを使用する必要があります。このコンポーネントには、オペレーティング システム、Search Server 2008 または Search Server 2008 Express、および Microsoft Office サーバー製品インフラストラクチャ更新プログラム が含まれています。同様に、x64 インストールをアップグレードする場合は、x64 コンポーネントのみを使用するように注意してください。

大まかな手順

以下では、Microsoft Office サーバー製品インフラストラクチャ更新プログラムをインストールする大まかな手順を説明します。

  1. 手順 1: 「Presentation: Understanding and deploying hotfixes, public updates, and service packs (Search Server 2008)」のプレゼンテーションを見ます。

  2. 手順 2: 「はじめに」で説明されている準備作業の手順を実行します。

  3. 手順 3: (省略可能) Windows SharePoint Services 3.0 インフラストラクチャ更新プログラム をダウンロードしてインストールします。詳細については、「Windows SharePoint Services 3.0 インフラストラクチャ更新プログラムをインストールするには」を参照してください。

  4. 手順 4: Microsoft Office サーバー製品インフラストラクチャ更新プログラムをダウンロードしてインストールします。

  5. 手順 5: (省略可能) 言語パックをダウンロードしてインストールします。詳細については、「言語パックを展開する (Search Server 2008)」を参照してください。

はじめに

ここでは、ソフトウェア更新プログラムをインストールする前に考慮する必要のある推奨事項について説明します。

  • ユーザーの作業の中断時間が最短になるように、アップグレードの時間のスケジュールを設定します。

    アップグレードの実行中に、サービス、タイマ ジョブ、またはクロールを停止する必要はありません。必要に応じて、セットアップ ウィザードがこれらを停止または一時停止して再開します。セットアップ ウィザードは、アップグレードの実行中に、インターネット インフォメーション サービス、SharePoint Administration Service、および SharePoint Timer Services を再起動します。

    注意

    Web フロントエンド サーバーで実行されている World Wide Web Publishing サービスを停止する必要はありません。ただし、アップグレードの実行中にセットアップ ウィザードがサービスを再起動した場合、サイトへのアクセスが一時的に影響を受ける可能性があります。

  • Search Server 2008 を実行するサーバーでホストされている Web サイトのユーザーおよび主要な関係者に、予定されているスケジュールを通知し、必要に応じてスケジュールを調整します。

ソフトウェア更新プログラムのインストールを開始する前に、サーバー ファームをバックアップします。検索およびすべてのデータベースのバックアップを作成する必要があります。以下のガイドラインに従うことをお勧めします。

  • 検索 : SharePoint サーバーの全体管理の完全バックアップ操作または stsadm コマンドライン ツールを使用して、インデックス サーバーと関連付けられている共有サービス プロバイダ (SSP) の完全バックアップを作成します。バックアップ操作では、SSP データベースのバックアップとファイル システムのコンテンツ インデックスのバックアップの両方が実行されます。

    重要

    バックアップの実行前に、バックアップするドライブに、ファーム全体のバックアップに必要な空き容量があることを確認してください。SSP のみをバックアップする場合でも、ファーム全体のバックアップに必要な空き容量がないと、バックアップ操作は失敗します。

  • 構成データベースおよびサーバーの全体管理コンテンツ データベース : ファームを停止した後、SQL Server のツールを使用してデータベースをバックアップする必要があります。トランザクション ログが切り捨てられるように、単純復旧モデルを使用してください。詳細については、「すべてのデータベースを移動する (Search Server 2008)」を参照してください。

  • コンテンツ データベース : stsadm コマンドライン ツールまたは SQL Server のどちらかを使用して完全バックアップ操作を実行し、すべてのコンテンツ データベースをバックアップします。SQL Server を使用する場合は、トランザクション ログが切り捨てられるように、単純復旧モデルを使用してください。

  • フロントエンド Web サーバー : フロントエンド Web サーバーをカスタマイズしている場合や、Web アプリケーションに対するカスタマイズの程度が不明な場合は、フロントエンド Web サーバーのバックアップ イメージを作成することをお勧めします。フロントエンド Web サーバーに展開したすべてのソリューション パッケージをバックアップしたことを確認してください。

