データベースが組み込まれた単一サーバーを展開する (SharePoint Server 2010)

 

適用先: SharePoint Server 2010

トピックの最終更新日: 2016-11-30

ここでは、データベースが組み込まれた単一サーバーに Microsoft SharePoint Server 2010 をクリーン インストールする方法について説明します。

この記事の内容

  • 概要

  • はじめに

  • SharePoint Server 2010 のインストール

  • インストール後の手順

概要

SharePoint Server 2010 を、データベースが組み込まれた単一サーバー コンピューターに展開することによって、SharePoint サイトをすばやく発行できます。この構成は、グループ作業、ドキュメント管理、検索など、SharePoint Server 2010 の機能を評価するときに有効です。また、この構成は、少数の Web サイトを展開している場合や、管理オーバーヘッドを最小化する場合にも有効です。既定の設定を使用して、データベースが組み込まれた単一サーバーに SharePoint Server 2010 を展開する場合、まず、セットアップが Microsoft SQL Server 2008 Express と SharePoint 製品をインストールし、次に、SharePoint 製品構成ウィザードが SharePoint サイト用の構成データベースとコンテンツ データベースを作成します。さらに、SharePoint 製品構成ウィザードは SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトをインストールし、最初の SharePoint サイト コレクションを作成します。

注意

ここでは、SharePoint Server 2010 をファーム環境にインストールする方法については説明しません。また、SharePoint Server を以前のリリースからアップグレードする方法についても説明しません。単一のサーバー ファームへの SharePoint Server 2010 のインストールの詳細については、「SQL Server を使用する単一サーバーを展開する (SharePoint Server 2010)」を参照してください。複数のサーバー ファームへの SharePoint Server 2010 のインストールの詳細については、「3 層ファーム用の複数サーバー (SharePoint Server 2010)」を参照してください。アップグレードの詳細については、「SharePoint Server 2010 にアップグレードする」を参照してください。

このインストールの方法には次の制限があることに注意してください。

はじめに

展開を開始する前に、ハードウェアとソフトウェアの要件をすべて満たしていることを確認します。詳細については、「ハードウェア要件およびソフトウェア要件 (SharePoint Server 2010)」を参照してください。また、必ず SharePoint Server 2010 のクリーン インストールを実行してください。SharePoint Server 2010 のベータ バージョンを事前に削除せずに、SharePoint Server 2010 のリリース バージョンをインストールすることはできません。

SharePoint Server 2010 のインストール

SharePoint Server 2010 をインストールおよび構成するには、次の手順に従います。

  1. Microsoft SharePoint 製品準備ツールを実行します。

  2. セットアップを実行します。これにより、SQL Server 2008 Express と SharePoint 製品がインストールされます。

  3. SharePoint 製品構成ウィザードを実行します。これにより、構成データーベースとコンテンツ データベースのインストールおよび構成が行われ、SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトがインストールされます。また、最初の SharePoint サイト コレクションも作成されます。

  4. ブラウザーの設定を構成します。

  5. インストール後の手順を実行します。

重要

以下の手順を実行するには、ローカル コンピューターの Administrators グループのメンバーである必要があります。

Microsoft SharePoint 製品準備ツールの実行

以下の手順を使用して、SharePoint Server 2010 のソフトウェア必須コンポーネントをインストールします。

Microsoft SharePoint 製品準備ツールを実行するには

  1. SharePoint Server 2010 インストール ディスクを挿入します。

  2. SharePoint Server 2010 の開始ページで、[ソフトウェア必須コンポーネントのインストール] をクリックします。

    注意

    ソフトウェア必須コンポーネントは、必須コンポーネント インストーラーによって Microsoft ダウンロード センターからインストールされます。したがって、SharePoint Server をインストールするコンピューターは、インターネットにアクセスしている必要があります。

  3. Microsoft SharePoint 製品準備ツールの起動ページで [次へ] をクリックします。

  4. [インストールの完了] ページで [完了] をクリックします。

セットアップの実行

以下の手順では、SQL Server 2008 Express と SharePoint 製品をインストールします。セットアップの終了時に、SharePoint 製品構成ウィザードを起動するかどうかを選択できます。これについては後で説明します。

セットアップを実行するには

  1. SharePoint Server 2010 の開始ページで、[SharePoint Server のインストール] をクリックします。

  2. [マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項をお読みください] ページで使用許諾契約書の条項を確認し、[「マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項」に同意します] チェック ボックスをオンにして、[続行] をクリックします。

  3. [インストールの種類を選択してください] ページで [スタンドアロン] をクリックします。

  4. セットアップが終了すると、サーバーの構成の完了を確認するダイアログ ボックスが表示されます。[SharePoint 製品構成ウィザードを今すぐ実行する] チェック ボックスがオンであることを確認します。

