コンテンツ展開を計画する (SharePoint Server 2010)

 

適用先: SharePoint Server 2010

トピックの最終更新日: 2016-11-30

コンテンツの展開とは、サイト コレクションのコンテンツを展開元から展開先にコピーするための Microsoft SharePoint Server 2010 の機能の 1 つです。この記事では、SharePoint Server 2010 サイトでコンテンツの展開の使用を計画するときの一般的なガイダンスを示します。この記事では、コンテンツの展開の目的と機能、コンテンツ展開パスとコンテンツ展開ジョブ、およびコンテンツを展開するときのセキュリティ オプションについては説明しません。また、コンテンツ展開プロセスのしくみや、コンテンツの展開のセットアップと構成の方法についても説明しません。詳細については、「コンテンツ展開の概要 (SharePoint Server 2010)」を参照してください。

この記事の内容:

  • コンテンツの展開の計画について

  • コンテンツの展開を使用するかどうかを判断する

  • 必要なサーバー ファームの数を判断する

  • エクスポート サーバーとインポート サーバーを計画する

  • コンテンツ展開パスを計画する

  • ジョブのスケジュールを計画する

  • 大規模なジョブを計画する

  • コンテンツ展開計画ワークシート

コンテンツの展開の計画について

この記事の最初の部分では、計画のプロセスのうち、SharePoint Server 2010 ソリューションでコンテンツの展開を使用するかどうかを判断する方法について説明します。残りの部分では、コンテンツ展開ソリューションを計画するために必要な手順について説明します。具体的には、必要なサーバー ファーム数の決定、エクスポート サーバーとインポート サーバーの計画、コンテンツ展開パスとコンテンツ展開ジョブの計画、および大規模なジョブに関する特別な考慮事項を解説します。これらの情報は、「コンテンツ展開計画ワークシート」セクションで示すワークシートに記録できます。

コンテンツの展開を使用するかどうかを判断する

コンテンツの展開は、サイト コレクション間でコンテンツをコピーするのに役立つ場合がありますが、常に必須なわけではありません。ソリューションでコンテンツの展開を利用することが適している状況の例を次に示します。

  • ファーム トポロジが完全に異なる場合   内部サーバー ファームから外部サーバー ファームにコンテンツを発行する作成者が複数いるというシナリオが一般的です。サーバー ファームのトポロジは完全に異なる場合がありますが、発行するサイトのコンテンツは同じです。

  • パフォーマンスを最適化するためにサーバーで特別なパフォーマンスの調整が必要な場合 作成者と閲覧者の両方がコンテンツを表示するようなサーバー環境では、オブジェクト キャッシュと出力キャッシュを、サイトやユーザーの役割に応じて異なるサイト コレクションに分けて構成できます。

  • 対象ファームに展開するコンテンツに関してセキュリティ上の不安がある場合   運用サーバーの別個のアカウントをユーザーに持たせない場合、および承認ポリシーのみを使用した発行を行わない場合は、コンテンツの展開により運用サーバーへのアクセスを制限できます。

コンテンツ展開ソリューションを実装する前に、コンテンツの展開が本当に必要かどうかを注意深く検討する必要があります。コンテンツ展開によらない方法を以下に示します。

  • 拡張した Web アプリケーションを使用して現場でコンテンツを作成する   ファーム環境が 1 つしかない場合は、運用ファーム上でコンテンツを作成し、発行プロセスを使用して閲覧者にコンテンツを公開するまでの作業をユーザーに直接行わせる方法もあります。拡張した Web アプリケーションを使用することで、共有コンテンツ データベースを使用して同じコンテンツを異なるユーザーのグループに公開する、独立した IIS Web サイトを用意できます。これは一般的に、さまざまなユーザーが異なるドメインを使用してコンテンツにアクセスするエクストラネットの展開で使用されます。詳細については、「Web アプリケーションを拡張する (SharePoint Server 2010)」を参照してください。

  • カスタム ソリューションを開発するSharePoint Server 2010 API の名前空間 Microsoft.SharePoint.Deployment.SPExport および Microsoft.SharePoint.Deployment.SPImport を使用して、自分の要件に合ったカスタム ソリューションを開発できます。詳細については、「How to: Customize Content Deployment for Disconnected Scenarios (英語)」を参照してください。

