Stsadm の操作とプロパティの索引 (Windows SharePoint Services)

この記事の内容 :

  • 操作

  • プロパティ

注意

すべての Stsadm 操作とプロパティが機能別にグループ化された印刷可能なポスターについては、「Poster: Stsadm Technical Reference (英語)」(http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=120151&clcid=0x411) を参照してください。このファイルは、Microsoft Office Visio 2007 で作成されたものです。Office Visio がない場合は、無料のビューアをダウンロード (http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=118761&clcid=0x411) できます。このファイルの印刷にはプロッタが最適です。

操作

名前 説明 詳細情報

Activatefeature

機能コレクションの機能をアクティブ化します。

Activatefeature : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Addalternatedomain

内部 URL を追加し、それを Web アプリケーションまたは外部リソースの 5 つのゾーンのいずれかにマップします。

Addalternatedomain : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Addcontentdb

新しいコンテンツ データベースを作成するか、url パラメータおよび databasename パラメータが指定されているときはアップグレードが必要なデータベースを追加します。

Addcontentdb : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Addpath

Web アプリケーションに含める管理対象パスを追加します。

Addpath: Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Addpermissionpolicy

指定されたアクセス許可レベル名と対応するゾーンに基づいて、Web プリケーションのポリシー ロールにユーザーを追加します。

Addpermissionpolicy : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Addsolution

ソリューション ストアにソリューション ファイルを追加します。

Addsolution : Stsadm の操作 (Windows SharePoint Services)

Addtemplate

テンプレート ギャラリーにサイト テンプレートを追加します。

Addtemplate : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Adduser

ユーザー アカウントを、指定されたサイト コレクションに追加し、指定されたサイト グループに割り当てます。

Adduser : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Addwppack

サーバーの Web パーツ ギャラリーに Web パーツ パッケージを追加します。

Addwppack : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Addzoneurl

パブリック URL を構成し、それを Web アプリケーションまたは外部リソースの 5 つの URL 領域のいずれかにマップします。

Addzoneurl : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Authentication

Authentication は、現在のユーザーが特定のオブジェクトに対して実行できる操作を決定する承認プロセスに、ユーザー ID の入力を提供します。

Authentication : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Backup

サイト コレクション、個別のデータベース、Web アプリケーション、またはファーム全体のバックアップ方法を記述します。

Backup : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Backuphistory

以前に実行したバックアップ操作や復元操作の履歴を表示します。

Backuphistory: Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Binddrservice

データ取得サービス アダプタを登録します。

Binddrservice: Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Blockedfilelist

Web アプリケーションのブロックするファイルの種類一覧のファイル種類を管理者が追加または削除できるようにします。

Blockedfilelist: Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Changepermissionpolicy

ユーザーの Web アプリケーション ポリシー レベルを更新し、ユーザーが割り当てられている特定のアクセス許可レベルに対する変更を有効にします。

Changepermissionpolicy : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Copyappbincontent

ページ リソース (*.resx) ファイルなどの Web アプリケーション固有のファイルを、12\CONFIG フォルダのそれぞれの場所からコンピュータ上の各 Web アプリケーションの正しい場所にコピーします。

Copyappbincontent : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Createadminvs

SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトに対するポート番号を表示します。

Createadminvs : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Creategroup

サイト コレクション管理者が任意のサイト コレクションから新しいグループを作成できるようにします。

Creategroup : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Createsite

指定されたユーザーをサイト コレクション所有者およびサイト コレクション管理者として、指定された URL (Uniform Resource Locator) にサイト コレクションを作成します。

Createsite : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Createsiteinnewdb

指定された URL (Uniform Resource Locator) にサイトを作成し、指定されたユーザー名とパスワードを使用して新しいコンテンツ データベースを作成します。

Createsiteinnewdb : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Createweb

指定された URL (Uniform Resource Locator) にサブサイトを作成します。

Createweb : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Databaserepair

Windows SharePoint Services のコンテンツ データベースで切り離されたアイテムを検出して削除します。

Databaserepair : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Deactivatefeature

機能コレクションの機能を非アクティブ化します。

Deactivatefeature : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Deleteadminvs