  5. [閉じる] をクリックして構成ウィザードを開始します。

    注意

    セットアップが失敗した場合は、セットアップを実行したユーザーの Temp フォルダー内にあるログ ファイルを調べます。自分自身がセットアップの実行者としてログインしていることを確認したら、Windows エクスプローラーのロケーション バーに「%temp%」と入力します。Windows エクスプローラーのパスが、"1" または "2" で終わる場所に解決される場合は、1 つ上のレベルに移動してログ ファイルを表示する必要があります。ログ ファイル名は SharePoint Server Setup (<タイムスタンプ>) です。

    ヒント

    既に閉じている SharePoint 製品構成ウィザードに再度アクセスする場合は、[スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム] をポイントして、[Microsoft SharePoint 2010 製品] をクリックします。[ユーザー アカウント制御] ダイアログ ボックスが表示されたら、[続行] をクリックします。

SharePoint 製品構成ウィザードを実行するには

以下の手順を使用して、構成データーベースとコンテンツ データベースのインストールおよび構成を行います。また、SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトもインストールします。さらに、最初の SharePoint サイト コレクションも作成します。

SharePoint 製品構成ウィザードの実行

  1. [SharePoint 製品へようこそ] ページで [次へ] をクリックします。

  2. 構成中に一部のサービスを再開する必要があることを通知するダイアログ ボックスで、[はい] をクリックします。

  3. [構成成功] ページで [完了] をクリックします。

    注意

    SharePoint 製品構成ウィザードが失敗した場合は、PSCDiagnostics ログ ファイルを調べます。このログ ファイルは、SharePoint Server がインストールされているドライブの %COMMONPROGRAMFILES%\Microsoft Shared\Web Server Extensions\14\LOGS フォルダーにあります。

  4. [テンプレートの選択] ページで、次のどちらかのオプションを選択し、[OK] をクリックします。

    • [テンプレートの選択] セクションで、定義済みのテンプレートをクリックします。

    • [ソリューション ギャラリー] セクションで、[ソリューション ギャラリー] をクリックし、自分のサイト テンプレートをカスタマイズします。

  5. [このサイトのグループのセットアップ] ページで、サイトにアクセスする必要があるユーザーを指定したら、それらのユーザーに対して新しいグループを作成するか、既存のグループを使用します。そのためには、次のどちらかの操作を行います。

    • 新しいグループを作成する場合は、[新しいグループの作成] をクリックし、グループ名とそのグループに加えるメンバーの名前を入力します。

    • 既存のグループを使用する場合は、[既存のグループの利用] をクリックし、[グループ] リストからユーザー グループを選択します。

  6. [OK] をクリックします。

注意

ユーザー名およびパスワードの入力を確認するメッセージが表示された場合は、Internet Explorer で信頼済みサイトの一覧に SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトを追加し、ユーザー認証の設定を構成する必要がある可能性があります。これらの設定を構成または無効にする手順については後で説明します。

ヒント

プロキシ サーバーに関するエラー メッセージが表示される場合は、ローカル アドレスにはプロキシ サーバーを使用しないようにプロキシ サーバーの設定を構成する必要がある可能性があります。プロキシ サーバーを構成する手順については後で説明します。

ブラウザーの設定を構成する

SharePoint 製品構成ウィザードの実行後に、環境内のローカル管理者に対して SharePoint Server 2010 が正しく動作するように、Internet Explorer で追加設定を構成します。

注意

ローカル管理者が Internet Explorer を使用していない場合には、追加設定が必要なことがあります。サポートされているブラウザーの詳細については、「ブラウザー サポートを計画する (SharePoint Server 2010)」を参照してください。

ユーザー名とパスワードの入力を求められたら、次の手順を実行します。

  • SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトを信頼済みサイトの一覧に追加します。

  • Internet Explorer のセキュリティ強化設定を無効にします。

プロキシ サーバーのエラー メッセージが表示された場合は、次の手順を実行します。

  • ローカル アドレスにプロキシ サーバーを使用しないようにプロキシ サーバーの設定を構成します。

詳細については、「IEAK 8 を使うにあたって」(http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=151359&clcid=0x411) を参照してください。

信頼済みサイトの一覧に SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトを追加するには

  1. Internet Explorer の [ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。

  2. [セキュリティ] タブの [セキュリティ設定を表示または変更するゾーンを選択してください。] 領域で、[信頼済みサイト]、[サイト] の順にクリックします。

  3. [このゾーンのサイトにはすべてサーバーの確認 (https:) を必要とする] チェック ボックスをオフにします。

  4. [この Web サイトをゾーンに追加する] ボックスにサイトの URL を入力し、[追加] をクリックします。

  5. [閉じる] をクリックし、[信頼済みサイト] ダイアログ ボックスを閉じます。

  6. [OK] をクリックして、[インターネット オプション] ダイアログ ボックスを閉じます。

Internet Explorer のセキュリティ強化設定を無効にするには

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム] をポイントします。次に、[管理ツール] をポイントし、[サーバー マネージャー] をクリックします。

