組み込みデータベースを使用する単一サーバーを展開する (SharePoint Foundation 2010)

 

適用先: SharePoint Foundation 2010

ここでは、組み込みデータベースを使用する単一サーバーに Microsoft SharePoint Foundation 2010 をクリーン インストールする方法について説明します。

この記事の内容

  • 概要

  • はじめに

  • SharePoint Foundation 2010 のインストール

  • インストール後の手順

  • Windows Server バックアップを構成する

概要

組み込みデータベースを使用する単一サーバーで SharePoint Foundation 2010 を展開すれば、SharePoint サイトをすばやく発行できます。グループ作業、ドキュメント管理、検索などの SharePoint Foundation 2010 の機能を評価する場合は、この構成が便利です。また、少数の Web サイトを展開する予定で、管理のオーバーヘッドを最小限にする場合にも、この構成が役立ちます。既定の設定を使用して組み込みデータベースを使用する単一サーバーに SharePoint Foundation 2010 を展開する場合、Microsoft SQL Server 2008 Express および SharePoint 製品がインストールされ、その後 SharePoint 製品構成ウィザード によって SharePoint サイトの構成データベースとコンテンツ データベースが作成されます。さらに、SharePoint 製品構成ウィザード では、SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトがインストールされ、最初の SharePoint サイト コレクションが作成されます。

注意

ここでは、SharePoint Foundation 2010 をファーム環境にインストールする方法については説明しません。また、SharePoint Foundation を以前のリリースからアップグレードする方法についても説明しません。単一のサーバー ファームへの SharePoint Foundation 2010 のインストールの詳細については、「SQL Server を使用する単一サーバーを展開する (SharePoint Foundation 2010)」を参照してください。複数のサーバー ファームへの SharePoint Foundation 2010 のインストールの詳細については、「3 層ファーム用の複数サーバー (SharePoint Foundation 2010)」を参照してください。アップグレードの詳細については、「 SharePoint Foundation 2010 にアップグレードする」を参照してください。

このインストールの方法には次の制限があることに注意してください。

-
データベースが組み込まれた単一サーバー バージョンの SharePoint Foundation をドメイン コントローラーにインストールすることはできません。

-
SQL Server 2008 Express データベースは 4 GB 以内にする必要があります。

はじめに

展開を開始する前に、ハードウェアとソフトウェアの要件をすべて満たしていることを確認します。詳細については、「ハードウェア要件およびソフトウェア要件 (SharePoint Foundation 2010)」を参照してください。また、SharePoint Foundation 2010 のクリーン インストールを実行してください。SharePoint Foundation 2010 のベータ バージョンを削除してからでないと、SharePoint Foundation 2010 の RTM バージョンをインストールできません。

SharePoint Foundation 2010 のインストール

SharePoint Foundation 2010 のインストールと構成を行うには、次の手順を実行します。

  1. Microsoft SharePoint 製品準備ツールを実行すると、SharePoint Foundation 2010 を使用するために必要なコンポーネントがすべてインストールされます。

  2. セットアップを実行します。これにより、SQL Server 2008 Express と SharePoint 製品がインストールされます。

  3. SharePoint 製品構成ウィザードを実行すると、SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトがインストールされ、最初の SharePoint サイト コレクションが作成されます。

  4. ブラウザーの設定を構成します。

  5. インストール後の手順を実行します。

重要

以下の手順を実行するには、ローカル コンピューターの Administrators グループのメンバーである必要があります。

Microsoft SharePoint 製品の準備ツールの実行

次の手順を実行して、SharePoint Foundation 2010 のインストールに必要なソフトウェアをインストールします。

Microsoft SharePoint 製品の準備ツールを実行するには

  1. SharePoint Foundation 2010 インストール ディスクを挿入します。

  2. SharePoint Foundation 2010 の開始ページで、[ソフトウェア必須コンポーネントのインストール] をクリックします。

    注意

    準備ツールでは、Microsoft ダウンロード センターからコンポーネントをダウンロードするため、SharePoint Foundation をインストールするコンピューターでインターネット アクセスが必要です。

  3. [Microsoft SharePoint 製品準備ツールへようこそ] ページで、[次へ] をクリックします。

  4. [インストールが完了しました] ページで、[完了] をクリックします。

セットアップを実行する

以下の手順では、SQL Server 2008 Express および SharePoint 製品がインストールされます。セットアップの最後で SharePoint 製品構成ウィザード の起動を選択することもできます。この方法については後で説明します。

セットアップを実行するには

  1. SharePoint Foundation 2010 の開始ページで、[SharePoint Foundation のインストール] をクリックします。

  2. [マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項をお読みください] ページで使用許諾契約書の条項を確認し、[「マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項」に同意します] チェック ボックスをオンにして、[続行] をクリックします。