ローカル マシンから SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトの準備を解除します。

Deleteadminvs : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Deletealternatedomain

URL ゾーンから内部 URL を削除します。

Deletealternatedomain : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Deleteconfigdb

ファームからローカル マシンの準備を解除し、構成データベースを削除します (ただし、構成データベースはドロップしません)。

Deleteconfigdb : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Deletecontentdb

Web アプリケーション、データベース名、およびデータベース サーバーを指定して、コンテンツ データベースをデタッチします。

Deletecontentdb : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Deletegroup

Windows SharePoint Services 3.0 で作成されたグループを削除します。

Deletegroup : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Deletepath

Windows SharePoint Services で管理されるパスの一覧から、インクルード パスを削除します。

Deletepath: Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Deletepermissionpolicy

指定された URL 名とユーザー ログインを基に、サイト コレクションからユーザーのアクセス許可ポリシーを削除します。

Deletepermissionpolicy : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Deletesite

Web アプリケーションから指定された URL のサイト コレクションを削除します。

Deletesite : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Deletesolution

ソリューション ストアから Windows SharePoint Services ソリューション パッケージ (*.wsp) を削除します。

Deletesolution : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Deletetemplate

指定されたサイト テンプレートをサイト テンプレート ギャラリーから削除します。

Deletetemplate : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Deleteuser

指定されたサイト コレクションおよび指定されたサイトからユーザー アカウントを削除します。

Deleteuser : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Deleteweb

指定された URL (Uniform Resource Locator) を使用してサブサイトを削除します。

Deleteweb : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Deletewppack

Web パーツ パッケージ内の Web パーツを仮想サーバーから削除します。

Deletewppack : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Deletezoneurl

パブリック URL と、その URL のマッピング先の領域を削除します。

Deletezoneurl : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Deploysolution

ソリューションに関連するファイルを構成データベースからファーム内の個々のフロントエンド Web サーバーに展開します。

Deploysolution : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Deploywppack

Web パーツ パッケージを展開します。

Deploywppack : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Disablessc

指定された Web アプリケーションの Self-Service Site Creation を無効にします。

Disablessc : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Displaysolution

ソリューション ストア内の特定のソリューションまたは Web パーツの情報を表示します。

Displaysolution : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Enablessc

指定された Web アプリケーションの Self-Service Site Creation を有効にします。

Enablessc : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Enumallwebs

コンテンツ データベース内のすべてのサイト コレクションとサブサイトの ID およびサイト マップの状態を表示します。

Enumallwebs : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Enumalternatedomains

内部 URL を一覧表示し、マップする URL 領域とパブリック URL を指定します。

Enumalternatedomains : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Enumcontentdbs

Web アプリケーションのすべてのコンテンツ データベースを列挙します。

Enumcontentdbs : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Enumgroups

Windows SharePoint Services 3.0 のすべてのグループを一覧表示します。

Enumgroups : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Enumroles

特定のサイトまたはサブサイトで使用可能なサイト グループを一覧表示します。

Enumroles : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Enumservices

ファーム内の Web アプリケーションのすべてのサービスを一覧表示します。

Enumservices : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Enumsites

Web アプリケーションでホストされているサイトの一覧を表示します。アップグレードする必要のあるサイトを検索するには、redirectedsites パラメータを使用します。

Enumsites : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Enumsolutions

ファームのソリューション ストア内にある Windows SharePoint Services ソリューション パッケージ (*.wsp) と Web パーツ パッケージの一覧を列挙します。

Enumsolutions : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Enumsubwebs

特定のサイトの直下に作成されているサブサイトを一覧表示します。

Enumsubwebs : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Enumtemplates

グローバル サイト テンプレート カタログに送信されたサイト テンプレートを一覧表示します。

Enumtemplates : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Enumusers

特定のサイト コレクションまたはサブサイトのユーザーを一覧表示します。

Enumusers : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Enumwppacks

サーバーの Web パーツ ギャラリーに現在含まれている Web パーツ パッケージを一覧表示します。

Enumwppacks : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Enumzoneurls

すべてのパブリック URL と、それらの URL がマップされる領域を一覧表示します。

Enumzoneurls : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Email

サーバーの電子メールの構成を設定します。

Email : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Execadmsvcjobs

Windows SharePoint Services Administration (SPAdmin) サービスが無効になっている管理サービス ジョブの実行をユーザーに許可します。