  2. [サーバー マネージャー] で、[サーバー マネージャー] のルートを選択します。

  3. [セキュリティ情報] セクションで、[IE ESC の構成] をクリックします。

    [Internet Explorer セキュリティ強化の構成] ダイアログ ボックスが開きます。

  4. [管理者] セクションで、[オフ] をクリックして Internet Explorer セキュリティ強化設定を無効にし、[OK] をクリックします。

ローカル アドレスにプロキシ サーバーを使用しないようにプロキシ サーバーの設定を構成するには

  1. Internet Explorer の [ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。

  2. [接続] タブの [ローカル エリア ネットワーク (LAN) の設定] 領域で、[LAN の設定] をクリックします。

  3. [自動構成] 領域で、[設定を自動的に検出する] チェック ボックスをオフにします。

  4. [プロキシ サーバー] 領域で、[LAN にプロキシ サーバーを使用する] チェック ボックスをオンにします。

  5. [アドレス] ボックスにプロキシ サーバーのアドレスを入力します。

  6. [ポート] ボックスにプロキシ サーバーのポート番号を入力します。

  7. [ローカル アドレスにはプロキシ サーバーを使用しない] チェック ボックスをオンにします。

  8. [OK] をクリックして、[ローカル エリア ネットワーク (LAN) の設定] ダイアログ ボックスを閉じます。

  9. [OK] をクリックして、[インターネット オプション] ダイアログ ボックスを閉じます。

インストール後の手順

SharePoint Server 2010 のインストールが終了すると、ブラウザー ウィンドウに、新しい SharePoint サイトのサーバーの全体管理 Web サイトが開きます。サイトへのコンテンツの追加を始めることも、サイトのカスタマイズを始めることもできますが、まずは、SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトを使用して、以下の管理タスクを実行することをお勧めします。

  • 利用状況と正常性に関するデータ収集を構成する サーバー ファームの利用状況と正常性に関するデータの収集を構成できます。利用状況と正常性に関するデータはログ フォルダーおよびログ データベースに書き込まれます。詳細については、「Usage and Health data collection を構成する (SharePoint Server 2010)」を参照してください。

  • 診断ログを構成する 初期展開やアップグレードの後で必要になることがある診断ログを構成できます。ほとんどの場合は既定の設定で間に合いますが、業務ニーズやファームのライフサイクルによっては、これらの設定の変更が必要になる場合があります。詳細については、「診断ログを構成する (SharePoint Server 2010)」を参照してください。

  • 受信メールを構成する   SharePoint サイトが受信メールを受信およびアーカイブできるように、受信メールを構成できます。また、SharePoint サイトで電子メール ディスカッションを随時アーカイブしたり、メールで受信したドキュメントを保存したり、メールで受信した会議出席依頼をサイト予定表に表示したりするように受信メールを構成することもできます。さらに、電子メールの配布リストの作成と管理をサポートするように SharePoint Directory Management Service を構成できます。詳細については、「受信メールを構成する (SharePoint Server 2010)」を参照してください。

  • 送信メールを構成する   SMTP (Simple Mail Transfer Protocol) サーバーがサイト ユーザーに電子メールの警告を送信し、サイト管理者に通知を送信するように送信メールを構成できます。送信する警告に表示される "差出人" アドレスと "返信" アドレスの両方を構成できます。詳細については、「送信メールを構成する (SharePoint Server 2010)」を参照してください。

  • モバイル アカウントを構成する   SharePoint から自分やサイト ユーザーの携帯電話にテキスト メッセージ (SMS) の警告が送信されるようにモバイル アカウントを構成できます。詳細については、「モバイル アカウントを構成する (SharePoint Server 2010)」を参照してください。

  • リモート BLOB ストレージをインストールおよび構成する   SharePoint サーバー ファームをサポートする SQL Server 2008 のインスタンスのリモート BLOB ストレージ (RBS) をインストールおよび構成できます。詳細については、「RBS をインストールおよび構成する (SharePoint Server 2010)」を参照してください。

  • 検索設定を構成する   SharePoint Server 2010 のコンテンツをクロールするように検索設定を構成できます。詳細については、「インストール後の手順 (Search Server 2010)」を参照してください。

  • Exchange コネクタを構成および使用する   クロール ルールを作成し、Microsoft Exchange Server パブリック フォルダーのクロールに使用するコンテンツ ソースを追加できます。詳細については、「Exchange コネクタを構成および使用する (SharePoint Server 2010)」を参照してください。