Trimauditlog : Stsadm 操作 (Windows SharePoint Services)

操作名 : Trimauditlog

説明

管理者は、enddate パラメータを使用して指定された日付よりも古い監査エントリを削除できます。

注意

この操作は、Windows SharePoint Services 3.0 インフラストラクチャ更新プログラム をインストールすると利用できるようになります。この機能を利用するには、Stsadm を使用する必要があります。

構文

stsadm -o trimauditlog

-url <URL name>

-enddate <YYYYMMDD>

-databasename <データベース名>

[-databaseserver] <データベース サーバー名>

パラメータ

パラメータ 必須/省略可 説明

url

有効な URL (http://サーバー名など)

databasename パラメータを指定しない場合は必須

サイト コレクションへの URL 名を指定します。このパラメータを使用すると、該当のサイト コレクションから監査エントリのみが削除されます。このパラメータを指定した場合、databaseserver パラメータと databasename パラメータの設定は無視されます。

enddate

"YYYYMMDD" の形式の有効な日付

はい

保持する監査データの日時のうち、最も古いものを表します。

databasename (dn)

有効なデータベース名 ("DB1" など)

url パラメータを指定しない場合は必須

監査ログをトリムするコンテンツ データベースの名前を指定します。

databaseserver (ds)

有効なデータベース サーバー名 ("DS1" など)

いいえ

コンテンツ データベースを格納するデータベース サーバーの名前。

注意

データベース サーバーをホストするサーバーと、SharePoint 製品とテクノロジをホストするサーバーが異なる場合は、databaseserver パラメータを使用してデータベース サーバー名を指定する必要があります。

備考

enddate のほかに追加のパラメータを指定して監査エントリを削除する必要がある場合は、「SPAudit.DeleteEntries メソッド」(http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=121892&clcid=0x411) を参照してください。

現在のログをエクスポートしてから削除する場合は、「SPAudit クラス」(http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=121893&clcid=0x411) を使用してカスタム コードを記述できます。

重要

この操作を実行して削除した監査エントリは復元できません。

管理者は、Windows のタスク スケジュール機能を使用し、定義した周期で繰り返し実行するように、この削除ジョブを設定できます。Windows のスケジュール機能の詳細については、「SharePoint Timer Job Reference (Office SharePoint Server)」を参照してください。

監査ログが急速に巨大化しているので、いくつかのエントリを削除するとします。日付に 2008 年 7 月 4 日、コンテンツ データベース名に WSSContent123456 を指定するには、以下の構文を使用します。

stsadm -o trimauditlog –enddate 20080704 –databasename WSSContent123456