  3. [インストールの種類を選択してください] ページで、[スタンドアロン] をクリックします。

  4. セットアップが終了すると、サーバーの構成の完了を確認するダイアログ ボックスが表示されます。[SharePoint 製品構成ウィザードを今すぐ実行する] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。

  5. [閉じる] をクリックし、構成ウィザードを開始します。

注意

セットアップに失敗した場合は、セットアップを実行したユーザーの一時フォルダーを確認してください。セットアップを実行したユーザーとしてログインしていることを確認したら、エクスプローラーのアドレス バーに、「%temp%」と入力します。%temp% のパスが、"1" または "2" で終わるアドレスに解決される場合、ログ ファイルを確認するには 1 つ上のレベルに移動する必要があります。ログ ファイルの名前は、"Windows SharePoint Foundation 2010 Setup (<タイムスタンプ>)" です。

ヒント

SharePoint 製品構成ウィザード にアクセスするには、[スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム] をポイントします。次に、[Microsoft SharePoint 2010 Products] をクリックします。[ユーザー アカウント制御] ダイアログ ボックスが表示される場合は、[続行] をクリックします。

SharePoint 製品構成ウィザードを実行する

以下の手順では、構成データベースとコンテンツ データベースのインストールと構成、および SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトのインストールが実行されます。最初の SharePoint サイト コレクションも作成されます。

SharePoint 製品構成ウィザードを実行するには

  1. [SharePoint 製品へようこそ] ページで [次へ] をクリックします。

  2. 構成中に一部のサービスの再起動が必要になる可能性があることを通知するダイアログ ボックスで、[はい] をクリックします。

  3. [構成成功] ページで [完了] をクリックします。

    注意

    SharePoint 製品構成ウィザード に失敗した場合は、PSCDiagnostics ログ ファイルを確認してください。ログ ファイルは、SharePoint Foundation をインストールしたドライブの、%COMMONPROGRAMFILES%\Microsoft Shared\Web Server Extensions\14\LOGS フォルダーにあります。

    注意

    ユーザー名およびパスワードの入力を要求するメッセージが表示された場合は、Internet Explorer で信頼済みサイトの一覧に SharePoint サイトを追加し、ユーザー認証の設定を構成することが必要になる可能性があります。Internet Explorer セキュリティ強化の設定を無効にする必要がある可能性もあります。これらの設定を構成する方法や無効にする方法については、次の手順で説明します。

    注意

    プロキシ サーバーに関するエラー メッセージが表示される場合は、ローカル アドレスにはプロキシ サーバーを使用しないようにプロキシ サーバーの設定の構成が必要になることがあります。プロキシ サーバーを構成する方法については次の手順で説明します。

ブラウザーの設定を構成する

SharePoint 製品構成ウィザード の実行後に、環境内のローカル管理者にとって SharePoint Foundation が正しく機能するように、Internet Explorer で追加設定を構成する必要があります。

注意

ローカル管理者が Internet Explorer を使用していない場合は、追加の構成設定が必要になることがあります。サポートされているブラウザーについては、「ブラウザー サポートを計画する (SharePoint Foundation 2010)」を参照してください。

ユーザー名とパスワードの入力を求められる場合は、次の手順を実行します。

  • SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトを信頼済みサイトの一覧に追加する

  • Internet Explorer セキュリティ強化の設定を無効にする

プロキシ サーバーのエラー メッセージが表示される場合は、次の手順を実行します。

  • ローカル アドレスにはプロキシ サーバーを使用しないようにプロキシ サーバーの設定を構成する

詳細については、「IEAK 8 を使うにあたって」(http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=151359&clcid=0x411) を参照してください。

信頼済みサイトの一覧に SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトを追加するには

  1. Internet Explorer の [ツール] メニューで [インターネット オプション] をクリックします。

  2. [セキュリティ] タブで、[Web コンテンツのゾーンを選択してセキュリティのレベルを設定する] 領域の [信頼済みサイト] をクリックし、[サイト] をクリックします。

  3. [このゾーンのサイトにはすべてサーバーの確認 (https:) を必要とする] チェック ボックスをオフにします。

  4. [次の Web サイトをゾーンに追加する] ボックスにサイトの URL を入力し、[追加] をクリックします。

  5. [閉じる] をクリックして、[信頼済みサイト] ダイアログ ボックスを閉じます。

  6. [OK] をクリックして、[インターネット オプション] ダイアログ ボックスを閉じます。

    組織内でプロキシ サーバーを使用している場合、次の手順を使用して、ローカル アドレスにはプロキシ サーバーを使用しないように Internet Explorer を構成します。

