SQL Server 2014 で廃止されたデータベース エンジンの機能

このトピックでは、 データベース エンジン で使用できなくなった SQL Server 2014の機能について説明します。

で廃止された機能SQL Server 2014

SQL Server 2014 で削除された機能を次の表に示します。

カテゴリ 廃止された機能 Replacement
互換性レベル 90互換性レベル データベースを互換性レベル 100 以上に設定する必要があります。 互換性レベル 100 未満のデータベースを SQL Server 2014 にアップグレードすると、データベースの互換性レベルはアップグレード操作中に 100 に設定されます。

で廃止された機能SQL Server 2012

SQL Server 2012 で削除された機能を次の表に示します。

カテゴリ 廃止された機能 Replacement
バックアップと復元 Backup {database | log} WITH PASSWORDおよびbackup {database | LOG} with MEDIAPASSWORDは廃止されました。 [MEDIA] を使用した復元 {DATABASE | LOG} は、引き続き非推奨とされます。 なし
バックアップと復元 復元 {データベース | ログ}...DBO_ONLY {DATABASE | LOG} を復元します......RESTRICTED_USER
互換性レベル 80互換性レベル データベースは、互換性レベル90以上に設定する必要があります。
構成オプション sp_configure 'user instance timeout' および 'user instances enabled' ローカル データベースの機能を使用します。 詳細については、「 SqlLocalDB Utility 」を参照してください。
接続プロトコル VIA プロトコルのサポートは中止されました。 代わりに TCP を使用してください。
データベース オブジェクト トリガーでの WITH APPEND 句の使用 トリガー全体を再作成してください。
データベース オプション sp_dboption ALTER DATABASE
Mail SQL Mail データベース メールを使用してください。 詳細については、「 SQL Mail の代わりにデータベースメールデータベースメールして使用する」を参照してください。
メモリ管理 32 ビットの AWE (Address Windowing Extensions) と 32 ビットのホット アド メモリ サポート。 64 ビットのオペレーティング システムを使用します。
Metadata DATABASEPROPERTY DATABASEPROPERTYEX
プログラミング SQL Server 分散管理オブジェクト (SQL-DMO)。 SQL Server 管理オブジェクト (SMO)
クエリヒント FASTFIRSTROW ヒント OPTION (FASTn )
リモート サーバー sp_addserver を使用して新しいリモート サーバーを作成する機能は廃止されました。 'local' オプションを設定した sp_addserver は引き続き使用できます。 アップグレード中に保持されたリモート サーバーまたはレプリケーションによって作成されたリモート サーバーは使用可能です。 リンク サーバーを使用してリモート サーバーを置き換えてください。
セキュリティ sp_dropalias 別名をユーザー アカウントとデータベース ロールの組み合わせで置き換えてください。 アップグレードされたデータベースで別名を削除するには、sp_dropalias を使用します。
セキュリティ 2000より前のログインの値を表すPwdcompareのバージョンパラメーター SQL Server は廃止されました。 なし
SMO での Service Broker のプログラミング IObjectPermissionインターフェイスは、このクラスによって実装されなくなりました。このクラスを実装すると、
SET オプション SET DISABLE_DEF_CNST_CHK [なし] :
システム テーブル sys.database_principal_aliases 別名の代わりにロールを使用してください。
Transact-SQL RAISERROR という形式の RAISERROR integer 'string' は廃止されました。 現在のRAISERROR (...) 構文を使用してステートメントを書き直してください。
Transact-SQL 構文 COMPUTE / COMPUTE BY ROLLUP を使用します
Transact-SQL 構文 *= および =* の使用 ANSI 結合構文を使用してください。 詳細については、「 FROM (transact-sql) 」を参照してください。
XEvent databases_data_file_size_changed、databases_log_file_size_changed

eventdatabases_log_file_used_size_changed

locks_lock_timeouts_greater_than_0

locks_lock_timeouts
次の各イベントに置き換えられました: database_file_size_change、database_file_size_change

database_file_size_change

lock_timeout_greater_than_0

lock_timeout

XEvent の追加変更

resource_monitor_ring_buffer_record:

  • 削除したフィールド: single_pages_kb、multiple_pages_kb

  • 追加したフィールド: target_kb、pages_kb

memory_node_oom_ring_buffer_recorded:

  • 削除したフィールド: single_pages_kb、multiple_pages_kb

  • 追加したフィールド: target_kb、pages_kb

参照

SQL Server 2014 データベース エンジンの非推奨の機能