FILESTREAM プロバイダーを使用せずにリモート BLOB ストレージ (RBS) をインストールして構成する (SharePoint Foundation 2010)

 

適用先: SharePoint Foundation 2010

この記事では、Microsoft SharePoint Foundation 2010 システムをサポートしている Microsoft SQL Server 2008 データベース サーバーにリモート BLOB ストレージ (RBS) をインストールして構成する方法を説明します。RBS は、通常、コンテンツ データベースが 4 ギガバイト (4 GB) 以上の場合に推奨されます。

SharePoint Foundation 2010 の場合、コンテンツ データベースは Microsoft SQL Server 2008 Express に格納され、1 データベースあたりの最大サイズが 4 GB です。Microsoft SQL Server 2008 R2 Express は最大 10 GB のデータベースをサポートしているため、こうしたコンテンツ データベースをサポートするには SQL Server 2008 R2 Express のインストールをお勧めします。詳細については、「Microsoft SQL Server 2008 R2 RTM - Express」(http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=189418&clcid=0x411) を参照してください。

リモート BLOB ストレージ (RBS) は、Microsoft SQL Server 2008 と Microsoft SQL Server 2008 Express のアドオン機能パックとして組み込まれているライブラリ API のセットです。RBS は、バイナリ ラージ オブジェクト (BLOB) のストレージをデータベース サーバーからストレージ ソリューション製品に移動するために開発されました。

RBS は、プロバイダーを使用して、RBS API を実装した任意の専用 BLOB ストアに接続します。RBS には RBS FILESTREAM プロバイダーが同梱されています。サード パーティ製の RBS プロバイダーと RBS API を使用して BLOB ストレージ ソリューションを作成することもできます。

FILESTREAM の代わりにサードパーティ製プロバイダーを使用して RBS を実装することに決めた場合は、この記事の情報を使用して、FILESTREAM プロバイダーをインストールせずに RBS をインストールできます。RBS を使用するには、サードパーティ製プロバイダー付属するドキュメントを使用してそのプロバイダーをインストールする必要があります。

RBS を FILESTREAM プロバイダーと一緒にインストールして構成する場合は、「RBS をインストールして構成する (SharePoint Foundation 2010)」を参照してください。

RBS のインストールと実装の前に、記事「RBS の概要 (SharePoint Foundation 2010)」と「RBS を計画する (SharePoint Foundation 2010)」を読んでおくことを強くお勧めします。

この記事の内容

この記事で説明されている手順の実行に使用するユーザー アカウントには、次のメンバーシップが必要です。

  • Web サーバーおよびアプリケーション サーバーの Administrators グループ。

  • SQL Server 2008 Express または SQL Server 2008 を実行しているコンピューター上の SQL Server dbcreator および securityadmin 固定サーバー ロール。

RBS をインストールする

RBS をデータベース サーバーと、Sharepoint ファーム内のすべての Web サーバーおよびアプリケーション サーバーにインストールする必要があります。RBS は関連するコンテンツ データベースごとに個別に構成する必要があります。

警告

RBS_X64.msi ファイルの実行と SQL リモート BLOB ストレージのインストール ウィザードの起動による RBS のインストールは推奨されません。このウィザードは、スケジュールされたタスクを 30 日ごとに実行するように RBS Maintainer を構成します。この設定は環境にとって最適ではない場合があります。RBS Maintainer の詳細については、Microsoft SQL Server 2008 R2 用 Feature Pack に含まれる SQL Server リモート BLOB ストア インストール パッケージに付属する SQL Server のヘルプ ドキュメントを参照してください。

RBS を Web サーバーにインストールするには

  1. 任意の Web サーバーで、http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=177388&clcid=0x411 (http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=177388&clcid=0x411) に移動し、RBS_X64.msi ファイルをダウンロードします。ファイルの [実行] と [保存] のどちらかを求められたら、[保存] をクリックします。

    重要

    Microsoft SQL Server 2008 R2 用 Feature Pack に含まれる SQL Server リモート BLOB ストア インストール パッケージに付属するバージョンの RBS をインストールします。RBS のバージョンは 10.50.xxx である必要があります。これよりも前のバージョンの RBS は SharePoint Foundation 2010 ではサポートされません。

  2. [スタート] ボタンをクリックし、テキスト ボックスに「cmd」と入力します。結果の一覧で、[cmd] を右クリックし、[管理者として実行] をクリックします。[OK] をクリックします。