    注意

    フロントエンド Web コンピュータをカスタマイズする場合は、強固な構築プロセスまたはスクリプトを使用してカスタマイズを管理し、新しいコンピュータにカスタマイズを適用できるようにするのが理想です。

  • アップグレード中に回復できないエラーが発生すると、作成したバックアップ イメージからサーバーを復元することが必要になる場合があります。その場合は、フロントエンド Web サーバーにすべてのカスタマイズを手動で適用する必要があります。

    注意

    ソフトウェア更新プログラムのインストールが成功したことを確認した後で、サーバー ファームをバックアップすることをお勧めします。

ヒント

アップグレードの間にバックアップ操作を実行すると失敗します。このため、すべてのバックアップ操作が完了するのを待ってからアップグレードを実行することをお勧めします。

サーバー ファームのバックアップおよび復元の詳細については、「ファームの保護および復元 (Search Server 2008)」を参照してください。 ソフトウェア更新プログラムをインストールするための準備作業に関する一般的な情報については、「Office SharePoint Server 2007 のソフトウェア更新プログラムを展開する」を参照してください。

Windows SharePoint Services 3.0 インフラストラクチャ更新プログラムのインストール

サーバー ファーム内のすべてのサーバーに、Windows SharePoint Services 3.0 インフラストラクチャ更新プログラム をインストールすることをお勧めします。これにより、Microsoft Office サーバー製品インフラストラクチャ更新プログラムに含まれない更新が提供されます。たとえば、Windows SharePoint Services 3.0 インフラストラクチャ更新プログラム での重要な更新には次のようなものがあります。

  • プラットフォームのパフォーマンス向上と修正。

  • バックアップと復元に関する複数の修正。

  • コア ワークフローに関する複数の修正。

Windows SharePoint Services 3.0 インフラストラクチャ更新プログラム をインストールする場合は、Microsoft Office サーバー製品インフラストラクチャ更新プログラムをインストールする前に行う必要があります。

Windows SharePoint Services 3.0 インフラストラクチャ更新プログラムは、更新する各コンピュータにダウンロードするか、またはファイル共有にダウンロードすることができます。 インストール ソースとしてファイル共有を使用する場合は、その共有にアクセスする各サーバー管理者に対して、少なくとも読み取り権限が付与されていることを確認してください。

Windows SharePoint Services 3.0 インフラストラクチャ更新プログラムをインストールするには

ここでは、任意の規模のサーバー ファームに Windows SharePoint Services 3.0 インフラストラクチャ更新プログラムをインストールするために必要なすべての手順を含めています。 複数のコンピュータ サーバー ファームにインストールする場合、Search Server 2008 または Search Server 2008 Express を実行しているサーバー ファーム内の各サーバーに更新プログラムをインストールします。

Windows SharePoint Services 3.0 インフラストラクチャ更新プログラムをインストールする

  1. Windows SharePoint Services 3.0 インフラストラクチャ更新プログラムをダウンロードします。

    32 ビット版更新プログラムは次の場所からダウンロードできます。

    Microsoft ダウンロード センター (http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=121881&clcid=0x411)

    64 ビット版更新プログラムは次の場所からダウンロードできます。

    Windows SharePoint Services 3.0 インフラストラクチャ更新プログラム (64 ビット版) : KB951695 (http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=121883&clcid=0x411)

  2. すべての Web サーバー上の World Wide Web Publishing サービス (W3SVC) を停止して、サーバー ファームからユーザーを切断します。

    注意

    この手順は、サーバーが完全に停止していることを確実にするための予防措置として実行します。

  3. 最初のサーバーの Windows エクスプローラで、ダウンロードした .exe をダブルクリックします。

    既定では、x86 版のファイル名は infrastructureupdateforwindowssharepointservices3.0-kb951695-fullfile-x86.exe で、x64 システム用のファイル名は infrastructureupdateforwindowssharepointservices3.0-kb951695-fullfile-x64.exe です。

    重要

    以下の手順は、最初にインデックス サーバー、次にクエリ サーバー、最後にフロントエンド Web サーバーの順序で実行してください。

  4. [セキュリティの警告] ダイアログ ボックスが表示される場合は、[実行] をクリックして続行します。

  5. [マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項] ページで、[「マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項」に同意します] チェック ボックスをオンにして、[続行] をクリックします。

