ごみ箱とバージョン管理を使用したコンテンツ保護を計画する (SharePoint Server 2010)

 

適用先: SharePoint Foundation 2010, SharePoint Server 2010

トピックの最終更新日: 2016-11-30

ユーザーが自分のデータを保護および復元できるように、環境内でのごみ箱とバージョン管理の使用を計画します。ごみ箱とバージョン管理は、ビジネス継続性戦略の主要なコンポーネントです。

ごみ箱   ユーザーは、ごみ箱を使用して、削除したオブジェクトを取り戻すことができます。Microsoft SharePoint Server 2010 には、2 段階のごみ箱が用意されています。第 1 段階のごみ箱と、サイト コレクションごみ箱 (削除済みデータ バックアップとも呼びます) です。ごみ箱が有効になっている場合、ユーザーは、削除したファイル、ドキュメント、リスト アイテム、リスト、ドキュメント ライブラリなどのアイテムをごみ箱から復元できます。

バージョン管理    ユーザーは、バージョン管理を使用して、ドキュメントの上書きによるデータの損失を防止できます。サイトの所有者がドキュメント ライブラリまたはリストのバージョン管理を有効にすると、そのライブラリまたはリストにドキュメント、アイテム、ファイルなどのコピーが複数保持されます。不要な変更が加えられた場合、ファイルが上書きされた場合、またはドキュメントが破損した場合、ユーザーは以前のバージョンを簡単に復元できます。

この記事の内容

  • ごみ箱を使用してコンテンツを保護する

  • バージョン管理を使用してコンテンツを保護する

ごみ箱を使用してコンテンツを保護する

SharePoint Server 2010 では 2 段階のごみ箱がサポートされます。第 1 段階のごみ箱と、サイト コレクションごみ箱 (削除済みデータ バックアップ) です。ごみ箱は、Web アプリケーション レベルで有効にされ、構成されます。ごみ箱には、削除されたドキュメントおよびリスト アイテムが収集されます。リスト アイテムが削除されると、そのアイテムの添付ファイルもすべて削除され、それらの添付ファイルもごみ箱から復元できます。

ごみ箱には、ファイル名やソースが同じであるドキュメントの複数のコピーを入れることができます。そのようなドキュメントは、ドキュメントの既存のコピーに上書きして復元することはできません。古いバージョンのドキュメントや誤って上書きしたドキュメントは、ごみ箱を使用して復旧できません。そのような復旧にはバージョン管理機能を使用する必要があります。

次の表は、アイテムが削除される方法と、第 1 段階のごみ箱および削除済みデータ バックアップのそれぞれからアイテムを復旧する方法について説明したものです。

ユーザーの操作 アイテムの処理 アイテムを復旧できるユーザー

アイテムを削除する

ごみ箱からアイテムが削除されるか、アイテムに対して設定されたごみ箱での保管期限が過ぎるまで、第 1 段階のごみ箱に保管されます。

ユーザーまたはサイト コレクション管理者

ごみ箱からアイテムを削除する

削除済みデータ バックアップに保管されます。

サイト コレクション管理者

Web アプリケーションに対してごみ箱を無効にした場合、すべてのごみ箱が空になり、それらのごみ箱内のすべてのアイテムが完全に削除されます。

第 1 段階のごみ箱

第 1 段階のごみ箱はサイト レベルで配置され、サイト上での投稿、デザイン、またはフル コントロールのアクセス許可を持つユーザーが使用できます。ユーザーが Web サイトからアイテムを削除すると、そのアイテムはサイトの第 1 段階のごみ箱に送られます。第 1 段階のごみ箱に配置されたアイテムは、サイト クォータに加算されます。削除されたアイテムは、指定された期間 (既定の設定は 30 日) が経過するまで、サイトの第 1 段階のごみ箱の 1 つに保持されます。