Internet Explorer セキュリティ強化の設定を無効にするには

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム] をポイントします。次に、[管理ツール] をポイントし、[サーバー マネージャー] をクリックします。

  2. [サーバー マネージャー] で、[サーバー マネージャー] のルートを選択します。

  3. [セキュリティ情報] セクションの、[IE ESC の構成] をクリックします。

    [Internet Explorer セキュリティ強化の構成] ダイアログ ボックスが開きます。

  4. [管理者] セクションで [オフ] をクリックし、Internet Explorer セキュリティ強化の設定を無効にしてから、[OK] をクリックします。

ローカル アドレスにプロキシ サーバーを使用しないようにプロキシ サーバーの設定を構成するには

  1. Internet Explorer の [ツール] メニューで [インターネット オプション] をクリックします。

  2. [接続] タブの [ローカル エリア ネットワーク (LAN) の設定] 領域で、[LAN の設定] をクリックします。

  3. [自動構成] 領域で、[設定を自動的に検出する] チェック ボックスをオフにします。

  4. [プロキシ サーバー] 領域で、[LAN にプロキシ サーバーを使用する] チェック ボックスをオンにします。

  5. [アドレス] ボックスにプロキシ サーバーのアドレスを入力します。

  6. [ポート] ボックスにプロキシ サーバーのポート番号を入力します。

  7. [ローカル アドレスにはプロキシ サーバーを使用しない] チェック ボックスをオンにします。

  8. [OK] をクリックして、[ローカル エリア ネットワーク (LAN) の設定] ダイアログ ボックスを閉じます。

  9. [OK] をクリックして、[インターネット オプション] ダイアログ ボックスを閉じます。

インストール後の手順

SharePoint Foundation 2010 のインストールが終了すると、新しい SharePoint サイトの全体管理 Web サイトがブラウザーのウィンドウに表示されます。サイトへのコンテンツの追加やサイトのカスタマイズを開始することもできますが、最初に SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトを使用して以下の管理タスクを実行することをお勧めします。

  • 利用状況と正常性に関するデータ収集の構成 サーバー ファームの利用状況と正常性に関するデータの収集を構成できます。利用状況と正常性に関するデータはログ フォルダーおよびログ データベースに書き込まれます。詳細については、「利用状況データおよび正常性データの収集を構成する (SharePoint Foundation 2010)」を参照してください。

  • 診断ログの構成   初期展開やアップグレードの後で必要になることがある診断ログを構成できます。ほとんどの場合は既定の設定で間に合いますが、業務ニーズやファームのライフサイクルによっては、これらの設定の変更が必要になる場合があります。詳細については、「診断ログ設定を構成する (SharePoint Foundation 2010)」を参照してください。

  • 受信メールの構成 SharePoint サイトで受信電子メールを受け取り、アーカイブするように受信電子メールを構成できます。SharePoint サイトで、電子メール ディスカッションの発生時のアーカイブ、電子メールで受信したドキュメントの保存、および電子メールで受信した会議出席依頼のサイト予定表での表示を行うように受信電子メールの設定を構成することもできます。さらに、SharePoint Directory Management Service を構成して、電子メールの配布リストの作成と管理のサポートを提供できます。詳細については、「受信メールを構成する (SharePoint Foundation 2010)」を参照してください。

  • 送信メールの構成 簡易メール転送プロトコル (SMTP) サーバーからサイト ユーザーに電子メールによる警告を送信し、サイト管理者に通知を送信するように送信電子メールを構成できます。送信する警告に表示される "差出人" アドレスと "返信" アドレスの両方を構成できます。詳細については、「送信メールを構成する (SharePoint Foundation 2010)」を参照してください。

  • モバイル アカウントの構成   SharePoint から自分やサイト ユーザーの携帯電話にテキスト メッセージ (SMS) の警告が送信されるようにモバイル アカウントを構成できます。詳細については、「モバイル アカウントを構成する (SharePoint Foundation 2010)」を参照してください。

  • リモート BLOB ストレージのインストールおよび構成    SharePoint サーバー ファームをサポートする SQL Server 2008 のインスタンスのリモート BLOB ストレージ (RBS) をインストールおよび構成できます。詳細については、「RBS をインストールして構成する (SharePoint Foundation 2010)」を参照してください。

Windows Server バックアップを構成する

SharePoint Foundation 2010 で Windows Server バックアップを使用するには、stsadm -o registerwsswriter コマンドを実行して、SharePoint 2010 VSS Writer を Windows Server バックアップに登録する必要があります。詳細については、「Registerwsswriter: Stsadm 操作」を参照してください。