    ソフトウェア更新プログラムのインストールの最後に、SharePoint 製品とテクノロジ構成ウィザードが開始されます。

    注意

    ウィザードが自動的に開始されない場合は、[スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム] をポイントします。次に、[管理ツール] をポイントし、[SharePoint 製品とテクノロジ構成ウィザード] をクリックします。

  6. [SharePoint 製品とテクノロジへようこそ] ページで、[次へ] をクリックします。

  7. 構成中に一部のサービスを再起動する必要があることを通知するダイアログ ボックスで、[はい] をクリックします。

    重要

    インターネット インフォメーション サービス、SharePoint Administration Service、および SharePoint Timer Service の再起動中、サーバー ファームへのユーザー アクセスが一時的に中断されます。これらのサービスの再起動は、通常、わずかな時間で完了します。

  8. [SharePoint 製品とテクノロジ構成ウィザードの終了] ページで [次へ] をクリックします。

  9. サーバー ファーム内のインストールに関するダイアログ ボックスが表示された場合は、[OK] をクリックしないでください。代わりに、各サーバーで次のダイアログ ボックスが表示されたままにします。

    サーバー ファームの各サーバーでセットアップを実行して、新しいバイナリ ファイルをインストールする必要があります。サーバー ファームに複数のサーバーがある場合、他のサーバーでセットアップと構成ウィザードを実行してから、このサーバーに戻って [OK] をクリックし、続行します。

  10. サーバー ファーム内のすべてのサーバーで上記のダイアログ ボックスが表示されているときには、サーバーの全体管理 Web サイトをホストする 1 つのサーバーを使用してインストールを完了させます。

  11. 前の手順で選択したサーバーで [OK] をクリックします。

  12. [構成が正常に完了しました] ページで [完了] をクリックします。

  13. サーバーの全体管理 Web サイトをホストする 1 つの Web サーバーの更新が完了したら、この 1 つの Web サーバーで「インストールを確認する」の手順を実行し、ソフトウェア更新プログラムのインストールが正常であったことを確認する必要があります。

  14. ダイアログ ボックスで [OK] をクリックし、サーバー ファーム内の残りのコンピュータを 1 つずつ継続して更新します。

    注意

    SharePoint 製品とテクノロジ構成ウィザードが、一度に 1 つのコンピュータでだけ構成手順を実行することが重要です。

確認手順

Windows SharePoint Services 3.0 インフラストラクチャ更新プログラムがインストールされていることを確認するには、マイクロソフト サポート技術情報の記事「Windows SharePoint Services 3.0 インフラストラクチャ更新プログラムについて」(http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=125366&clcid=0x411) の「Service Pack がインストール済みかどうかを確認する方法」を参照してください。

Microsoft Office サーバー製品インフラストラクチャ更新プログラムをインストールする

この手順を使用して、単一のサーバーまたはサーバー ファーム上の Search Server 2008 または Search Server 2008 Express に Microsoft Office サーバー製品インフラストラクチャ更新プログラムをインストールします。 Microsoft Office サーバー製品インフラストラクチャ更新プログラムは、サーバー ファーム内の各サーバーにインストールする必要があります。

Microsoft Office サーバー製品インフラストラクチャ更新プログラムは、更新しているコンピュータごとにダウンロードすることも、ファイル共有にダウンロードすることもできます。ファイル共有をインストール ソースとして使用する場合は、その共有にアクセスする各サーバー管理者に、少なくとも読み取り権限を与える必要があります。

Microsoft Office サーバー製品インフラストラクチャ更新プログラムをインストールするには

サーバー ファームの各サーバーに Microsoft Office サーバー製品インフラストラクチャ更新プログラムをインストールする必要があります。

Microsoft Office Servers のインフラストラクチャ更新のインストール

  1. Microsoft Office サーバー製品インフラストラクチャ更新プログラムをダウンロードします。

    32 ビット版更新プログラムは次の場所からダウンロードできます。

    Microsoft Office サーバー製品インフラストラクチャ更新プログラム : KB951297 (http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=121879&clcid=0x411)