Execadmsvcjobs : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Export

Windows SharePoint Services 3.0 のインストールからサイトとサブサイトのデータをエクスポートします。

Export: Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Extendvs

Windows SharePoint Services 3.0 Web アプリケーションを拡張し、新しいコンテンツ データベースを作成します。

Extendvs : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Extendvsinwebfarm

サーバー ファームで使用できるように Windows SharePoint Services 3.0 の Web アプリケーションを拡張します。

Extendvsinwebfarm : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Forcedeletelist

ユーザーが、破損した状態で表示される可能性があるリストを削除できるようにします。

Forcedeletelist : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Getadminport

Windows SharePoint Services の管理ポートを返します。

Getadminport : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Getsitelock

サイトのロック状態を取得します。

Getsitelock : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Import

インストールされた Windows SharePoint Services 3.0 からサイトおよびサブサイトのデータをインポートします。

Import : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Installfeature

機能をインストールします。

Installfeature : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Listlogginglevels

ファームで登録されている各診断ログ カテゴリについて、現在のイベント ログおよびトレース ログのログ出力レベルを一覧表示します。

Listlogginglevels : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Localupgradestatus

アップグレードする必要のあるファームおよびローカル サーバーのコンポーネントを表示します。

Localupgradestatus : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Managepermissionpolicylevel

Web アプリケーションのポリシー レベルを管理者が管理できるようにします。

Managepermissionpolicylevel : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Mergecontentdbs

souredatabasename パラメータおよび destinationdatabasename パラメータが指定されると、1 つのコンテンツ データベースから別のデータベースへのサイト コレクションの移動を許可します。

Mergecontentdbs : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Migrateuser

Windows SharePoint Services 3.0 のユーザー アカウントを新しいユーザー名とバイナリ ID に移行します。

Migrateuser : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Preupgradecheck

Windows SharePoint Services 3.0 および関連製品から、SharePoint 製品とテクノロジの将来のバージョンにアップグレードする準備を行う際に、管理者を支援するためのルールを実行します。

Preupgradecheck : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Provisionservice

プロファイルおよびメンバシップ同期サービスを設定して、新しい Web アプリケーションに移動する前に、サイトとコンテンツ データベースを準備します。

Provisionservice : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Refreshdms

受信メールの設定が適切でない場所にデータベースが復元または移動された場合に、Directory Management Service を更新します。

Refreshdms : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Refreshsitedms

Refreshdms 操作と同じ機能を、サイト コレクション レベルで実行します。

Refreshsitedms : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Registerwsswriter

任意のフロントエンド Web サーバー上の Windows SharePoint Services VSS Writer サービス (WSS Writer サービスと呼ばれます) を有効にします。

Registerwsswriter : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Removedrservice

データ取得サービスの一覧から特定のデータ取得サービスを削除します。

Removedrservice : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Removesolutiondeploymentlock

バックエンド データベースから特定のサーバーまたはすべてのサーバーのソリューション展開ロックを削除します。

Removesolutiondeploymentlock : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Renameserver

構成データベースで指定されたサーバーの名前を変更します。

Renameserver : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Renamesite

ホスト名が付いたサイト コレクションの URL を新しい URL に変更します。

Renamesite : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Renameweb

サブサイトの URL を変更します。

Renameweb : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Restore

サイト コレクション、個別のデータベース、Web アプリケーション、またはファーム全体の復元方法を説明します。

Restore: Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Retractsolution

指定されたソリューションの展開を取り消し、フロントエンド Web サーバーからファイルを削除します。

Retractsolution : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Retractwppack

指定された Web パーツ パッケージの展開を取り消します。

Retractwppack : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Scanforfeatures

ファイル システム内の新しい機能をスキャンし、新しい機能がある場合はインストールします。

Scanforfeatures : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Setadminport