アイテムがごみ箱から削除されると、アイテムは削除済みデータ バックアップに送られます。

注意

ごみ箱の制限時間は、どちらかの段階のごみ箱内で経過した時間ではなく、アイテムが最初に削除されてからの合計時間に適用されます。

削除済みデータ バックアップ (サイト コレクションごみ箱)

削除済みデータ バックアップは、サイト コレクション管理者のレベルに位置します。削除済みデータ バックアップは 2 つのビューに分かれています。1 つは、サイト コレクションのすべてのサイトの第 1 段階のごみ箱に入っているオブジェクトのビューです。もう 1 つは、削除済みデータ バックアップに保管されたオブジェクトのビューです。第 1 段階のごみ箱から削除されたアイテムについては、サイト コレクション管理者だけが削除済みデータ バックアップからの復旧を行うことができます。

指定された期限 (既定の設定で 30 日) に達するか、または削除済みデータ バックアップのサイズ制限に達するまで、アイテムは削除済みデータ バックアップに保管されます。サイズ制限に達した場合、最も古いアイテムから順にバックアップから削除されます。ごみ箱での保管期限は、アイテムがどちらかの段階のごみ箱に入っていた時間ではなく、アイテムが最初に削除されてからの合計時間でカウントされます。

Web アプリケーションで削除済みデータ バックアップを有効にする場合は、削除済みデータ バックアップに利用可能なディスク容量を、Web アプリケーションに割り当てられたクォータに対する比率で指定することをお勧めします。削除済みデータ バックアップに保管されたアイテムの容量は、サイトのクォータを消費しません。ただし、削除済みデータ バックアップに対して指定されたサイズは、サイト、およびそのサイトのホストであるコンテンツ データベースの合計サイズを増加させます。サイトのクォータが設定されていない場合、削除済みデータ バックアップのサイズに制限はありません。

たとえば、Web アプリケーションに 100 MB の容量を割り当てた場合、クォータの 50% を削除済みデータ バックアップに割り当てると、削除済みデータ バックアップには 50 MB が割り当てられ、Web アプリケーション全体では 150 MB が割り当てられます。クォータの最大 100% の容量を削除済みデータ バックアップに割り当てることができます。

クォータの設定の詳細については、以下を参照してください。

  • サイトのメンテナンスおよび管理を計画する (SharePoint Server 2010)

  • クォータ テンプレートを作成する (SharePoint Server 2010)

SharePoint Server 2010 でのごみ箱の使用方法の詳細については、「ごみ箱のアイテムを表示、復元、または削除する」 (http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=90917&clcid=0x411) を参照してください。

ごみ箱の構成の詳細については、「Configure the Recycle Bin (SharePoint Server 2010)」を参照してください。

バージョン管理を使用してコンテンツを保護する

バージョン管理は、ドキュメントの上書きによるデータ損失の問題を解決します。この機能により、同じドキュメントの複数のコピーをドキュメント ライブラリに保持できます。不要な変更、上書き、またはドキュメントの破損が発生した場合、ユーザーは以前のバージョンを簡単に復元できます。バージョン管理はライブラリまたはリストのレベルで有効化できます。アイテムおよびファイルをバージョン管理できます。

バージョン管理を構成する前に、「Plan site maintenance and management (SharePoint Server 2010)」をお読みください。

バージョン管理の構成の詳細については、「Enable and configure versioning (SharePoint Server 2010)」を参照してください。

サイト内に多数のバージョンのファイルおよびドキュメントがあると、サイトのサイズが非常に大きくなるため、管理者は厳密にバージョン管理を行う必要があります。サイトのサイズを制限しない場合、サイトのサイズが記憶域容量を上回る可能性があります。ファームの管理者は、サイトの所有者とサービス レベル契約を確立して、サイトのサイズ クォータを設定することにより、この問題を管理できます。バージョン管理の詳細については、「Manage versioning by using quotas (SharePoint Server 2010)」を参照してください。