バックアップと復元のパフォーマンスを向上させるヒント (Office SharePoint Server)

この記事にあるヒントを利用して、バックアップと復元の操作がパフォーマンスに与える影響を軽減できます。

仕様では、ほとんどのバックアップ ジョブは、保守に使用可能な時間内にジョブを終了するために、消費できるだけの I/O リソースを消費します。したがって、ディスクのキュー処理が実行されたり、すべての I/O 要求への応答が通常よりも遅くなったりすることがあります。これは一般的な動作であり、問題と見なす必要はありません。

サイト コレクションをバックアップするツールをサイズに基づいて選択する

社内でファーム レベルまたはデータベース レベルのバックアップに加えてサイト コレクションのバックアップが必要な場合は、サイト コレクションのサイズに基づいて、使用するツールを選択します。

  • 15 GB (ギガバイト) 未満 : Stsadm サイト コレクション バックアップを使用します。

    注意

    Stsadm サイト コレクション バックアップを使用する前にサイト コレクションをロックする必要があります。これを行うには、「Setsitelock : Stsadm 操作 (Office SharePoint Server)」の操作を使用して読み取り専用ロックを設定します。

  • 15 ~ 100 GB : SharePoint 製品とテクノロジのツール、SQL Server のツール、またはその他のデータベース バックアップ ツールを使用して、サイト コレクションが保存されているコンテンツ データベースを保護します。

  • 100 GB 超 : 組み込みのバックアップと復旧のツールの代わりに、Microsoft SQL Server 2005、Microsoft System Center Data Protection Manager 2007 など、別のバックアップ ソリューションを使用します。

SQL Server とバックアップ場所の間の遅延を最小限に抑える

一般に、バックアップにはネットワーク ドライブではなくローカル ディスクを使用することをお勧めします。複数のサーバーをバックアップする場合は、両方のサーバーから書き込みができる直接接続したコンピュータを用意します。サーバーと SQL Server を実行しているコンピュータとの間の遅延が 1 ミリ秒以下のネットワーク ドライブであれば、良好なパフォーマンスが得られます。

処理競合を回避する

ユーザーがシステムへのアクセスを必要とする時間帯にバックアップ ジョブを実行しないでください。

I/O ボトルネックを回避するには、別のディスクにメインのバックアップを実行してから、テープにコピーします。

すべてのデータベースが同時にバックアップされないように、バックアップをずらして行うことを検討してください。

SharePoint のバックアップでは SQL Server のバックアップを使用しています。バックアップで圧縮を使用する場合は、SQL Server が過負荷にならないように注意してください。たとえば、一部のサードパーティのバックアップ ツールはバックアップ中に圧縮を行うので、SQL Server のパフォーマンスに影響することがあります。圧縮プロセスを減速して SQL Server への影響を制御するために利用できるツールがあります。

使用するツールを決定する際にデータベース サイズを考慮する

バックアップと回復ツールを選択するには、次の表に示す情報を考慮してください。大規模なデータベースの場合は、増分バックアップ ツールを使用することをお勧めします。詳細については、「バックアップと復元ツールを選択する (Office SharePoint Server)」を参照してください。

ツール サポートされている最大バックアップ サイズ

System Center Data Protection Manager

32 ビット システム : データ ソース数 150

64 ビット システム : データ ソース数 300

詳細については、「Data Protection Manager 2007 Frequently Asked Questions (英語)」(http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=126629&clcid=0x411) を参照してください。

SharePoint ファームのバックアップと復元

< 200 GB

VSS Writer

既知の制限はありません。

SQL Server

コンテンツ データベース > 200 GB  (追加管理が必要な場合があります)

Stsadm サイト コレクションのバックアップと復元

15 GB

Stsadm のインポートとエクスポート

100 GB

SharePoint Designer のバックアップ

24 MB

MSIT Site Delete Capture ツール

15 GB

SQL Server のバックアップと復元の最適化に関する推奨事項に従う

SQL Server のバックアップを使用している場合、復旧時間を最小限にするために、完全バックアップ、差分バックアップ、およびトランザクション ログ バックアップ (完全または一括ログ復旧モデルの場合) を組み合わせて使用します。差分データベース バックアップは、通常、完全データベース バックアップよりも高速に作成でき、データベースを復旧するために必要なトランザクション ログの量が少なくなります。

SQL Server 2005 で完全復旧モデルを使用する場合は、保守の問題を回避するために、トランザクション ログ ファイルを定期的に切り捨てることをお勧めします。

SQL Server のバックアップと復元のパフォーマンスを最適化する方法の詳細な推奨事項については、「SQL Server におけるバックアップと復元のパフォーマンスの最適化」(http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=126630&clcid=0x411) を参照してください。

RAID を使用する場合は RAID 10 を使用します。

ディスク バックアップ デバイスで RAID (Redundant Array of Independent Disks) を使用するかどうかを慎重に検討してください。たとえば、RAID 5 は書き込みのパフォーマンスが低く、ディスクが 1 つの場合とほぼ同じ速度です (RAID 5 はパリティ情報を維持する必要があることが理由です)。バックアップ デバイスに RAID 10 を使用すると、バックアップがより高速になる場合があります。バックアップで RAID を使用する方法の詳細については、「Configure RAID for maximum SQL Server I/O throughput (英語)」(http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=126632&clcid=0x411) を参照してください。