SharePoint サーバーの全体管理 Web サイト上にある既定の領域の URL (Uniform Resource Locator) およびアプリケーション プールを変更します。

Setadminport : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Setconfigdb

ファームで新しい構成データベースを作成するか、または既存のファームの構成データベースにローカル コンピュータを結合します。

Setconfigdb : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Setlogginglevel

ファームに登録されている 1 つ以上の各診断ログ カテゴリについて、Windows のイベント ログおよびトレース ログのログ出力レベルを設定します。

Setlogginglevel : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Setsitelock

サイト コレクションをロックして読み取りまたは書き込みアクセスを禁止するかどうかを指定する値を設定します。

Setsitelock : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Setworkflowconfig

ワークフロー設定を有効または無効にします。

Setworkflowconfig : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Siteowner

サイト コレクションの管理者または代理管理者を設定します。

Siteowner: Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Spsearch

Windows SharePoint Services Search サービスを管理します。

Spsearch : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Spsearchdiacriticsensitive

分音記号の区別設定を有効または無効にします。

Spsearchdiacriticsensitive : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Syncsolution

構成データベースに格納されている Windows SharePoint Services ソリューション パッケージ (WSP) のソリューションとディスクに格納されているファイルの同期を実行します。

Syncsolution : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Trimauditlog

管理者は、enddate パラメータを使用して指定された日付よりも古い監査エントリを削除できます。

Trimauditlog : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Tzmove

夏時間 (DST) の開始および終了の変更によって影響を受けるデータを管理者が更新できるようにします。

Tzmove : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Unextendvs

特定の Web アプリケーションから Windows SharePoint Services 3.0 を削除します。

Unextendvs : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Uninstallfeature

指定された機能定義をファームの機能定義コレクションから削除します。

Uninstallfeature : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Unregisterwsswriter

任意のフロントエンド Web サーバー上の Windows SharePoint Services VSS Writer サービス (WSS Writer サービスと呼ばれる) を無効にします。

Unregisterwsswriter: Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Updateaccountpassword

Web アプリケーション プールのパスワードを更新します。

Updateaccountpassword : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Updatealerttemplates

管理者は Alerttemplates.xml ファイルに対するカスタム変更を更新できます。

Updatealerttemplates: Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Updatefarmcredentials

SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトおよび Windows SharePoint Services Timer サービス (SPTimer) の Web アプリケーション プールを更新します。

Updatefarmcredentials : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Upgrade

段階的アップグレードの間に指定されたサイト コレクションをアップグレードします。

Upgrade : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Upgradesolution

既存のソリューションをアップグレードします。アップグレードするソリューションは、展開済みでも、未展開でもかまいません。ただし、immediate または time パラメータは、ソリューションが展開されている場合にのみ適用されます。

Upgradesolution : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Upgradetargetwebapplication

既存のバージョン 2.0 Web アプリケーションを新しい URL に移動し、既存のバージョン 2.0 Web アプリケーションと関連する設定に基づいて新しいバージョン 3.0 Web アプリケーションを作成することで、特定のバージョン 2.0 Web アプリケーションの段階的アップグレードの環境を準備します。

Upgradetargetwebapplication : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

Userrole

サイト グループのアクセス許可レベルを追加または削除します。

Userrole : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

プロパティ

プロパティ名 説明 詳細情報

Alerts-enabled

通知を有効または無効にします。

Alerts-enabled : Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Alerts-limited

ユーザーが作成できる通知の数を指定します。

Alerts-limited : Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Alerts-maximum

ユーザーが作成できる通知の最大数を指定します。

Alerts-maximum : Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Avallowdownload

ウイルスに感染したドキュメントを、ユーザーがローカル コンピュータにダウンロードすることを許可するかどうかを指定します。

Avallowdownload : Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Avcleaningenabled

ウイルスのクリーニングの有効/無効を指定します。

Avcleaningenabled : Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Avdownloadscanenabled

ドキュメントをダウンロードするときにスキャンするかどうかを指定します。

Avdownloadscanenabled : Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Avnumberofthreads

