Access Services と SQL Reporting Services の併用: SQL Server 2008 R2 Reporting Services アドインのインストール (SharePoint Server 2010)

 

適用先: SharePoint Server 2010 Enterprise

トピックの最終更新日: 2016-11-30

SharePoint Server 2010 の Access Services を実行するためには、SharePoint テクノロジ 2010 用の Microsoft SQL Server 2008 R2 Reporting Services (SSRS) アドインをインストールする必要があります。SSRS アドインは Web から無料でダウンロードでき、SharePoint で Access Services レポートを実行するために必要な機能セットを提供します。

重要

SSRS アドインは、SharePoint Server を展開する前と後のどちらでもインストールできますが、サーバー単位に手動で構成する手間を避けるために、SharePoint Server をインストールする前にこのアドインをインストールすることを強くお勧めします。

  • SharePoint Server の前に SSRS をインストールする場合:Reporting Services の展開は、SharePoint の展開とファーム レベルで統合されます。ファーム内のサーバーに対して、追加の構成やレプリケーションは必要ありません。SharePoint のインストールの間に SharePoint 必須コンポーネント ツールを使用する場合、SSRS アドインはその処理の間に自動的にインストールされます。

  • SharePoint Server の後に SSRS をインストールする場合:SharePoint Server を展開した後に SSRS をインストーする場合、複数の Web フロント サーバーがあるときは特に、インストール プロセスにさらに多くの手順を伴います。ファーム構成内に複数の SharePoint Web アプリケーションがある場合は、フロントエンド Web を持つコンピューターごとに、Reporting Services アドインをインストールする必要があります。

接続モードとローカル モード

SharePoint Server での Reporting Services の実行には 2 種類のモードがあります。標準の既定のモードは "接続モード" と呼ばれるものであり、SharePoint Server、SSRS アドイン、および SQL Server 2008 R2 Report Server が必要です。新しいモードが "ローカル モード" です。これは、Reporting Services と SharePoint Server を統合する軽量なセットアップです。必要なのは、SharePoint Server と SSRS アドインだけです。

重要

ローカル モードは、Reporting Services サーバーがないことを意味しています。アドインをインストールする必要はありますが、これは実際の Reporting Services サーバーではありません。ローカル モードでは、レポートを表示することはできますが、"購読" など、サーバー側の機能にアクセスすることはできません。

  • SharePoint ファームに複数の Web フロントエンドがある場合は、接続モードでセットアップすることをお勧めします。接続モードをセットアップするには、SQL Server 2008 R2 Report Server と Reporting Services アドインが必要です。

  • Web フロントエンドが 1 つだけの SharePoint ファームを実行している場合は、ローカル モードをセットアップできます。この場合は、Reporting Services アドインが必要です。

注意

Reporting Services アドインのインストールは、レポート サーバーを SharePoint 製品またはテクノロジのインスタンスと統合するために必要な多くの手順のうちの 1 つです。サービスを構成する手順の順序は重要です。最適な結果を得るには、手順を順序どおりに実行してください。

SharePoint のインストールの前に Reporting Services アドインをインストールする (推奨)

  1. http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=164654&clcid=0x411 から、SSRS アドインをダウンロードします。

  2. SharePoint のインストールを予定しているファーム サーバーで rsSharePoint.msi を実行します。

  3. SharePoint Server をインストールします。

  4. SharePoint 管理シェルを開いて、ファームの [Session State] を有効化します。[Enable-SPSessionStateService -DatabaseName "foo"] コマンドを入力します。DatabaseName 値は、SQL Server が実行されているコンピューターに作成されるデータベースです。IIS リセットを実行します。

SharePoint のインストールの後に Reporting Services アドインをインストールする

  1. http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=164654&clcid=0x411 の手順に従って、SSRS アドインをインストールします。

  2. http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/bb677366(sql.105).aspx の手順に従って、SSRS 機能をアクティブ化します。

接続モードで Reporting Services アドインをインストールするには

  1. 上のセッションに従って、SharePoint Server のインストールの前または後に SSRS アドインをインストールします。

  2. http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/bb326213(sql.105).aspx の手順に従って、SharePoint サーバーの全体管理で Report Server の統合を構成します。

  3. Reporting Services サーバーの C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSRS10_50.MSSQLSERVER\Reporting Services\ReportServer\rsreportserver.config ファイルを変更します。<Data> ノードの下の <Extension> ノードの下に、ADS データ拡張を追加します。次に例を示します。

    <Extension Name="ADS" Type="Microsoft.Office.Access.Reports.DataProcessing.AdsConnection, Microsoft.Office.Access.Server.DataServer, Version=14.0.0.0, Culture=Neutral, PublicKeyToken=71e9bce111e9429c"/> -->

  4. RS サーバーの rssrvpolicy ファイルを変更します。

    1. ファイル内で、<NamedPermissionSets> ノードの下に次の XML コードを追加します。

      <PermissionSet class="NamedPermissionSet" version="1" Name="ReportExpressionsDefaultPermissionSet">
      <IPermission class="SecurityPermission" version="1" Flags="Execution" />
      <IPermission class="Microsoft.Office.Access.Server.Security.AccessServicesPermission, Microsoft.Office.Access.Server.Security, 
           Version=14.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=71e9bce111e9429c" version="1.0" Flags="CalculationCallback" />
      </PermissionSet>
      
    2. <CodeGroup> ノードの次の行を見つけ、PermissionSetName を "Execution" から "ReportExpressionsDefaultPermissionSet" へ変更します。

      <CodeGroup class="UnionCodeGroup" version="1" PermissionSetName="Execution" Name="Report_Expressions_Default_Permissions"
       Description="This code group grants default permissions for code in report expressions and Code element. ">
      
  5. http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=183457&clcid=0x411 の説明に従って、Reporting Services のリモート エラーを有効にします。