  • バックアップと復元を使用する バックアップと復元を使用して、ある場所にあるサイト コレクションをバックアップし、別の場所に復元できます。詳細については、「サイト コレクションをバックアップする (SharePoint Server 2010)」と「サイト コレクションを復元する (SharePoint Server 2010)」を参照してください。

SharePoint Server 2010 でコンテンツ展開を使用することが適切なソリューションであると判断した場合は、引き続き以下の内容を読んでください。

必要なサーバー ファームの数を判断する

コンテンツの展開の一般的なシナリオには、2 つの異なるサーバー ファームが含まれます。1 つは作成に使用する展開元サーバー ファーム、もう 1 つは運用に使用する展開先サーバー ファームです。また、コンテンツの展開を使用して、同じサーバー ファーム内の 2 つの異なるサイト コレクション間でコンテンツをコピーすることや、作成用のサーバー、ステージングと品質保証用のサーバー、および運用サーバーで構成される 3 層構造のサーバー ファームを使用することもできます。コンテンツの展開を使用する場合は、ソリューションに必要なサーバー ファームの数も判断する必要があります。詳細については、「コンテンツ展開トポロジを設計する」を参照してください。

エクスポート サーバーとインポート サーバーを計画する

サーバー ファームのトポロジを決定した後で、どのサーバーをエクスポート サーバーとインポート サーバーにするかを判断する必要があります。これらは、コンテンツ展開ジョブの実行に使用するサーバー ファーム内のサーバーです。展開元および展開先のサーバーと同じである必要はありません。ただし、エクスポートおよびインポート サーバーとするサーバーには、サーバーの全体管理 Web サイトがインストールされている必要があります。どのサーバーをコンテンツ展開ジョブの送信用または受信用として構成するかを判断し、決定事項を記録します。

コンテンツ展開計画ワークシートには、コンテンツ展開トポロジに含まれる各サーバー ファームと、その目的を記録します。各サーバー ファームについて、エクスポート サーバー、インポート サーバー、または両方の URL を記入します。また、ファームで使用される Active Directory ドメインも記録します。

コンテンツ展開パスを計画する

コンテンツ展開パスでは、コンテンツ展開の開始点となる展開元サイト コレクションと、コンテンツ展開の対象となる展開先サイト コレクションを定義します。パスは単一のサイト コレクションのみと関連付けることができます。ソリューションに必要なコンテンツ展開パスを計画するときには、展開するサイト コレクションを判断し、各パスの展開元と展開先を定義します。パスの詳細については、「コンテンツ展開の概要 (SharePoint Server 2010)」を参照してください。

3 段階のファーム トポロジを使用する場合は、ファーム全体にコンテンツを展開する方法についても計画する必要があります。一般的には、コンテンツが作成場所からステージングを経て運用ファームまで移動するときの "ホップ" 数を減らしてください。たとえば、コンテンツをステージング ファームでテストしてから運用ファームに投入する場合、最初にコンテンツをオーサリング ファームからステージング ファームに展開し、そこでコンテンツを検証した後にオーサリング ファームから運用ファームに展開できます。これはオーサリング ファームだけが、環境内の他のすべてのファームへのコンテンツの展開を受け持つことを意味します。コンテンツをオーサリングからステージングに展開し、さらにステージングから運用ファームに展開することもできますが、この方法を使用する必要はありません。3 段階のファーム トポロジに合わせてコンテンツ展開パスを設計するときは、環境内の他のファームにコンテンツを展開するジョブのスケジュールについても慎重に計画する必要があります。コンテンツ展開トポロジの詳細については、「コンテンツ展開トポロジを設計する」を参照してください。

コンテンツ展開計画ワークシートには、それぞれのパスを記録します。各パスについて、展開元と展開先の Web アプリケーションと、サイト コレクションを記入します。また、パスと共にどれだけのセキュリティ情報を展開するか (すべて、ロールのみ、またはなし) についても記録します。

ジョブのスケジュールを計画する

サイト コンテンツを展開するパスを定義した後、コンテンツを展開する個別のジョブを計画する必要があります。コンテンツ展開ジョブでは、サイト コレクション全体を展開するか、またはサイト コレクション内の特定のサイトのみを展開するかを、個別のパスに対して指定できます。またジョブでは、全コンテンツを含めるか、あるいは新規、変更、または削除コンテンツのみを含めるか、およびジョブの実行頻度も定義できます。それぞれのパスには複数のジョブを関連付けることができます。定義した各パスについて、ジョブでサイト コレクション全体を展開するか、またはどのサイトを展開するかを判断する必要があります。