ウイルス対策処理に使用するスレッド数を指定します。

Avnumberofthreads : Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Avtimeout

ウイルス対策プロセスがタイムアウトになるまでの時間を指定します。

Avtimeout : Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Avuploadscanenabled

ドキュメントをアップロードするときにスキャンするかどうかを指定します。

Avuploadscanenabled : Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Change-log-expiration-enabled

Change-log-retention-period: Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services) プロパティで定義されている時間が経過した後で、変更ログを削除するかどうかを指定します。

Change-log-expiration-enabled: Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Change-log-retention-period

変更ログを保持する時間を指定します。

Change-log-retention-period: Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Command-line-upgrade-running

アップグレード プロセスが既に開始されているかどうかを指定します。

Command-line-upgrade-running : Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Data-retrieval-services-enabled

データ取得サービスを有効または無効にします。

Data-retrieval-services-enabled : Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Data-retrieval-services-inherit

SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトにおけるデータ取得サービスの設定を Web アプリケーションに継承するかどうかを指定します。

Data-retrieval-services-inherit : Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Data-retrieval-services-oledb-providers

現在は使用されていません。

適用されません。

Data-retrieval-services-response-size

データ取得サービスに返されるデータ ソースの応答のサイズを指定します。

Data-retrieval-services-response-size : Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Data-retrieval-services-timeout

要求のタイム アウト設定を指定します。

Data-retrieval-services-timeout : Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Data-retrieval-services-update

更新クエリのサポートを有効または無効にします。

Data-retrieval-services-update: Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Data-source-controls-enabled

サーバーのデータ ソース コントロールを有効または無効にします。

Data-source-controls-enabled : Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Database-command-timeout

コマンド実行の試行を終了し、エラーを生成するまでの待機時間を取得または設定します。

Database-command-timeout : Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Database-connection-timeout

Microsoft SQL Server データベースに対して、オープンな接続を取得するか、接続を設定します。

Database-connection-timeout : Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Days-to-show-new-icon

Web サイトに追加されたアイテムに "新規" アイコンを表示する日数を指定します。

Days-to-show-new-icon : Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Dead-site-auto-delete

サイト コレクションを削除するための設定を有効または無効にします。

Dead-site-auto-delete : Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Dead-site-notify-after

通知を送信するまでの日数を指定します。

Dead-site-notify-after : Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Dead-site-num-notifications

通知の送信回数を指定します。

Dead-site-num-notifications : Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Defaultquotatemplate

指定した Web アプリケーションに新しいサイト コレクションを作成するときに使用する既定のクォータ テンプレートを指定します。

Defaultquotatemplate : Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Defaulttimezone

Web アプリケーションで作成されるサイトのタイム ゾーンを指定します。

Defaulttimezone: Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Delete-web-send-email

使用が確認されない場合にサイト コレクションを削除します。

Delete-web-send-email : Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Irmaddinsenabled

Windows Rights Management Server 以外の権限管理プラットフォームを指定します。

Irmaddinsenabled : Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Irmrmscertserver

Windows Rights Management Services サーバーの場所を指定します。

Irmrmscertserver : Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Irmrmsenabled

別の権限管理プラットフォームの代わりに Windows RMS インフラストラクチャをサーバーが使用する必要があるかどうかを制御します。

Irmrmsenabled : Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Irmrmsusead

管理者が Windows RMS の場所を手動で指定するのではなく、Active Directory に保存される RMS サーバーの場所が Windows SharePoint Services 3.0 で使用されるように指定します。

Irmrmsusead : Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Job-ceip-datacollection

カスタマ エクスペリエンス向上プログラム (CEIP) のデータを収集するタイム スケジュールを指定します。

Job-ceip-datacollection : Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Job-change-log-expiration

変更ログ タイマ ジョブを実行するタイム スケジュールを指定します。

Job-change-log-expiration: Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Job-config-refresh

構成更新ジョブのスケジュールを指定します。

Job-config-refresh : Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Job-database-statistics

データベースの統計を収集するタイム スケジュールを指定します。

Job-database-statistics: Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Job-dead-site-delete