  3. 次のコマンドをコピーし、コマンド プロンプトに貼り付けます。

    msiexec /lvx* rbs_install.log /q /i rbs.msi ADDLOCAL=ServerScript,Client,Maintainer
    

    処理は約 1 分で完了します。

    この手順をファーム内のすべての Web サーバーおよびアプリケーション サーバーについて繰り返します。RBS をすべての Web サーバーおよびアプリケーション サーバーにインストールしない場合、ユーザーがコンテンツ データベースへの書き込みを試みるとエラーが発生することになります。

データベース サーバーに RBS をインストールして RBS を使用するコンテンツ データベースを設定するには

  1. 任意の Web サーバーで、http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=177388&clcid=0x411 (http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=177388&clcid=0x411) に移動し、RBS_X64.msi ファイルをダウンロードします。

    重要

    Microsoft SQL Server 2008 R2 用 Feature Pack に含まれる SQL Server リモート BLOB ストア インストール パッケージに付属するバージョンの RBS をインストールします。RBS のバージョンは、10.50.xxx である必要があります。これよりも前のバージョンの RBS は SharePoint Foundation 2010 ではサポートされません。

  2. [スタート] ボタンをクリックし、テキスト ボックスに「cmd」と入力します。結果の一覧で、[cmd] を右クリックし、[管理者として実行] をクリックします。[OK] をクリックします。

  3. 次のコマンドをコピーし、コマンド プロンプトに貼り付けます。

    msiexec /lvx* rbs_enable_WSS_Content.log /q /i rbs.msi ADDLOCAL=EnableRBS DBINSTANCE="<DBInstanceName>" DBNAME="<ContentDbName>"
    

    ここで、

    • <DBInstanceName> は、SQL Server インスタンスの名前です。

    • <ContentDbName> は、コンテンツ データベースの名前です。

    処理は約 1 分で完了します。

    RBS を使用する追加のコンテンツ データベースを設定するには、「コンテンツ データベースでリモート BLOB ストレージ (RBS) の使用を設定する (SharePoint Foundation 2010)」を参照してください。

RBS のインストールを確認するには

  1. RBS_X64.msi ファイルと同じ場所に rbs_install_log.txt ログ ファイルが作成されます。テキスト エディターを使用して rbs_install_log.txt ログ ファイルを開き、ファイルの下方にスクロールします。ファイルの最後の 20 行の中に次のようなエントリがあるはずです。 "製品: SQL リモート BLOB ストレージ -- インストールが正常に終了しました"。

  2. SQL Server 2008 を実行しているコンピューターで、RBS テーブルがコンテンツ データベース内に作成されていることを確認します。"mssqlrbs" で始まる名前のテーブルがコンテンツ データベース名の下にいくつか存在するはずです。

RBS を有効にしてテストする

SharePoint ファーム内にある Web サーバーの 1 つで RBS を有効にする必要があります。RBS が前の手順を使用してインストールされている限り、どの Web サーバーでこの操作を行ってもかまいません。

RBS を有効にするには

  1. [スタート] ボタン、[プログラム]、[Microsoft SharePoint 2010 Products]、[SharePoint 2010 管理シェル] の順にクリックします。

  2. Windows PowerShell のコマンド プロンプトで、次のコマンドを入力します。

    $cdb = Get-SPContentDatabase -WebApplication <http://SiteName>
    

    ここで <http://SiteName> はコンテンツ データベースに接続している Web アプリケーションです。

    $rbss = $cdb.RemoteBlobStorageSettings
    $rbss.Installed()
    $rbss.Enable()
    $rbss
    

RBS データ ストアをテストするには

  1. 任意の Web サーバーにあるドキュメント ライブラリに接続します。

  2. 100 キロバイト (KB) 以上のファイルをそのドキュメント ライブラリにアップロードします。

  3. RBS データ ストアが置かれているコンピューターで、[スタート] ボタン、[コンピューター] の順にクリックします。

  4. RBS データ ストア ディレクトリに移動します。

  5. ファイルの一覧に移動し、($FSLOG 以外で) 更新日が最新のフォルダーを開きます。そのフォルダー内で、更新日が最新のファイルを開きます。そのファイルのサイズと内容がアップロードしたファイルと同じであることを確認します。同じでない場合は、RBS のインストールと有効化が正しく行われていることを確認してください。

See Also

Concepts

コンテンツをリモート BLOB ストレージ (RBS) 内または RBS 外に移行する (SharePoint Foundation 2010)
コンテンツ データベースでリモート BLOB ストレージ (RBS) の使用を無効にする (SharePoint Foundation 2010)