    64 ビット版更新プログラムは次の場所からダウンロードできます。

    Microsoft Office サーバー製品インフラストラクチャ更新プログラム (64 ビット版) : KB951297 (http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=121880&clcid=0x411)

  2. すべての Web サーバー上の World Wide Web Publishing サービス (W3SVC) が停止していることを確認します。

    注意

    この手順は、サーバーが完全に停止しており、更新中にユーザーがサーバー ファームにアクセスできないことを確実にするための予防措置として実行します。

  3. 最初のサーバーの Windows エクスプローラで、ダウンロードした .exe をダブルクリックします。

    既定では、x86 版のファイル名は infrastructureupdateformicrosoftofficeservers-kb951297-fullfile-x86.exe、x64 版のファイル名は infrastructureupdateformicrosoftofficeservers-kb951297-fullfile-x64.exe です。

    重要

    以下の手順は、最初にインデックス サーバー、次にクエリ サーバー、最後にフロントエンド Web サーバーの順序で実行してください。

  4. [セキュリティの警告] ダイアログ ボックスが表示される場合は、[実行] をクリックして続行します。

  5. [マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項] ページで、[「マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項」に同意します] チェック ボックスをオンにして、[続行] をクリックします。

    ソフトウェア更新プログラムのインストールの最後に、SharePoint 製品とテクノロジ構成ウィザードが開始されます。

    注意

    ウィザードが自動的に開始されない場合は、[スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム] をポイントします。次に、[管理ツール] をポイントし、[SharePoint 製品とテクノロジ構成ウィザード] をクリックします。

  6. [SharePoint 製品とテクノロジへようこそ] ページで、[次へ] をクリックします。

  7. 構成中に一部のサービスを再起動する必要があることを通知するダイアログ ボックスで、[はい] をクリックします。

    重要

    インターネット インフォメーション サービス、SharePoint Administration Service、および SharePoint Timer Service の再起動中、サーバー ファームへのユーザー アクセスが一時的に中断されます。これらのサービスの再起動は、通常、わずかな時間で完了します。

  8. [SharePoint 製品とテクノロジ構成ウィザードの終了] ページで [次へ] をクリックします。

  9. サーバー ファーム内のインストールに関するダイアログ ボックスが表示された場合は、[OK] をクリックしないでください。代わりに、各サーバーで次のダイアログ ボックスが表示されたままにします。

    サーバー ファームの各サーバーでセットアップを実行して、新しいバイナリ ファイルをインストールする必要があります。サーバー ファームに複数のサーバーがある場合、他のサーバーでセットアップと構成ウィザードを実行してから、このサーバーに戻って [OK] をクリックし、続行します。

  10. サーバー ファーム内のすべてのサーバーで上記のダイアログ ボックスが表示されているときには、サーバーの全体管理 Web サイトをホストする 1 つのサーバーを使用してインストールを完了させます。

  11. 前の手順で選択したサーバーで [OK] をクリックします。

  12. [構成が正常に完了しました] ページで [完了] をクリックします。

  13. サーバーの全体管理 Web サイトをホストする 1 つの Web サーバーの更新が完了したら、この 1 つの Web サーバーで「インストールを確認する」の手順を実行し、ソフトウェア更新プログラムのインストールが正常であったことを確認する必要があります。

  14. ダイアログ ボックスで [OK] をクリックし、サーバー ファーム内の残りのコンピュータを 1 つずつ継続して更新します。

    注意

    SharePoint 製品とテクノロジ構成ウィザードが、一度に 1 つのコンピュータでだけ構成手順を実行することが重要です。

  15. サーバー ファーム内のすべてのサーバーでソフトウェア更新プログラムのインストールと構成が完了したら、World Wide Web Publishing サービスを手動で停止した各サーバーで、サービスを手動で開始し、ユーザーが Web サーバーを利用できるようにします。

確認手順

Microsoft Office サーバー製品インフラストラクチャ更新プログラムがインストールされていることを確認するには、マイクロソフト サポート技術情報の記事 951297「Microsoft Office サーバー製品インフラストラクチャ更新プログラムについて」(http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=121886&clcid=0x411) の「更新プログラムがインストールされているかどうかを確認する方法」を参照してください。