未使用の Web サイトを自動的に削除する間隔と時間範囲 (毎土曜日の 0:00:00 など) を指定します。

Job-dead-site-delete : Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Job-gradual-site-deletion

この機能は、サイト コレクションの段階的な削除を実行するために、4 月の累積的な更新プログラムで追加されました。サイト コレクションに削除済みのマークを付けることができます。これにより、そのコンテンツへのアクセスをすぐに禁止できます。

Job-gradual-site-deletion : Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Job-immediate-alerts

直ちに送信する通知をチェックする頻度を指定します。

Job-immediate-alerts : Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Job-recycle-bin-cleanup

ごみ箱のクリーンアップを実行するタイム スケジュールを指定します。

Job-recycle-bin-cleanup: Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Job-usage-analysis

管理者は利用状況処理の時間間隔を設定できます。

Job-usage-analysis : Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Job-watson-trigger

Windows SharePoint Services Watson アップロード ジョブの時間スケジュールを表示します。

Job-watson-trigger: Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Job-workflow

キューにあるワークフロー イベントを送信し、ワークフローに配信します。

Job-workflow: Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Job-workflow-autoclean

ワークフロー インスタンス データを削除するためのスキャンを実行する時間スケジュールを指定します。

Job-workflow-autoclean: Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Job-workflow-failover

外部的な理由により失敗したワークフローの操作を再実行するスケジュールを指定します。

Job-workflow-failover : Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Large-file-chunk-size

Microsoft SQL Server を実行するサーバーから一度に読み取ることのできるデータの量を指定します。

Large-file-chunk-size: Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Max-file-post-size

任意のサイトに対するコンテンツの 1 回のアップロードに許可する最大サイズを指定します。

Max-file-post-size: Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Presenceenabled

SharePoint サイトのユーザーに、他のユーザーがオンラインかどうかを確認してインスタント メッセージを送信することを許可します。

Presenceenabled : Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

recycle-bin-cleanup-enabled

ごみ箱をクリーンアップするかどうかを指定します。

Recycle-bin-cleanup-enabled : Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Recycle-bin-enabled

ごみ箱を有効または無効にします。

Recycle-bin-enabled : Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Recycle-bin-retention-period

削除されたアイテムをごみ箱に保持する期間 (日数) を指定します。

Recycle-bin-retention-period : Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Second-stage-recycle-bin-quota

削除済みデータ バックアップに使用するハード ディスク容量を、Web アプリケーションに割り当てられているクォータに対する割合で指定します。

Second-stage-recycle-bin-quota : Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Presenceenabled

SharePoint サイトのユーザーに、他のユーザーがオンラインかどうかを確認してインスタント メッセージを送信することを許可します。

Presenceenabled : Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Token-timeout

ユーザー トークンがタイムアウトするまでの時間を指定します。

Token-timeout : Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Usageprocessingenabled

利用状況分析プロセスを有効または無効にするかどうかを構成します。

Usageprocessingenabled : Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Workflow-cpu-throttle

現在は使用されていません。

適用されません。

Workflow-eventdelivery-batchsize

単一のワークフロー インスタンスに配信されるイベントのページング サイズを指定します。

Workflow-eventdelivery-batchsize : Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Workflow-eventdelivery-throttle

すべてのフロントエンド Web サーバー間で同時に処理できる (アイドル状態ではなくプロセッサを使用) ワークフローの数を指定します。

Workflow-eventdelivery-throttle : Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Workflow-eventdelivery-timeout

ワークフロー ジョブがタイムアウトするまでの時間を指定します。この時間内に、ジョブが実行される必要があります。タイム アウトになったワークフロー ジョブはキューに戻され、再度実行されます。

Workflow-eventdelivery-timeout : Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Workflow-timerjob-cpu-throttle

現在は使用されていません。

適用されません。

Workitem-eventdelivery-batchsize

処理タイマ ジョブにページングされる作業項目の最大数を指定します。

Workitem-eventdelivery-batchsize : Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)

Workitem-eventdelivery-throttle

実行がスケジュールされている作業項目のクエリで、取得できる作業項目の最大数を指定します。

Workitem-eventdelivery-throttle : Stsadm プロパティ (Windows SharePoint Services)