コンテンツ展開ジョブの範囲を計画するときには、ジョブの実行順序を必ず考慮してください。階層構造で上位のサイト コレクションまたはサイトは、下位のサイトより前に展開する必要があります。たとえば、あるサイト コレクションの下にサイト A とサイト B という 2 つのサイトがあり、さらにサイト A の下にサイト C とサイト D という 2 つのサイトがあるとします。この場合、ジョブの作成および実行では、最上位のサイト コレクションの展開後でなければサイト A とサイト B は展開できません。同様に、サイト A を展開してからでなければサイト C およびサイト D は展開できません。特定のサイトを範囲としたコンテンツ展開ジョブの使用を計画する場合は、ジョブを適切にスケジュールして、階層構造の上位にあるサイトが下位のサイトよりも前に展開されるようにしてください。

各ジョブを実行するタイミングと頻度も判断する必要があります。一般には、展開元サーバーの活動が最も少ない時間帯にジョブを実行するようにスケジュールする必要があります。コンテンツ展開ジョブの開始時点でユーザーが編集用にチェックアウトしているコンテンツはジョブから無視され、チェックイン後の展開ジョブでコピーされます。Microsoft SQL Server 2008 Enterprise Edition のコンテンツ データベースでは、データベース スナップショットを使用するようにジョブを構成することでコンテンツ展開ジョブのリスクを最小化できます。

注意

リモート BLOB ストレージ (RBS) を使用していて、使用している RBS プロバイダーがスナップショットをサポートしていなければ、コンテンツの展開またはバックアップでスナップショットは使えません。たとえば、SQL FILESTREAM プロバイダーはスナップショットをサポートしていません。RBS の詳細については、「RBS の概要 (SharePoint Server 2010)」を参照してください。

3 段階のファーム トポロジを使用する場合は、ファーム全体にコンテンツを展開する方法についても計画する必要があります。たとえば、コンテンツをオーサリング ファームからステージング ファームに展開してそこでテストと検証を行う場合は、ステージング ファームで見つかった問題の解決に十分な時間が取れるように、コンテンツを運用ファームに展開するときのスケジュールを計画してください。

注意

2 つのコンテンツ展開ジョブが同じパスを使用する場合、両方のジョブを並行して実行しないでください。

それぞれのパスについて、対応する各ジョブをコンテンツ展開計画ワークシートに記録します。1 つのパスに対して複数のジョブがある場合は、パスの下に行を挿入し、各ジョブを追加します。それぞれのジョブについて、ジョブ実行の範囲と頻度を記入します。

大規模なジョブを計画する

コンテンツ展開ジョブでは、すべてのコンテンツが XML およびバイナリ ファイルとして展開元サーバーのファイル システムにエクスポートされます。次にこれらのファイルは、既定サイズ 10 MB の .cab ファイルにパッケージ化されます。1 つで 10 MB を超えるファイル (たとえば 500 MB のビデオ ファイル) は、単独の .cab ファイルとしてパッケージ化されるため、10 MB より大きい場合があります。次にこれらの .cab ファイルは HttpPost によって展開先サーバーにアップロードされ、展開およびインポートされます。展開するサイト コレクションのコンテンツが多い場合には、展開元と展開先のサーバー ファームで、これらのファイルを格納する一時保存場所に十分な空き領域を確保しておく必要があります。ジョブに含まれる .cab ファイルのサイズや数は、コンテンツの展開を実際に使用し始めるまでわからない場合がよくあります。しかし、サイトが大規模でコンテンツが多いことがわかっている場合には、コンテンツ展開トポロジで十分な保存領域の確保を計画する必要があります。

注意

サイトにビデオ ファイルなどの大きなファイルがある場合には、Web アプリケーションの最大ファイル アップロード サイズを調整して、大きなサイズの .cab ファイルに対応することが必要な場合があります。詳細については、「キャッシュとパフォーマンスを計画する (SharePoint Server 2010)」を参照してください。

コンテンツ展開計画ワークシート

Excel 版の「Content deployment planning worksheet (英語)」(http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=167835&clcid=0x411) (英語) をダウンロードしてご利用いただけます。

See Also

Concepts

コンテンツ展開の概要 (SharePoint Server 2010)
コンテンツ展開トポロジを設計する